‘出張祭典’ カテゴリーのアーカイブ

清水祭

2019年7月13日 土曜日

先週の上平間(伊勢原市上平間)水神講(すいじんこう)に始まり、今日の下平間(伊勢原市下平間)清水祭(しみずさい)、明日の八坂神社・水神社(平塚市千須谷・熊野神社境内社)と水神祭が続きます。

清水祭

清水祭

今日の清水祭では、早朝から恒例の池さらいが行われ、清められた池にはザリガニが元気よく動き回っていました。

採れたての新鮮野菜が供えられ、神社役員、自治会、土木、農業委員、隣組、老人会等、それぞれの代表が玉串を奉(たてまつ)り祈念を込めました。

その後、隧道(ずいどう)でも同様の祭儀を執り行いました。

生産者のみならず、水の恵みに感謝し、天候の安定を願う言葉が交わされました。

人口増と空き家現象

2019年7月11日 木曜日

雨とともに気温の上がらない日が続くと、暑中見舞いや時候の挨拶、御中元の品物にも苦慮します。

しかしながら、着物を着て奉仕する私たちには、涼しくてありがたいこともあります。

保育施設の地鎮祭

保育施設の地鎮祭

さて、老夫婦が一戸建ての住宅を手放し、マンション住まいを選択したことで、そこを新事務所として購入した企業のお祓いがありました。

また、区画整理事業により新築住宅が増加したことにより、子育て世代が増えて、地域で保育施設の必要性が求められ、その地鎮祭をお仕えしました。

総務省が昨日発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査(1月1日現在)によると、国内の日本人の人口は前年比43万3239人減(▲0.35%)の1億2477万6364人となり、10年連続の減少となった一方で、外国人の人口は16万9543人増(6.79%)という高い伸びを示したようです。

また、昨年の出生数は92万1000人と過去最少を記録しました。

今日は高齢化と少子化のみならず、人口増加と地域の空き家現象について考えさせられました。

忌明け

2019年6月29日 土曜日

九州北部では、つい3日前に梅雨入りしたようですが、沖縄では今日梅雨明けの発表がありました。

活発な梅雨前線の活動により、局地的な大雨も見られ、先週発生した山形県沖地震の地域を含め、大きな災害とならぬことを願うところです。

服忌期間中の神棚

服忌期間中の神棚

先月半ばに神葬祭をお仕えしたお宅で五十日祭が営まれ、続いて奥津城(おくつき)に赴(おもむ)き埋葬祭(まいそうさい)をお仕えしました。

墓所(ぼしょ)が真言宗(しんごんしゅう)のお寺ということもあり、住職も参列され、式後に墓前で読経(どきょう)が行われました。

自宅では設けられていた仮の祭壇(さいだん)が片付けられ、忌明け(きあけ)にあたり、神棚(かみだな)の前面を覆(おお)っていた半紙が外され、故人の霊璽(れいじ)は祖先の霊璽とともに祖霊舎(それいしゃ)に合祀(ごうし)されます。

祖霊舎

祖霊舎

祓具

2019年6月15日 土曜日

今日は予報通りの雨、しかも終日降り続きました。

大安吉日の土曜日とあって、予(かね)てより初宮参りの連絡が入っていましたが、予定通りのお参りとなりました。

また、個人住宅の地鎮祭(じちんさい)もお受けしていましたが、こちらは庭上(ていじょう)の祭祀(さいし)のため、難儀ながらも無事お仕えしました。

御神土

御神土

地鎮祭には土地の神である産土神(うぶすなのかみ)、国土の守護神(しゅごしん)である大地主神(おおとこぬしのかみ)をお祀(まつ)りします。

祭儀(さいぎ)の中で、祭場四方(さいじょうしほう)の敷地を祓い清めますが、米・酒・塩の他、四角に細かく切った白紙(または五色)や同じく細かく切った麻苧(あさお)を撒(ま)きます。

当社では、遠方にて出張祭儀に出向くことができない場合、または事情により祭事を行わない折には、境内の「御神土」をお頒ちしています。

御神土は地鎮祭のみならず、家の改築や解体、伐木や埋井、門や塀の工事の際にも祓具(はらえぐ)として用い、敷地の四方に撒いて土地の鎮めとします。

仲執り持ち

2019年6月3日 月曜日

昨年の2月に地鎮祭奉仕をした工場が無事完成し、大安吉日の今日、150名余りの関係者が参列して大規模な竣工式が執り行われました。

これから様々な機械等が搬入・設置されますが、広大な製造所の屋内を祓い清めて、土地や建物、工場を守護する神々を斎奉(いつきまつ)り、仲執り持ち(なかとりもち)として安全と発展を願い上げました。

IMG_8767

午後には横浜から団体参拝があり、正式参拝を執り行いました。

事前に御相談があったことから、昼食先の紹介や酒蔵見学の斡旋(あっせん)などもさせて頂きました。

博物館の見学等、ゆっくりと当地でお過ごし下さいました。

記念渡御

2019年5月26日 日曜日

季節外れの暑さが続く中、兼務する南金目神社(平塚市南金目)の氏子地域では、神輿会(川前交友会)の四十周年を記念した神輿渡御(みこしとぎょ)が行われました。

四十周年の奉告と安全を祈る神事の後、参集した約250名の担ぎ手は、威勢良く区域内へ繰り出して行きました。

IMG_8653

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

葬儀の相談

2019年5月14日 火曜日

昨日、神葬家(神道式による葬儀を行う家)の方から連絡が入り、明日・明後日の日程で神葬祭(しんそうさい)をお仕えすることになりました。

そして、葬儀日程や斎場、式の規模や流れ等についての確認はもちろんのこと、故人の生前の経歴について細かな打ち合わせ、今後の相談等を行いました。

reiji

仏式の位牌(いはい)にあたるのが、白木(しらき)の霊璽(れいじ)であり、拝礼対象となる祖霊の依代(よりしろ)です。

仏教では戒名(かいみょう)ですが、神道では御霊(みたま)としての名前で霊号(れいごう)を墨書(ぼくしょ)します。

また、誄詞(るいし・しのびごと)といって、祭詞(さいし)で生前の功徳(くどく)を称えて、遺族の心に寄り添って哀悼(あいとう)の意を表します。

馬頭観音

2019年5月9日 木曜日

本日は土地の一角に佇(たたず)む馬頭観音(ばとうかんのん)の移設にあたり、お祓いの依頼を受けました。

現地へ伺うと、石像仏は観音像の姿を何となく拝める程度で、石柱が破損し表面がかなり風化していました。

馬頭観音は六観音の一つで、柔和な観音像とは真逆で、憤怒(ふんぬ)の形相(ぎょうそう)をしています。

馬の守護神として江戸時代には広く信仰されたこともあり、市内でも観音立像の他、文字のみが彫られた角柱型のものも見られます。

IMG_2972

馬が人の生活にとって重要な存在であった時代を考えつつ、感謝と安全の祈りを捧げました。

年度始めの参拝

2019年4月3日 水曜日

明後日は市内の小・中学校で入学式が執り行われますが、児童守や交通安全守を受けに、保護者の方がお参りになるのもこの時期ならではの光景です。

通学の安全はもとより、環境の変化に対応出来るか、親御さんの心配は尽きないことでしょう。

また、新年度の始まりとあって、スーツでお参りの方の姿も目にします。

DSC01099

新緑には早いものの、桜に彩られた境内は、清らかな気持ちを与えてくれるものです。

正月に初詣のお参りが多いように、年度の始まりに参拝をするのは、日本人の折り目の正しさともいえます。

神さまの大いなる御加護を賜り、気持ちも新たに生業に励んで欲しいと思います。