‘各種団体’ カテゴリーのアーカイブ

神社庁の記念大会

2017年11月30日 木曜日

昨日は「神奈川県神社庁設立70周年・神奈川県神社総代会設立60周年記念大会」が新庁舎竣功を祝して開催され、ご来賓、県内神社の神職・総代、また関係者等、およそ800名が横浜の地に集いました。

当社からも宮司・禰宜、責任役員・総代15名が参加しました。

第1部では物故神職総代の慰霊祭が粛々と執り行われました。

第2部記念式典では、代表者やご来賓挨拶、栄に浴された311名の敬神功労者表彰、70周年記念事業報告や今後の指針発表、庁歌の披露等が行われました。

養老孟司氏による記念講演

養老孟司氏による記念講演

第3部の記念講演会には、東京大学名誉教授の養老孟司(ようろうたけし)氏を講師にお招きし、「自分の壁」と題する講演を拝聴しました。

そして、第4部祝宴では、清興(せいきょう)として「親子で親しむ日本の神話~倭建命」の上演、國學院大學ドリル競技部による演技が催され、和やかな雰囲気に包まれた大祝宴会となりました。

親子で親しむ日本神話の上演

親子で親しむ日本神話

お彌彦さま参拝

2017年11月17日 金曜日

中・平塚・伊勢原連合神社総代会参拝旅行の2日目です。

朝食を済ませると、門前町である弥彦温泉の宿から歩き、延喜式(えんぎしき)の名神大社(みょうじんたいしゃ)で、越後一宮の彌彦神社を参拝しました。

IMG_0728

境内では弥彦菊まつり(新潟県菊花展覧会)が開催中で、県内外の愛好家が育てた素晴らしい菊を観賞する好機となりました。

IMG_0738

今年は天候の関係で、既に多くの鉢を引き上げてしまったようですが、十分に堪能することが出来ました。

IMG_0755

〝 おやひこさま 〟と地域の方々に慕われる彌彦神社ですが、ご神前(拝殿)に上がり、気持ちの引き締まる正式参拝となりました。

集合写真(2号車)

集合写真(2号車)

宝物殿を見学後、弥彦の町を旅立ち、新潟市に鎮座する白山神社へと向かいました。

白山神社の随神門

白山神社の随神門

生憎(あいにく)雨が強まったことから広い境内を廻ることは出来ませんでしたが、当社の本殿裏にもお祀りされている神さまに親しくお参りすることが出来ました。

北方文化博物館 旧伊藤家の館

北方文化博物館 旧伊藤家の館

その後、全盛期に1370余町歩(1370万㎡)もの田畑を所有した豪農の館を見学し、越後の文化の一端にも触れることが出来ました。

越後路を通して、米作りと神さまの存在についてあらためて考える良い機会となりました。

神社総代会参拝旅行

2017年11月16日 木曜日

今日と明日、第44回中・平塚・伊勢原連合神社総代会参拝旅行の開催です。

バス3台に31社127名の方々が乗車し、当社から禰宜・権禰宜を含む9名が参加しました。

川越氷川神社

川越氷川神社

初日は伊勢原とも所縁のある太田道灌公が築城した川越城下の守護神川越氷川神社を正式参拝し、関越自動車道で新潟県へと向かいました。

錦鯉の里(小千谷市)

錦鯉の里(小千谷市)

群馬県から新潟県に入ると天気が一変して雪となりましたが、予定通りの行程を過ごすことが出来ました。

夜の大懇親会も和やかに楽しい一時となりました。

IMG_0724

地神講閉講式

2017年10月28日 土曜日

台風22号は明日には九州に接近し、東よりに進む見込みで警戒が必要です。

当地は曇り空から小雨といった状況で、予定していた地鎮祭も全て無事に御奉仕することが出来ました。

また、土曜日の大安ということもあり、七五三参りは今年一番の人出となりました。

IMG_0378

さて、参集殿では地神講(じしんこう)の閉講式を執り行いました。

坪ノ内久門寺(つぼのうちくもんじ)では文久4年(1864)に地神講を開講してから、春秋の社日に地神を祭り、農事の感謝を捧げてきました。

残念ながら、農家を営む家も少なくなり、時代の趨勢(すうせい)ということですが、それぞれ万感の思いで参列されました。

IMG_0383

講を通して組み成してきた絆を大切に、今後とも皆さまの御無事と御繁栄を祈念申し上げます。

菊小屋立て

2017年10月27日 金曜日

週末には台風22号が関東地方に近づく見込みで、今後の動きに注意が必要です。

今日は高気圧に覆われて、秋晴れの一日となりました。

境内では季節の風物詩で、菊華会による菊小屋立てが行われました。

見頃を迎えたざる菊

見頃を迎えたざる菊

明日以降、鉢花や盆材等の搬入が始まります。

菊の花香るお宮へどうぞお参り下さい。

笑みに溢れ

2017年10月26日 木曜日

今日は第75回榊会(さかきかい)正式参拝を執り行いました。

榊会は当社総代の任期を終えた方々が、昭和55年に組織した会です。

春秋2回の正式参拝の他、5月5日の国府祭には、現役総代の助勢として祭具等の運搬、祭場の設営などの御奉仕にあたって頂いています。

tamagusi予定時間より30分以上も早く全員が揃い、みなさん楽しみに集まっていることが伝わってきました。

参集殿における直会(なおらい)では、余興でフラダンスが演じられ、笑みに溢れた楽しい一時となりました。

IMG_0337

雨にも負けず

2017年10月15日 日曜日

月の折返しの15日、月次祭を執り行いました。

今日も雨の境内でしたが、七五三参りの子供たちにとっては変わりなく、着物姿で境内を行き来していました。

日曜日ながら、中・平塚・伊勢原連合神社総代会(中郡二宮町、大磯町、平塚市、伊勢原市、秦野市の一部:87社で組織)理事会が開催され、第44回となる神社参拝旅行(川越氷川神社彌彦神社)はバス3台127名となりました。

IMG_0164

さて、伊勢原市内最大の観光行事「第50回記念伊勢原観光道灌まつり」が2日間にわたり盛大に開催されました。

夕方には神輿渡御(みこしとぎょ)にあたり、万灯神輿(まんどうみこし)3基の御霊(みたま)入れ神事を御奉仕しました。

小雨が降っていましたが、担ぎ手の皆さんは雨にも負けず、元気いっぱいに威勢良く声を上げていました。

29.10.13

雨上がりの結婚式

2017年10月14日 土曜日

昨日からの雨が今日も続き、神社下の御神田では、神奈川県神道青年会による稲刈りは取り止めとなったものの、設えたテントで抜穂祭(ぬいぼさい)の神事が粛々と執り行われました。

神社では小雨の中、初宮参りや七五三参りを受け入れながら、神前結婚式の準備を整えました。

IMG_0109

お陰様で、開式の折りには雨が上がり、伶人(れいじん)の奏でる雅楽(ががく)の音色に導かれ、御殿(ごてん)へと参進する事が出来ました。

IMG_9720

新郎新婦はそれぞれの氏神さまの御朱印を受けられました。

御加護のもと、幸せな夫婦生活を過ごされますようお祈り申し上げます。

6年目の稲作体験

2017年10月12日 木曜日

今朝は三ノ宮と栗原の老盛会による境内の清掃奉仕(37名参加)が行われました。

来週(18日)は、比々多地区老人クラブ連合会の健康祈願祭を執り行います。

IMG_0023

さて、昨日は青空が広がる好天の中、神社下の御神田において、比々多小学校5年生の稲刈り体験が実施されました。

平成24年にお受けしてから6年目となる自然体験です。

冒頭、参加者の安全を期して、お清めのお祓いを執り行いました。

IMG_0033

児童等は耕作者の指示に従いながら、1株ずつ丁寧に刈り取り、それを束ねる保護者にとっても良い汗となったことでしょう。

3学級が交代で取組み、空き時間には心心(こころごころ)に絵を描いていましたが、稲の観察や環境学習などにもなったようです。

最後は天日(てんぴ)干しのため、稲架(はさ)掛けにしました。

IMG_0059

今日の夕刻には、神奈川県神道青年会のメンバーが明後日(14日)の「抜穗祭」(ぬいぼさい)のための祭場準備をしていました。

予報では天候は厳しそうです。

大矢場祭場における打ち合わせ

2017年10月9日 月曜日

今日も秋晴れのお祭り日和となりました。

日月神社(伊勢原市沼目)の境内社・疫神社(えきじんしゃ)例祭に続き、境内の慰霊碑前で地区戦歿者慰霊祭を執り行いました。

逢親場祭場(おおやばさいじょう)の馬場公園

祭場となる馬場公園

さて、午後から「天皇陛下御即位三十年奉祝記念 相模国府祭」に向けて、類社(るいしゃ:寒川神社川勾神社・比々多神社・前鳥神社平塚八幡宮六所神社)による現地確認と打ち合わせが、総社(六所神社)と大矢場祭場(おおやばさいじょう=逢親場祭場)で行われました。

当社からも総勢20名(宮司・禰宜、責任役員、自治会、青年会、総代)が参加し、計画中の大神輿渡御(おおみこしとぎょ)に関して確認をしました。

月末には実行委員会が予定され、それぞれの課題検討や意見調整などを行います。