‘地域行事’ カテゴリーのアーカイブ

古神札焼納祭と団子焼き

2019年1月15日 火曜日

昨日1月14日は正月のとじめ行事「どんど焼き」が氏子の辻に鎮座する道祖神(どうそじん)で行われました。

中でも木下神社(こかげじんじゃ:伊勢原市神戸)の例祭に合わせて行われる上・下地区の道祖神祭では、正月飾りを用いて御仮屋(おかりや)が作られ、神賑行事として神楽(かぐら)が上演されました。

夕暮れにはどんど焼きが行われ、特に下地区では火中に青年会員を投げ入れて厄を落とす〝奇祭〟としてマスコミにも多く取り上げられています。

IMG_6869

さて、神社でも午後3時から「古神札焼納祭」を執り行いました。

IMG_6875

古神札納所に納められた御神札・御守はもとより、正月飾りや書き初め等をお祓いし、斎火(いみび)で焚き上げました。

IMG_6877

参列者は火の具合を確かめながら、各々準備した団子を焼き上げました。

IMG_6886

正月準備突入

2018年12月17日 月曜日

一昨日行われた「伊勢原比々多カルチャーまつり」の片付けや整理がほぼ終わりました。

お蔭様で、事業の様子が複数の大衆媒体に取り上げられました。

神奈川新聞 12月16日

神奈川新聞 12月16日

さて、今日は地区自治会の役員さんや兼務神社の総代さんが引切(ひきき)り無しに来社され、年越大祓(としこしおおはらえ:12月20日)や新年祈祷(しんねんきとう)、神棚(かみだな)にお祀(まつ)りする御神札(おふだ)の申込みが続いています。

新年の御神札や授与品、縁起物を広げて、いよいよ残り半月で一気に正月準備に突入です。

town

大成功の事業

2018年12月15日 土曜日

昨日のブログで御案内の通り、今日は国庫補助金「文化芸術振興費補助金」による、比々多地区の歴史文化を活用した観光拠点づくり事業「伊勢原比々多カルチャーまつり」が開催されました。

IMG_6682

午前8時半過ぎには事前申込みの参加者が列を作り、ウオークラリーの出発を待っていました。

IMG_6628

参集殿では「しめ縄づくり体験」や「扇子絵付け体験」が行われ、親子連れの参加者が目立ちました。

IMG_6675

また、境内の森では「火おこし体験」が行われ、ゲストのキン・シオタニさん(イラストレーター・文筆家)も楽しむ様子が垣間見られました。

IMG_6661

神社を出発したウオークラリーは、伯母様(おばさま)、元宮(もとみや)、保国寺(ほうこくじ)、県立いせはら塔の山緑地公園のチェックポイントを巡り、斉藤家住宅(市指定文化財)や埒面古墳(らちめんこふん)等の見所を中継してお宮に帰って来ました。

IMG_6611

参加者には比々多観光振興会提供の蜜柑が配られるとともに、特別限定品のキン・シオタニさんデザインの御朱印帳が記念品として渡されました。

20181215212554379_0001

そして、参集殿ではキン・シオタニさんと当社禰宜(ねぎ)との比々多地区に関わる講演(トークショー形式)が満席で行われました。

IMG_6719

12月も半ば、冷たい空気に包まれた一日でしたが、多くの方々が会場に足を運び、大成功の事業になったと思われます。

IMG_6695

伊勢原比々多カルチャーまつり

2018年12月14日 金曜日

明日は当社を拠点として「伊勢原比々多カルチャーまつり」(主催:伊勢原市歴史文化を活かした地域づくり協議会)が開催されます。

講演会(午前11時、午後3時)、しめ縄づくり体験会(午前10時、午後1時15分)、扇子絵付け体験会(午前9時15分、12時半、午後2時)、火おこし体験会(午前10時半、12時、午後2時半)、ウオークラリー(午前9時、午後1時)といった内容で、境内には飲食のキッチンカーが出店します。

また、同時開催として近接する恵泉女学園短大内で山の実マーケット(出店多数)が実施されます。

IMG_6597

今日はイベント実施会社とともに、比々多観光振興会や自治会等の地元関係者が事業の準備にあたりました。

伊勢原駅から直通無料バスが運行されます。

*バス時刻表は[特設ページ]を御覧下さい。

歴史文化を活かした事業

2018年12月2日 日曜日

来る12月15日、当社を中心にして「伊勢原比々多カルチャーまつり」(主催:伊勢原市歴史文化を活かした地域づくり協議会)が開催されます。

tirasi1

本事業は国庫補助金「文化芸術振興費補助金」を利用して、歴史文化基本構想を活用した観光拠点づくり事業として行われるものです。

tirasi2

地域の活性化とともに、文化財の価値を内外に発信し、大切な郷土の財産を未来へ継承することが目的です。

kouhou

伊勢原市経済環境部商工観光課並びに伊勢原市教育委員会が窓口となり、一般社団法人伊勢原市観光協会比々多観光振興会、比々多地区自治会連合会等が協力して事業の準備を進めてきました。

yomiuri

キン・シオタニさんの講演やウオークラリー、体験イベント(しめ縄づくり・扇子絵付け・火おこし)が予定されている他、境内には飲食のキッチンカーが出店します。

また、同時開催として、近接する恵泉女学園短大内で「山の実マーケット」(50店以上)も実施されます。

尚、当日は伊勢原駅から臨時バス(無料)が随時運行されます。

きちんとお参り

2018年11月15日 木曜日

昨日の拙ブログにも触れましたが、今日は園児の2日目のお参り。

朝の内は冷え込みがありましたが、園児が来る頃には日差しに恵まれました。

IMG_6130

みんな礼儀正しく、整然と並び、きちんとお参りが出来ました。

もちろん、メイン行事の一つ、〝どんぐり拾い〟も楽しく沢山拾えたようです。

落ち葉で戯れる

2018年11月14日 水曜日

日中でも境内では、白衣姿に肌寒さを感じる気候となりました。

今日は平塚市から民俗探訪会の御一行がお参りになり、神社の由緒や歴史、年間祭事、施設、境内等について御案内した後、ゆっくりと三之宮郷土博物館を御覧頂きました。

また、都内から慰安旅行でお立ち寄りになった会社の皆さまが、同様に1時間程度お過ごしになりました。

IMG_6120

欅(けやき)の落ち葉を中心に、掃き掃除に追われる毎日ですが、幼稚園児のどんぐり拾いが始まり、その落ち葉が戯(たわむ)れの対象として喜ばれています。

遠足の季節

2018年11月8日 木曜日

先週は石田小学校の3年生が、大型バス2台で併設の三之宮郷土博物館を訪れました。

周辺の古墳から発掘された考古資料や郷土の歴史について説明すると、興味を示したようで多くの質問が出ました。

また、昨日は県内各地区の社会教育主事の方々が、研究の一環としてお参りになり、博物館や境内の下谷戸縄文遺跡環状列石及住居跡をご案内しました。

IMG_6093

気候が安定して良い日でしたが、先週の1年生に続き、今日は比々多小学校の2年生が遠足の途次に立ち寄りました。

また、企業の退職者組織のお参り休憩もありました。

明日は都内から幼稚園児のみかん狩りが予定され、その途中で当社へお参りになる予定です。

元宮からの眺め

元宮からの眺め

職場体験学習

2018年11月7日 水曜日

今年も中学生の職場体験学習を受け入れ、男子生徒3名がやって来ました。

IMG_6075

境内清掃から始まり、祭典(酒祭)片付け、白衣・袴の着装、礼作法を済ませ、昇殿参拝をしました。

IMG_6076

また、社殿や鳥居、手水舎(てみずしゃ)、授与所(じゅよしょ)、神楽殿(かぐらでん)、神輿殿(みこしでん)等の施設について説明をさせてもらいました。

IMG_6085

午後は兼務社2社を巡拝し、中学生らしい視点の質問や参考となる感想も出ました。

そして、博物館見学、授与品準備、着物のたたみ方等、とても真面目に真剣に聞き入り、取り組む様子に関心です。

IMG_6092

観光行事

2018年11月2日 金曜日

来る12月15日(土)に、伊勢原市歴史文化を活かした地域づくり協議会(伊勢原市商工観光課)主催の「伊勢原 比々多カルチャーまつり」が開催されます。

昨日は神社境内で「火おこし体験」の練習会が行われました。

IMG_5938

神社を主会場として、イラストレーター・文筆家のキン・シオタニ氏をお迎えし、比々多地区の歴史を学ぶ講演会(2回)、比々多ウォークラリーが実施される予定です。

そして、火おこし体験以外にも、しめ縄づくり体験会、扇子絵付け体験会が境内で行われます。

昨日からテレビ神奈川(TVKテレビ)ではCM(10秒)が流れています。

IMG_5968

また、小田急電鉄と伊勢原市観光協会による観光キャンペーン「小田急に乗って、伊勢原へ。」が昨日から始まりましたが、来る12月22日(土)には「三之宮比々多神社参拝と吉川醸造蔵元見学会」が開催されます。

manatabi年末にかけて観光行事が続きそうです。