‘地域行事’ カテゴリーのアーカイブ

恒例の職場体験学習

2019年11月13日 水曜日

今年も恒例となっている中学生の職場体験学習を受け入れました。

IMG_0548

慣れない着物姿に加え、肌寒い陽気で心配はありましたが、無事に一日勤めてもらうことが出来ました。

IMG_0552

第23回鎮魂太鼓奉納

2019年10月21日 月曜日

戦後74年目の慰霊祭を執り行い、午後には8地区太鼓連(神戸青年会・笠窪太鼓連・坪ノ内友の会太鼓連・善波太鼓連・串橋太鼓連・白根太鼓連・三和会・栗原祭保存会)となでしこ会による「第23回鎮魂太鼓奉納」が行われました。

IMG_0226

招魂社(しょうこんしゃ)に向かい、参加者全員で黙祷を捧げて、修祓(しゅばつ)の儀でお清めしました。

IMG_0235

本年は天皇陛下の御即位にあたり、日の丸小旗を振り掲げて奉祝(ほうしゅく)することで、参加者の心も一つとなりました。

IMG_0263

各地区が練習の成果を発揮し、終始賑やかに晴れやかに、鼓の音は比々多の里に響きわたりました。

IMG_0283

稲刈体験

2019年10月7日 月曜日

昨日に続き、神社下の御神田において、小学校5年生の稲作体験が行われました。

行事に先立ちお祓いを執り行い、安全無事を期しました。

IMG_0101

最初は不安そうに鎌を握る児童もいましたが、次第にザクッザクッと小気味よい良い音に変わっていきました。

保護者の助勢もあって、藁(わら)で稲を束ね、稲架(はさ)を組み、稲を掛ける作業も手際よく進みました。

子供たちからありがたい感謝の言葉を受けて、田主(たぬし)さんも嬉しそうでした。

IMG_0107

今日の祭事

2019年10月6日 日曜日

今朝は神社下の御神田(ごしんでん)において、神奈川県神道青年会による稲作体験「稲刈り」が行われました。

神社で参拝後、青年神職による抜穗祭(ぬきほさい)が執り行われ、県内外から参加の子供たちも楽しそうに収穫の喜びを味わいました。

収穫された稲穂は県内各地の神社に届けられ、大嘗祭奉祝祭(だいじょうさいほうしゅくさい)等で神前に供えられます。

IMG_0090

また、兼務社の五霊神社(伊勢原市上粕屋)や八剱神社(平塚市上吉沢)では、秋の大祭奉仕がありました。

八剱神社は高台に位置することから風光明媚(ふうこうめいび)で、平塚八景の霧降りの滝・松巌寺へと続くハイキングコースとなっていますが、強風の影響で幟(のぼり)が割(さ)けてしまいました。

境内は綺麗に清掃・整備されていましたが、先の台風15号による暴風で、木の枝や落葉の処理作業にかなりの労力を費やしたようです。

IMG_0096

夕方には、「伊勢原観光道灌まつり」における神輿のお祓いに出向きました。

明かりの点(とも)った万灯神輿(まんどうみこし)には、「奉祝 天皇陛下御即位」「聖寿無窮(せいじゅむきゅう)国民安穏(こくみんあんのん)」のペナントが掛けられ、賑々(にぎにぎ)しく渡御(とぎょ)が行われました。

南からの強い風

2019年9月24日 火曜日

昨日は正午前後に、暴風のような南からの強い風が吹き荒れ、拝殿の扉も一旦閉じる程でした。

今朝は掃き掃除で、職員一同が追われました。

IMG_9996

そのような強風の中、〝鶴巻の大欅(おおけやき)〟として地元の象徴ともいえる地神社(じじんじゃ:秦野市鶴巻南)の例祭式を執り行いました。

先日の台風15号による影響が心配されましたが、無事で被害はなく、小枝や落葉も綺麗にまとめて整理されていました。

IMG_9992

鶴巻地区では、吾妻山(あづまやま:標高約125㍍)にお祀(まつ)りされている吾妻神社の例祭を来月執り行う予定です。

感謝の季節

2019年9月14日 土曜日

今月二度ある三連休の始まりですが、土曜日の大安にあたり、初宮や七五三詣り・交通安全の祈祷者や御朱印巡りで、お昼近くは社頭が賑わいました。

少子化で減少傾向にあるものの、今年も七五三の家族連れで賑わう季節がやって来ます。

また、地鎮祭も早い時間から承りましたが、今日は涼しい気候の中でお仕えすることが出来ました。

IMG_9703

さて、午後3時に「第70回産土講祭」(三ノ宮・木津根橋)を執り行いました。

今年は30名以上の参列が得られ、役員を担う生産組合長の段取りのもと、祭事と直会(なおらい)が恙無く進められました。

御神前には、神社で用意した御饌御酒(みけみき)とは別に、生産者の真心として、奉献酒(ほうけんしゅ)、鯛(たい)、里芋(さといも)、薩摩芋(さつまいも)、生姜(しょうが)、牛蒡(ごぼう)、梨(なし)、葡萄(ぶどう)等が献備品(けんびひん)として供えられました。

直会の冒頭、生産組合長、農地利用最適化推進委員、農協理事、自治会長、神社総代等が、それぞれの立場で挨拶を述べられました。

地域では稲刈りが近づいていますが、〝悪しき風、荒き水、虫の災、獣の禍〟等の禍事(まがごと)に遭う事なく、感謝の季節が齎(もたら)されるよう願います。

雨降り盆

2019年8月14日 水曜日

当地では、昨夕は月遅れ盆の「迎え火」で、近隣のお宅でも火を焚(た)いてご先祖さまをお迎えしていました。

obon009

一両日の雨で多少の潤いがあり、農家の方にとりましては、喜雨(きう)あるいは恵雨(けいう)、慈雨(じう)であり、雨降り盆といったところです。

当社職員も束の間のお盆休みですが、大型の台風10号の接近・上陸により、各地でUターンに大きな影響が生じているようです。

大きな被害とならぬ事を願いつつ、台風の情報に注意を払いたいと思います。

神籬の祭祀

2019年8月4日 日曜日

昨晩は当社駐車場で納涼祭(三ノ宮自治会主催)が開かれ、多くの人たちが夏の夜を満喫する楽しい一時を過ごしていました。

また、比々多地区内の栗原(保國寺)や神戸(木下神社)、串橋(雷電神社)、笠窪・もえぎ台(神明神社)、善波(善波児童館)でも同様に納涼盆踊り大会が開催されています。

matsuri014昨日に比べると幾らか気温が下がったようですが、厳しい暑さに変わりはありません。

それでも彼方此方(あちこち)から御朱印巡りの多い一日でした。

IMG_9502

今日は出張結婚式や祖霊祭(それいさい)等の御奉仕がありました。

神殿が存在しない出張結婚式の場合には、家を建てるときに執り行う地鎮祭(じちんさい)と同じように、依り代(よりしろ)に神さまをお迎えする神籬(ひもろぎ)の祭祀(さいし)となります。

青々とした常緑樹(じょうりょくじゅ)の真榊(まさかき)に、御幣(ごへい)と麻苧(あさお)を垂らし、「オーオーオー・・・」という警蹕(けいひつ)の声とともに、守護神をお祀(まつ)りするものです。

朔日参り

2019年8月1日 木曜日

非常に厳しい暑さが続いていますが、今朝は境内で中地区教育文化研究所主催の親子写生会が開催されました。

20組以上の親子が、神社の様子を銘銘に(めいめい)に画用紙に描き、絵の具で色付けしていました。

今日は朔日(ついたち)参りで、御神前には赤飯、酒、菓子、葡萄等の奉納品が上がりました。

IMG_9480

さて、葉月の予定です。

1日(木)月次祭、2日(金)神奈川県神社庁相模中連合支部理事会、8日(木)総代奉仕、15日(木)月次祭、19日(月)神奈川県神社庁相模中連合支部理事会、24日(土)正祭・慰霊祭会議

3日(土)は神社駐車場で納涼祭(三ノ宮自治会主催)が予定されています。

就職体験

2019年7月30日 火曜日

昨日、長かった梅雨がようやく明けて、直射日光の照る真夏が一気にやって来ました。

夏休みの行事として、昨日から高校生の就職体験(インターンシップ)の受け入れを行っています。

今年は4名の高校生を2班に分けて、3日間ずつの体験です。

IMG_9477

先ずは白衣と袴に着替え、簡単な作法の教授、そして社殿で正式参拝を執り行いました。

神前での心構えや祭具の意味、各施設の案内、座学で言葉遣い等についての説明の後、裏方の事務作業、御祈祷や御朱印の対応などを学んでもらいました。

神社の専門的な事ばかりでなく、仕事の大半を成す準備や片付けについて、見えないものについても多少は理解が得られたように思えます。