‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

頭を垂れて

2018年10月31日 水曜日

神無月も今日でお仕舞いとなりますが、七五三詣の問い合わせのみならず、新年の企業祈祷の連絡が入るようになりました。

社頭では来訪者が続き、総代さんによる酒祭の下準備、中学生の職場体験学習の事前訪問、バス会社との神奈川県神社庁「天皇陛下御即位三十年奉祝記念大会」(11月29日)、また「兼務社巡拝会」(2月25日)の打ち合わせ、兼務社総代さんの要件、更には歴史文化を活かした比々多地区のPR事業の関係者打ち合わせ等がありました。

IMG_5931

さて、歩道の拡幅工事に伴い、7月に仮移転をした庚申塔(こうしんとう)が元のところへ無事に据えられ、工事関係者参列のもと奉告祭(ほうこくさい)をお仕えしました。

古くから大山道(おおやまみち)の道標(どうひょう)としての役割を担いつつ、これから先も街道を行き交う人を見守る道祖神(どうそじん)として静かに鎮座(ちんざ)されることでしょう。

石屋さんは工事が予定通りに捗(はかど)った点でも安心されたようです。

帰りの道中も無事でありますよう、頭を垂れて帰路に就(つ)きました。

奉祝祭に参列

2018年10月3日 水曜日

昨日は伊勢山皇大神宮の新本殿造営工事(しんほんでんぞうえいこうじ)の竣功(しゅんこう)にあたり、本殿遷座(ほんでんせんざ)の奉祝祭(ほうしゅくさい)が斎行(さいこう)され、祝意(しゅくい)を表して参列させて頂きました。

明治3年の創建より数えて、再来年には150年を迎える記念事業として、第62回神宮式年遷宮により建て替えられた神宮の旧社殿をそのまま賜ったものであり、横浜の総鎮守(そうちんじゅ)に相応しい無双(むそう)の御本殿が、見事に造営されました。

IMG_5358

当社の例祭(4月22日)には、伊勢山皇大神宮から舞姫(まいひめ)を毎年差遣(さけん)下さり、御参列も賜っています。

手中明王太郎

2018年9月30日 日曜日

今朝一番に、神輿(みこし:写真下・中央)頂上部の鳳凰(ほうおう)を修繕するため、板金職人さんにお預けしました。

DSCF3001

さて、昨日から開催されている文化財フェスタ(主催:伊勢原歴史文化遺産活用実行委員会)に足を運びました。

催し物では「手中明王太郎(てなかみょうおうたろう)大工道具」(市指定文化財)の初公開がありました。

手中明王太郎は堂宮大工(どうみやだいく)の棟梁(とうりょう)として、江戸時代から明治にかけて活躍し、江戸城や京都御所の造営、大山石尊社(阿夫利神社)や大山寺、近郷社寺の普請(ふしん)を始め、神輿の造営に携わっています。

当社の神輿(写真上・向かって左)も江戸末期の明王太郎の手によるものです。

20180930113447995_0001

対策と準備

2018年9月28日 金曜日

社頭では、大型で非常に強い台風24号の接近に備え、拝殿の向拝幕(こうはいまく)を外す対策を施しました。

maku台風前の静けさか、とても穏やかな秋晴れとなり、お隣りの前鳥神社(平塚市四之宮)では、この上ない大祭日和となったことと思います。

現在、秋の全国交通安全運動(9月21日~30日)が実施されていますが、当社では交通安全の御祈願が続きました。

車両の清祓

車両の清祓

雨の具合を心配しつつ、明日の団体参拝に備えて御朱印の書置き準備にあたりました。

映像鑑賞

2018年9月25日 火曜日

昨夜は月見団子に薩摩芋(さつまいも)や栗等をお供えし、薄(すすき)を飾って十五夜のお月さまを待ちかねていましたが、残念ながらうっすらと雲がかかり、澄んだ姿を拝することは出来ませんでした。

tukimi3さて、昨晩は氏子(三ノ宮、栗原、神戸、木津根橋)の関係者が集まり、例祭(4月22日)と國府祭(こうのまち:5月5日)の反省会を開きました。

また、天皇陛下御即位三十年奉祝記念として大神輿渡御(おおみこしとぎょ)を執り行った相模國府祭では、「古より伝わりし悠久の祭事 相模國府祭」(制作著作:湘南ケーブルネットワーク)と題する番組が放映されましたが、この機会にその映像を鑑賞しました。

IMG_5297

明治維新百五十年統理告辞

2018年9月10日 月曜日

秋雨前線の影響か、午後から予報通りの雨となりました。

御朱印参拝もありましたが、心静かに開所式の祝詞(のりと)を浄書(じょうしょ)しました。

kityouさて、神社本庁では慶応4年の「明治」改元(かいげん)の日にあたる9月8日付、明治維新150年に際して維新の精神に立ち返り、大御心(おおみごころ)を体(たい)して神祇祭祀(じんぎさいし)の伝統護持に万全を期すことなどを求める統理告辞(とうりこくじ)を発表しました。

(以下原文通り)

明治維新百五十年に際しての統理告辞

慶応四年九月八日、明治天皇は、旧制を革易し、一世一元を以て永式と為さんとの詔を発せられ、「明治」と改元されました。茲に満百五十年の節目を迎へるにあたり、所信を申述べます。

抑々明治維新とは、神武創業の始に原き、祭政一致の古制を恢弘し、我が国未曾有の変革を為さんとするものでありました。維新にあたり、明治天皇は、国是五箇条を天地神明に誓ひ、近代国家として日本の歩むべき道を指し示されました。以来、百五十年、皇室を我が国の中心に仰ぎつつ、国民一丸となって、その歩みを進めて参りました。

また、昭和天皇は、終戦直後の難局にあって、昭和二十一年一月一日、明治、大正、昭和と受け継がれてきた五箇条の御誓文の精神を改めてお示しになる詔を発せられました。爾来、七十有余年。我々は、大御心をいただき、上下心を一にして、常に団結し、これまで幾つもの難局を乗り越えて来ました。神社界に於いても、大御心にもとづく道統の次世代への継承に遺漏なきを期すべく、昭和五十五年に神社本庁憲章を定め、大同団結を図り、斯道の恢弘と国民精神の昂揚に努めて参りました。しかし、此の間の激しい時流の変化とも相俟って、今日に於いては、想はぬ道義頽廃が進みかねない状況にあることも看過できません。

神職諸氏に於かれては、今一度、維新の精神に立ち返り、大御心を体し、神勅に明らかな報本反始の誠を捧げ、氏子崇敬者と共に、神祇祭祀の伝統の護持に万全を期していただきたく存じます。

時恰も、今上陛下の御即位三十年を目前に控へ、皇室の御事について、愈々国民の関心が昂まってゐる処でもあります。この機にあたり、関係各位に於かれては、敬神尊皇の国風に習ひ、大道の発展と道統の護持の為、倍旧の努力を傾けられるやう期待致します。

平成三十年九月八日

神社本庁統理 鷹司 尚武

大神輿の点検

2018年9月5日 水曜日

今年最強という台風21号が列島を縦断し、記録的な暴風により各地に大きな爪痕を残しました。

尊き生命を失った方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災に遭った皆様にお見舞い申し上げます。

昨日は当地でも夕方以降に強風が吹き荒れ、拝殿の掛灯籠が飛ばされたものの、大きな被害はなく無事で安堵しました。

大神輿の鳳凰(ほうおう)

大神輿の鳳凰(ほうおう)

さて、昨日予定されていた総代奉仕は、雨により明後日(7日)に変更となりました。

しかしながら、集まった責任役員・総代、そして職方さんにより、大神輿の保守・点検作業が行われました。

大神輿は平成6年に新造されたもので、今年は例祭(4月22日)に続いて相模國府祭(5月5日)でも担がれました。

今月の23日(日)には、例祭・國府祭の反省会を開き、大神輿渡御のDVD映像を鑑賞する予定です。

IMG_4965

正祭・慰霊祭会議

2018年8月25日 土曜日

例年になく暑い日が続いています。

IMG_3756

さて、今晩は正祭・慰霊祭会議を開催し、神社役員・総代はもとより、比々多地区内自治会、太鼓連役員等、総勢57名の出席となりました。

10月21日(日)の午前9時から秋の祭礼である「正祭」を、午前10時から比々多地区戦没者慰霊祭を招魂社(神社西側・神池横)で、また、鎮魂太鼓奉納が午後1時半から執り行われることが確認されました。

そして、それらに関する事前準備や当日の役割等、例年の通りに進められました。

昨年は雨により、慰霊祭は参集殿内、太鼓奉納は中止となりましたので、今年は盛大に行いたいという思いが伝わってきました。

記念事業

2018年8月19日 日曜日

昨晩の責任役員会議では、大神輿の点検や正祭・慰霊祭会議(8月25日)、所管神社連絡協議会巡拝会(9月12日)、大祭・國府祭反省会(9月23日)等についての協議が行われました。

いよいよ秋の行事に向けての準備が本格化してきます。

soudai

今年の相模國府祭では天皇陛下御即位三十年の奉祝記念として、六社による大神輿渡御が盛大に行われました。

反省会ではケ−ブルテレビで放映された映像を関係者で鑑賞する予定です。

また、記念事業の一環として発行作業が進められている記念誌の原稿や資料がようやく仕上がりました。

次代の参考資料とする上でも、意義深い事業にしたいと思います。

秋の気配

2018年8月17日 金曜日

昨夕は、当地では盆の「送り火」でした。

御先祖さまを穏やかにお送りし、心なしか秋の気配を感じています。

送り火

送り火

さて、学校の児童・生徒にとっては残り2週間余りの夏休みですが、大半は平常と変わらぬ勤めに従事していることでしょう。

当社でもお盆明けは各種御祈願や出張祭典、また、電話や来客が多いものです。

IMG_3743

今日は道路を隔てた敷地に鎮まる稲荷社(いなりしゃ)の合祀祭(ごうしさい)や、以前に方位見(ほういみ)をしたお宅で、お稲荷さんの仮遷座祭(かりせんざさい)をお仕えしました。

日差しは強かったものの、風が心地よく、蜻蛉(とんぼ)の姿を視界に感じながらの御奉仕でした。