‘出張祭典’ カテゴリーのアーカイブ

納め

2017年12月16日 土曜日

暦には「納めの水天宮」(12月5日)、「納めの薬師」(12月8日)、「納めの金毘羅」(12月10日)、「納めの大師」(12月21日)、「納めの地蔵」(12月24日)、「終(しま)い天神」(12月25日)、「納めの不動」(12月28日)と、神仏の今年最後の縁日(えんにち)が記されています。

今年は兼務社の祭事納めが例年より少し早く、久しぶりに祭典のない週末となりました。

日柄も良く、地鎮祭や家屋解体祓等のご奉仕がありましたが、建築儀礼も来週の月曜を境に、ほぼ奉仕納めとなります。

DSC01883

姿勢を正す

2017年12月8日 金曜日

今日は日差しのない分、気温以上に冷え込みを感じる一日でした。

神社の拝殿は戸が開いているため、昇殿参拝の方は背筋を丸めて待たれることが多いですが、不思議と開式になると腰骨を立てて姿勢を正されます。

IMG_1054

地鎮祭(じちんさい)等の外の祭儀では、寒さも殊更(ことさら)ですが、笏(しゃく)を真っ直ぐに立てると背筋も伸びて、威儀が正されるものです。

sin

年末年始の予定はお早めに

2017年11月19日 日曜日

冬型の気圧配置で昨日よりも冷え込み、冷たい風に寒さが身にしみました。

大安の日曜日、七五三参りに加え、戌の日の安産祈願、初宮参りや交通安全祈願等で賑わう一日でした。

IMG_0886

また、店舗や一般住宅の地鎮祭奉仕もあり、冬の寒さを感じながらも、あっという間の一日となりました。

ご神前における祈祷は、年間の恒例祭や結婚式等の予定がなければ、いつでも(8:30-16:30)承っていますが、出張祭典については予め日時の予定を組むとともに、当日の準備について事前の打ち合わせが必要となります。

特に年末年始は予定が立て込むため、早めのご連絡をお願い致します。

尚、新年祈祷については元日より承りますが、会社や団体のご祈願は詳細(日時、御芳名、御住所、代表者、願意、人数、初穂料等)をご連絡頂ければ幸いです。

電話 0463-95-3237 FAX 0463-92-4381

メール hibita38@gmail.com

変わらぬ伝統

2017年11月10日 金曜日

毎年11月8日に、京都の伏見稲荷大社では「火焚祭」(ひたきさい)が執り行われていますが、この日は伝統的に鍛冶屋(かじや)や鋳物師(いものし)など、鞴(ふいご)を用いる人が鞴祭(ふいごまつり)を行います。

立冬を過ぎましたが、温もりを求めるこの季節、昨日は大規模施設でボイラーの火入式があり、鞴祭として御奉仕しました。

IMG_0653

また、明日は町の工場で鍛冶屋祭(かじやまつり)を執り行い、鞴に供えた蜜柑(みかん)を社員一同に配り、風邪をひかないように願うのも変わらぬ伝統です。

三連休の初日

2017年11月3日 金曜日

今日は国民の祝日で「文化の日」(祝日法「自由と平和を愛し、文化をすすめる。」)です。

現在では皇居において文化勲章の授与式が行われていますが、明治6年から44年までは「天長節」、その後昭和22年までは「明治節」として親しまれてきた明治天皇のお誕生日です。

064

さて、三連休の初日を迎えましたが、週末が晴れるのは本当に久しぶりです。

今日は大雨により日延べとなっていた地鎮祭奉仕もありました。

日中は気温が20度を越え、暖かな陽気に包まれる中、七五三参りは今年一番の人出となりました。

また、来週の酒祭(11月8日)に向けて、総代さんの御奉仕により、沢山(さわやま)の整備作業が行われました。

今年も安心して三段の滝でのお水取り神事が行えます。

台風一過の今日

2017年10月30日 月曜日

台風一過、清々しい秋晴れの天気となりましたが、近畿や東京地方では木枯らし1号が吹いたようです。

平安前期に伝来し江戸時代の貞享暦(じょうきょうれき)に代わるまで、約800年間使用された宣明暦(せんみょうれき:太陰暦)には、「草木黄落」(そうもくこうらくす)という七十二侯がありますが、境内の草木も黄ばんで落ちる季節になりつつあります。

IMG_0478

さて、今日は市内の小学校行事の代休で、平日でも七五三参りが続きました。

澄んだ青空の下、昨日とは異なってゆっくりと境内で過ごされるご家族が多かったようです。

IMG_0416

真田神社(平塚市真田)の氏子地域では、東海大学男子柔道部寮の建設工事にあたり、地鎮祭をお仕えしました。

約50名の参列者の中には、全日本学生柔道体重別団体優勝大会において、昨日見事優勝を果たしたばかりの監督や選手等の姿もあり、礎を築く元となる事始めの儀式に、心新たに臨まれている様子でした。

工事の無事進捗と益々のご発展をお祈り申し上げます。

地神講閉講式

2017年10月28日 土曜日

台風22号は明日には九州に接近し、東よりに進む見込みで警戒が必要です。

当地は曇り空から小雨といった状況で、予定していた地鎮祭も全て無事に御奉仕することが出来ました。

また、土曜日の大安ということもあり、七五三参りは今年一番の人出となりました。

IMG_0378

さて、参集殿では地神講(じしんこう)の閉講式を執り行いました。

坪ノ内久門寺(つぼのうちくもんじ)では文久4年(1864)に地神講を開講してから、春秋の社日に地神を祭り、農事の感謝を捧げてきました。

残念ながら、農家を営む家も少なくなり、時代の趨勢(すうせい)ということですが、それぞれ万感の思いで参列されました。

IMG_0383

講を通して組み成してきた絆を大切に、今後とも皆さまの御無事と御繁栄を祈念申し上げます。

佳日に神棚奉斎

2017年10月17日 火曜日

今日は伊勢の神宮において「神嘗祭」(かんなめさい)が斎行(さいこう)されています。

新穀を天照大御神(あまてらすおおみかみ)に捧げて御恵みに感謝する最も重要なお祭りで、天皇陛下のお遣(つか)いである勅使(ちょくし)による奉幣(ほうべい)が執り行われます。

天皇陛下には宮中(きゅうちゅう)の神嘉殿(しんかでん)において、伊勢の神宮を遙拝(ようはい)になります。

また、全国の大きな神社では祝意を表して神嘗祭当日祭を行っています。

kamidana

さて、その佳日(かじつ)に新居に引っ越しされたお宅において、神棚奉斎(かみだなほうさい)の神事を御奉仕しました。

そして、木の香りも美(うるわ)しい神棚に向かい、家人の御守護を願い上げました。

今回は間取りや大きさに見合う神棚(屋根違い三社造り)を予(あらかじ)め支度して伺いましたが、社務所では様々な大きさの神棚の取次やお祭りの仕方などについて、常時ご相談に応じています。

30tirasi

雨にも負けず

2017年10月15日 日曜日

月の折返しの15日、月次祭を執り行いました。

今日も雨の境内でしたが、七五三参りの子供たちにとっては変わりなく、着物姿で境内を行き来していました。

日曜日ながら、中・平塚・伊勢原連合神社総代会(中郡二宮町、大磯町、平塚市、伊勢原市、秦野市の一部:87社で組織)理事会が開催され、第44回となる神社参拝旅行(川越氷川神社彌彦神社)はバス3台127名となりました。

IMG_0164

さて、伊勢原市内最大の観光行事「第50回記念伊勢原観光道灌まつり」が2日間にわたり盛大に開催されました。

夕方には神輿渡御(みこしとぎょ)にあたり、万灯神輿(まんどうみこし)3基の御霊(みたま)入れ神事を御奉仕しました。

小雨が降っていましたが、担ぎ手の皆さんは雨にも負けず、元気いっぱいに威勢良く声を上げていました。

29.10.13

清祓の儀

2017年10月13日 金曜日

寒露の次候で「菊の花開く」となりましたが、境内でもざる菊の準備を整えています。

月末(27日)には、比々多神社菊華会の菊小屋立てが行われます。

埋井祭

埋井祭 清祓の儀

さて、昨日は屋敷内の井戸埋めにあたり、これまでの恩恵に感謝し、今後も水に困らぬよう祈る埋井祭、また大きな建物の解体にあたり安全祈願祭、そして邸内祠(ていないし)の奉還祭(ほうかんさい)などの御奉仕にあたりました。

解体安全祈願祭 清祓の儀

解体安全祈願祭 清祓の儀

それぞれの祭儀では、家主や施主、工事担当者などに清祓(きよはらい)を担ってもらい、自らの心をも清めて頂きました。

稲荷社の奉還祭

稲荷社の奉還祭