‘地域行事’ カテゴリーのアーカイブ

比々多の太鼓

2017年8月20日 日曜日

午前中、正祭・慰霊祭会議(26日)に向けて、共催者である比々多地区自治会連合会の三役と綿密な打ち合わせを行いました。

招魂社と呼ばれる忠魂碑には、西南の役、日清戦争、日露戦争、そして大東亜戦争など、かつての戦役に出征し、散華(さんげ)された英霊182柱の御名が刻まれています。

今年は先の大戦が終結してから72年となりますが、比々多地区では戦歿者の慰霊祭を正月(遺族会主催)と秋(神社と自治会連合会の共催)の2回、継続して執り行っています。

西南の役、日清戦争、日露戦争、そして大東亜戦争など、かつての戦役に出征し、散華)された英霊182柱の御名が、招魂社内の碑に刻まれています。

慰霊の目的で平成6年に始まった鎮魂太鼓奉納は、2度の雨天中止を除いて今年で22回目となり、8地区9団体が参加の予定です。

「戦地で満月のお月さまを眺めながら、比々多の太鼓を思い出しました。太鼓奉納では戦友の元に届くように力一杯太鼓を叩いてください。」と5年前に仰っていた古老は、残念ながら今は鬼籍に入りました。

太鼓奉納の様子(昨年)

鎮魂太鼓奉納の様子(昨年)

本日、伊勢原市では「第31回平和のつどい」を開催し、「中学生平和作文」表彰式、「中学生平和の旅」体験発表、「戦争インタビュー」上映を始め、戦時中の写真や資料の展示等を行いました。

今年は、昭和27年4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効されてから65年、昭和47年5月15日に沖縄が本土復帰してから45年という年にあたります。

声なき声に応えられるよう、神社で、そして地域とともにできる慰霊をこれからも続けていきたいと思います。

現世の境へ

2017年8月16日 水曜日

世間では束の間のお盆休みを終えて、故郷や行楽地から戻るUターンラッシュとなっています。

当家では参集殿で一年祭を執り行いましたが、家族・親族、近隣の人たちがお参りし、御霊(みたま)を慰めました。

IMG_8862

今年も穏やかなお盆が過ぎて行きました。

今宵は京都の風物詩として有名な「五山送り火」(大文字焼き)が行われていますが、各地の「灯籠流し」(とうろうながし)や「精霊流し」(しょうろうながし)も含め、山や海が現世との境と考えられてきたことを意味します。

迎え火に比べると寂しい気もしますが、神道の当家でも、門口に苧殻(おがら)を据え、帰り道を明るく灯して祖霊をお送りしました。

就業体験 その3

2017年8月13日 日曜日

昨日から2日間にわたり、今夏3校目の就業体験(インターンシップ)があり、県立高校の女子生徒を受け入れました。

初日は「神道」(しんとう)について他宗教との比較や祭礼を通して説明し、拝礼作法の練習をした上で正式参拝を執り行いました。また、境内施設を見学後、先輩巫女(みこ)の指導のもと祭儀の準備等に従事してもらいました。

miko

本日も祈祷奉仕の補助や祭場の設営・片付け、祭典で用いる紙垂(しで)や玉串(たまぐし)の奉製作業等にあたってもらいました。

慣れない中でも、真面目に取り組む姿勢は感心で、その様子を遠目で見守っていました。

秋には公立中学校生徒の職業体験があります。

自然災害のないよう

2017年8月7日 月曜日

各地で記録的な大雨をもたらしているノロノロの台風5号の影響で、予報通りお昼過ぎから雨が降り始めました。

当社でも夕方は早めに台風対策を施して災害に備えました。今夜は十分な警戒が必要となりそうです。

さて、来月に予定している所管神社連絡協議会主催の県神社庁新庁舎視察会の申込みで、兼務社の役員さんがお越しになりました。

営む果樹農家が最盛期を迎えているようですが、今年の葡萄(ぶどう)は豊作とのことで、撓(たわ)わに実った大粒の葡萄を御献納下さいました。

saidan

今夜は三ノ宮・木津根橋地区の生産者が産土講(うぶすなこう)の役員会を開きました。

今年で68回目を数える「産土講祭」(うぶすなこうさい:9月15日)ですが、収穫時期を前にして台風や自然災害のないよう、そして、一同が感謝の祈りを捧げる神事です。

出張結婚式

2017年8月5日 土曜日

奄美地方や九州南部では記録的な大雨となっていますが、依然勢力を保った台風5号はゆっくりと九州に向かって進んでいます。

7月の豪雨被害に遭った九州北部の人たちの心配は尚更(なおさら)のことだと思われますが、無事をお祈り申し上げます。

さて、8月最初の土曜日、伊勢原市内では各地で納涼祭や盆踊り大会などが開催となります。

当社の駐車場でも三ノ宮自治会主催の納涼祭が午後6時半から行われます。

IMG_8824

午前中、景観の素晴らしい式場において、出張結婚式のご奉仕がありました。

通常の神前結婚式とは異なり、神殿がないことから青葉常磐木(あおばときわぎ)の真榊(まさかき)を依代(よりしろ)として、「オー」という警蹕(けいひつ)を唱え、神降ろしをして神事を執り行いました。

神さまのご加護のもと、無事に神事を修め、新郎さん新婦さんもほっとした表情でした。

就業体験 その2

2017年8月3日 木曜日

今日は最高気温が30℃に届かない比較的涼しい一日ながら、8月に入り、境内の蝉時雨(せみしぐれ)も一段と激しくなっています。

安産祈願の吉日「戌の日」でしたが、参列のご家族も止まることのない蝉の鳴き声に、「すごいですね」とその様子を表現していました。

妊婦さんのお腹に宿った新たな命と重ね合わせて、溢れる生命力を感じたのかもしれません。

社務所玄関の朝顔

社務所玄関の朝顔

さて、夏休みに入って2校目、県立高校の女子生徒(2名)の就業体験です。

今朝は外祭の予定などが重なった関係で、前回とは異なる内容で一日の計画を立てることにしましたが、ご祈祷では巫女(みこ)の姿で、玉串(たまぐし)を渡す役目を担ってもらいました。

式後にご参列の方々にその旨をお話すると、とても理解が得られ、尚且(なおか)つ温かな言葉を頂きました。

IMG_8777

二十三夜塔

2017年8月2日 水曜日

昨晩は比々多観光振興会の正副会長会が神社で開かれました。

秋に行われる正祭(しょうさい)、慰霊祭・鎮魂奉納太鼓に合わせ、境内において「骨董蚤の市」(こっとうのみのいち)が開催される予定で、諸団体との話し合いのもと準備が進められています。

IMG_8767

さて、昨日は敷地の片隅にお祀(まつ)りされるお稲荷さんの奉還祭(ほうかんさい)をお仕(つか)えしました。

諸事情により継続することが叶わなくなったわけですが、長年の恩恵に感謝するとともに、今後の無事を祈り上げました。

お供えした米・酒・塩などで式後にお清めをした折、お稲荷さんのすぐ横の茂みに、「二十三夜塔」(にじゅうさんやとう)の石塔があるのに気がつきました。

IMG_8768

旧暦23日の夜、「月待ち」をすれば願いが叶うという民間信仰で、十三夜・十五夜・十七夜などの特定の月齢に行われた月を祭るしきたりの内、全国的にも最も多く行われていたもので、町人文化が発展した文化・文政期(1804-1830)の化政文化の頃流行したようです。

また、月待ちは毎月ではなく、正月・五月・九月が重要視されていたようです。

二十三夜が最も盛んだったこともあり、二十三夜講の人たちが造塔したものが多く見られます。

この石塔には嘉永2年(西暦1849年)と刻まれていました。

気になる天気

2017年7月31日 月曜日

文月も最後の日を迎えましたが、うだる暑さが相変わらず続き、今日の地鎮祭(じちんさい)奉仕も汗でびっしょりとなりました。

大暑の末候(8月2日から6日頃)は「大雨時行る」(たいうときどきふる)で、時として激しい雨の降る頃です。

予報では不安定な大気により、落雷や突風にも注意が必要となりそうです。

IMG_8760

さて、御神前には地域の特産品である「葡萄」(ぶどう)が上がりました。

これから葡萄や梨の最盛期を迎える果樹農家にとっては、台風の動きも気になる季節です。

一昨日は比々多地区内でも納涼盆踊り大会が開催されましたが、今週末が最も集中する時期で、こちらも空模様が心配の一つです。

就業体験 その1

2017年7月30日 日曜日

今月の14日に、調べ学習(フィールドワーク)の授業で来社した中等教育学校の生徒から、御礼の手紙と秋に実施する発表会の案内が届きました。

総合学習の位置づけとしての〝 地域に関する探求 〟でしたが、その成果は夏季休暇中にどれだけ肉付けできるかといったところでしょうか。

IMG_8728

さて、昨日は県立高校の就業体験(インターンシップ)を受け入れました。

白衣(はくい)と緋袴(ひばかま)に着替えて、巫女(みこ)の姿で一日行いましたが、神社を体験先として希望する生徒らしく、真面目で礼儀正しく、真剣に取り組む様子が印象的でした。

今週と来週、別の高校からも受け入れ予定です。

親子写生会

2017年7月27日 木曜日

境内でスズメバチが飛んでいるのを見掛けて注意していたところ、森の木の中に巣を作っていました。

危険を回避するため、早速に業者へ除去のお願いをしました。

IMG_8709

さて、今日は中地区教育文化研究所主催の親と子による写生会が神社境内で実施されました。

大人であれば何を描くか少し迷うところですが、子供たちは社殿や御神木、神楽殿、鐘楼(しょうろう)、手水舎(てみずや)など、描きたいものを直ぐに選び、距離を上手に取って座ると、構図を決めて鉛筆で下絵を描き始めました。

IMG_8712

絵の具を用いた彩色に至らない子もいましたが、時間を掛けてきちんと仕上げまで行って欲しいと思います。