‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

奉祝国民祭典

2019年11月10日 日曜日

昨日は皇居周辺において「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が開催されました。

第1部では皇居外苑と内堀通りにおいて、「奉祝まつり」(郷土芸能や音楽隊による奉祝パレード、奉祝神輿)が賑やかに行われ、第2部は皇居前広場において「祝賀式典」が行われました。

20191110155120763_0003

第2部は陸海空自衛隊合同音楽隊によるファンファーレに始まり、各界代表によるお祝いの言葉、マークエステルの古事記画の紹介、奉祝演奏として鬼太鼓座(おんでこざ)による太鼓演奏や大田楽(だいでんがく)わざおぎによる大田楽が演じられました。

IMG_0540

約3万名の人たちが、国旗小旗(こっきこばた)と明かりを灯(とも)した提灯(ちょうちん)を準備してお待ちする中、二重橋に天皇皇后両陛下がお出ましとなり、その瞬間にこれまでの肌寒さを忘れさせ、一気に会場が明るい温かな雰囲気に包まれました。

主催者式辞、内閣総理大臣祝辞に続き、奉祝曲 組曲 Ray of Water(レイオブウオーター)が披露されました。

映し出された皇后陛下の御姿は、感極まるご様子で、同じように目頭が熱くなるほどでした。

IMG_0546

国歌斉唱の後、天皇陛下のお言葉を賜り、あらためて国民に対する温かなお気持ち、大御心(おおみごころ)に感無量となりました。

最後は、万感の万歳三唱でお祝い申し上げました。

水と私たち

2019年11月7日 木曜日

今年は台風15号や19号により、多くの水害が齎(もたら)されましたが、一昨日の酒祭では御山(おやま)の神事において、水の恵みに感謝するとともに、災害の無いことをも願い上げました。

20191107203244801_0001

さて、本日は天皇陛下の御講演をまとめられた『水運史から世界の水へ』という本のご紹介です。

皇太子徳仁親王殿下(こうたいしなるひとしんのうでんか:当時)には、学習院大学大学院・オックスフォード大学大学院時代に、海上交通や水運史について深く学ばれました。

取分け〝水〟を通して世界の紛争や貧困、環境、農業、エネルギー、教育等、幅広い分野に高い関心をお示しになり、何より水に感謝なさる御姿を拝することが出来る貴重な一冊です。

まが玉づくり体験

2019年11月1日 金曜日

霜月を迎え、何かと気忙しくなります。

先月末には、神奈川県神社庁相模中連合支部(中郡大磯町・二宮町・平塚市・伊勢原市・秦野市)の宮司会や神奈川県神社庁定例協議員会が開催され、年末年始に向けて意を新たにしたところです。

当社でも今日は所管神社連絡協議会(26社で構成)賀詞交歓会(1月10日)の案内文を投函しました。

IMG_0356

さて、神奈川県の観光部局からの依頼で、モニターツアーが実施され、台湾人の方々がお見えになりました。

当社の環境や歴史について簡単な説明をした後、伊勢原市教育委員会の案内により、併設の三之宮郷土博物館において「まが玉づくり体験」が行われました。

館内には出土した勾玉(曲玉)が展示されていますが、限られた時間ながら、各自の個性が見られる作品が出来上がったようです。

KIMG3730

諸会合

2019年10月16日 水曜日

昨日の午前中は「相模國式内社の会総会」、午後は「中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会」、そして夕方には「一心泣き相撲実行委員会」と、会議ずくめの一日でした。

相模国には十三社の式内社が鎮座していますが、式内社の会総会では、十三社めぐりのパンフレットの発行、来春の巡拝会の日程や内容が協議されました。

sikisya

また、中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会では、来月行う第46回参拝研修旅行の取りまとめがなされ、24社100名が参加することになりました。

バス3台で福島方面へ参ります。

泣き相撲開催準備

2019年9月15日 日曜日

長月も折り返しの15日、御神前では月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

本日は鶴岡八幡宮の例祭(れいさい)に宮司が参列、また伊勢原大神宮の宵宮祭(よいみやさい)にあたり、お祝いに伺いました。

IMG_9711

さて、明日の一心泣き相撲比々多場所開催に向けて、土俵の設営準備を行いました。

今晩から明朝にかけて、天候が非常に微妙ですが、開催予定に変わりはございません。

尚、会場での受付けも可能ですので、是非お申込み下さい。

20190503083412421_0001

無花果の奉納

2019年9月12日 木曜日

千葉県内では未だに停電が続き、自然の猛威に驚かされます。

兼務社における台風の被害状況も入ってきていますが、樹木のみならず、神楽殿の扉(とびら)が飛んだり、灯籠(とうろう)が倒れるといった報告もありました。

また、当地では農家の被害も気になりますが、梨や葡萄の最盛期が過ぎていたのは幸いです。

IMG_9700

今朝は農家の方が、とても立派な無花果(いちじく)を奉納されました。

神社下の御神田では、来る10月6日(日)に稲刈りが予定され、台風の襲来がないことを願っています。

秋の祭典準備

2019年9月7日 土曜日

秋の祭典準備を進めていますが、兼務社総代さんとの打ち合わせや相談も増えて来ました。

例年執り行っている新穀勤労感謝祭(しんこくきんろうかんしゃさい)も本年に限り、当社では大嘗祭当日奉祝祭(だいじょうさいとうじつほうしゅくさい)、兼務社では大嘗祭奉祝祭として順に斎行(さいこう)する予定です。

また、御大典(ごたいてん)にあたり、奉祝(ほうしゅく)の記念事業を計画する神社も出てきました。

令元9.13

「七五三まいり」の問い合わせも増えてきました。

mail hibita38@gmail.com

欅の診断

2019年9月3日 火曜日

10日以上も前になるでしょうか。

大きな物音に驚くと、欅(けやき)の太い枝が折れて公道に落ちていました。

IMG_9659

推定樹齢120~130年の欅ですが、数年前から幹の樹皮が剥(は)がれ、新芽が吹かず、葉の色も悪いこともあり、樹木医の先生に一度診断してもらうことになりました。

今回の調査報告の内容により、今後の対応を検討する予定です。

IMG_9661

税率改正を前に

2019年8月29日 木曜日

葉月も明日・明後日を残すのみとなり、市内の小・中学生の夏休みもお仕舞いです。

今日は今月最後の大安吉日、また戌の日とあって、早い時間から安産の御祈願がありました。

IMG_9651

また、地鎮祭や解体祓にも出向きましたが、昨日の初秋の気配とは異なり、真夏日の厳しい残暑の中で、参列者も汗を拭(ぬぐ)っていました。

1ヶ月余りで消費税率の改正となりますが、住宅購入側は一生に一度あるかないかの非常に大きな買い物であり、片や販売側は営業の好機でもあり、消費税について花が咲いていました。

年末年始に向けて、諸通知も新料金の切手や葉書の準備を進めています。

雨の影響

2019年8月28日 水曜日

九州北部では秋雨前線とともに線状降水帯が発生し、記録的な大雨による被害がもたらされました。

当地でも午前中に局地的な大雨が降り、交通にも影響が出ました。

さて、今月は15日に平塚八幡宮、本日は大山阿夫利神社の例祭に参列させて頂きましたが、残念ながら、どちらも雨の影響が及んでいます。

mikosi当社を含め、所管神社では春祭りが多いものの、県内全体では8月(夏祭り)と9月(秋祭り)に集中しているようです。

9月に入りますと、鶴岡八幡宮(9月15日)、寒川神社(9月20日)、前鳥神社(9月28日)の例祭式に毎年参列する他、当支部管内では六所神社(9月8日)、伊勢原大神宮(9月22日)等で大祭を迎えます。

9月1日は二百十日(にひゃくとおか)、9月11日は二百二十日(にひゃくはつか)で、台風の襲来に警戒する季節でもあります。

枝少し鳴らして二百十日かな 尾崎紅葉