‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

季節の色

2018年5月21日 月曜日

毎年の事ですが、当社としては例祭(4月22日)、相模國府祭(5月5日)、まが玉祭(5月19日・20日)と最も大きな祭事が続き、あっという間の一ヶ月でした。

今日は一日掛けてまが玉祭の片付けと整理を行い、平常の静かな境内に戻りました。

IMG_1271

近隣では蛙(かえる)がよく鳴いていますが、神社下の御神田(ごしんでん)にも水が引かれ、神奈川県神道青年会による「くろつけ」作業が行われました。

「お田植ゑ神事」は6月2日(土)、比々多小学校5年生による「田植体験」は6月5日(火)に予定されています。

境内では皐月(さつき)が咲き揃い、鉢植えの紫陽花(あじさい)も季節の色を放っています。

IMG_1266

来月の予定

2018年4月30日 月曜日

今日は終日、相模國府祭(県無形民俗文化財)で参拝者に頒布(はんぷ)する粽(ちまき)づくりを行いました。

夕方には3地区の青年会役員が集まり、天皇陛下御即位三十年奉祝記念の大神輿渡御(おおみこしとぎょ)に向けて、最終の確認会議が開かれました。

これまで数多くの会合や現地視察を実施しましたが、天候にも恵まれていよいよ盛大に行うことが出来そうです。

粽

来年の今日は御譲位が執り行われる予定で、平成の御代も残り1年限りです。

さて、皐月(さつき)の予定です。

1日(火)月次祭、4日(金)総代奉仕(國府祭準備)、天皇陛下御即位三十年奉祝記念「相模國府祭」動座祭、5日(土)天皇陛下御即位三十年奉祝記念「相模國府祭」、13日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、北金目神社(平塚市北金目)総会、落幡神社(秦野市鶴巻南)総会、15日(火)月次祭、16日(水)神奈川県神社庁相模中連合支部理事会、19日(土)・20日(日)第31回まが玉祭(まが玉祭実行委員会)、27日(日)まが玉祭反省会

気がつくと

2018年4月29日 日曜日

昨晩は三ノ宮の青年会「三和会」主催の例祭(4月22日)の鉢洗い(鉢祓い・鉢払いともいう)が開催され、自治会や神社役員、総代等も招かれて参加しました。

慰労の意味合いが強いものですが、思い出話に花が咲くとともに、様々な課題や反省点、更には1週間後に迫った相模國府祭のに関することなど、話の尽きない後宴となったようです。

タウンニュース

タウンニュース

さて、当社としては平成6年以来となる大神輿渡御(おおみこしとぎょ)に向けて、今日も責任役員や総代、自治会と話し合いつつ、細かな準備を進めました。

明日からは参拝者に頒布(はんぷ)する粽(ちまき)づくりが始まります。

IMG_2952

明治34年に昭和天皇がお生まれになった日で、「昭和の日」でしたが、大型連休の最中であり、御朱印参拝の多い一日でした。

気がつくと玉垣下の小川に野花菖蒲が咲き始めています。

無私の祈り

2018年4月29日 日曜日

機器に不具合が生じたため、更新が滞りました。

拙ブログを御覧の皆様には申し訳ありませんでしたが、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

靖國神社

靖國神社

さて、昨日は昭和27年(1952)にサンフランシスコ講和条約が発効され、連合国軍による7年の長きにわたる占領政策から、我が国が晴れて独立を果たしたともいえる「主権回復記念日」でした。

神道政治連盟神奈川県本部では、東京都本部との合同参拝研修会を靖國神社並びに参議院会館において開催しました。

IMG_0310

両都県の会員とともに、都議会、県議会、区議会、市議会の議員さんを含む114名が参加しました。

来年は明治2年の御創立から150年にあたり、各種記念事業が展開されていますが、遊就館を見学して近現代の歴史をあらためて学びました。

そして、お祓いを受けて昇殿し、九段の杜に鎮まる246万6千余柱の神霊に頭を垂れて、心静かにお参りをさせて頂きました。

参議院会館

参議院会館

続いて参議院会館に移動し、評論家の江崎道朗(えざきみちお)氏を講師にお迎えし、「皇室制度と憲法、政教分離について」という内容の講演を拝聴しました。

かつてない未曾有の戦争により、皇室の在り方さえも大きく変容しましたが、国民を〝おおみたから〟と称し、宮中祭祀を通して「国安かれ、民安かれ」という〝 無私の祈り 〟が捧げられていることに思いを致しました。

御譲位までちょうど一年となりますが、世界最古の歴史と伝統を誇る皇室の在り方や御即位に関わる儀式等についても、地域で考える機会をもちたいと思います。

茅刈り

2018年4月25日 水曜日

伊勢原市内にも大雨(浸水害)警報が発表され、通勤・通学の時間帯を中心に激しい雨が降りました。

予定していた國府祭の大磯への現地確認や挨拶回りは午後に変更しました。

茅

雨の上がるのを待って、國府祭で頒布(はんぷ)する粽(ちまき)用の茅(かや)を刈りました。

昨年から元宮(もとみや:旧宮山)の隣接地に茅場(かやば)を設け、その生育状況が心配でしたが、お蔭様で伸び始めていました。

奉祝記念の品

2018年4月24日 火曜日

装束(しょうぞく)の片付けや各種整理も捗(はかど)り、御礼の挨拶回りなども氏子総代さんの惜しみない御協力により大方済んだところです。

この2日間、多くの人たちから「お祭り賑やかだったですね」「ものすごい人出でしたね」「お天気で良かったですね」などと言われ、ありがたい気持ちでいっぱいです。

IMG_2930

昨日の午後には、大祭の外片付けが落ち着いたところで、相模國府祭(さがみこうのまち:5月5日)に関する総代会議を開催しました。

その最中、総社・六所神社より神さまの依代(よりしろ)である守公神(しゅこうしん)、天皇陛下御即位三十年奉祝記念の幟(のぼり)、神輿の懸垂旗、襷(たすき)等が届きました。

明日は祭場となる大磯の地へ、最終の確認で訪れる予定です。

地元の人たちの言葉

2018年4月18日 水曜日

「18日の高麗山(大磯町高麗)のお祭りが晴れると22日の当社は雨」と昔から伝えられていますが、その逆となり「今日18日が雨となりましたので22日は晴れ」という地元の人たちの言葉です。

IMG_2824

雨が農作物を盛んに成長させる「穀雨」(こくう)は明後日(20日)ですが、梅の実も大きく膨らんできました。

外は雨でしたが、例祭式に着用する正装の装束を社務所内に干しました。

明日はよい風を通すことが出来そうです。

IMG_2826

掛橋

2018年4月4日 水曜日

昨晩は任期を終えた総代さんの送別会並びに新任の方々の歓迎会を参集殿で催しました。

総代の任期を終えた皆さんには、榊会(さかきかい)に御入会のうえ、今後も氏子の鑑(かがみ)として、神社の護持運営にお力をお貸し頂きたいと思います。

3年間の御奉仕、ありがとうございました。

また、新任の方々には例祭(4月22日)、國府祭(5月5日)、まが玉祭(5月19日・20日)と大きな祭事が続きますが、行事を通して慣れ親しんで頂き、氏子との掛橋として御協力をお願い致します。

IMG_2521

昨晩から献灯提灯(けんとうちょうちん)に明かりが点(とも)り、垂れ桜も綺麗に照らされています。

大祭(4月22日)までの間、夕方5時から午後10時まで点灯します。

IMG_2540

式内社巡拝会

2018年3月28日 水曜日

今日は「相模國式内社の會」の第40回式内社巡拝会が実施され、関係者36名が参加しました。

醍醐天皇の延長5年(972)に編纂された「延喜式」は50巻からなる法典で、巻1~巻10には神祇(じんぎ)・祭祀に関する規定が示され、巻9・巻10の2巻を神名帳(じんみょうちょう・しんめいちょう)といいます。

この神名帳に登載された神社を延喜式内社(または式内社)といい、その数は3132座(2861社)、相模國には13社が鎮座しています。

高麗家住宅前にて

高麗家住宅前にて

早朝出発した一行は、昨年9月に天皇・皇后両陛下が御参拝になられた高麗神社(埼玉県日高市)へ参りました。

神職より神社の由来や境内の説明等を受けた後、正式参拝を執り行い、高麗家住宅(国指定重要文化財)や満開の垂れ桜を堪能しました。

秩父まつり会館

秩父まつり会館

続いて秩父へ向かい、秩父夜祭(ちちぶよまつり)の様子を秩父まつり会館で見学した後に、秩父神社に参拝しました。

IMG_2363

昼食後は、宝登山ロープウェイで山麓に上り、梅と臘梅(ろうばい)を楽しみながら寳登山神社奥宮に参り、下山して里宮にあらためてお参りしました。

寳登山神社

寳登山神社

大きな楽しみ

2018年3月26日 月曜日

3 月も最後の週となりました。

昨日は氏子の各青年会が叩く太鼓の音が、里内に大きく響き渡っていました。

大祭(4月22日)参列者の返信葉書が日々届くようになり、気持ちも高まってきています。

IMG_2328

今日はイベント組合の出店受付が行われました。

今年は日曜日にあたることから露天商も各種祭事と重なるようで、植木市を含めても100軒を下回りそうな状況ですが、近隣の子供たちにとっては大きな楽しみの一つです。