‘恒例祭・行事’ カテゴリーのアーカイブ

公の神事

2020年7月5日 日曜日

停滞する梅雨前線の影響により、熊本県南部を中心に記録的な豪雨がもたらされ、球磨川(くまがわ)の広範囲で氾濫(はんらん)が起こりましたが、土砂崩れや浸水等の被害状況が時間の経過とともに明らかになってきました。

自然災害により多くの尊い生命が失われましたが、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、行方不明者の無事発見、罹災(りさい)者のご安泰をお祈り申し上げます。

新型コロナウイルス感染症により、長期にわたり心身の苦労が伴う医療関係者や、災害復旧に励む自衛隊員や警察・消防関係者等、世の為人の為、地域や社会の公(おおやけ)に力を尽くす人たちの行動やその尊さにあらためて敬意を表する次第です。

hitogata

昨日は北金目神社(平塚市北金目)と落幡神社(秦野市鶴巻南)、本日は南金目神社(平塚市南金目)と神明社(伊勢原市上平間)において、感染症の対策を十分に施した上で、半年に一度の大祓式を執り行いました。

拙ブログ「不祥を解除」(5月20日)にも記しましたが、災難を除く公の神事として、大祓をお仕えしました。

新しいおみくじ

2020年7月2日 木曜日

昨日は七十二侯(しちじゅうにこう)夏至の末候で、雑節(ざっせつ)の一つにも数えられる「半夏生」(はんげしょう)で、梅雨明けの時期にあたります。

また、この頃の雨を「半夏水」(はんげすい)というそうですが、この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)、大雨による洪水を「半夏水」(はんげみず)といい、警戒する地方もあるようです。(『雨のことば辞典』より)

月例(げつれい)の月次祭(つきなみさい)とともに、朔日(ついたち)参りの企業参拝、工場の工事安全祈願祭等をお仕えしました。

境内には「夏詣」(なつもうで:7月1日~8月31日)の幟(のぼり)を掲げ、七夕飾りを用意しています。

IMG_2464

また、授与所には「アマビエおみくじ」を置き始めました。

アマビエ(アマビヱ)は、江戸時代後期の肥後国(熊本県)に伝わる妖怪(ようかい)で、豊作や疫病を予言したとされています。

おみくじは運勢や吉凶判断を占うものですが、御神慮(ごしんりょ)を仰(あお)ぎ、行動の指針とすることが大切です。

おみくじを引いた後のアマビエは、疫病退散の置物としてお持ち帰り下さい。

アマビエおみくじ

アマビエおみくじ

第58回崇敬者祭

2020年6月21日 日曜日

恒例により、6月第3日曜日は崇敬者祭です。

情勢を鑑(かんが)み、崇敬会長と責任役員のみの参列でしたが、会員の安全と発展の祈りを捧げました。

IMG_0798

昭和38年の結成より此の方、一度も欠かすことなく58回目を数えます。

IMG_2405

止むなく会員の参列を控えて頂きましたが、神さまにお供えする神饌(しんせん:米、酒、赤飯、餅、魚、卵、海菜、野菜、果物、塩・水)はもちろんのこと、献酒・献花(けんしゅ・けんか)は例年通り行いました。

IMG_2407

例月と変わらず

2020年5月15日 金曜日

新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて発出された非常事態宣言について、昨日政府は39県の解除を決めました。

継続となった他の7都道府県同様、当県でも引き続き緊張感を緩めずにつとめなければなりません。

tamagusiさて、皐月(さつき)も折り返しの15日を迎えました。

御神前では例月(れいげつ)と変わらず常の通りに「月次祭」(つきなみさい)を執り行い、皇室の御安泰と国家の安寧(あんねい)、氏子崇敬者の無事安全、そして感染症の一日も早い終熄を祈りました。

本来ならば、明日の「第33回まが玉祭」に向けて大詰めの準備をしているところですが、新緑に包まれた境内は静けさを保っていました。

同じく中止を決めた「第58回崇敬者祭」ですが、今日は会員の方が年会費を納めにお参りになりました。

予約申込

2020年5月12日 火曜日

本日、崇敬会員の皆様にご案内致しましたが、「第58回崇敬者祭」は中止となりました。

予定していた6月21日(日)には、神職のみ(無参列)で奉告祭を執り行い、後日御神札(おふだ)を送らせて頂きます。

kuruma

さて、昨今の状況を鑑(かんが)みて、現在の御祈祷(ごきとう)は全て事前の予約申込みとなっています。

今日もご予約の方の交通安全祈願祭をお仕えしました。

平素は午前8時半から午後4時半まで承っていますが、当面の間は午前9時から午後4時までの対応となりますのでご理解ご協力をお願い致します。

相模國府祭臨時祭と総社御大祭

2020年5月5日 火曜日

暦の上で二十四節気の「立夏」(りっか)を迎え、相模國府祭(さがみこうのまち:県指定無形民俗文化財)も夏用装束(しょうぞく)でご奉仕です。

IMG_2174

類社(るいしゃ)である一之宮・寒川神社、二之宮・川勾神社、三之宮・比々多神社、四之宮・前鳥神社、一国一社・平塚八幡宮において、同刻の午前9時に相模國府祭臨時祭を執り行いました。

感染症の影響により伝統の神事が例年通りに行えない事、代わって総社・六所神社において神対面神事(しんたいめんしんじ)を執り行う事などを神さまに奉告(ほうこう)し、天下泰平と五穀豊穣、疫病の一刻も早い終熄(しゅうそく)を祈りました。

IMG_2177

参列の方々のお見送りを受けて、宮司は御分霊(ごぶんれい)である守公神(しゅこうしん)を捧持(ほうじ)し、奉迎使(ほうげいし)役の責任役員とともに、総社へと向かいました。

R2相模国府祭_200505_0083

総社に六社が揃い、定刻午前11時に総社御大祭(そうしゃおんたいさい)が始まりました。

R2相模国府祭_200505_0075

例年であれば、大磯の神揃山(かみそろいやま=神集山)祭場で神事を執り行っていることから、総社御大祭の様子は知る由(よし)もないため、言わば貴重な機会ともいえます。

R2相模国府祭_200505_0012

略儀ながら六社の神々に祈りを捧げ、1300余年の伝統神事を心と形で結ぶ事が出来ました。

(画像提供:六所神社)

良き月でありますように

2020年5月1日 金曜日

令和になって2度目の5月1日を迎えました。

今日は爽やかな青空が広がり、薫風(くんぷう)とともに気温も上がっています。

IMG_2135

殿内では神職のみで月次祭(つきなみさい)を執り行い、国の安寧(あんねい)と皇室の御安泰、氏子崇敬者の安全無事、そして新型コロナウイルス感染症の一日も早い終熄(しゅうそく)を祈りました。

IMG_2134

参拝者は少ないものの、月参りでお越しになる方々は、例月(れいげつ)と変わりなき様子にて安心しました。

緊急事態宣言が1か月程度延長される旨、政府から報道発表がありましたが、ともに力を合わせて国難を乗り切りたいと思います。

新しき月が良き月でありますように。

中止や縮小、臨時の例祭

2020年4月22日 水曜日

暖かな日差しに包まれて、風もなく穏やかな天候で、神輿(みこし)や山車(だし)、太鼓に神楽(かぐら)、露店(ろてん)等、中止なのがもったいないと感じるような朝を迎えました。

IMG_0791

定刻、宮司以下祭員、責任役員・総代、氏子・崇敬者代表が参集殿前に列立(れつりゅう)し、手水(てみず)の儀に続き、消毒液で手指の消毒を行い、マスク着用のまま社殿へと進みました。

IMG_2023

今年は様々なものが中止や縮小、臨時になりましたが、儀式の所役(しょやく)も鉄棒(かなぼう)、本庁幣(ほんちょうへい)・氏子幣(うじこへい)の入った唐櫃(からひつ)担ぎなどを総代が担って行いました。

IMG_2036

社殿内は換気を十分に確保し、お互いに2メートルの間隔を置いて着床(ちゃくしょう)しました。

IMG_2029

祭典は例年の半分ぐらいの時間でしたが、粛々と祈りが捧げられました。

献灯提灯の枠づくり

2020年4月1日 水曜日

小雨ながら花冷えのする新年度の始まりです。

御神前では先月と同様、月次祭(つきなみさい)に併せて新型コロナウイルス感染症の早期終息を願い上げました。

また、月例の如く月参りの企業祈祷や神前奉納をお受けしました。

例年よりは少なかったものの、新入社員と思われる人たちを伴い、会社関係の方々のお参りもありました。

IMG_1688

さて、雨の中でしたが、予定通りに献灯提灯(けんとうちょうちん)の枠づくりが行われました。

雨とともに高所作業につき、危険を伴うものでしたが、夕方には無事安全に終了しました。

明後日に提灯掛けを行い、例祭日(4月22日)まで献灯する予定です。

人形感謝祭

2020年3月17日 火曜日

今日の境内は、春特有の春疾風(はるはやて)が急に烈(はげ)しく吹きました。

午後3時より、人形を展示するテント前に祭壇(さいだん)を設(しつら)え、神饌(しんせん)をお供えして人形感謝祭を執り行いました。

IMG_1597

疫病(えきびょう)拡大への警戒により、少なかったものの人形を納めた方々の参列を得る事が出来ました。

世情(せじょう)を鑑(かんが)み、今年は職員で詰める紅白の切り餅に代えて、個別包装の和菓子をお供えしました。

風の状況を考慮しつつ、祭典後には人形の一部と身代りとなる形代(かたしろ)を御浄火でお焚き上げしました。

IMG_1605

参列者には、お供えの和菓子を撤下品(てっかひん)としてお頒(わか)ちしました。