‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

明治維新百五十年統理告辞

2018年9月10日 月曜日

秋雨前線の影響か、午後から予報通りの雨となりました。

御朱印参拝もありましたが、心静かに開所式の祝詞(のりと)を浄書(じょうしょ)しました。

kityouさて、神社本庁では慶応4年の「明治」改元(かいげん)の日にあたる9月8日付、明治維新150年に際して維新の精神に立ち返り、大御心(おおみごころ)を体(たい)して神祇祭祀(じんぎさいし)の伝統護持に万全を期すことなどを求める統理告辞(とうりこくじ)を発表しました。

(以下原文通り)

明治維新百五十年に際しての統理告辞

慶応四年九月八日、明治天皇は、旧制を革易し、一世一元を以て永式と為さんとの詔を発せられ、「明治」と改元されました。茲に満百五十年の節目を迎へるにあたり、所信を申述べます。

抑々明治維新とは、神武創業の始に原き、祭政一致の古制を恢弘し、我が国未曾有の変革を為さんとするものでありました。維新にあたり、明治天皇は、国是五箇条を天地神明に誓ひ、近代国家として日本の歩むべき道を指し示されました。以来、百五十年、皇室を我が国の中心に仰ぎつつ、国民一丸となって、その歩みを進めて参りました。

また、昭和天皇は、終戦直後の難局にあって、昭和二十一年一月一日、明治、大正、昭和と受け継がれてきた五箇条の御誓文の精神を改めてお示しになる詔を発せられました。爾来、七十有余年。我々は、大御心をいただき、上下心を一にして、常に団結し、これまで幾つもの難局を乗り越えて来ました。神社界に於いても、大御心にもとづく道統の次世代への継承に遺漏なきを期すべく、昭和五十五年に神社本庁憲章を定め、大同団結を図り、斯道の恢弘と国民精神の昂揚に努めて参りました。しかし、此の間の激しい時流の変化とも相俟って、今日に於いては、想はぬ道義頽廃が進みかねない状況にあることも看過できません。

神職諸氏に於かれては、今一度、維新の精神に立ち返り、大御心を体し、神勅に明らかな報本反始の誠を捧げ、氏子崇敬者と共に、神祇祭祀の伝統の護持に万全を期していただきたく存じます。

時恰も、今上陛下の御即位三十年を目前に控へ、皇室の御事について、愈々国民の関心が昂まってゐる処でもあります。この機にあたり、関係各位に於かれては、敬神尊皇の国風に習ひ、大道の発展と道統の護持の為、倍旧の努力を傾けられるやう期待致します。

平成三十年九月八日

神社本庁統理 鷹司 尚武

大神輿の点検

2018年9月5日 水曜日

今年最強という台風21号が列島を縦断し、記録的な暴風により各地に大きな爪痕を残しました。

尊き生命を失った方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、被災に遭った皆様にお見舞い申し上げます。

昨日は当地でも夕方以降に強風が吹き荒れ、拝殿の掛灯籠が飛ばされたものの、大きな被害はなく無事で安堵しました。

大神輿の鳳凰(ほうおう)

大神輿の鳳凰(ほうおう)

さて、昨日予定されていた総代奉仕は、雨により明後日(7日)に変更となりました。

しかしながら、集まった責任役員・総代、そして職方さんにより、大神輿の保守・点検作業が行われました。

大神輿は平成6年に新造されたもので、今年は例祭(4月22日)に続いて相模國府祭(5月5日)でも担がれました。

今月の23日(日)には、例祭・國府祭の反省会を開き、大神輿渡御のDVD映像を鑑賞する予定です。

IMG_4965

正祭・慰霊祭会議

2018年8月25日 土曜日

例年になく暑い日が続いています。

IMG_3756

さて、今晩は正祭・慰霊祭会議を開催し、神社役員・総代はもとより、比々多地区内自治会、太鼓連役員等、総勢57名の出席となりました。

10月21日(日)の午前9時から秋の祭礼である「正祭」を、午前10時から比々多地区戦没者慰霊祭を招魂社(神社西側・神池横)で、また、鎮魂太鼓奉納が午後1時半から執り行われることが確認されました。

そして、それらに関する事前準備や当日の役割等、例年の通りに進められました。

昨年は雨により、慰霊祭は参集殿内、太鼓奉納は中止となりましたので、今年は盛大に行いたいという思いが伝わってきました。

記念事業

2018年8月19日 日曜日

昨晩の責任役員会議では、大神輿の点検や正祭・慰霊祭会議(8月25日)、所管神社連絡協議会巡拝会(9月12日)、大祭・國府祭反省会(9月23日)等についての協議が行われました。

いよいよ秋の行事に向けての準備が本格化してきます。

soudai

今年の相模國府祭では天皇陛下御即位三十年の奉祝記念として、六社による大神輿渡御が盛大に行われました。

反省会ではケ−ブルテレビで放映された映像を関係者で鑑賞する予定です。

また、記念事業の一環として発行作業が進められている記念誌の原稿や資料がようやく仕上がりました。

次代の参考資料とする上でも、意義深い事業にしたいと思います。

秋の気配

2018年8月17日 金曜日

昨夕は、当地では盆の「送り火」でした。

御先祖さまを穏やかにお送りし、心なしか秋の気配を感じています。

送り火

送り火

さて、学校の児童・生徒にとっては残り2週間余りの夏休みですが、大半は平常と変わらぬ勤めに従事していることでしょう。

当社でもお盆明けは各種御祈願や出張祭典、また、電話や来客が多いものです。

IMG_3743

今日は道路を隔てた敷地に鎮まる稲荷社(いなりしゃ)の合祀祭(ごうしさい)や、以前に方位見(ほういみ)をしたお宅で、お稲荷さんの仮遷座祭(かりせんざさい)をお仕えしました。

日差しは強かったものの、風が心地よく、蜻蛉(とんぼ)の姿を視界に感じながらの御奉仕でした。

各社の例祭

2018年8月16日 木曜日

今月は朝夕の御日供祭(おにっくさい)や1日・15日の月次祭(つきなみさい)を除けば、恒例祭事のない月です。

しかしながら、神奈川県内の神社では、例祭(れいさい=年に一度の大祭)の多い時期を迎えています。

昨日は相模國府祭(さがみこうのまち=5月5日)で同じ類社(るいしゃ)の一つ平塚八幡宮の例祭が斎行(さいこう)され、禰宜(ねぎ)が終日の助勤(じょきん)奉仕、権禰宜(ごんねぎ)が宮司の代理で例祭式に参列しました。

IMG_3719

月末には、同じ式内社の一つ大山阿夫利神社の例祭式に参列する予定です。

台風の影響

2018年8月8日 水曜日

本日予定されていた地鎮祭は、台風13号の影響を考慮して、全て延期となりました。

台風は今晩遅くから明日(9日)の明け方にかけて、県内に最も接近する見込みです。

当初予報より東にずれていますが、安全対策を施して、夕方は早めに拝殿の扉を閉じ、職員も早退措置をとりました。

30.7.6

さて、「一心泣き相撲比々多場所」(9月17日開催)のお知らせです。

今日現在、11時の受付予約を終了しています。

11時半、12時、12時半は受け付けていますが、例年の傾向で早い時間から順に埋まると思われますので、お早めにお申し込み下さい。

尚、降雨の場合には参集殿内に土俵を設営して開催しますが、台風他警報等の発令があった場合には、気象情報を考慮した上で延期することもありますのでご了承ください。

事故防止

2018年8月5日 日曜日

先週は台風の影響により、地区の納涼祭(盆踊り)が中止または延期となりましたが、今週末は各地で賑やかに行われたようです。

比々多地区内でも昨日は、三ノ宮(比々多神社駐車場)、栗原(保國寺境内)、神戸(木下神社境内)、串橋(雷電神社境内)、笠窪(神明神社境内)で実施されました。

神戸盆踊り大会(木下神社)

納涼神戸盆踊り大会(木下神社)

さて、昨日相模原市内の夏祭りイベントにおいて、屋台のガスボンベに引火して爆発事故が発生し、負傷者が出たというニュースが流れました。

命に別状はなく不幸中の幸いですが、主催者及び関係者は大慌てだったと予想されます。

本来の神社の目的は「公衆礼拝の施設を備へ、神社神道に従つて祭祀を行ひ、祭神の神徳をひろめ、崇敬する者及び神社神道を信奉する者を教化育成し、社会の福祉に寄与し、その他神社の目的を達成するための財産管理その他の業務を行ふ」ことにあります。

公共性の極めて高い神社の〝側面的役割〟として、上記に示したように、当社所管の神社でも自治会等に境内の使用許可をすることが多い状況です。

木造の建造物が多いことから、火災はもちろんのこと、雑踏事故防止等に細心の注意が必要であることを再認識した次第です。

文献調査

2018年8月1日 水曜日

昨日は大磯町の関係者や周辺自治体の学芸員等5名が当社を訪れ、終日にわたって相模國府祭の文献調査を実施しました。

本調査は平成28年から継続して行われているもので、伝統ある祭事の国指定を目指すためのものです。

相模國府祭の古地図「神揃山祭場」

相模國府祭の古地図「神揃山祭場」

さて、今日から葉月となりました。

今月の予定をお知らせします。

1日(水)月次祭、11日(土)三ノ宮・木津根橋産土講役員会、12日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、15日(水)月次祭、25日(土)正祭・慰霊祭会議

社頭掲示 葉月

社頭掲示 葉月

高校生の就業体験

2018年7月27日 金曜日

夏休みに入る前に、市内の中学校から職業体験学習についての問い合わせがあり、今年も応じることになりました。

さて、近隣市の県立高校から就業体験(インターンシップ)の希望があり、今日から3日間生徒の受け入れをしています。

IMG_3618

白衣(はくい)と緋袴(ひばかま)に着替え、御神前に正式参拝した後、由緒や祭儀の説明、境内施設等の見学をしてもらいました。

その後は、注連縄(しめなわ)に張る紙垂(しで)折り、玉串(たまぐし)や大麻(おおぬさ)に用いる榊(さかき)を丁寧に拭く等、様々な作業に従事してもらいました。