‘恒例祭・行事’ カテゴリーのアーカイブ

文月の予定

2018年7月1日 日曜日

文月の朔日(ついたち)を迎え、残り半年の始まりです。

御神前では常の如く、月次祭(つきなみさい)を執り行い、皇室の御安泰と国家の安寧、氏子崇敬者の安全を祈り上げました。

また、兼務する八剱神社(平塚市上吉沢)と落幡神社(秦野市鶴巻南)で大祓式を執り行いました。

読売新聞 1日

読売新聞 1日

さて、今月の予定をお知らせします。

1日(日)月次祭、八剱神社(平塚市上吉沢)・落幡神社(秦野市鶴巻南)大祓、6日(金)十二柱神社(伊勢原市伊勢原)大祓、7日(土)北金目神社(平塚市北金目)大祓、上平間(伊勢原市上平間)水神講祭、真田神社(平塚市真田)宵宮祭、8日(日)真田神社例祭、八坂神社・水天宮(平塚市千須谷:熊野神社境内社)例祭、10日(火)責任役員会議、13日(金)下平間水神講(伊勢原市下平間)清水祭、14日(土)神明社(伊勢原市上平間)大祓、15日(日)月次祭、南金目神社(平塚市南金目)大祓、八坂神社(平塚市上吉沢:八剱神社境内社)渡御祭、19日(木)中・平塚・伊勢原連合神社総代会総会、21日(土)飯綱神社(伊勢原市日向)例祭、22日(日)御嶽神社(伊勢原市伊勢原)例祭、日月神社(伊勢原市沼目)大祓、31日(火)総代奉仕(草刈り)

本日より日向神社・飯綱神社・諏訪神社(伊勢原市日向)を兼務して所管することになりました。

汗をぬぐいながら

2018年6月30日 土曜日

気温は鰻登(うなぎのぼ)りで、今日も耐えがたき暑さの一日でした。

それでも水無月最後の日、土曜日とあって御朱印巡り、また夏越大祓(なごしのおおはらえ)に合わせて多くの方々がお参りになりました。

IMG_1612

午後2時、恐らく最も気温が高く日差しの強まる中、宮司以下祭員、責任役員、総代、また比々多地区の氏子を代表して10名の自治会長、そして一般の参列者が御殿に参進しました。

殿内における大祓奉告祭(おおはらえほうこくさい)に続き、境内の祭場へ場所を移し、大祓神事を執り行いました。

IMG_1615

参列者はこぼれ落ちる汗を拭いながらも、祭員に合わせて大祓詞(おおはらえのことば)を繰り返し繰り返し読み上げました。

IMG_3338

悪しきものを祓い、今夏を無事に過ごしつつ、残り半年が清々しく、平穏なものでありますようお祈り申し上げます。

茅の輪は暫く境内に設置してありますので、どうぞお参り下さい。

母のぶんもひとつくぐる茅の輪かな 一茶

第56回崇敬者祭

2018年6月17日 日曜日

お蔭様で、梅雨の合間の晴れに恵まれ、第56回崇敬者祭を執り行いました。

本当にありがたく、正月三箇日から本日に至るまで、今年は恒例の祭事は全て雨に降られることなく、穏やかにお仕えすることが出来ました。

IMG_3290

御神前には崇敬会員が各自お酒を奉(たてまつ)り、横山の如く花鉢をお供えしました。

また、参列者一同が玉串を奉って拝礼しました。

IMG_3278

式後は参集殿に移り、一通りの御挨拶を賜った後、昨年同様に「神社と神さまの基礎知識 その2」と題して禰宜による小一時間の講話を行いました。

神道と世界宗教を比較した上で、神話や古典を引き合いに、神道や日本人の有り様について、また明年の御代替りを前に皇室に関わる話にも触れ、神社理解の一端とさせて頂きました。

IMG_3298

初物の献備品

2018年6月16日 土曜日

昨日は月の折り返しの月次祭(つきなみさい)、半年の折り返しももうすぐです。

午後には中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会が平塚八幡宮において開催され、総会(7月19日)に向けて事業報告、決算報告、事業計画案、予算案等の審議が行われました。

また、今秋実施する参拝旅行の日程や方面、来春の研修会日程などが決まりました。

IMG_8163

このところ梅雨寒(つゆざむ)の天候が続いていますが、今月に入ってから青梅や玉蜀黍(とうもろこし)等の神前奉納があり、神さまに初物の献備品をお召し上がり頂いています。

はっきりとしない天候でしたが、今日は茨城県水戸市から歴訪会の御一行37名がバスでお参りになりました。

明日は第56回崇敬者祭ですが、予報では梅雨晴れとなりそうです。

第31回まが玉祭 第2日目

2018年5月20日 日曜日

今朝の読売新聞に昨日の記事が掲載されました。

yomiuri30.5.20

それでは第2日目の様子を御覧下さい。

「青少年協会いせはら太鼓部」演奏

「青少年協会いせはら太鼓部」演奏

国際ソロプチミスト伊勢原

国際ソロプチミスト伊勢原

「少林寺拳法伊勢原道院」演武

「少林寺拳法伊勢原道院」演武

「日本国際空手協会同志會」演武

「日本国際空手協会同志會」演武

新入学児童健康祈願

新入学児童健康祈願

「ぼくたち、わたしたちの夢」絵馬

「ぼくたち、わたしたちの夢」絵馬

鉢花・野菜の無料配布

鉢花・野菜の無料配布

「花柳和舞踊研究所・和の会」日本舞踊

「花柳和舞踊研究所・和の会」日本舞踊

「永澤蒼、」ポピュラーステージ

「永澤蒼、」ポピュラーステージ

IMG_1203

「光風会」舞踊と沖縄三線

「光風会」舞踊と沖縄三線

「ジャズアンサンブル阿夫利」演奏

「ジャズアンサンブル阿夫利」演奏

主催者御礼・来賓挨拶

主催者御礼・来賓挨拶

富くじ抽選会

富くじ抽選会

お蔭様で、実行委員会を始め参画団体、地域や関係各方面の御協力・御尽力により、2日間の全ての行事を盛大に無事に行うことが出来ました。

また、多くの皆様にお参り頂き感謝御礼申し上げます。

第31回まが玉祭 初日

2018年5月19日 土曜日

お蔭様で天候に恵まれ、「第31回まが玉祭」を迎えることが出来ました。

初日の様子をどうぞ御覧下さい。

「創作太鼓グループ楽鼓」演奏

「創作太鼓グループ楽鼓」演奏

「伊勢原菓子組合」菓子展

「伊勢原菓子組合」菓子展

「まが玉づくりの会」まが玉づくり体験

「まが玉づくりの会」まが玉づくり体験

「富くじ」景品展示

「富くじ」景品展示

「揚武館伊勢原道場」居合抜刀術演武

「揚武館伊勢原道場」居合抜刀術演武

「NPO法人いせはらネクスト」コーナー

「NPO法人いせはらネクスト」コーナー

「まが玉祭茶道愛好会」野点

「まが玉祭茶道愛好会」野点

「比々多観光振興会」農産物等の販売

「比々多観光振興会」農産物等の販売

「日本空手道神奈川練武舘」演武

「日本空手道神奈川練武舘」演武

「いせはら樂市樂座」模擬店(お楽しみ広場)

「いせはら樂市樂座」模擬店(お楽しみ広場)

「民謡繁和会」発表

「民謡繁和会」発表

まが玉づくり体験

まが玉づくり体験

「日本舞踊葉月流」舞踊発表

「日本舞踊葉月流」舞踊

「橘流雨降吟舞会」吟舞

「橘流雨降吟舞会」吟舞

まが玉祭奉告祭

まが玉祭奉告祭

「管絃と舞楽の夕べ」(比々多神社雅楽会)

「管絃と舞楽の夕べ」(比々多神社雅楽会)

舞楽 胡飲酒破

舞楽 胡飲酒破

明日は午前10時から午後6時の開催となります。

多くの皆様の御参拝をお待ちしています。

特設舞台の設営

2018年5月15日 火曜日

5月とは思えぬ暑い一日でしたが、境内では鳥の囀(さえず)りが風薫る季節を感じさせます。

御神前では皐月(さつき)の折り返しにあたり、月次祭(つきなみさい)を執り行いました。

IMG_0890

週末の天候はともあれ、「第31回まが玉祭」に向けて特設舞台や音響用のイントレ(組立て足場)の設営、更には境内各所にテントを立てました。

IMG_0893

大神輿渡御の様子

2018年5月9日 水曜日

今日も相模國府祭の写真を紹介致します。

白木神輿と供奉(ぐぶ)行列より遅れて発輿(はつよ)した大神輿渡御(おおみこしとぎょ)の画像です。

0001_xlarge

0011_xlarge

0017_xlarge

0036_xlarge

0061_xlarge

0077_xlarge

0091_xlarge

0147_xlarge

0167_xlarge

0216_xlarge

0258_xlarge

0359_xlarge

0382_xlarge

0401_xlarge

0405_xlarge

0413_xlarge撮影:川戸光久氏

大矢場から宮入りまで

2018年5月8日 火曜日

大型連休中の陽気とは打って変わり、冷たい空気に包まれています。

当地も2日続きの雨空ですが、沖縄は早くも梅雨入りしたとみられるようです。

さて、相模國府祭の後半(神揃山祭場~大矢場祭場~伊勢原道中~宮入り)の様子を写真でお伝えします。

大矢場祭場へ大神輿渡御

大矢場祭場へ大神輿渡御

kounomachi30 (24)

kounomachi30 (25)

類社(六社)宮司と奉迎使

国司(大磯町長)と類社(六社)宮司並びに奉迎使

kounomachi30 (27)

五社献饌

五社献饌

神納対面の儀

神納対面の儀

国司代奉幣

国司代奉幣

白木神輿の発輿

白木神輿の発輿

大神輿渡御

大神輿渡御

伊勢原行在所「着御祭」

伊勢原行在所・着御祭

還御する白木神輿の列

還御する白木神輿の列

kounomachi30 (35)

撮影:増山正芳氏

神社御立ちから神揃山まで

2018年5月7日 月曜日

昨日のブログでお知らせしましたが、相模國府祭の様子を写真で御覧下さい。

白木神輿の御立ち

白木神輿の御立ち

金目行在所(光明寺)着御祭

金目行在所(光明寺)着御祭

金目川を御神幸

金目川を御神幸

kounomachi30 (11)

神揃山へ(三之宮道)

大磯・神揃山(三之宮道)

kounomachi30 (13)

kounomachi30 (15)

kounomachi30 (16)

力石と粽俵

力石とちまき俵

神揃山祭場・着御祭

神揃山祭場・着御祭

三之宮・ちまき行事

三之宮・ちまき行事

古式「座問答」清祓の儀

古式「座問答」清祓の儀

「いずれ明年まで」(当社宮司による仲裁)

「いずれ明年まで」(当社宮司による一之宮争いの仲裁)

神揃山からお下り

神揃山からお下り

撮影:増山正芳氏