‘出張祭典’ カテゴリーのアーカイブ

井神祭

2017年6月4日 日曜日

予報では今週は雨の日が多くなりそうで、長雨の季節の到来です。

当社としては、正月(1日~7日)、どんど焼き(1月14日)、祈年祭(2月17日)、節分追儺祭(2月3日)、人形感謝祭(3月17日)、例祭(4月22日)、国府祭(5月5日)、まが玉祭(5月20日・21日)と、今年の祭事は今のところ天候に恵まれています。

水無月(みなづき)は「水の月」ですが、第55回崇敬者祭(6月18日)、夏越大祓(6月30日)も晴れを祈るところです。

埋井祭

井神祭

この数日、家屋の建て替えに伴う井戸埋めや池埋めなどにあたり、井神祭や清祓などのご奉仕がありました。

『古事記』や『日本書紀』の神話には、井戸があったことが記され、その起源の古さを物語っています。

水は人間の生活に欠くべからざるものであり、水道施設に頼る現在であっても水の恩恵に感謝する祭儀の尊さは守り伝えられています。

会合続きの日々

2017年6月2日 金曜日

梅雨前線がゆっくりと近づき、長雨の季節が間もなく到来するようですが、今日の当地は気温30度に及ぶほどの暑い一日となりました。

5月の下旬から地域の様々な団体で総会を迎えるとともに、それに伴う役員会等も開かれ、会合続きの日々です。

家屋解体家祓

家屋解体家祓

夕方には神奈川県神社庁相模中連合支部(中郡大磯町・二宮町・平塚市・伊勢原市・秦野市:管内184社)の宮司会が開催され、研修会や総会、参拝旅行会などについて協議を重ねました。

工場の火入式

2017年5月9日 火曜日

昨日に続いて、今日も「第30回まが玉祭」の参画者との打ち合わせを行いました。

昨年は地元の農産物販売がお休みとなりましたが、要望にお応えして今年は行うことになりましたのでご利用下さい。

m

さて、大安吉日の今日は、朝から地鎮祭や工場の火入式、事務所や家屋の解体清祓、伐木清祓、稲荷祭などの出張祭儀が続きました。

鋼材の加工を行う工場では、機械の新設にあたり火入式を執り行いました。

新たに設置した機械を1台ずつお祓いするとともに、今後の操業安全を祈り、役員が始動のスイッチを押して稼働が始まりました。

IMG_6684

竹の秋

2017年4月19日 水曜日

孟宗竹(もうそうちく)の篁(たかむら:竹やぶ)に、続々と竹の子が頭を出しました。

陰暦3月(今年は3月28日から4月25日)を竹秋(ちくしゅう)といいますが、地中の筍(たけのこ)を育てるため竹の葉が黄ばんできます。

竹に旬と書くわけですが、まさしく収穫の時期で竹の秋を迎えました。

IMG_6138

さて、今日は大きなテントの祭場で、新工場新築工事の地鎮祭がありました。

式中も強風の影響が少し心配でしたが、滞りなく無事にご奉仕することが出来ました。

IMG_6186

つらつら椿

2017年3月29日 水曜日

境内で雉(きじ)の鳴き声がよく聞かれるようになりました。

あしひきの八つ峰(やつお)の雉(きぎし)鳴きとよむ朝明(あさけ)の霞(かすみ)見れば悲しも

大伴家持

数多く並んで咲いている椿(つばき)を「列列椿」(つらつらつばき)といいますが、境内の森では椿が見事に咲いています。

IMG_5661

春は別れの季節ですが、今日は神葬祭のご奉仕がありました。

祭詞の中で、つらつらの序(じょ)として椿を用いて「熟々椿(つらつらつばき)・・・」と表現しました。

IMG_5663

あしひきの八つ峰(やつお)の椿つらつらに見とも飽かめや植ゑてける君 大伴家持

IMG_5662

安住と安心

2017年3月26日 日曜日

真冬に逆戻りしたような粘り強い寒さで、今日は見上げる阿夫利嶺(あふりみね)が白くなっていました。

この冷たい雨に桜の蕾(つぼみ)も我慢を余儀なくされています。

しかしながら、企画されていたバスツアーでは、皆さん元気に元宮(もとみや)まで雨の中を歩いて上がられました。

IMG_5604

さて、今日は参集殿において五十日祭を執り行った後、墓所において埋葬祭(まいそうさい)のご奉仕がありました。

五十日祭は忌明けを意味する重儀であり、この後は神棚まつりも平常に復します。

墓所に遺骨が納まって安住となり、ご遺族にとっても安心の心持ちになったのではないでしょうか。

IMG_5611

春休み最初の週末

2017年3月25日 土曜日

春休みに入って最初の週末、今日は高速道路や市内の幹線道路で渋滞が見られました。

都内からご祈願でお参りの方は通常の倍近い時間が掛かったようですが、少し肌寒さが残るものの、清らかな神域で癒やされたようです。

IMG_5599

出張祭典でも事故渋滞の影響により、施主さんが開式時間に間に合わないという場面がありました。

当社では兼務社の祭典や外祭に、直接車で出向くことにしていますが、時間と心に余裕をもって出掛けるよう心掛けるものです。

豚舎の解体清祓

豚舎の解体清祓

2017年3月21日 火曜日

久しぶりにまとまった雨が終日降りました。

雨は涙のたとえとして使われますが、今日ご奉仕の神葬祭では、「涙雨」と表現して祭詞で奏上しました。

155556

さて、靖國神社では5輪の花が開き、東京都心では平年より5日早く、全国で最も早く桜(ソメイヨシノ)が開花したようです。

この花の雨が境内でも〝花起こし〟となって、蕾(つぼみ)を膨らませているのではないでしょうか。

春分

2017年3月20日 月曜日

今日は二十四節気の一つで、季節の中央におかれた中気「二至」(夏至・冬至)「二分」(春分・秋分)の春分です。

昼夜の長さがほぼ同じとなり、夏至(今年は6月21日)までは昼がだんだん長くなります。

また、彼岸の中日にあたりますが、宮中では歴代天皇・皇族の御霊(みたま)がまつられる皇霊殿(こうれいでん)において、ご先祖祭の「春季皇霊祭」、国中の神々がまつられる神殿(しんでん)では、神恩感謝の祭典「春季神殿祭」が執り行われています。

IMG_5378

昨日も近くの霊園では車の往来が激しい一日でしたが、社務所では8年前にお隠れになった方の祖霊祭を行いました。

「暑さ寒さも彼岸まで」といいますが、寒さが和らいで過ごしやすい季節を迎えます。

間もなく桜の便りもお伝えします。

神庫の祭事

2017年3月15日 水曜日

今日は強い北風が吹いて見上げる大山も白く、冬に逆戻りのようです。

折返しの15日、月次祭を執り行い半月の感謝とともに、残る半月に向けて意を新たにするところです。

稲荷祭

神庫の祭事

さて、出張祭儀でも冷たい強風に悩まされましたが、山腹のお稲荷さんでは不思議とその祭場だけは両榊(りょうさかき)が社叢(しゃそう)となって伸び、木立に守られるかのように、安心して神事を執り行うことができました。

神さまがお祀(まつ)りされる「祠」(ほこら)は、「叢祠」とも表記されますが、「神庫」(ほくら)の転じたものだそうです。

小さなお稲荷さんの祭事でしたが、〝神宿る〟雰囲気の中、とても清々しい気持ちのご奉仕でした。