‘兼務社’ カテゴリーのアーカイブ

天皇陛下御譲位御安泰祈願祭

2019年4月30日 火曜日

本日午前10時、天皇陛下には御譲位に関わる一連の儀式として、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)という最後の正装(せいそう)のお姿にて、皇居内の宮中三殿【賢所(かしこどころ)、皇霊殿(こうれいでん)、神殿(しんでん)】において、御位(みくらい)をお譲りになることを御奉告(ごほうこく)になりました。

IMG_8168

時を同じくして、当社では所管神社連絡協議会(25社)の役員等参列のもと、「天皇陛下御譲位御安泰祈願祭」(中祭)を斎行(さいこう)しました。

IMG_8171

まさしく国民の天皇皇后両陛下への尽きることのない感謝と、惜しまれる気持ちが入り交じり、雨となって降り続きました。

IMG_8173

式後には、御代替わりに関わる御大礼(ごたいれい)の諸儀式と神社の祭祀(臨時祭)について確認するとともに、今後の兼務神社各社の神社奉護(ほうご)について、また、奉祝行事について説明を行いました。

IMG_8174

昼食程度の簡単な直会(なおらい)の席でしたが、花酵母(はなこうぼ)〝プリンセスミチコ〟で醸造された日本酒で神酒拝戴(しんしゅはいたい)を行いました。

そして、万感の聖寿万歳(せいじゅばんざい)で会を締めくくりました。

大祭まで2日

2019年4月20日 土曜日

今日の午前中は兼務する神明社(伊勢原市上平間)の例祭・地区戦没者慰霊祭・幟並びに幟竿清祓式、北金目神社(平塚市北金目)の例祭奉仕でした。

IMG_7873

さて、大祭まで2日、天候の心配は今のところなさそうです。

境内では総代奉仕による、竹切り、注連縄(しめなわ)張り、看板立て、餅つき、神輿・提灯点検等の作業が終日進められました。

また、警備会社や西湘イベント組合(92軒出店予定)との入念な打ち合わせを行い、安全を期して年に一度の大祭に臨みます。

IMG_7884

祭事の支度も神職により粛々と進めています。

公祭

2019年4月15日 月曜日

大祭月の4月も折り返しの15日、例月通り「月次祭」(小祭)を執り行い、皇室の御安泰と国家の繁栄、氏子・崇敬者の安寧を祈り上げました。

畏(かしこ)くも宮中では、既に御譲位(ごじょうい)に関する諸儀式が粛々と執り行われていますが、当社でも臨時の祭祀を執り行う予定となっています。

koukyo

来る4月30日には、神社役員・総代を始め、所管神社25社の役員参列のもと、「天皇陛下御譲位御安泰祈願祭」を中祭で斎行することになっています。

本日の月次祭もそうですが、大御位を無事にお譲りあそばされることを祈念申し上げる〝 公祭 〟としての性格の祭祀です。

幟ポールの竣功

2019年4月14日 日曜日

今朝は三ノ宮の氏子中が境内に集まり、幟立てを行いました。

残念ながら、兼務社の例祭等が重なり、その様子を撮影することが出来ませんでした。

諏訪神社

諏訪神社

諏訪神社(伊勢原市日向)では、例祭式に先立ち幟ポール竣功奉告祭を執り行いました。

高齢化や人出の問題等により、毎年の幟立て作業が困難となったことから、元来の木製のものを埋込固定式で、軽いアルミポールに変更したものです。

奉告祭後にお清めをして、参列者全員の手でロープを引き上げ、揚げ初めを行いました。

高々と掲げられた幟は神さまの依代(よりしろ)となり、神賑(しんしん)行事である神輿や山車の運行を見守って頂けたのではないでしょうか。

供奉

2019年4月13日 土曜日

今週末も兼務社の例祭が続きます。

今日は午前9時に落幡神社(秦野市鶴巻南)の例祭並びに地区戦没者慰霊祭を執り行い、午前11時には神輿(みこし)が御立(おたち)となりました。

その後、夕方まで氏子区域を隈(くま)無く巡って供奉(ぐぶ)しました。

IMG_7811

午後6時には宮入りを迎え、還御祭(かんぎょさい)を無事お仕えしました。

IMG_7819

平成の本殿修復事業

2019年4月9日 火曜日

昨日の雨と明日の雨予報に挟まれましたが、快晴のもと、御嶽神社(伊勢原市池端)では例祭を迎えました。

また、北金目神社(平塚市北金目)では、平成の本殿修復事業が竣功と相成り、明日の本殿遷座祭(ほんでんせんざさい)を前に、清掃奉仕にあたるとともに、役員さんと入念な打ち合わせを行いました。

IMG_7789

北金目神社の本殿は、平塚市重要文化財に指定される市内最古の本殿です。

IMG_7769

例祭(4月21日)も間近に迫り、御神威(ごしんい)の更なる発揚(はつよう)を願うところです。

祭り日和

2019年4月7日 日曜日

昨日は石座神社(秦野市鶴巻)と神明社(伊勢原市白根)、本日は十二柱神社(伊勢原市田中)、雷電神社(伊勢原市串橋)、八坂神社(平塚市入野)、熊野神社(平塚市千須谷)で例祭式をお仕えしました。

神明社

神明社

両日とも好天に恵まれる祭り日和の中、神輿の掛け声や太鼓の音に包まれて、神社の境内は老若男女の多くの笑顔で溢れていました。

八坂神社

八坂神社

令和

2019年4月1日 月曜日

満開を迎えぬまま雨に散る桜ですが、新しき月を迎えました。

光格天皇以来約200年ぶり、憲政史上初めての御譲位がいよいよ月末に迫っていますが、御神前では月次祭(つきなみさい)を執り行い、皇室の弥栄と国の安寧、氏子崇敬者の安心を祈り上げました。

御代替り前に元号が公表されるのは初めてのことですが、国書では初めてとされる『万葉集』所収の「梅花の歌三十二首の序文」を典拠とした「令和」(れいわ)が新しい年号に決まりました。

初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして気淑(よ)く風(やわ)らぎ梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす

調べてみると、「令」は神のお告げ、清らかで美しいという意味があり、令月は陰暦二月の異称で、何事をするにも良い月、めでたい月の意です。

また、「和」は和(やわ)らぐ、和(なご)やかといった意味で、遡(さかのぼ)ると、昭和、享和(きょうわ)、明和(めいわ)、天和(てんな)、元和(げんな)、永和(えいわ)、文和(ぶんな)、貞和(じょうわ)、弘和(こうわ)、正和(しょうわ)、養和(ようわ)、康和(こうわ)、長和(ちょうわ)、寛和(かんな)、安和(あんな)、応和(おうわ)、仁和(にんな)、承和(じょうわ)と、数多く使用されてきました。そして、古くから日本人が大切にしてきた美徳でもあります。

万葉集からの出典を含めて、歴史と文化、自然を大切にしつつ、心を寄せ合って希望溢れる未来に向かう素晴らしい元号といえそうです。

「大化」に始まる和暦(「令和」は248番目)の歴史、その継続性と時代に込められた意に、あらためて価値を見出したいと思います。

211020-gosokui20nen-1

さて、いよ大祭月となり、当社の例祭を含めて15社の例祭を迎えます。

1日(月)月次祭、例祭・国府祭会議、4日(木)総代奉仕(献灯提灯掛け)、例祭・国府祭挨拶回り、新旧役員総代歓送迎会、6日(土)石座神社(秦野市鶴巻)例祭、神明社(伊勢原市白根)例祭・新入学児童安全祈願祭、総代奉仕(俵づくり)、7日(日)十二柱神社(伊勢原市伊勢原)例祭、雷電神社(伊勢原市串橋)例祭、八坂神社(平塚市入野)例祭・水神祭、熊野神社(平塚市千須谷)例祭、9日(火)御嶽神社(伊勢原市池端)例祭、10日(水)北金目神社(平塚市北金目)本殿遷座祭(本殿改修工事竣工)、第78回榊会正式参拝、12日(金)総代奉仕(草刈り等)、13日(土)落幡神社(秦野市鶴巻南)例祭・地区戦没者慰霊祭、神幸祭、14日(日)幟立て(三ノ宮)、真田神社(平塚市真田)月次祭、神明神社(伊勢原市笠窪)例祭、諏訪神社(伊勢原市日向)例祭・幟ポール竣工奉告祭、日向神社(伊勢原市日向)例祭、15日(月)月次祭、総代会議、20日(土)総代奉仕(例祭準備)、北金目神社(平塚市北金目)例祭、神明社(伊勢原市上平間)例祭・地区戦没者慰霊祭、21日(日)例祭(動座祭)、22日(月)例祭・神幸祭、23日(火)幟返し、総代奉仕(例祭片付け)、25日(木)榊会役員会、29日(月)日月神社(伊勢原市沼目)例祭

古代のパワーストーン

2019年3月3日 日曜日

昨日・今日と南金目神社(平塚市南金目)、八剱神社(平塚市上吉沢)、日月神社(伊勢原市沼目)の祈年祭をお仕えしましたが、残すは来週の真田神社のみとなりました。

年度末で役員さんの切り替わりを迎えるところもありますが、4月に大祭を迎える神社では各種相談や準備が進められています。

IMG_7364

さて、訪日外国人が増える中、本日はインバウンドを対象としたモニターツアーが実施され、5人の外国人が参加しました。

当社では拝殿に昇殿して、建物の構造や参拝作法についての説明を致しました。

生憎の雨模様でしたが、「まが玉づくり体験」に挑戦して頂き、思い思いのオンリーワンの「まが玉」が出来上がりました。

周辺で発掘された「まが玉」を御覧の上、古代のパワーストーンの魅力を感じてもらいました。

所管神社巡拝 その2

2019年2月25日 月曜日

昨年の9月12日、13年ぶりとなる所管神社連絡協議会の「巡拝研修会」を開催しましたが、本日は残りの11社を巡りました。

正式参拝

正式参拝

午前8時半、20社51名の神社役員さんが当社に集まり、先ずは正式参拝を執り行いました。

IMG_7206

その後、バス2台に分乗して目的地へと向かいました。

御嶽神社 伊勢原市池端

御嶽神社(伊勢原市池端)

当初は雨予報のため、雨具を準備して覚悟のうえ出掛けましたが、お蔭様で青空が広がり始めました。

日月神社(伊勢原市沼目)

日月神社(伊勢原市沼目)

これまで同様、各社の役員さんに由緒や歴史、運営等についてお話を伺いました。

神明社(伊勢原市上平間)

神明社(伊勢原市上平間)

熱心に資料を準備されているお宮もあり、とても参考になりました。

稲荷神社(伊勢原市下平間)

稲荷神社(伊勢原市下平間)

昨年の台風被害やその対応、また社叢(しゃそう)の樹木管理等、それぞれの課題や工夫に耳を傾けました。

十二柱神社(伊勢原市田中)

十二柱神社(伊勢原市伊勢原)

計画道路の建設に伴う境内地処分や木の伐木、旧来の木製幟(のぼり)をアルミ製に変更等の取組みには関心も高かったようです。

御嶽神社(伊勢原市伊勢原)

御嶽神社(伊勢原市伊勢原)

大祭では幟立てを行う神社が多い中、その労力や安全面を考えて、常設のアルミ製ポールへの検討を進めているお社があることも分かりました。

諏訪神社(伊勢原市日向)

諏訪神社(伊勢原市日向)

昨年から所管神社に加わった日向地区の3社は、初参拝の方が多かったようです。

日向神社(伊勢原市日向)

日向神社(伊勢原市日向)

移動の車中も良き交流と情報交換の場となりました。

飯綱神社(伊勢原市日向)

飯綱神社(伊勢原市日向)

本日の研修開催にあたり、境内の清掃のみならず、温かな迎え入れの準備にあらためて感謝する次第です。

五霊神社(伊勢原市上粕屋)

五霊神社(伊勢原市上粕屋)

車に乗ったり降りたりでしたが、大変有意義な充実した交流の一日となりました。

神明社(伊勢原市白根)

神明社(伊勢原市白根)