2019年11月 のアーカイブ

お稲荷さんの合祀

2019年11月19日 火曜日

年末が近づき、神棚にお祀(まつ)りする新年の御神札(おふだ)準備も整ってきました。

当社を含めて、兼務社(25社)の御神札一式(お伊勢さま、氏神さま、歳神さま、荒神さま)も取り揃えておりますので、お受けになる方はお宮へお越し下さい。

IMG_0091

さて、本日は稲荷社の合祀(ごうし)にあたり、遷座(せんざ)の奉告祭(ほうこくさい)をご奉仕しました。

地区の共有地に鎮座するお稲荷さんですが、毎年頭屋(とうや)が年番を担い紡(つむ)いできた伝統でしたが、少子高齢化や代替わり、共有地問題など、様々な要因が生じた結果、数年来相談が重ねられました。

幸いにして、敬神家(けいしんか)のお宅の邸内祠(ていないし)に合祀することが決まり、事の内容を神さまにご奉告し、これまでの感謝と今後の更なるご加護を祈り上げました。

方位除け

2019年11月18日 月曜日

今年も企業からの新年祈祷(しんねんきとう)の問い合わせや申込みが始まりました。

令和2年は1月4日が土曜日、5日が日曜日にあたることから、6日の月曜日が官公庁御用始めとなります。

従いまして、企業・団体の参拝は6日に集中するとみられます。

個人祈祷とは異なり、企業・団体の昇殿祈祷に関しましては、日時、企業名、願意、人数、初穂料等を事前にお知らせ頂ければ、申込書や御神札(おふだ)、受領證等の準備が整う為、お待たせする時間も少なくなります。

IMG_0065

さて、本日は開発・製造・販売を営む会社からの依頼で、倉庫設置にあたり方位除(ほういよ)けのお祓いに伺いました。

設置場所が裏鬼門(うらきもん)にあたることから、方位磁石で調べ、中心をなるべくずらせる位置への設置をお進めしました。

一般的には、盛り塩(もりじお)をしたり、柊(ひいらぎ)や南天(なんてん)を植樹するといったこともみられます。

新しく

2019年11月17日 日曜日

15日の七五三を過ぎたものの、昨日今日と晴れ着を身にまとった子供たちが、ご家族とともに大勢お参りになりました。

授与所で準備している千歳飴(ちとせあめ:県内特製)も残り少なくなっています。

IMG_0054

さて、今月来月と約1ヶ月半にわたり、兼務社の祭事が週末毎に続きます。

本日の午前は北金目神社(平塚市北金目)、午後は八幡神社(伊勢原市坪ノ内)で大嘗祭奉祝祭(だいじょうさいほうしゅくさい)並びに神宮大麻頒布始祭(じんぐうたいまはんぷはじめさい)をお仕えしました。

北金目神社では、綯(な)い上げたばかりの大きな注連縄(しめなわ)をくぐり、清々(すがすが)しい御奉仕となりました。

IMG_0060

また、八幡神社では記念事業として由緒板(ゆいしょばん)を作り直し、参拝者にも理解が深まることと思います。

大嘗祭当日奉祝祭

2019年11月15日 金曜日

室町時代の公卿(くぎょう)一条兼良(いちじょうかねら・かねよし)は、〝大嘗祭(だいじょうさい)は神代(かみよ)の風儀(ふうぎ)をうつす〟と表現しましたが、皇室祭祀(こうしつさいし)の中でも、古来もっとも重要とされてきた御一代一度の大嘗祭が、大嘗宮(だいじょうきゅう)において昨夕から本日の暁(あかつき)にかけて粛々と執り行われました。

天皇陛下には「悠紀殿」(ゆきでん)「主基殿」(すきでん)において、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を始め、神々に米・粟(あわ)、白酒(しろき)・黒酒(くろき)などの神饌(しんせん)をお供えになり、御親(おんみづか)らお召し上がりになりました。

神代から続く「国安かれ、民安かれ」という天皇の祈り、その大御心(おおみごころ)に、天皇と民の絆が保たれてきました。

IMG_0584

当社ではこれまで、「天皇陛下御譲位御安泰祈願祭」(てんのうへいかごじょういごあんたいきがんさい:4月30日)「践祚改元奉告祭」(せんそかいげんほうこくさい:5月1日)「即位礼当日奉祝祭」(そくいれいとうじつほうしゅくさい:10月22日)他、臨時祭等を御奉仕してきました。

本日は神社本庁からの本庁幣(ほんちょうへい)を奉(たてまつ)り「大嘗祭当日奉祝祭」(だいじょうさいとうじつほうしゅくさい)を大祭式として斎行(さいこう)しました。

IMG_0589

また、例年執り行う「新穀勤労感謝祭」(しんこくきんろうかんしゃさい)の意義も踏まえて、氏子幣(うじこへい)をお供えし、大総代が祈願詞(きがんし)を奏上しました。

御神前には、比々多地区の内外から寄せられた初穂(はつほ)や野菜、果物等が横山の如く積み上げられ、実りへの感謝の真心が捧げられました。

IMG_0569

臨時大祓

2019年11月14日 木曜日

本日の夕べより明日の暁(あかつき)に掛けて、大嘗宮(だいじょうきゅう)において大嘗祭(だいじょうさい)が斎行(さいこう)されます。

当社では明日15日(金)午前10時に、神社本庁からの幣帛(へいはく)を供進(きょうしん)して、例年の新穀感謝(しんこくかんしゃ)の意(い)を踏まえつつ、大祭を執り行うことから、今朝は総代奉仕による注連縄(しめなわ)張りが行われました。

IMG_0560

これに先立ち、昨日は境内に祭場を設(しつら)えて、臨時の大祓(おおはらえ)執行しました。

IMG_0561

御代替(みよが)わりの御一代(ごいちだい)に一度きりの大嘗祭にあたり、古くから厳重な祓(はらえ)が必要とされてきました。

因みに、8月30日には全国津々浦々の青年神職により、国中を祓う〝天下大祓〟(てんかおおはらえ)が行われています。

IMG_0565

恒例の職場体験学習

2019年11月13日 水曜日

今年も恒例となっている中学生の職場体験学習を受け入れました。

IMG_0548

慣れない着物姿に加え、肌寒い陽気で心配はありましたが、無事に一日勤めてもらうことが出来ました。

IMG_0552

火を恐れ感謝する

2019年11月12日 火曜日

朝晩は冷えましたが、日中は比較的気温が上がりました。

夕刻、大学施設内において、ボイラー室の火入れ神事をお仕えしました。

IMG_0002

私たちは食物をエネルギー源として摂取していますが、冬場の生活には暖房器具へのエネルギー供給が欠かせません。

火を利用することで、人類の生活は大きく発展を遂げましたが、火を恐れ、感謝することは現在でも重要なことであり、毎年繰り返して「鞴祭」(ふいごまつり)が行われます。

奉祝国民祭典

2019年11月10日 日曜日

昨日は皇居周辺において「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が開催されました。

第1部では皇居外苑と内堀通りにおいて、「奉祝まつり」(郷土芸能や音楽隊による奉祝パレード、奉祝神輿)が賑やかに行われ、第2部は皇居前広場において「祝賀式典」が行われました。

20191110155120763_0003

第2部は陸海空自衛隊合同音楽隊によるファンファーレに始まり、各界代表によるお祝いの言葉、マークエステルの古事記画の紹介、奉祝演奏として鬼太鼓座(おんでこざ)による太鼓演奏や大田楽(だいでんがく)わざおぎによる大田楽が演じられました。

IMG_0540

約3万名の人たちが、国旗小旗(こっきこばた)と明かりを灯(とも)した提灯(ちょうちん)を準備してお待ちする中、二重橋に天皇皇后両陛下がお出ましとなり、その瞬間にこれまでの肌寒さを忘れさせ、一気に会場が明るい温かな雰囲気に包まれました。

主催者式辞、内閣総理大臣祝辞に続き、奉祝曲 組曲 Ray of Water(レイオブウオーター)が披露されました。

映し出された皇后陛下の御姿は、感極まるご様子で、同じように目頭が熱くなるほどでした。

IMG_0546

国歌斉唱の後、天皇陛下のお言葉を賜り、あらためて国民に対する温かなお気持ち、大御心(おおみごころ)に感無量となりました。

最後は、万感の万歳三唱でお祝い申し上げました。

臨時大祭

2019年11月9日 土曜日

本日から年末の兼務社の祭事が始まりました。

例年は「新嘗祭」(にいなめさい・しんじょうさい)、当社では「新穀勤労感謝祭」(しんこくきんろうかんしゃさい)という名称で斎行(さいこう)する祭儀(さいぎ)ですが、本年は天皇陛下の御即位に伴い、御一代(ごいちだい)に一度限りの「大嘗祭」(だいじょうさい:11月14日・15日)が執り行われることから、全国の神社でも「大嘗祭当日神社に於て行ふ祭祀」として、神社本庁幣(じんじゃほんちょうへい)を奉(たてまつ)る臨時大祭(りんじたいさい)となります。

rinnji

当社では兼務社が25社に及ぶことから、11月初旬から約1ヶ月の間、土曜日と日曜日に祭事が続くことになります。

昨日は神明神社(伊勢原市笠窪)と雷電神社(伊勢原市串橋)において、「大嘗祭奉祝祭」(だいじょうさいほうしゅくさい)並びに「神宮大麻頒布式」(じんぐうたいまはんぷしき)を執り行いました。

立冬の結婚式

2019年11月8日 金曜日

暦の上では冬の始まりとなる立冬を迎えました。

今日は鞴祭(ふいごまつり)の日ですが、明日と来週に予定が入っています。

IMG_0449

雨の心配もありましたが、澄み渡る青空の下、神前結婚式の御奉仕がありました。

菊の咲き誇る境内で、多くの写真をお撮りになりました。

お二人の御多幸と御両家の御繁栄を祈念申し上げます。

IMG_0429