‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

献灯提灯の枠づくり

2020年4月1日 水曜日

小雨ながら花冷えのする新年度の始まりです。

御神前では先月と同様、月次祭(つきなみさい)に併せて新型コロナウイルス感染症の早期終息を願い上げました。

また、月例の如く月参りの企業祈祷や神前奉納をお受けしました。

例年よりは少なかったものの、新入社員と思われる人たちを伴い、会社関係の方々のお参りもありました。

IMG_1688

さて、雨の中でしたが、予定通りに献灯提灯(けんとうちょうちん)の枠づくりが行われました。

雨とともに高所作業につき、危険を伴うものでしたが、夕方には無事安全に終了しました。

明後日に提灯掛けを行い、例祭日(4月22日)まで献灯する予定です。

伊勢原大山ICの開通

2020年3月29日 日曜日

少し前の話になりますが、去る3月7日に新東名高速道路の伊勢原大山IC(インターチェンジ)が開通しました。

当社から約2.5㎞、車で5分足らずの道のりで、一昨日は埼玉県久喜市、昨日は東京都青梅市、今日は東京都町田市からの参拝者が「便利が良い」との言葉を発せられました。

いせはらみち ドライブマップ

いせはらみち ドライブマップ

一般社団法人伊勢原市観光協会からドライブマップが届きましたが、観光協会や東名高速道路の海老名サービスエリアなどに置かれるようです。

部数に限りがありますが、当社では参集殿入口前の広報用棚に置いてあります。

20200327200739117_0003

火災に対する心構え

2020年3月21日 土曜日

この度更新された真新しい消防車に乗って、地域の消防団がお参りになりました。

消防団員参列のもと、拝殿における安全祈願祭に続き、車祓所において新車両のお清めを執り行いました。

IMG_1630

市内ではこのところ火災発生が続いており、文化財を有する当社としても、心構えを新たにする機会となりました。

火災に対する万全の備えですが、新車両が現場に出動する機会が少ないことを祈ります。

樹勢回復工事

2020年2月20日 木曜日

本日は神社境内に繁る欅(けやき)の樹勢回復工事が施工されました。

IMG_1288

樹木医の診断によれば、かなり年月が経過しているものの、トイレ建設や通路敷設により根が断ち切られたことが原因と考えられるようです。

また、通行者の危険防止もありますが、枝を伐採したことにより葉の光合成の量が減少し、大きな幹を支える力が失われたということです。

IMG_1287

今回の工事は、水の圧力のみで等間隔に500余りの穴を開け、酸素と水を供給して、根の活動を活発化させるものです。

幸いに土壌はあまり固くなかったようで、作業は予定以上に順調に捗りました。

樹勢回復の願いが通じ、青々とした芽を沢山吹かして欲しいと思います。

河津桜にメジロ

2020年1月27日 月曜日

伊勢原市内に大雪・着雪注意報が発表され、低い気温が続いています。

IMG_1046

駐車場では早咲きの河津桜(カワヅザクラ)が色濃い花を綺麗に咲かせています。

この寒さですが、目白(メジロ)が飛んで来て、警戒心もなく花から花へと移りながら蜜(みつ)を吸っています。

参拝者の傾向

2020年1月4日 土曜日

昨日は兼務する日向神社(伊勢原市日向)、今日は御嶽神社(伊勢原市伊勢原)において歳旦祭(さいたんさい)を執り行いました。

参列者はお互いに賀詞(がし)を交わし、四方山話(よもやまばなし)に花が咲くのも神社、特に祭りが交流の場である証左(しょうさ)です。

3日

3日

無事に三箇日(さんがにち)が過ぎ去り、お参りの方に授与する「開運守」の数量から見て、概(おおおむ)ね昨年並みの参拝者数と思われます。

また、令和の御代を迎えて初めての正月ということもあり、例年以上に御朱印を求める方が多いようです。

昨日までは家族連れが多くを占めていましたが、今日は会社の安全祈願や、スポーツ団体の参拝も見られるようになり、それぞれの組織・団体も始動したことを感じます。

尚、6日(月)は仕事始めの企業が多いようで、早朝から夕方まで企業祈祷の申込が集中して入っています。

お正月の天候

2019年12月25日 水曜日

30日には雨の予報が出ているものの、年明けは晴天続きの穏やかなお正月が迎えられそうです。

IMG_0753

境内では、例年通りに臨時の御神札授与所(おふだじゅよしょ)を設けますが、天候に恵まれて外回りの準備も順調に進められそうです。

おみくじ結所

おみくじ結所

関東の神社をめぐる本

2019年12月9日 月曜日

毎年のことですが、年末は様々な企業から広告掲載の依頼がありますが、『関東の神社をめぐる本』という本が届きました。

20191209105138107_0001

当社の「人形感謝祭」(3月17日)が記事として取り上げらていますが、御朱印巡りにも参考となる一冊です。

20191209105138107_0002

大嘗宮拝観

2019年11月27日 水曜日

昨日、神奈川県神社庁相模中連合支部主催「大嘗宮(だいじょうきゅう)参観と御創立150年靖國神社参拝と日本オリンピックセンタ-見学」研修が開催され、当支部のみならず、他支部も含めて17名の神職が参加しました。

IMG_0305

生憎(あいにく)の寒さと雨の中でしたが、大嘗宮の一般公開は12月8日までということもあり、皇居前広場には多くのバスが連なり、皇居東御苑(こうきょひがしぎょえん)へ進む人の列が出来ていました。

一世に一度のことなので、多くの国民の関心が寄せられていることにあらためて驚きました。

IMG_0327

大嘗祭(だいじょうさい)が行われた大嘗宮は、天皇陛下による主要な儀式の執り行われた悠基殿(ゆきでん)と主基殿(すきでん)が対となり、天皇皇后両陛下がお召替(めしか)えをなさった廻立殿(かいりゅうでん)、皇后陛下が拝礼のためお出ましになった帳殿(ちょうでん)、神饌(しんせん)を調理した膳屋(かしわや)等、多くの建物が伝統に基づいて配置されていますが、皮付き丸太で簡素な造りとなっています。

IMG_0337

前回までとは異なり、屋根が茅葺(かやぶ)きから板葺(いたぶ)きに変わり、日本の伝統や技術、文化が残されなかったことに寂しさを感じました。

IMG_0349

大嘗宮拝観後は、御創立150年を迎えた靖國神社で正式参拝を行いました。

IMG_0360

昼食後には日本オリンピックミュージアムを見学し、充実した内容に満足して帰路に着きました。

奉祝国民祭典

2019年11月10日 日曜日

昨日は皇居周辺において「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が開催されました。

第1部では皇居外苑と内堀通りにおいて、「奉祝まつり」(郷土芸能や音楽隊による奉祝パレード、奉祝神輿)が賑やかに行われ、第2部は皇居前広場において「祝賀式典」が行われました。

20191110155120763_0003

第2部は陸海空自衛隊合同音楽隊によるファンファーレに始まり、各界代表によるお祝いの言葉、マークエステルの古事記画の紹介、奉祝演奏として鬼太鼓座(おんでこざ)による太鼓演奏や大田楽(だいでんがく)わざおぎによる大田楽が演じられました。

IMG_0540

約3万名の人たちが、国旗小旗(こっきこばた)と明かりを灯(とも)した提灯(ちょうちん)を準備してお待ちする中、二重橋に天皇皇后両陛下がお出ましとなり、その瞬間にこれまでの肌寒さを忘れさせ、一気に会場が明るい温かな雰囲気に包まれました。

主催者式辞、内閣総理大臣祝辞に続き、奉祝曲 組曲 Ray of Water(レイオブウオーター)が披露されました。

映し出された皇后陛下の御姿は、感極まるご様子で、同じように目頭が熱くなるほどでした。

IMG_0546

国歌斉唱の後、天皇陛下のお言葉を賜り、あらためて国民に対する温かなお気持ち、大御心(おおみごころ)に感無量となりました。

最後は、万感の万歳三唱でお祝い申し上げました。