‘兼務社’ カテゴリーのアーカイブ

諸祈願

2019年1月13日 日曜日

本日の八剱神社(平塚市上吉沢)で兼務社の歳旦祭を全て御奉仕申し上げました。

DSCF3006

さて、本日は安産祈願の吉日「戌の日」。

暖房を入れても寒い殿内ですが、子供を宿した妊婦さんは寒さを感じさせない温かな様子を感じさせてくれました。

IMG_6849

受験の季節を迎え、志望校や決意を絵馬に込める受験生も増えています。

風邪などひかぬよう、全力を尽くして欲しいと思います。

IMG_6847

午前中はハーレー、午後にはオートバイの団体の交通安全祈願祭がありました。

遠方よりお越し頂きましたが、道中気をつけてお帰り下さい。

新年初会合

2019年1月11日 金曜日

外の祭事では、年明けから兼務社の歳旦祭奉仕や企業の年頭安全祈願祭などが続いていましたが、今日は一般住宅の地鎮祭が数多く入りました。

一方、神社では運送業、解体業、製造業、管理業、派遣業等の会社祈願や厄除(厄年)、合格祈願等の個人祈願がありました。

厄年のお祓いは「数え年」(満年齢に誕生日前なら2歳加え、誕生日後なら1歳加える)で行いますが、例年年頭の早い時分(節分前)にお参りになる方が多いようです。

IMG_6836

さて、午後には所管神社連絡協議会(26社)の新年参拝・賀詞交歓会を開催し、52名の方々がお参りになりました。

祈年祭や例祭の日程調整を図るとともに、各社の取組みや創意工夫についてお話をお聞きすることが出来ました。

IMG_6840

新年初会合とあって、盃を交わしながら明るく和やかな酒席となりました。

初詣は氏神さまから

2018年12月24日 月曜日

昨日は日向神社(伊勢原市日向)において「大祓」(おおはらえ)を斎行(さいこう)し、平成30年の兼務社祭事も全て修めました。

家庭や職場で奉斎(ほうさい)する神棚(かみだな)には、神宮大麻(じんぐうたいま)、氏神さま、崇敬する神社の御神札(おふだ)、また歳神(としがみ)さまをお祀(まつ)りしますが、住む地域により氏神さまは異なります。

神奈川県神社庁(045-761-6387)へ尋ねれば、地域に鎮座する氏神さまを教えてもらえます。

当社では25社の神社を兼務していますが、それぞれの氏神さまの御神札を取り揃えています。

20181224213323164_0001

新年の参拝「初詣」は、氏神さまからお参り下さい。

大注連縄の掛け替え

2018年12月9日 日曜日

昨日は南金目神社(平塚市南金目)、本日は真田神社(平塚市真田)、神明社(伊勢原市上平間)と、3週間に亘る兼務社の祭事も今日で一区切りです。

IMG_6535

さて、三ノ宮・西谷戸(にしやと)組の御奉仕により、2週間前に綯(な)い上げられた注連縄(しめなわ)の掛け替え作業が行われました。

IMG_6534

例年通り鳥居は足場を組み、杉の御神木(ごしんぼく)は脚立(きゃたつ)を立てて、安全に配慮しながらも手際良く進められました。

青々とした立派な大注連縄に気持ちが引き締まり、いよいよ正月の支度も目に見えて進んでいきます。

頒布する時期

2018年11月11日 日曜日

昨日は兼務神社の神明神社(伊勢原市笠窪)と雷電神社(伊勢原市串橋)において、「新穀勤労感謝祭」(しんこくきんろうかんしゃさい)を斎行(さいこう)し、併せて「神宮大麻頒布式」(じんぐうたいま はんぷしき)を執り行いました。

新穀勤労感謝祭は新穀を神さまにお供えして神恩(しんおん)に感謝する祭儀で、新嘗祭(にいなめさい)のことです。

明治6年の新暦から毎年11月23日となっていますが、兼務する神社では前後する土曜日や日曜日に予定を調整しています。

新嘗祭(神宮)

新嘗祭(神宮)

また、皇室の祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)の大御恵(おおみめぐみ)を頂く大御璽(おおみしるし)として、神宮大麻を氏神さまや年神さま、荒神さまの御神札(おふだ)とともに、組札(くみふだ)にして各家庭に頒布(はんぷ)する時期となりました。

週末は御神札を受けにお参りになる方が見られるようになってきました。

taima

予定

2018年11月9日 金曜日

行楽日和も束の間、今日は終日雨となり、幼稚園児の遠足も残念ながら取り止めとなりました。

しかしながら、大安吉日とあって、七五三詣を予定されていたご家族連れのお参りはありました。

また、工期の関係もあり、地鎮祭は予定通りに行われました。

IMG_6100

さて、明日から12月中旬までの間、週末の度に兼務社の祭事が続きます。

神棚に奉斎(ほうさい)する新年の御神札も整い、ポスターやパンフレット、チラシ等の広報資材も取り揃えて各社を回ります。

IMG_6101

68名もの参列者

2018年10月14日 日曜日

今日は兼務する真田神社(平塚市真田)で月次祭(つきなみさい)、日月神社(伊勢原市沼目)では境内社・疫神社(えきじんしゃ)の例祭、沼目地区戦没者慰霊祭を執り行いました。

また、早い時間に雨が上がり、地鎮祭等も予定通りにお仕えすることができました。

社頭は初宮、七五三、交通安全の御祈願や御朱印巡りで賑わう日曜日となりました。

IMG_5554

さて、午後にはフランス人の新郎さんと日本人の新婦さんの結婚式を御奉仕しました。

IMG_5559

楽人(がくじん)による道楽(みちがく)に導かれ、68名もの参列者が拝殿へと上がりました。

IMG_5567

多くの人たちに祝福され、御両人は幸せそのものでした。

末永いお幸せをお祈り申し上げます。

海の幸山の幸

2018年10月7日 日曜日

急な気温上昇により、非常に堪(こた)える暑さとなりましたが、市内では7地区で体育祭が開催され、スポーツの秋を満喫した人も多かったのではないでしょうか。

本日は兼務する南金目神社(平塚市南金目)、神明社(平塚市南金目)、八剱神社(平塚市上吉沢)、五霊神社(伊勢原市上粕屋)や村持ちの御嶽神社(平塚市南金目)で例祭式(れいさいしき)をお仕えしました。

IMG_5396

神社によっては台風24号の影響により、桜の古木が倒れたり、杉の木が幹の途中から折れたり、といったこともあったようですが、人的被害や施設の損傷はなかったようで一安心です。

しかしながら、祭礼準備前に台風処理によるご苦労があったことは、境内を見渡して拝察するところでした。

IMG_5387

年に一度の祭礼にあたり、御神前には地域の人たちの心づくしの品々、海の幸・山の幸が豊富にお供えされ、神慮(しんりょ)を和めて祈りを捧げました。

秋の祭礼ながら、今日ばかりは熱中症対策をも施し、神輿(みこし)や山車(だし)、囃子(はやし)太鼓も終日賑やかに執り行われました。

神霊入れ神事

2018年10月6日 土曜日

本日は第41回相模國式内社の會総会が寒川神社で開催され、総員一致で各議案が審議決定しました。

来年の3月27日には、第41回巡拝会を催すことになっています。

配布された資料によると、昭和7年には既に相模式内十三社巡拝団が組織され、昭和10年には7円50銭の会費で、車による1泊の巡拝会が実施されたようです。

IMG_5371

さて、明日は兼務社の例祭が4社重なりますが、今日は南金目神社の宵宮(よいみや)にあたり、青柳地区と川前地区で神輿(みこし)の神霊(みたま)入れ神事をお仕えしました。

台風25号の影響はなかったものの、蒸し暑い夏日となり、明日は久しぶりの真夏日になりそうです。

IMG_5372

秋の社日

2018年9月23日 日曜日

今年は秋分(しゅうぶん)と戊(つちのえ)が重なった秋の社日(しゃにち)。

土の神である埴安媛(はみやすひめ)をまつる地神社(ぢじんじゃ:秦野市鶴巻南)において例祭式を執り行いました。

地神社の大欅(おおけやき)

地神社の大欅(おおけやき)

秋の社日は収穫に感謝する日ですが、久しぶりに週末が天気となり、周辺の田んぼでは稲刈りが盛んに行われていました。

式典の直会(なおらい)が済んでから「稲刈り作業で、また田んぼに戻ります」という役員さんもおいでになりました。

貴重な時間ですが、地域のまつりを大切にすることで、更なる福がもたらされることだと思います。