‘兼務社’ カテゴリーのアーカイブ

祈 疫病退散 早期終息

2020年3月9日 月曜日

今日は平日ながら厄除祈願が続きました。

昨今の社会状況もあって、生活への不安を抱いている人も少なくないと思われます。

疫神社

疫神社

さて、昨日は兼務する日月神社(伊勢原市沼目)の祈年祭奉仕がありましたが、その境内社についてお知らせします。

日月神社の境内には、医療の神として称えられる大物主神(おおものぬしのかみ)をお祀(まつ)りする疫(えき)神社が鎮座しています。

今年編纂から1300年となる日本最古の歴史書『日本書紀』(720年成立)の「崇神天皇記」(すじんてんのうき)には、この神さまの御神威(ごしんい)により、国難ともいうべき疫病(えきびょう)が終息した事が記されています。

昨日は疫神社に静かにお参りされる若い人たちの姿を目にしました。

祈年祭は15社目

2020年3月8日 日曜日

2月8日に始まった兼務社の祈年祭(きねんさい)は今日で15社目、全て無事にお仕えすることが出来ました。

諏訪神社

諏訪神社

今日は真田神社(平塚市真田)と日月神社(伊勢原市沼目)で、祈年祭に併せて御大典記念(ごたいてんきねん)植樹奉告(しょくじゅほうこく)の祝詞(のりと)を奏上(そうじょう)するとともに、新型コロナウイルス感染症の鎮静(ちんせい)を祈願しました。

飯綱神社

飯綱神社

また、日向神社(伊勢原市日向)、諏訪神社(伊勢原市日向)、飯綱神社(伊勢原市日向)、八幡神社(伊勢原市坪ノ内)において、御大典記念植樹式を執り行いました。

八幡神社

八幡神社

春の雨を〝万物生〟(ばんぶつしょう)と表現するようですが、しっかりと根付き、すくすく育って欲しいと思います。

日月神社

日月神社

お蔭様で、各社役員さんのお力添えにより予定通りに進められました。

祭祀は粛々と

2020年3月2日 月曜日

昨日は八剱神社(平塚市上吉沢鎮座)において、祈年祭並びに御大典奉祝記念植樹奉告祭を斎行(さいこう)し、祭典後に榊苗の植樹式を執り行いました。

また、昨年の台風19号による拝殿(はいでん)の被災に対し、災害慰藉(さいがいいしゃ)規定に基づき、神社本庁からの御見舞を総代長にお渡ししました。

八剱神社

八剱神社

さて、本来であれば、今日明日は「第45回中・平塚・伊勢原連合神社総代会研修会」が開催され、当社からも責任役員・総代を含めて14名で参加する予定でしたが、社会情勢に鑑み取り止めとなりました。

代わりに理事会が開催され、年度内の5月13日(水)・14日(木)に延期実施することが決まりました。

また、多くの神社で春の祭礼が予定されていることから、各社の対応について報告がなされました。

あくまでもウイルスの感染状況を見据えた上での判断となりますが、規模や形態を考慮するものの祭祀(さいし)は粛々(しゅくしゅく)と執り行う旨について確認がありました。

そして、感染拡大が懸念されるようであれば、祭儀後の飲食を伴う直会(なおらい)や神輿(みこし)、山車(だし)、太鼓等の神賑(しんしん)行事は取り止めや縮小、形態を検討するといった動きになりそうです。

何れにしても状況を踏まえた上で、慎重な判断が求められます。

色変えぬ常磐の緑永久に

2020年2月29日 土曜日

市内の小中学校では、新型コロナウイルス感染症の蔓延(まんえん)防止のため、昨日臨時の休業措置(3月2日~3月8日)が講じられました。

当社でも地域や関係諸団体を含めて、出席予定の20件余りの会合や諸行事等が中止もしくは延期となっています。

明日の月次祭に併せ、比々多の大神さまの高き尊き御神威(ごしんい)により、疫病退散(えきびょうたいさん)と事態の早期終息を祈願する予定です。

南金目神社

南金目神社植樹式

さて、今週末も兼務社の祭事が続いています。

今日は南金目神社(平塚市南金目)の祈年祭に併せて御大典(ごたいてん)記念の植樹奉告祭、熊野神社(平塚市千須谷)で植樹式を執り行いました。

IMG_1401

南金目神社では、平成の御大典(平成2年)や悠仁親王殿下(ひさひとしんのうでんか)御誕生(平成18年)の折にも記念植樹を行った経緯があり、既に緑の杜(もり)を形成する樹木となっています。

「色変えぬ常磐(ときわ)の緑永久(とこしえ)に、産土(うぶすな)の御社(みやしろ)の森を造りなさしめ給ひ」と祝詞(のりと)を奏上(そうじょう)しました。

IMG_1400

週末は兼務社祭事

2020年2月24日 月曜日

新型肺炎感染の懸念(けねん)により、県内の観光地も人出に大きな影響が出ているようです。

三連休中は市内の幹線道路も比較的空いていたように思えます。

北金目神社

北金目神社(平塚市北金目鎮座)

昨日は天皇陛下御即位後の初めての天皇誕生日でしたが、皇居での一般参賀は諸般の事情に鑑(かんが)み、中止となりました。

その良き日、兼務社では先週に続き、春の祈年祭(きねんさい・としごいのまつり)に併せて御大典奉祝(ごたいてんほうしゅく)の記念植樹を執り行いました。

十二柱神社

十二柱神社(伊勢原市伊勢原鎮座)

昨日(23日)は八坂神社(平塚市入野鎮座)と十二柱神社(伊勢原市伊勢原鎮座)では植樹奉告祭後に植樹式、北金目神社では植樹式のみ、また本日(24日)は御嶽神社(伊勢原市池端鎮座)と神明社(伊勢原市上平間鎮座)では植樹奉告祭後に植樹式、稲荷神社(伊勢原市下平間鎮座)では植樹式のみを執り行いました。

御嶽神社

御嶽神社(伊勢原市池端鎮座)

祈年祭は再来週の週末まで続きますが、その合間に各社の植樹式を計画しているところです。

神明社(伊勢原市上平間鎮座)

神明社(伊勢原市上平間鎮座)

祈年祭が過ぎると、いよいよ4月は大祭月を迎えます。

当社(4月22日)はもとより、兼務社の例祭は14社を数えます。

稲荷神社(伊勢原市下平間鎮座)

稲荷神社(伊勢原市下平間鎮座)

記念植樹

2020年2月16日 日曜日

今朝は明日の祈年祭(きねんさい)を前に、総代さんによる注連縄(しめなわ)の張替えが行われました。

作業が始まって間もなく雨が本降りとなり、とても気の毒でしたが予定通りに進められました。

IMG_1224

さて、天皇陛下御即位を奉祝(ほうしゅく)して、神奈川県神社庁が進める事業の一環で、県内1120社に対して、御大典(ごたいてん)の記念樹(きねんじゅ)と立札(たてふだ)が発送されました。

当社へも兼務社25社分を含めたものが送られて来ました。

IMG_1226

昨日は兼務社の石座神社(秦野市鶴巻)と落幡神社(秦野市鶴巻南)の祈年祭にあたり、併せて植樹奉告祭(しょくじゅほうこくさい)を執り行い、式後に境内に植樹をしました。

IMG_1229

植樹式ではお清めのお祓いの後、榊(さかき)の若苗(わかなえ)を植え付け、責任役員が忌鋤(いみすき)忌鍬(いみくわ)を手に執り、土を掛けました。

IMG_1248

また、地神社(秦野市鶴巻南)でも、同様に植樹式を執り行いました。

IMG_1244

今後、各社と日程の調整を図りながら、記念植樹を進めていく予定です。

IMG_1233

記念植樹

2020年2月8日 土曜日

立春明けの週末、兼務社の祭事が始まりました。

午前は稲荷神社(伊勢原市下平間)の例祭、午後は八幡神社(伊勢原市坪ノ内)の祈年祭奉仕でした。

IMG_1172

各社の境内には、天皇陛下御在位60年記念(昭和61年)や社殿修復(平成9年)、第61回植樹祭(平成22年)等で植えられた樹木が あり、その成長と年月の経過を感じることが出来ます。

IMG_1175
今月末には、神奈川県神社庁による御大典を記念した植樹計画があり、苗木が届く予定になっています。

IMG_1165

2020年2月1日 土曜日

太陽暦では今年は4年に一度の閏年(うるうどし)にあたり、今月は暦日(れきじつ)の閏が設けられ、29日まであります。

さて、如月の予定です。

社頭掲示 如月

社頭掲示 如月

1日(土)月次祭、2日(日)総代奉仕(節分祭準備)、3日(月)節分追儺祭、真田神社(平塚市真田)節分追儺祭、4日(火)総代奉仕(節分祭片付け)、5日(水)相模國府祭類社宮司会、6日(木)神奈川県神社庁相模中連合支部新年会、8日(土)稲荷神社(伊勢原市下平間)例祭、八幡神社(伊勢原市坪ノ内)祈年祭、9日(日)神明神社(伊勢原市笠窪)祈年祭、雷電神社(伊勢原市串橋)祈年祭、11日(火)北金目神社(平塚市北金目)祈年祭、15日(土)月次祭、石座神社(秦野市鶴巻)祈年祭、落幡神社(秦野市鶴巻南)祈年祭、17日(月)祈年祭、23日(日)八坂神社(平塚市入野)祈年祭、十二柱神社(伊勢原市伊勢原)祈年祭、24日(月)御嶽神社(伊勢原市池端)祈年祭、神明社(伊勢原市上平間)祈年祭、29日(土)南金目神社(平塚市南金目)祈年祭

清々しく

2020年1月19日 日曜日

昨秋の台風19号による倒木被害から3ヶ月余り、八剱(やつるぎ)神社(平塚市上吉沢)では、拝殿の屋根や向拝(こうはい)の修復工事、浸水による床板張替え等の工事が順調に進んでいます。

IMG_0968

昨年の大嘗祭奉祝祭(だいじょうさいほうしゅくさい)では拝殿に上がることが出来なかったことから、参道に祭壇を設けて神事に臨みましたが、本日晴れて歳旦祭(さいたんさい)を執り行うことが出来ました。

修復により明るくなった社殿では、役員さんたちの笑顔も多く感じられました。

IMG_0972

益々(ますます)御神威(ごしんい)がもたらされますよう、清々しく祝詞(のりと)を奏上(そうじょう)しました。

26社の新年祭

2020年1月10日 金曜日

明日(11日)は鏡開きですが、社会では仕事や学校も平常通りに動き出しています。

今週は車椅子など、福祉施設の参拝が続き、平日ながら正月の授与品を求める方も未だ多く見られます。

IMG_0666

さて、企業・団体参拝の落ち着いた午後には、恒例の所管神社連絡協議会(26社)の新年祭(51名参加)を執り行いました。

式後の賀詞交歓会では、初詣の様子や昨年の出来事などについて、各社役員から1時間半にわたり報告がありました。

特に、台風15号・19号による被害状況や、樹木管理の苦労を語る声が多くありました。

IMG_0667

また、節分追儺祭(2月3日)や御代替りの奉祝事業、参拝旅行(秋)の計画、事務手続き等について説明をしました。

各社の春の祈年祭(きねんさい:大祭)、例祭(大祭)の日程が全て決まり、例年通りに祭事を進める計画です。