‘御奉仕’ カテゴリーのアーカイブ

6年目の稲作体験

2017年10月12日 木曜日

今朝は三ノ宮と栗原の老盛会による境内の清掃奉仕(37名参加)が行われました。

来週(18日)は、比々多地区老人クラブ連合会の健康祈願祭を執り行います。

IMG_0023

さて、昨日は青空が広がる好天の中、神社下の御神田において、比々多小学校5年生の稲刈り体験が実施されました。

平成24年にお受けしてから6年目となる自然体験です。

冒頭、参加者の安全を期して、お清めのお祓いを執り行いました。

IMG_0033

児童等は耕作者の指示に従いながら、1株ずつ丁寧に刈り取り、それを束ねる保護者にとっても良い汗となったことでしょう。

3学級が交代で取組み、空き時間には心心(こころごころ)に絵を描いていましたが、稲の観察や環境学習などにもなったようです。

最後は天日(てんぴ)干しのため、稲架(はさ)掛けにしました。

IMG_0059

今日の夕刻には、神奈川県神道青年会のメンバーが明後日(14日)の「抜穗祭」(ぬいぼさい)のための祭場準備をしていました。

予報では天候は厳しそうです。

元宮の鳥居建立

2017年10月11日 水曜日

本日の佳(よ)き日、氏子総代をおつとめになった方の御奉納で、旧宮山の元宮(もとみや:神社から約500㍍)に鳥居が建立されました。

今月5日に基礎の穴掘り、そして今日の建立の工事も自ら御奉仕下さいました。

IMG_0067

笠木(かさぎ)、島木(しまぎ)、額束(がくつか)、貫(ぬき)、楔(くさび)、柱、台石の部位がしっかりと施され、笠木には反(そ)りが、円柱の柱は内転(うちころ)びがある檜(ひのき)の明神鳥居(みょうじんとりい)です。

基礎が乾いた後、笠木に銅が葺(ふ)かれる予定です。

IMG_0071

天保5年(1834)の『社伝記』によりますと、永正(えいしょう)9年(1512)、小田原から岡崎城に攻め入った北条早雲(ほうじょうそううん:後北条氏の祖)は、「当国に威(い)を震(ふる)い近辺を乱妨(らんぼう)し、本宮、拝殿及び末社、神寳(しんぽう)、神器(しんき)に至るまで兵火のため灰燼(かいじん)す」とあり、当宮で奉仕していた神官(しんかん)・供僧(ぐそう)は逃げ散り、悉(ことごと)く衰廃(すいはい)したようです。

そして、天正(1573-1592)の初めに、社地が現地(旧神主屋敷)に移転遷座(いてんせんざ)となりました。

この旧宮山が当社の跡地であり、元宮となっています。

元宮からの眺め

元宮からの眺め

奉仕作業

2017年9月8日 金曜日

今日は先月に続いて、氏子総代さんによる奉仕作業が行われました。

神社周辺の土手や化粧塚(けしょうづか)、元宮(もとみや)などの草刈り、木の伐採(ばっさい)処理など、予定通りに順調に捗(はかど)りました。

IMG_9076

そして、「酒祭」(さかまつり・11月8日)のお水取り神事を行う沢山(さわやま)・三段の滝に状況視察で上がって頂きました。

清々と綺麗になった土手には、そろそろ彼岸花も伸びてきそうです。

日々営みの中で

2017年8月25日 金曜日

盛り返した暑さと共に、境内では蝉の鳴き声も衰えを知らずに勢いを保っています。

境内の生物同様、私たちの営みは日々の中でそう変わらないものといえます。

玉虫

玉虫

伊勢の神宮では「日別朝夕大御饌祭」(ひごとあさゆうおおみけさい)が朝夕の二度、御鎮座以来約1500年間続けられ、「国安かれ、民安かれ」の祈りと感謝の誠が捧げられています。

当社でも朝夕の「日供祭」(にっくさい)を一年中欠かすことなく執り行い、皇室の御安泰と国家の安寧、氏子・崇敬者の平安と繁栄を祈り上げています。

sin

天地の神のめぐみしなかりせば一と日一と夜もありえてましや 本居宣長

日々の営みの中で、大小となく、天地(あめつち)の神の恵みによらざるものはないということです。

報恩感謝(ほうおんかんしゃ)の一言に尽きます。

草刈り

2017年8月24日 木曜日

激しい残暑が続いていますが、昨日は神奈川県神道青年会による御神田(比々多神社バス停前)の草刈り作業が行われました。

稲刈りは10月21日(土)に行われる予定です。

近隣の田んぼでも稲穂が徐々に膨らみ、穂が垂れ始めています。

阿夫利山を背に

阿夫利山を背に

神社でも8月9日に続き、総代さんのご奉仕による草刈り作業が9月8日に予定されています。

猛暑日に達する中

2017年8月9日 水曜日

昨日は相模国府祭の宮司会が開催され、12日に予定されている相模国府祭の類社会議の打ち合わせを行いました。

さて、台風一過、非常に気温が上がり、当社境内でも猛暑日に達しました。

非常に汗ばむ日差しのもと、総代さんによる草刈り、枝下ろしの奉仕作業が行われました。

熱中症はもとより、草刈機や高所作業による危険に十分注意を払って頂きながら安全に作業を終えました。

IMG_8833

社殿回りで作業が進められる中、殿内では健康安全祈願祭を仕え奉りました。

心身ともに健康であればこそ充実した仕事が出来るわけで、先ずは夏の気に負けることのないよう過ごして頂きたいと思います。

茅採り

2017年6月20日 火曜日

いよいよ明日から梅雨本番の天気となりそうですが、その前に今日は総代さんによる元宮の草刈り奉仕が行われました。

また、今年は茅の輪(ちのわ)をつくる茅場(かやば)の確保に苦労したこともあり、茅採りのお願いもありがたく受けて頂きました。

IMG_8045

お蔭様で、ご覧のような青々とした背丈のある良質な茅を手に入れることができました。

今日・明日には瑞々しい茅の輪が出来上がると思います。

IMG_8044

御出座し

2017年5月4日 木曜日

相模国府祭(神奈川県無形民俗文化財指定)を明日に控えました。

IMG_6589

早朝から竹取り、注連縄(しめなわ)張り、餅つき、神輿清掃・飾り付け、行列具、行在所(あんざいしょ)の準備など、氏子総代さんのご奉仕により準備万端整いました。

IMG_6582

神職も社殿を行ったり来たり、殿内の清掃、献備品(けんびひん)並べ、祭事の準備に一日明け暮れました。

IMG_6606

天候にも恵まれ、今日は国司崇敬者(こくしすうけいしゃ:国府祭の類社6社)の御朱印巡りも多い一日でした。

IMG_6585

午後7時の動座祭の時間が迫り、それぞれ潔斎(けっさい)を済ませ、神さまの御出座(おでま)しに緊張感が高まります。

IMG_6610

例祭式

2017年4月24日 月曜日

大祭当日(22日)の様子、先ずは「例祭式」をご覧下さい。

290422 1

今年は神奈川県神社庁の副庁長を献幣使(けんぺいし)としてお迎えし、午前10時に例祭式(れいさいしき)を斎行(さいこう)しました。

290422 2

年に一度の大祭には、参列者もきちっとした身形(みなり)で参列されますが、神職は祭祀(さいし)服装に関する規程に従い、男子は衣冠(いかん)、女子は正服(せいふく)で神事に臨みます。

290422 3

境内に設けられた祓所(はらえど)で、先ず修祓(しゅばつ)の儀。

神社本庁の幣帛(へいはく)である「本庁幣」(ほんちょうへい)、宮司以下祭員、献幣使及び随員、参列者一同を真榊(まさかき)の大麻(おおぬさ)と塩湯(えんとう)で清めて御殿(ごてん)へと参進しました。

290422 4

伶人(れいじん)の奏でる雅楽(ががく)が流れる中、参列者は拝殿いっぱいに広がって着座し、開式の合図の報鼓(ほうこ)が鳴り響きました。

290422 5

粛々とした雰囲気の中、宮司一拝(ぐうじいっぱい)、開扉(かいひ)、献饌(けんせん)、祝詞奏上(のりとそうじょう)、本庁幣献幣(ほんちょうへいけんぺい)、献幣使祭詞奏上(けんぺいしさいしそうじょう)、浦安の舞奉奏(うらやすのまいほうそう)、玉串拝礼(たまぐしはいれい)、本庁幣徹幣(ほんちょうへいてっぺい)、撤饌(てっせん)、閉扉(へいひ)、宮司一拝と進み、閉式の報鼓(ほうこ)を以て、滞りなく例祭式をお仕えすることができました。

290422 6

秩序を重んじて祭式(さいしき)通りに祭祀(さいし)を斎行(さいこう)し、参集殿で神と人が一体となる直会(なおらい)を執り行いました。

撮影協力:増山正芳氏

今日は宵宮

2017年4月21日 金曜日

今日は例祭の宵宮(よいみや)。

IMG_6243

朝から宮総代はもとより氏子中が集まり、祭典の支度を進めました。

IMG_6201

それぞれの役割で、神楽殿(かぐらでん)や山車屋台(だしやたい)、神輿などを清め、渡御(とぎょ)の祭具を整えました。

IMG_6218

空模様を少し気に掛けながら、天高く聳(そびえ)える幟(のぼり)に、神さまが降り立つのを待ちわびて見上げました。

IMG_6239

俵に餅を詰め入れ、一つ一つ動作を確認しながら、ちまき行事の習礼(しゅらい)を行いました。

IMG_6268

午後7時の動座祭を控え、関係者は斎戒沐浴(さいかいもくよく)のため自宅に戻りました。

IMG_6258