‘各種団体’ カテゴリーのアーカイブ

季節の色

2018年5月21日 月曜日

毎年の事ですが、当社としては例祭(4月22日)、相模國府祭(5月5日)、まが玉祭(5月19日・20日)と最も大きな祭事が続き、あっという間の一ヶ月でした。

今日は一日掛けてまが玉祭の片付けと整理を行い、平常の静かな境内に戻りました。

IMG_1271

近隣では蛙(かえる)がよく鳴いていますが、神社下の御神田(ごしんでん)にも水が引かれ、神奈川県神道青年会による「くろつけ」作業が行われました。

「お田植ゑ神事」は6月2日(土)、比々多小学校5年生による「田植体験」は6月5日(火)に予定されています。

境内では皐月(さつき)が咲き揃い、鉢植えの紫陽花(あじさい)も季節の色を放っています。

IMG_1266

気がつくと

2018年4月29日 日曜日

昨晩は三ノ宮の青年会「三和会」主催の例祭(4月22日)の鉢洗い(鉢祓い・鉢払いともいう)が開催され、自治会や神社役員、総代等も招かれて参加しました。

慰労の意味合いが強いものですが、思い出話に花が咲くとともに、様々な課題や反省点、更には1週間後に迫った相模國府祭のに関することなど、話の尽きない後宴となったようです。

タウンニュース

タウンニュース

さて、当社としては平成6年以来となる大神輿渡御(おおみこしとぎょ)に向けて、今日も責任役員や総代、自治会と話し合いつつ、細かな準備を進めました。

明日からは参拝者に頒布(はんぷ)する粽(ちまき)づくりが始まります。

IMG_2952

明治34年に昭和天皇がお生まれになった日で、「昭和の日」でしたが、大型連休の最中であり、御朱印参拝の多い一日でした。

気がつくと玉垣下の小川に野花菖蒲が咲き始めています。

無私の祈り

2018年4月29日 日曜日

機器に不具合が生じたため、更新が滞りました。

拙ブログを御覧の皆様には申し訳ありませんでしたが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

靖國神社

靖國神社

さて、昨日は昭和27年(1952)にサンフランシスコ講和条約が発効され、連合国軍による7年の長きにわたる占領政策から、我が国が晴れて独立を果たしたともいえる「主権回復記念日」でした。

神道政治連盟神奈川県本部では、東京都本部との合同参拝研修会を靖國神社並びに参議院会館において開催しました。

IMG_0310

両都県の会員とともに、都議会、県議会、区議会、市議会の議員さんを含む114名が参加しました。

来年は明治2年の御創立から150年にあたり、各種記念事業が展開されていますが、遊就館を見学して近現代の歴史をあらためて学びました。

そして、お祓いを受けて昇殿し、九段の杜に鎮まる246万6千余柱の神霊に頭を垂れて、心静かにお参りをさせて頂きました。

参議院会館

参議院会館

続いて参議院会館に移動し、評論家の江崎道朗(えざきみちお)氏を講師にお迎えし、「皇室制度と憲法、政教分離について」という内容の講演を拝聴しました。

かつてない未曾有の戦争により、皇室の在り方さえも大きく変容しましたが、国民を〝おおみたから〟と称し、宮中祭祀を通して「国安かれ、民安かれ」という〝 無私の祈り 〟が捧げられていることに思いを致しました。

御譲位までちょうど一年となりますが、世界最古の歴史と伝統を誇る皇室の在り方や御即位に関わる儀式等についても、地域で考える機会をもちたいと思います。

まが玉祭実行委員会

2018年4月17日 火曜日

毎年のことですが、大祭(4月22日)の斎行(さいこう)にあたり、交通状況の心配は尽きないものです。

今年は隣接する東京農業大学伊勢原農場さんの御協力を賜り、露店出店者の専用駐車場としてお借りすることになりました。

また、神輿を担ぐ青年の方々と神輿渡御(みこしとぎょ)に伴う安全確認を行いました。

そして、大きな人形山車(にんぎょうだし)の巡幸(じゅんこう)に配慮して、道路の枝下ろし作業などが進められました。

tirasi31

さて、「第31回まが玉祭」【5月19日(土)・20日(日)】の開催にあたり、今夜は実行委員会を開催しました。

足下の悪い中でしたが、お蔭様で51名もの方々にお集まり頂き、あらためて多くの皆様の御尽力により支えられていることを感じています。

今年の舞台行事では日本舞踊の団体が増えるとともに、新入学児童の健康祈願を行う予定です。

子供たちには「ぼくたち・わたしたちの夢」を絵馬に書いてもらい、御神前に掲示します。

尚、行事内容につきましては、あらためて拙ブログでご紹介します。

20180415081123611_0001

式内社巡拝会

2018年3月28日 水曜日

今日は「相模國式内社の會」の第40回式内社巡拝会が実施され、関係者36名が参加しました。

醍醐天皇の延長5年(972)に編纂された「延喜式」は50巻からなる法典で、巻1~巻10には神祇(じんぎ)・祭祀に関する規定が示され、巻9・巻10の2巻を神名帳(じんみょうちょう・しんめいちょう)といいます。

この神名帳に登載された神社を延喜式内社(または式内社)といい、その数は3132座(2861社)、相模國には13社が鎮座しています。

高麗家住宅前にて

高麗家住宅前にて

早朝出発した一行は、昨年9月に天皇・皇后両陛下が御参拝になられた高麗神社(埼玉県日高市)へ参りました。

神職より神社の由来や境内の説明等を受けた後、正式参拝を執り行い、高麗家住宅(国指定重要文化財)や満開の垂れ桜を堪能しました。

秩父まつり会館

秩父まつり会館

続いて秩父へ向かい、秩父夜祭(ちちぶよまつり)の様子を秩父まつり会館で見学した後に、秩父神社に参拝しました。

IMG_2363

昼食後は、宝登山ロープウェイで山麓に上り、梅と臘梅(ろうばい)を楽しみながら寳登山神社奥宮に参り、下山して里宮にあらためてお参りしました。

寳登山神社

寳登山神社

現地確認

2018年3月18日 日曜日

ここ数日の春本番の陽気で、花芽のほころびが加速しています。

当社境内の桜も開花間近となってきました。

IMG_2238

さて、「天皇陛下御即位三十年奉祝記念相模國府祭」(5月5日)に向けて、様々な準備が進められていますが、今日は神輿関係者による打ち合わせ会が大磯の地で行われました。

昨年から6回目となる会合ですが、各社大神輿の現地入りに際し、待機場所や搬入車両の置場、担ぎ手の休息場所、囃子(はやし)車両や大神輿の行在所(あんざいしょ)の位置確認等、六社の関係者が入念に確認をしました。

各社の熱意が感じられ、賑やかな祭事となることが予想されます。

IMG_0186

国民こぞってお祝い

2018年3月6日 火曜日

今日は二十四節気の一で、冬籠(ごも)りの虫が外に這(は)い出る「啓蟄」(けいちつ)。

冷たく感じる北風が吹き、寒さと暖かさの繰り返しに、服装に頭を悩ます時期ながら、季節は間違いなく進んでいます。

土手の河津桜や社務所前の梅も見頃を迎えています。

IMG_0041

3月は関係団体の諸行事が続きますが、一都七県神道政治連盟の会合が茨城県水戸市において開催され、禰宜が出席しました。

重要な案件がいくつかありましたが、何より御代替わりのことについて時間が割かれました。

「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立・公布されましたが、報道等において「退位」の語が使用されているものの、古くは律令(りつりょう)に規定されているように、「譲位」(じょうい)という語が公式かつ歴史的に用いられてきたこと、「皇位継承」という皇室・国家の重儀が尊厳性を大切に、皇室の伝統を踏まえ、旧登極令等の規定に準拠して執り行われるよう、先例等を考証しつつ、あらためて学ぶ機会を設けることの重要性を確認しました。

そして何より、国民こぞってお祝いすべきものとなるよう、機運を高めていくことが大切といえましょう。

なぜ儲かる会社には神棚がある

2018年3月5日 月曜日

暖かさは続いたものの、雨の一日となりました。

今日は第43回中・平塚・伊勢原連合神社総代会研修会が箱根の地で開催され、当社から14名、兼務社から8社17名、総計27社 92名が参加しました。

IMG_0031

講師には木材の卸売業を営むクボデラ株式会社代表取締役の窪寺伸浩氏をお迎えして、「なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか」という著書のタイトルにもある講演を拝聴しました。

本業の木材の話はもとより、最近力を入れている企業での神棚奉斎(かみだなほうさい)の話、子供を対象にした神棚づくり(工作)など、興味深いお話をお聞きすることが出来ました。

IMG_0035

その後は、和やかに懇親会を行い充実した研修会となりました。

神社庁事始祭

2018年1月25日 木曜日

今朝6時過ぎの殿内の気温は氷点下4度を示し、水道管は凍りつき、今年一番の寒さに身震いが止まりませんでした。

日差しのあった日中も4度余りと、厳しい寒さに閉口気味ですが、節分には気温が上がることを期待したいです。

IMG_1664

さて、昨日は神奈川県神社庁において、県内の神職・総代参列のもと、新年事始祭(ことはじめさい)並びに神宮大麻暦(じんぐうたいまれき)頒布終了奉告祭が厳粛かつ鄭重に執り行われました。

伊勢の神宮で奉製された神宮大麻は、年末に神社本庁を通して各都道府県の神社庁を経由し、当県でも県内に鎮座する1121社の氏子の家々や事業所等に頒布されました。

お伊勢さまの御神璽(みしるし)がおまつりされた家庭や職場に、あらためて平安がもたらされるよう、神職の一人として願い上げました。

総代会研修会

2018年1月19日 金曜日

今朝は遙々(はるばる)大分や福岡から、当社を慕って5名の男女が正式参拝でお越しになりました。

元宮(旧宮山鎮座)をご案内して、心地よいお参りが叶った様子でした。

kami

さて、昨日は中・平塚・伊勢原連合神社総代会(二宮町・大磯町・平塚市・伊勢原市・秦野市の一部に鎮座する87社・会員559名で組織)の理事会が開催され、3月5日(月)・6日(火)の日程で、春の研修会が箱根の地で行われることになりました。

講演には窪寺伸浩氏をお招きして「なぜ成功する人は神社と神棚を大切にするのか」(著書名)というお話を拝聴する予定です。