‘各種団体’ カテゴリーのアーカイブ

晴れ晴れとした元気な顔つき

2020年10月19日 月曜日

陰暦九月の時雨(しぐれ)を「九月の時雨」(ながつきのしぐれ)というそうですが、秋の雨で山の木々も色づき始めます。

さて、本日は比々多地区老人クラブ連合会の健康祈願祭を執り行いました。

IMG_3309

例年であれば7地区の会員35名が参列されますが、今年は密を避けるために14名に制限されて行われました。

しかしながら、御神前には会員413名の健康長寿を変わることなく祈るとともに、合わせて疫病除けの祈願をしました。

IMG_3314

集合写真だけはマスクを外し、いつもの晴れ晴れとした元気な顔つきが見られました。

静かな一日

2020年10月8日 木曜日

昨日は神社下の神奈川県神道青年会御神田において、抜穂祭(ぬいぼさい・ぬきほさい)が執り行われました。

青少年育成のための稲作体験事業で、例年は県内外から多くの参加者が集まりますが、今年は田植えと同様、感染症予防により青年神職12名のみで実施されています。

IMG_3175

稲刈りが無事に済んで一安心ですが、朝から雨となりました。

神社では七五三詣や交通安全、工事安全等のご祈願がありましたが、静かな一日でした。

強い台風14号の接近により雨が激しくなる恐れもあり、今後は十分な警戒が必要です。

IMG_3203

落ち着いた日常への願い

2020年10月7日 水曜日

昨日は、いせはら観光ボランティアガイド&ウオーク協会のウオーキングが開催され、4月の緊急事態宣言以後、久しぶりに30名の団体が神社を訪れました。

また、小学校の校外学習の予約申込みや修学旅行の代替案として相談の連絡がありました。

各自が新型感染症の予防に注意を払いつつ新しい生活様式と向き合う中で、境内にも以前のような日常が徐々に戻りつつあります。

IMG_3158

さて、今月に入って3社目の例祭(れいさい)で、今日は神明社(平塚市南金目)へと向かいました。

昨年は台風19号の直撃により、祭儀の中止を余儀なくされましたが、今年は予防対策を取りながら執り行う事が出来ました。

例祭祝詞に続いて感染症の鎮静を祈願し、落ち着いた日常への願いを捧げました。

神明社

神明社

相模國式内社の會総会

2020年10月6日 火曜日

今日は寒川神社において「第43回相模國式内社の會」総会が開かれました。

醍醐(だいご)天皇の延喜(えんぎ)5年(927)に完成した「延喜式」(えんぎしき)は、養老律令(ようろうりつりょう)の施行細則(せこうさいそく)を集大成した法典で、弘仁式(こうにんしき)・貞観式(じょうがんしき)の後を受けて編纂(へんさん)されたものです。

全50巻から成り、第1巻から第10巻には神祇祭祀(じんぎさいし)に関する規定が記されています。(神祇式)

そして、第9巻・第10巻を「神名帳」(じんみょうちょう・しんめいちょう)といい、律令制下において祈年祭(きねんさい)の幣帛(へいはく)にあずかる2861社・3132座が記載されています。

この神社を「延喜式内社」(えんぎしきないしゃ[式内社・式社])と呼び、相模國には13社が掲げられています。

DSC03962

各社とも千有余年の歴史を誇る由緒正しき神社です。

どうぞこの機会に巡拝(じゅんぱい)をお勧めします。

貴重な会合

2020年9月16日 水曜日

昨日は月の折り返しの15日にあたり、御神前で月次祭(つきなみさい)を執り行い、皇室の御安泰と国家の安寧、氏子崇敬者の無事を祈念しました。

soudai2

さて、午後には平塚八幡宮において、中・平塚・伊勢原連合神社総代会(二宮町、大磯町、平塚市、伊勢原市、秦野市の一部;88社)理事会が開催され、宮司と責任役員2名が役員として出席しました。

諸案件の中でも、11月に計画されていた「第47回研修旅行」の実施有無について、出席者全員に意見が求められました。

賛成意見では、「感染症対策に十分な配慮のある計画」「経済復興も視野に」「バスや旅館の安全対策もあるので参加したい」等、一方で中止意見では「高齢者の参加が多いため」「未だ安全面で不安が残る」「もう少し我慢して先送りに」「年に一度の例祭も神事のみなので」といった内容でした。

残念ながら参拝計画は中止となりましたが、今年の各社祭礼状況を知る結果ともなり貴重な会合でもありました。

変わらない祈りのために

2020年9月15日 火曜日

昨日は神奈川県神社庁において、第15回神職大会に向けての企画会議が開催されました。

jinja

来る11月27日に行われる予定で、「コロナ禍、非常時の神社を考へる。」(仮題)として、これまでの様々な対策や祭祀の実態、組織や地域との関わりについて情報を共有するとともに、今後の在り方や様々な災害を見据えるような内容となりそうです。

navy blue

古くから神社では、様々な災害や疫病が起こる度に真摯(しんし)な祈りが捧げられてきました。

祭りの意義や地域との深い絆をあらためて考えるとともに、〝 変わらない祈りのために 〟新しい参拝のカタチを模索する必要もあります。

観光ガイド養成講座

2020年9月12日 土曜日

伊勢原市内では、いせはら観光ボランティアガイド&ウオーク協会によるガイドが20年以上前から行われています。

当社においては「節分追儺祭」や「まが玉祭」で助勢を得ている他、年間を通して様々なガイド活動を目の当たりにします。

新編相模国風土記稿

新編相模国風土記稿

現在、第10期(令和2年)伊勢原観光ガイド養成講座(一般観光ガイド・英会話講座)が開催されていて、本日は「比々多の歴史」についての講座を当社でお受けすることになりました。

当社の歴史は周辺に点在する多くの遺跡から見ても非常に古いことが理解出来ますが、遺跡や遺物のみならず、発掘調査をした人やその苦労に焦点をあててみることで、新たな発見も生れてきます。

「story=物語」は「history=歴史」から派生したもので、歴史を時代の流れだけで見るのではなく、様々な文献を比較し、時代背景や人のつながり、様々な関係性を探るのも面白いものです。

守護不入図

守護不入図

今回は当社に伝わる文書や同時代の文献を引き合いに、参加者とともに考える構成で比々多の地域や神社の歴史について学ぶ機会としました。

感染症対策を施す関係で、定員20名ほどとなりましたが、皆さん熱心に過ごされた様子でした。

支部総会

2020年8月21日 金曜日

昨日は相模中連合支部(二宮町、大磯町、平塚市、伊勢原市、秦野市鎮座184社)の定例総会が開催されました。

神職は67名在籍しますが、社会状況を鑑み、本務宮司を中心に約20名の会合となりました。

IMG_2856

各種研修等が開催出来ずにいますが、感染症対策の事業を行うことの確認が取られました。

県本部役員会

2020年8月18日 火曜日

本日は神道政治連盟神奈川県本部役員会が神奈川県神社庁において開催されました。

会議では感染症対策が講じられるとともに、リモートによる参加もありました。

今年は総会にあたる代議員会が書面決議となったこともあり、具体的な活動についても控えざるを得ない現状ですが、関東一都七県の当番県会合を来春に控えていること、明年には結成50周年を迎えることから、大まかな今後の計画について確認が取られました。

15日の終戦記念日には、多くの若者を含む人たちが参拝に訪れた靖國神社ですが、毎年行われている参拝研修が先延ばしとなっていることから、その方途(ほうと)についても意見が交わされました。

靖國神社

靖國神社

支部役員会

2020年8月8日 土曜日

昨日は神奈川県神社庁相模中連合支部(二宮町・大磯町・平塚市・伊勢原市・秦野市管内)の役員会が開催され、定例総会(8月20日)に向けて、議案審議が行われました。

新型コロナウイルス感染症の蔓延(まんえん)により、管内184社の祭事や年間運営にも多大な影響が齎(もたら)されていることから、負担金や会費等の特別措置が取られることになっています。

支部内には70名の神職が在籍しますが、状況を鑑(かんが)み総会は各社1名のみの出席で行われ、会議のみとなります。

kityou

また、毎年開催されている各種研修はもとより、忘年会や新年会についても状況次第で見送ることも確認されました。