‘出張祭典’ カテゴリーのアーカイブ

葬儀での感染症対策

2020年9月27日 日曜日

昨夕と本日は神道による葬儀で神葬祭(しんそうさい)のご奉仕がありました。

もちろんの葬儀においても斎場、火葬場、移動のバス、直会(なおらい)の席など、新型コロナウイルス感染症対策が施されていて、待ち時間にはその工夫の仕方を参考にしたところです。

sinnsousai火葬場ではマスク着用のまま読経する住職の姿を目の当たりにしましたが、当方も同様に祭詞(さいし)を奏上(そうじょう)しています。

微笑ましい様子

2020年9月26日 土曜日

小雨交じりの一日でしたが、市内の複数の小学校において運動会が実施されたようです。

感染症による影響もあり、秋の大運動会とはならなかったと思いますが、制限のある中でも楽しい一時が過ごせたのではないでしょうか。

hatu

さて、今日は事前のご予約をお受けしていたこともあり、密を回避して1組ずつご祈願をお仕えすることが出来ました。

また、本日は社殿前の受付において、飛沫防止用のボードを利用して対応させて頂きました。

近隣の小学校で運動会が開催されこともあり、七五三詣は少なかったものの初宮詣が多く、人生儀礼の節目のお参りに、微笑ましい様子を拝見することが出来ました。

兼務社の御朱印

2020年9月13日 日曜日

昨日の雨で順延となっていた市内中学校(4校)の体育祭は、本日各校で実施されたようです。

さて、本日は兼務社の真田神社(平塚市真田)で月次祭、八幡神社(伊勢原市坪ノ内)と地神社(秦野市鶴巻南)で例祭をお仕えしました。

限られた参列人員ながら、感染症対策を施して予定通り厳粛に執り行う事が出来ました。

地神社(鶴巻の大欅)

地神社(鶴巻の大欅)

当社では、兼務社(以下24社)を参拝された方の御朱印を承っています。

現在はお持ちの御朱印帳への記帳をしていませんので、和紙での頒布(はんぷ)となります。

しかしながら、当社で授与している御朱印帳には直接お書きしています。

尚、まとめてお参りの場合には、お時間を頂く事になりますので、混雑のない平日にお願い申し上げます。

兼務社御朱印一覧

兼務社御朱印一覧

井神祭

2020年9月11日 金曜日

8月25日に、横浜で大きな穴(米軍の燃料用貯蔵タンク)に重機ごと落下する大事故が起きましたが、規模の大小にかかわらず、工事現場では安全が第一です。

昨日・今日と土地の開発工事にあたり、埋井のための井神祭を執り行って欲しいとの依頼がありました。

IMG_2981

今日の現場では、建物の解体工事を進める中で井戸の存在が判明し、急遽祭事を執り行う運びとなったようです。

足元も悪い中で、祭場の舗設(ほせつ)も十分ではありませんでしたが、井戸を守らせ給う弥都波能売神(みつはのめのかみ)、土地の守護神として産土大神(うぶすなのおおかみ)、大地主大神(おおとこぬしのおおかみ)を併せ祭り、水の恩恵に感謝し、尚且つ工事の無事進捗(しんちょく)を祈請(きせい)しました。

環境衛生

2020年9月4日 金曜日

残暑と呼ぶには非常に厳しい暑さで、当地も35℃を超える猛暑日となりました。

大安吉日の今日、社頭では交通安全、厄除け、厄災消除、忌明(きあ)けの清祓、施設の安全祈願などのご祈祷、また出張祭では一般住宅や施設、社屋の地鎮祭奉仕にあたりました。

社屋の地鎮祭

社屋の地鎮祭

神社では不特定多数の人と関わる機会が多く、密集・密接・密閉を避けながらもマスクを着用し、細心の注意を払って環境衛生に努めています。

今後は兼務神社の祭典が多い季節を迎えますが、各社総代さんにもご協力を仰ぎ、更なる安全を施していきたいと思います。

伝統文化を確(しっか)りと守りながら、新しい形も模索しなければなりません。

20200904191048076_0002

夕方の地鎮祭

2020年8月29日 土曜日

県内では熱中症警戒アラートが5日連続で発表され、極めて危険な気象状況となっています。

今日は土曜日の大安ということで、朝早くから地鎮祭の神事が重なりました。

PowerPoint プレゼンテーション

大規模な施設の地鎮祭等では、大型テント内にスポットクーラーや扇風機等が準備される事もありますが、一般住宅の場合には炎天下で執り行うことが殆どです。

況(ま)して感染症対策でマスク着用の昨今では、前後の水分補給は欠かせない状況です。

お祝い事は午前中に行われることが多いですが、熱中症対策で夕方の地鎮祭予約が増えているのも今年の特徴です。

負担を伴う日々

2020年8月25日 火曜日

まだ暑さの盛りを過ぎませんが、市内の小・中学校では短い夏休みが終了して、昨日から新学期が始まっています。

昨日は作業現場において、作業員約50名が参列して、諸々の厄災除けと熱中症を含む作業安全の祈願祭をお仕えしました。

また、今日は厄災消除祈願、明日も企業の同内容の祈願が珍しく重なっています。

hairei02

日常生活のみならず、職場や学校生活においても、熱中症や感染症対策を重視しなければならず、何かと精神的にも負担を伴う日々が続くと思われます。

神さまの御神威(ごしんい)を賜り、平穏な生活、安心して生業(せいぎょう)に従事出来ますようお祈り申し上げます。

業務安全の祈り

2020年8月19日 水曜日

県内では一昨日(17日)までに、9日連続して熱中症アラートが発表されていますが、本日も環境省設定の暑さ指数は「危険」のレベルとなっています。

休息とこまめな水分補給を行いながら、熱中症予防につとめたいと思います。

IMG_2854

さて、本日は工場内の新設備導入に伴うお祓いと操業の安全祈願祭をお仕えしました。

慣れない工場内では暑苦しさを感じましたが、参列する50名以上もの関係者の思いを受けて、業務安全の祈りを捧げました。

お盆にあたり

2020年8月13日 木曜日

引き続き感染症や熱中症を危惧(きぐ)して過ごす日々ですが、当地では今日から16日(または15日)まではお盆となります。

当社でも日中は神道(しんとう)のお宅へ伺い、祖霊祭(それいさい=みたままつり)をお仕えしました。

IMG_2806

昨日と同様、夕方には激しい雷とともに土砂降りとなりましたが、30分と続かずに晴れ間が見え、予定通りに苧殻(おがら)を焚(た)いて迎え火を行う事が出来ました。

今年はお盆の帰省が叶わぬ人も多く、我が国の伝統的な風習にも変化が見られます。

しかしながら、このような社会情況だからこそ、お盆とは何かを考えることも大切です。

生命の尊さを思い、先人の努力や自然の恵みに思いを致す機会であって欲しいとも願うものです。

心地よい風

2020年8月9日 日曜日

今年の夏は感染症の影響により、お盆帰省を断念して近場で休暇を過ごす傾向で、高速道路の下り車線に渋滞は見られるものの、新幹線の乗車率は低くなっているようです。

県内では海水浴場の開設中止が発表されていますが、各地の観光地でも軒並み人出が減少している様子です。

真田神社

真田神社

本日は真田神社(平塚市真田)の月次祭(つきなみさい)に始まり、邸内社(ていないしゃ)の竣工式をお仕えしました。

社頭では新車購入に伴う交通安全祈願や初宮詣、厄除祈願の他、御朱印巡りの参拝者等が見られました。

未だ猛暑が続いていますが、境内を吹く風に心地よさを感じます。