‘御祈願’ カテゴリーのアーカイブ

慎みの中にも精進

2017年6月25日 日曜日

日差しとは別れて、予報通りの雨となりました。

当社で結婚式を執り行ってから、欠かさずお参りされるご夫妻が、初物の玉蜀黍(とうもろこし)をお供えになりました。

神前奉納

神前奉納

この週末は赤ちゃんの初宮参りが多かったものの、厄年のお祓いが続きました。

厄除祈願は節分までの年頭に集中しますが、残り半年という時期、暑い夏を迎える前に諸々の禍事(まがごと)を祓いたいという方もあるようです。

日本武尊御神像 大鳥神社(大阪府堺市)

日本武尊御神像 大鳥神社(大阪府堺市)

当社御祭神の一柱である日本武尊(やまとたけるのみこと)は、叡智(えいち)に長(た)けた勇猛(ゆうもう)な神さまです。

尊の東国征討(とうごくせいとう)の折、賊軍(ぞくぐん)に火を放たれたところ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)で草を薙(な)ぎ払い(草薙の地名の起こり)難を逃れました。これは三種の神器(さんしゅのじんぎ)の一つ、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)であり、叡智や勇気、武の象徴ともされています。

叔母の倭姫命(やまとひめのみこと)から草薙剣を授かる際に、「慎みてな怠りそ」(つつしみてなおこたりそ)という言葉を賜りましたが、慎みの中にも精進(しょうじん)を重ねることの大切さを伝えるものです。

御祭神の御神徳を授かり、難を逃れるとともに、道が明るく開かれるよう、残り半期の無事をお話しました。

雨の花嫁さん

2017年5月13日 土曜日

沖縄と奄美地方が早くも梅雨入りを迎えたようで、日本列島に五月雨(さみだれ)の季節の到来です。

昨日は好天のもと結婚奉告祭がありましたが、今日の神前結婚式は生憎(あいにく)の雨模様となりました。

IMG_6696

残念ながら本降りとなり、集合写真を撮影することが出来ませんでしたが、新緑の境内では雨の花嫁さんはとても素敵でした。

雨音だけが聞こえる拝殿(はいでん)に太鼓が鳴り響き、粛々とした厳かな雰囲気に包まれた祝言(しゅうげん)に、両家のご両親も幸せと安堵のような表情を見せていました。

今日の出来事

2017年4月15日 土曜日

熊本地震の発生から昨日で一年を迎えました。

尊き生命を落とされた方々の御霊の平安をお祈り申し上げるとともに、罹災(りさい)に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を念じつつ、ご協力をお願いしている社頭募金の整理を行いました。

IMG_6096

さて、今日は月の折返しの月次祭(つきなみさい)でしたが、兼務社では神明社(伊勢原市上平間)、北金目神社(平塚市北金目)で春の大祭を執り行いました。

北金目神社

北金目神社

市内では様々な行事が行われていますが、天候に恵まれ、花咲き誇る晴れの週末とあって、御朱印巡りなど参拝者の多い一日でした。

IMG_6103

2週間後には春の大型連休を控えていますが、行楽時期を前に新車のお祓いが続きました。

IMG_6108

明日は境内で三ノ宮の幟立てが行われ、水墨画の会の雪洞(ぼんぼり)も設置されます。

いよいよお祭りの雰囲気が増してきます。

恵方参り

2017年3月30日 木曜日

七十二候では、春分の次候「桜始開」(さくらはじめてひらく)から末候の「雷乃発声」(かみなりすなわちこえをはっす)に移っています。

季節の変わり目で、明日の晩から明後日の朝にかけて当地は雨の予報となっていますが、界雷(かいらい)といわれる春雷(しゅんらい)が鳴るでしょうか。

さて、今日は比較的に気温が上がってポカポカ陽気だったものの、桜の開花は境内全体ではまだ数えるほどで、今年はゆっくりとしたペースで満開を迎えそうな感じです。

IMG_5687

いよいよ年度末ですが、今月最後の大安吉日にあたり、都内や横浜市内など遠方からの恵方(えほう)参りがありました。

吉方位を選んで恵方参りのご祈願の方には、当社境内の御神土をお授けしています。

また、当地の産物を召し上がったり、お土産として何かお求めになる方が多いようです。

御神土

御神土

春休み最初の週末

2017年3月25日 土曜日

春休みに入って最初の週末、今日は高速道路や市内の幹線道路で渋滞が見られました。

都内からご祈願でお参りの方は通常の倍近い時間が掛かったようですが、少し肌寒さが残るものの、清らかな神域で癒やされたようです。

IMG_5599

出張祭典でも事故渋滞の影響により、施主さんが開式時間に間に合わないという場面がありました。

当社では兼務社の祭典や外祭に、直接車で出向くことにしていますが、時間と心に余裕をもって出掛けるよう心掛けるものです。

豚舎の解体清祓

豚舎の解体清祓

めおと

2017年3月19日 日曜日

彼岸ではありますが、大安吉日の日曜日、今日は2件の神前結婚式をはじめ、安産・初宮・十三参り・学業奉告・厄除などの人生儀礼を中心に、各種祈願のご奉仕がありました。

IMG_5352

当社では一日に2件の結婚式が入ることはそれほど無く、社務所の転換なども大童(おおわらわ)となりました。

IMG_5346

しかしながら、春本番の暖かな気候に恵まれて、挙式の方々には最高の一日となったのではないでしょうか。

IMG_5361

「めおと」の表記は「妻夫」「夫婦」「女夫」とありますが、一般的には「夫婦」で夫が先です。

「め」は「女・妻」、「おと」は「男・夫」の意味であり、和語では女性が先というところが面白いところです。

IMG_5370

神酒盃(みきさかずき)を取り交わして契りを結び、晴れて〝 夫婦 〟となられた2組の限りない幸せをお祈り申し上げます。

子供の安全を願い

2017年3月6日 月曜日

予報より早く、午前中から雨が落ち始め、静かな月曜日を迎えました。

間もなく年度末となりますが、今週末は市内の公立中学校、来週末は公立小学校で卒業式を迎える時期となりました。

IMG_7469

卒園・卒業の一方で、新入園・新入学の準備期間にもあたり、授与所では入園児・入学児童の交通安全御守をお受けになる親御さんの姿が見受けられるようになりました。

IMG_7486

兼務社の神明社(伊勢原市白根)では、来る4月2日(日)に執り行う例祭(午前8時半)において、地区新入学児童の交通安全祈願祭を毎年行っています。

当社でも通園・通学安全祈願祭並びに通園鞄・ランドセルのお祓いを随時承っています。

ご結婚おめでとうございます

2017年2月25日 土曜日

晴れの大安の土曜日とあって、早速に大祭(4月22日)の提灯奉納がありました。

今日の社頭は初宮参り、厄除祈願、新車のお祓いなどが続き、御朱印の参拝者も多い一日でした。

IMG_4738

少し肌寒さの残る境内でしたが、午前中は神前結婚式で清々しい気持ちに包まれました。

伶人(れいじん)の奏(かな)でる雅楽(ががく)に導かれ、新郎新婦に続いて、ご家族・ご親族、知人・友人が厳かに殿内へと進みました。

IMG_4749

ご参列の方が多かったことから、写真撮影も記者会見のように賑わい、とても微笑ましいものでした。

IMG_4750

お二人の新たな門出をお祝い申し上げますとともに、末長き幸せをお祈り致します。

ご結婚おめでとうございます。

温かな気持ち

2017年2月19日 日曜日

春の暖かさは一進一退しながらやって来るのが常ですが、余寒が身に沁(し)みる今日この頃です。

今日は午前11時から神前結婚式の予定があったことから、早い時間から安産、初宮参り、七五三参り、厄除、交通安全などのご祈願が集中しました。

IMG_4692

50名を越す大勢の婚儀でしたが、頃合い良く殿内の設営を整えて参進となりました。

御両人に向けて参拝者から「おめでとうございます」という掛け声が掛かり、双方とも温かな気持ちになったのではないでしょうか。

IMG_4701

今週の土曜日(25日 11時半)も神前結婚式の予定が入っていますので、ご祈願の方はご注意下さい。

吉例による初午祭

2017年2月10日 金曜日

今年は初午(はつうま)が12日(日)にあたることから、会社関係の稲荷祭は24日(金)の二の午(にのうま)に集中しています。

今日は一足早く、池端金山地区の金山稲荷神社で吉例による初午祭を執り行いました。

毎年交代で順送りとなる年番ですが、これも古くから伝わる共同体の自治の在り方です。

IMG_4592

夕方、伊勢原市に大雪注意報が発表されましたが、会社の団体参拝ではバスの到着に遅れが生じたものの、大きな支障もなく無事に安全祈願祭をお仕えすることができました。

IMG_4599