2019年7月 のアーカイブ

骨董蚤の市のお知らせ

2019年7月16日 火曜日

今晩は比々多観光振興会の役員会が参集殿で開かれました。

来る10月20日(日)に執り行う正祭(しょうさい)・戦没者慰霊祭・太鼓奉納において、「骨董蚤の市」(こっとうのみのいち)が同時開催されます。

nomi

昨年と同様、蚤の市、無料鑑定相談、文化財開放(郷土博物館)、花苗の無料配布が行われます。

また、地元の新鮮野菜の販売やキッチンカーの出店もあり、賑やかな一日になりそうです。

旧郷社のお祭り

2019年7月14日 日曜日

毎年7月の第三週は真田のお天王(てんのう)さんです。

IMG_9308

昨日は宵宮(よいみや)で、今日は例祭式当日でした。

IMG_9324

真田神社(平塚市真田)は旧郷社で、かつては近在ではとても有名なお祭りでした。

IMG_9338

もちろん今でも賑やかで、大規模な土地区画整理事業により住宅が増え、小学校も校舎を増設するほど活気に溢れています。

IMG_9344

残念ながら小雨続きの2日間でしたが、水の恵みをもたらす神さまでもあり、神輿の担ぎ手にとっては暑さをしのげたともいえます。

IMG_9347

今年も伝統の祭事を通して、様々な交流がもたらされたのではないでしょうか。

清水祭

2019年7月13日 土曜日

先週の上平間(伊勢原市上平間)水神講(すいじんこう)に始まり、今日の下平間(伊勢原市下平間)清水祭(しみずさい)、明日の八坂神社・水神社(平塚市千須谷・熊野神社境内社)と水神祭が続きます。

清水祭

清水祭

今日の清水祭では、早朝から恒例の池さらいが行われ、清められた池にはザリガニが元気よく動き回っていました。

採れたての新鮮野菜が供えられ、神社役員、自治会、土木、農業委員、隣組、老人会等、それぞれの代表が玉串を奉(たてまつ)り祈念を込めました。

その後、隧道(ずいどう)でも同様の祭儀を執り行いました。

生産者のみならず、水の恵みに感謝し、天候の安定を願う言葉が交わされました。

人口増と空き家現象

2019年7月11日 木曜日

雨とともに気温の上がらない日が続くと、暑中見舞いや時候の挨拶、御中元の品物にも苦慮します。

しかしながら、着物を着て奉仕する私たちには、涼しくてありがたいこともあります。

保育施設の地鎮祭

保育施設の地鎮祭

さて、老夫婦が一戸建ての住宅を手放し、マンション住まいを選択したことで、そこを新事務所として購入した企業のお祓いがありました。

また、区画整理事業により新築住宅が増加したことにより、子育て世代が増えて、地域で保育施設の必要性が求められ、その地鎮祭をお仕えしました。

総務省が昨日発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査(1月1日現在)によると、国内の日本人の人口は前年比43万3239人減(▲0.35%)の1億2477万6364人となり、10年連続の減少となった一方で、外国人の人口は16万9543人増(6.79%)という高い伸びを示したようです。

また、昨年の出生数は92万1000人と過去最少を記録しました。

今日は高齢化と少子化のみならず、人口増加と地域の空き家現象について考えさせられました。

一心泣き相撲のお申し込み

2019年7月9日 火曜日

曇り空の一日でしたが、一昨年より6日遅く、昨年よりも13日遅く、境内で蝉(ニイニイゼミ)の初鳴きがありました。

梅雨明けは小中学生の夏休み頃でしょうか。市内では果樹農家も繁忙期に入り、晴れ間が望まれる日々です。

昨年の様子

昨年の様子

さて、境内で蝉の鳴き声が盛んな頃、「一心泣き相撲比々多場所」を開催します。

開催は9月16日(月:敬老の日)で、今年で10回目の恒例行事です。

当社へ「初宮参り」で参詣の方(対象年齢:生後半年から2歳半の男女)には直接お知らせしていますが、早い時間から順番に締切りとなりますのでお早めにお申し込み下さい。

御大典記念事業

2019年7月8日 月曜日

昨日は二十四節気の「小暑」を迎えましたが、未だ夏の熱気には遠い陽気です。

平成の御大典記念事業

平成の御大典記念事業 芳名簿(南金目神社)

さて、午前中は南金目神社(平塚市南金目)、午後には神明社(伊勢原市上平間)において大祓奉告祭並びに大祓神事を執り行いました。

南金目神社ではこの度、「幟ポール一対」並びに「国旗掲揚塔」を設置する運びとなり、天皇陛下御即位の御大典(ごたいてん)記念として、奉祝事業を進めることになりました。

境内には平成の御大典記念として行われた社殿改修事業の芳名簿がありますが、御代ごとの取組みが後の頼りとなっています。

交通安全祈願と車両のお清め

2019年7月7日 日曜日

夏の賞与が支給される時期となり、この週末は新車のお祓いが続きました。

当社では拝殿で交通安全祈願祭を執り行い、祈願者には祈祷札(きとうふだ)、交通安全木神札(こうつうあんぜんきふだ;車両用)、交通安全ステッカー等の撤下品(てっかひん)を授与しています。

交通安全ステッカー

交通安全ステッカー

また、祈祷後に車の祓所(はらえど)において、神職による車両(四方)のお祓い、そして御神水(ごしんすい)を用いて、祈願者自らお清めをお願いしています。

kuruma

奇し

2019年7月6日 土曜日

今日もお天道さまは望めませんでしたが、雨に降られず比較的涼しい中で、北金目神社(平塚市北金目)や落幡神社(秦野市鶴巻南)の大祓、上平間水神講(伊勢原市上平間)の水神祭を支障なくお仕えすることが出来ました。

IMG_9287

さて、北金目神社のすぐ近くに東海大学湘南キャンパスが位置していますが、今年の箱根駅伝で初の総合優勝を果たした陸上競技部員が平素からお参りになっています。

御神木の「楠」(くすのき)の大きな〝根〟に、監督以下部員が旺盛な生命力を感じ、「特に、怪我をした選手が力を授かっている」と、神社役員がお話を伺ったそうです。

楠は特異な芳香(ほうこう)をもつことから、「臭し」(くすし)と同源と辞書に書かれていますが、神社には常緑高木(じょうりょくこうぼく)として古くから植えられ、全国には千年を超える巨樹も残っています。

また、霊妙の意である「奇し」(くすし)という言葉や「薬」(くすし)にもつながり、人知ではかり知れない大きな力をもたらすものとも考えられます。

IMG_9284

調度品を新調

2019年7月5日 金曜日

今日は十二柱神社(伊勢原市伊勢原)の大祓奉仕がありましたが、今月は兼務社の例祭や神輿渡御(みこしとぎょ)が5社、大祓が6社、水神祭が3社あり、順次その支度を進めています。

新しい壁代と薄縁

十二柱神社

十二柱神社では、殿内の調度品として壁代(かべしろ)を新調し、床には薄縁(うすべり)を敷きました。

神事での厳粛さが増し、清々しい気持ちでお仕えすることが出来ました。

神符守札の取扱ひ

2019年7月4日 木曜日

『三国志』の魏志(ぎし)、董遇伝(とうぐうでん)の注(ちゅう)に、読書に利用すべき三つの余暇を「三余」(さんよ)と記しています。

即ち、冬(年の余)、夜(日の余)、陰雨(時の余)を指し、「読書三余」というわけです。

余は余暇のことであり、雨だから出来る〝余〟を活用したいものです。

来年の干支「子」

来年の干支「子」

さて、今日は年末年始に向けて、御神札(おふだ)や御守(おまもり)、根付(ねつけ)、縁起物等の授与品について、奉製業者の方と打ち合わせを行いました。

神社本庁憲章」の第八条三項には、「神符(しんぷ)守札(まもりふだ)等の取扱ひについては、信仰上の尊厳を汚してはならない」とあり、その尊厳を考えながら、御祭神(ごさいじん)の神威発揚(しんいはつよう)を考えて進めています。