‘出張祭典’ カテゴリーのアーカイブ

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

葬儀の相談

2019年5月14日 火曜日

昨日、神葬家(神道式による葬儀を行う家)の方から連絡が入り、明日・明後日の日程で神葬祭(しんそうさい)をお仕えすることになりました。

そして、葬儀日程や斎場、式の規模や流れ等についての確認はもちろんのこと、故人の生前の経歴について細かな打ち合わせ、今後の相談等を行いました。

reiji

仏式の位牌(いはい)にあたるのが、白木(しらき)の霊璽(れいじ)であり、拝礼対象となる祖霊の依代(よりしろ)です。

仏教では戒名(かいみょう)ですが、神道では御霊(みたま)としての名前で霊号(れいごう)を墨書(ぼくしょ)します。

また、誄詞(るいし・しのびごと)といって、祭詞(さいし)で生前の功徳(くどく)を称えて、遺族の心に寄り添って哀悼(あいとう)の意を表します。

馬頭観音

2019年5月9日 木曜日

本日は土地の一角に佇(たたず)む馬頭観音(ばとうかんのん)の移設にあたり、お祓いの依頼を受けました。

現地へ伺うと、石像仏は観音像の姿を何となく拝める程度で、石柱が破損し表面がかなり風化していました。

馬頭観音は六観音の一つで、柔和な観音像とは真逆で、憤怒(ふんぬ)の形相(ぎょうそう)をしています。

馬の守護神として江戸時代には広く信仰されたこともあり、市内でも観音立像の他、文字のみが彫られた角柱型のものも見られます。

IMG_2972

馬が人の生活にとって重要な存在であった時代を考えつつ、感謝と安全の祈りを捧げました。

年度始めの参拝

2019年4月3日 水曜日

明後日は市内の小・中学校で入学式が執り行われますが、児童守や交通安全守を受けに、保護者の方がお参りになるのもこの時期ならではの光景です。

通学の安全はもとより、環境の変化に対応出来るか、親御さんの心配は尽きないことでしょう。

また、新年度の始まりとあって、スーツでお参りの方の姿も目にします。

DSC01099

新緑には早いものの、桜に彩られた境内は、清らかな気持ちを与えてくれるものです。

正月に初詣のお参りが多いように、年度の始まりに参拝をするのは、日本人の折り目の正しさともいえます。

神さまの大いなる御加護を賜り、気持ちも新たに生業に励んで欲しいと思います。

期待と信頼

2019年3月31日 日曜日

昨日は都内からバス参拝があり、由緒や歴史、御祭神や祭礼等について20分余り説明させて頂き、その後は三之宮郷土博物館を御案内しました。

週末は御朱印参拝が多いため、御朱印帳を持参しない方のために、書置き(紙)の御朱印も予め準備しています。

IMG_7641

さて、本日は兼務社の氏子地域において、統一地方選挙立候補予定者の事務所開き神事をお仕えしました。

期数を重ねても初心に立ち返る場所であり、地区の自治会長からも「地域事情や様々な課題をあらためて見つめ直し、しっかりと取り組んで欲しい」との期待と信頼に満ちた言葉が投げ掛けられました。

新生活の始まり

2019年3月30日 土曜日

新年度は入学、就職、異動等で、引っ越しの多い季節ですが、一昨日、本日、明日と建売住宅を購入されたお宅の清祓が続きます。

新居で迎える新生活は、希望と期待に溢(あふ)れる反面、不安を伴うものかもしれません。

新居の清祓

新居の清祓

家内の安全と生業の発展を祈り、神酒の拝戴(はいたい)を行いました。

祭儀の後、お供えした米・酒・塩を家の四隅にお撒(ま)きになり、「すっきりとした気持ちで新生活が始められます」と仰っていました。

感謝と期待

2019年3月25日 月曜日

春は別れの季節ですが、役職を退任される方がご挨拶にお見えになるのもこの時期です。

IMG_7498

今日は7月に地鎮祭を執り行った工場の竣工式奉仕がありました。

式後の工場長さんのご挨拶では、関係者に対する感謝の気持ちが伝えられるとともに、今後の期待と意欲が感じられました。

ご発展をお祈り申し上げます。

発展への期待

2019年3月16日 土曜日

伊勢原市域内では、新東名高速道路を始め、大規模な広域幹線道路の工事が進められていますが、明日午後3時には「伊勢原ジャンクション」が開通となります。

また、平成31年度内には「伊勢原大山インターチェンジ」が開通見込みで、様々な面での発展が期待されます。

当社でも春休みや5月の大型連休には、バス参拝の予約が入っていますが、人の対応も考えていかなければなりません。

IMG_7452

さて、今年は第19回統一地方選挙が実施されますが、当地に関わる「神奈川県知事・県議会議員選挙」は4月7日(日)が投票日、「伊勢原市議会議員選挙」は4月21日(日)が投票日となっています。

本日は、市議会議員選挙の「後援会事務所開き」にあたり、神事の依頼が市内外からありました。

地域の人たちにとって市民生活の向上は共通の認識であり、発展への期待を担う候補予定者は真剣そのものです。

神さまに恥じぬよう、直く正しく、誠の心を以て進んで欲しいと思います。

儀式の目的や成果

2019年2月14日 木曜日

初午(はつうま)は稲荷社を祭る日ですが、2日が土曜日にあたったこともあり、工場の稲荷祭が二の午(にのうま)の本日に集中しました。

ある工場では、とても冷たい風に参列者一同が身震いしていましたが、梅の花香る風情の中でお仕えすることが出来ました。

IMG_7052

初めて参列された外国人の方から、儀式の目的や成果について尋ねられました。

「祭り」の意義は、日頃の神恩(しんおん:神の恩恵)に感謝するとともに、更なる神威(しんい:神の威力)を頂くことにあります。

そのことにより、祭る側が思いを共にすることができます。

そして、意を新たにして各々が力を発揮することが大切であり、お稲荷さんは農業や商工業に大きな力を添えて下さる神さまとして、古くから信じられていることもお伝えしました。

IMG_7057

悲しそうな表情

2019年2月6日 水曜日

朝から頻(しき)りに降る冷たい雨の中、金山地区のお稲荷さんの祭礼をお仕えしました。

今年は節分前の2月2日が「初午」(はつうま)でしたが、土曜日にあたることから、会社関係では「二の午」(にのうま)の14日(木)に集中しています。

IMG_7034

非常に残念なことに、窃盗犯(せっとうはん)により御扉(みとびら)がこじ開けられ、荒らされたことをお聞きしました。

お稲荷さんでは狐(きつね)が神使(しんし=つかわしめ・かみのつかい)ですが、何か悲しそうな表情に感じました。

IMG_7036

町の共有地に鎮座する小さなお稲荷さんですが、百度石(ひゃくどいし)に参詣者の切実な願いを見て取れました。