‘地域行事’ カテゴリーのアーカイブ

万歳楽の思い

2018年9月17日 月曜日

昨日は第82回市民総ぐるみ大清掃が実施され、三ノ宮自治会・西部の西谷戸組も道路の掃除に1時間余りを費やしました。

お蔭様で、神社周辺の道路も綺麗になりました。

市内の中学校では、雨で順延となった体育祭が盛大に行われたようです。

また、神社にほど近い福智山 能満寺(臨済宗建長寺派)では、本堂建設工事の上棟式が執り行われ、宮司が式に参列しました。

儀式のお勤めには多くの住職さんのお手伝いがあったようですが、帰途に当社へもお参りになりました。

IMG_7335

さて、昨日の準備を含め、本日も天候に恵まれて「一心泣き相撲比々多場所」を開催することが出来ました。

IMG_5242

今年で9回目を数えますが、台風や秋雨の時期なので、お天気が何よりの喜びです。

IMG_7522

昨年同様、行事役には東京大学、力士役には東京農業大学の学生さんの御協力を得て実施する運びとなりました。

IMG_7332

木陰では秋らしい風を肌に感じましたが、日当たりの良いところは予報以上の暑さに、汗が流れ落ちました。

IMG_5260

数年は「敬老の日」の開催となっていますが、赤ちゃんの親御さんのみならず、祖父母の皆さんも笑顔いっぱいで、三世代交流にも良き機会となっているようです。

IMG_7504

緑児(みどりご;新芽のように若々しい児の意)の元気な泣き声が境内に響き、まさしく〝万歳楽〟(ばんざいらく)の思いです。

IMG_5256

全てが無事終了し、片付けを終える間際に、一気に雨が降り出しました。

神さまの御加護(ごかご)に、何より感謝の一言です。

IMG_7476

今日の喜び

2018年9月15日 土曜日

長月も折り返しとなりました。

今日は市内の中学校で体育祭が予定されていましたが、雨天により多くが明日へ順延となりました。

さて、本日は安産祈願の吉日「戌の日」。

足元の悪い中、遠方からのお参りがあり、お声掛けすると、「子授(こさずけ)祈願のお蔭で無事に授かりました。」とのこと。

感謝の気持ちを十分に感じるとともに、ご夫妻の笑顔が幸せそのものでした。

新道場開所式

新道場開所式

また、まが玉祭(5月第3土曜日・日曜日)に、毎年出演される団体の新道場開所式をお仕えしました。

武道場ということで座礼(ざれい)の御奉仕となりましたが、場内の太鼓で開式・閉式の報鼓(ほうこ)を打つことで厳かな神事となりました。

式中は祭式作法(さいしきさほう)の一挙手一投足(いっきょしゅいっとうそく)に視線を感じつつ、緊張感に包まれ、猶且(なおか)つ夢と希望、喜びに満ちた空間ともいえました。

防災と祈り

2018年8月27日 月曜日

「防災の日」(9月1日)を前に、昨日は伊勢原市内の広域避難所(15会場)において、総合防災訓練が実施されました。

95年前の大正12年(1923)9月1日に発生した関東大震災に因み、災害に対する心構えと防災意識を高めるためのものです。

昭和35年の制定までは、各被災地でこの日に慰霊祭が行われていました。

今回は首都直下地震を想定して、自宅・地域・避難所における避難や防災訓練が行われましたが、猛暑日となったことから、熱中症予防にも注意が必要となりました。

bousai021

既に今年は多くの台風が発生していますが、1日は「二百十日」(にひゃくとおか)にあたり、台風(暴風雨)の襲来がある季節です。

農家にとっては稲の開花期にあたり、まさしく厄日(やくび)であり、風水害のないよう神さまに祈る日ともなります。

事故防止

2018年8月5日 日曜日

先週は台風の影響により、地区の納涼祭(盆踊り)が中止または延期となりましたが、今週末は各地で賑やかに行われたようです。

比々多地区内でも昨日は、三ノ宮(比々多神社駐車場)、栗原(保國寺境内)、神戸(木下神社境内)、串橋(雷電神社境内)、笠窪(神明神社境内)で実施されました。

神戸盆踊り大会(木下神社)

納涼神戸盆踊り大会(木下神社)

さて、昨日相模原市内の夏祭りイベントにおいて、屋台のガスボンベに引火して爆発事故が発生し、負傷者が出たというニュースが流れました。

命に別状はなく不幸中の幸いですが、主催者及び関係者は大慌てだったと予想されます。

本来の神社の目的は「公衆礼拝の施設を備へ、神社神道に従つて祭祀を行ひ、祭神の神徳をひろめ、崇敬する者及び神社神道を信奉する者を教化育成し、社会の福祉に寄与し、その他神社の目的を達成するための財産管理その他の業務を行ふ」ことにあります。

公共性の極めて高い神社の〝側面的役割〟として、上記に示したように、当社所管の神社でも自治会等に境内の使用許可をすることが多い状況です。

木造の建造物が多いことから、火災はもちろんのこと、雑踏事故防止等に細心の注意が必要であることを再認識した次第です。

夏の日の思い出

2018年8月3日 金曜日

未だ猛烈な暑さが続いています。

神社の森は今日もクマゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミの大合唱です。

30.8.3

さて、今年も親子写生会(中地区教育文化研究所主催)の受け入れを承諾し、境内で恒例の行事が実施されました。

参加者は思い思いに場所を選び、画用紙いっぱいに神社の様子を描いていました。

課題への取組みとともに、夏の日の思い出になったのではないでしょうか。

高校生の就業体験

2018年7月27日 金曜日

夏休みに入る前に、市内の中学校から職業体験学習についての問い合わせがあり、今年も応じることになりました。

さて、近隣市の県立高校から就業体験(インターンシップ)の希望があり、今日から3日間生徒の受け入れをしています。

IMG_3618

白衣(はくい)と緋袴(ひばかま)に着替え、御神前に正式参拝した後、由緒や祭儀の説明、境内施設等の見学をしてもらいました。

その後は、注連縄(しめなわ)に張る紙垂(しで)折り、玉串(たまぐし)や大麻(おおぬさ)に用いる榊(さかき)を丁寧に拭く等、様々な作業に従事してもらいました。

虫送り行事

2018年7月16日 月曜日

海の日の今日、茅ヶ崎の南湖(なんご)の浜(西浜海岸)に、寒川町・茅ヶ崎市から40基もの神輿が揃う湘南随一の祭事「浜降祭」(はまおりさい:県無形民俗文化財指定)が執り行われました。

その影響もあってか、寒川神社を起点に相模國府祭の類社(るいしゃ)を巡る御朱印参拝の多い一日でした。

日向神社にて

日向神社にて

さて、昨夕は特定非営利活動法人伊勢原森林里山研究会の主催する「虫送り行事」が日向の棚田で行われ、兼務する日向神社(伊勢原市日向)において、お清めのお祓いを執り行いました。

その後、日向薬師住職による虫供養が行われ、法螺貝(ほらがい)を吹く山伏(やまぶし)を先導に、松明(たいまつ)を掲げ、参加者(約70名)も火を灯して田んぼの周りを練り歩きました。

IMG_3492

かつては農作物を害虫から守り、豊作を祈る目的で行われてきた伝統的な農耕行事でした。

0054_original

稲作に思うこと

2018年6月5日 火曜日

去る5月25日、天皇陛下には皇居内の生物学研究所脇の水田において御田植えをなされました。

稲作は昭和天皇から引き継がれた恒例行事であり、予定されている御譲位(平成31年4月30日)を推し量ると、今年が最後の御田植えともいえます。

『日本書紀』に記された「吾(あ)が高天原(たかまのはら)に所御(きこしめ)す斎庭(ゆにわ)の穂(いなほ)を以(も)て、亦(また)吾(あ)が児(みこ)に御(まか)せまつるべし」という一文は、「斎庭稲穂の神勅」(ゆにわのいなほのしんちょく)といわれ、天照大神(あまてらすおおみかみ)が皇孫(こうそん・すめみま)である天津彦火瓊瓊杵尊(あまつひこほのににぎのみこと)に授けたものです。

IMG_3188

小学校5年生による「田植え体験」のお手伝いをしてから7年目となりましたが、今年も無事に行うことが出来ました。

稲作が神話と直結しているという尊さを感じるとともに、あらためて恵まれた日本の風土や環境に感謝する次第です。

そして、人の繋がりや稲作に不可欠な相互扶助のの精神、更にはこつこつと守り伝えて来た真面目な日本人の性格も重要なのでしょう。

瑞穂国(みずほのくに)という日本の美称は、まさしくそれらを含めていうものだと熟々(つくづく)思います。

参拝者の駐車場

2018年6月2日 土曜日

今朝早くから神奈川県神道青年会の若手神職が集い、神社下の御神田において御田植祭(おたうえさい)の準備が進められました。

今年は一般の参加者も多く、御神前で揃って参拝した後に、御田植祭が斎行され、新聞社やタウン誌、ケーブルテレビなどのカメラが回る中、約60名の家族連れが、一斉に御田植ゑを実施していました。

残りの田んぼは、今年も地元の小学生の田植え体験として利用されます。

社頭掲示 水無月

社頭掲示 水無月

さて、今日の境内は御田植ゑの家族連れ、農協の畑作関係者、山歩きの会、ウオーキング団体の休憩などで賑わい、駐車場も満車に近い状況となりました。

また、大学の運動部から大会のためのバス駐車の依頼がありましたが、神社駐車場はあくまで参拝者専用駐車場です。

昨今は御朱印巡りの方も多いため、便に供することも必要となります。

参拝以外の無断駐車は固くお断り致します。

komainu

比々多観光振興会

2018年5月30日 水曜日

境内では紫陽花(あじさい)が次々に咲き始め、雨に濡れた美しい姿を見せています。

地域では様々な団体の総会が開催されていますが、神社で事務局をお預かりする比々多観光振興会(会員数158)も6月10日に第4回の総会を控えています。

20180530163114306_0001

第31回まが玉祭には野菜等の農産物の販売が行われ、賑わいを見せました。

昨年は天候の関係で中止となりましたが、秋の正祭・慰霊祭の折には骨董蚤の市(こっとうのみのいち)が開催されます。

また、本年度は歴史文化を活かしたまちづくり事業として、国の補助金による境内トイレの改修や案内看板の設置、文化財を活用したイベントなどが今後計画されています。

20180530163114306_0006