‘御祈願’ カテゴリーのアーカイブ

新しいおみくじ

2020年7月2日 木曜日

昨日は七十二侯(しちじゅうにこう)夏至の末候で、雑節(ざっせつ)の一つにも数えられる「半夏生」(はんげしょう)で、梅雨明けの時期にあたります。

また、この頃の雨を「半夏水」(はんげすい)というそうですが、この頃に降る雨を「半夏雨」(はんげあめ)、大雨による洪水を「半夏水」(はんげみず)といい、警戒する地方もあるようです。(『雨のことば辞典』より)

月例(げつれい)の月次祭(つきなみさい)とともに、朔日(ついたち)参りの企業参拝、工場の工事安全祈願祭等をお仕えしました。

境内には「夏詣」(なつもうで:7月1日~8月31日)の幟(のぼり)を掲げ、七夕飾りを用意しています。

IMG_2464

また、授与所には「アマビエおみくじ」を置き始めました。

アマビエ(アマビヱ)は、江戸時代後期の肥後国(熊本県)に伝わる妖怪(ようかい)で、豊作や疫病を予言したとされています。

おみくじは運勢や吉凶判断を占うものですが、御神慮(ごしんりょ)を仰(あお)ぎ、行動の指針とすることが大切です。

おみくじを引いた後のアマビエは、疫病退散の置物としてお持ち帰り下さい。

アマビエおみくじ

アマビエおみくじ

お知らせ

2020年6月27日 土曜日

昨今の社会情況を鑑(かんが)み、今年は夏越大祓(なごしのおおはらえ)を7月25日(土)に延期しましたが、既に境内には茅の輪(ちのわ)を設け、授与所では「茅輪守」(ちのわまもり)を頒布(はんぷ)しています。

また、社務所では「人形」(ひとがた)の申込みを承っています。

諸々の罪・穢(けが)れを人形に負(お)わせ、健やかな心身に立ち返る蘇(よみがえ)りの神事です。

e6917f427d531012059e16d88ba4639f

さて、新型コロナウイルス感染症の流行前に比べると、参拝者数は未だ少ないものの、週末の人出は徐々に戻りつつあります。

晴れの大安で、先延ばしとなっていた初宮詣を始め、身体健全、心願成就、厄除開運等の御祈祷をお仕えしました。

現在、御朱印は糊入紙(のりいれがみ)という和紙による書置きによる対応となっています。

7月には「夏詣」(なつもうで:7月1日~8月31日)の限定御朱印(書置きのみ)を頒布する予定です。

c2580af514792d912fe33ee40c2a6b25

神恩感謝

2020年6月22日 月曜日

昨日は初宮詣や交通安全、厄除、社運隆昌等の御祈祷(ごきとう)の他、七五三詣のご奉仕がありました。

海外との出入国規制の関係で、この時期のお参りとなったようです。

晴れ着でお参りする殊勝(しゅしょう)幼子(おさなご)に、幸(さち)あれと願いました。

IMG_2400

また、一昨日に続いて神恩感謝(しんおんかんしゃ)の御祈願を承りました。

当社で結婚式を挙げられ、8年目となったご夫妻は、御神前に玉蜀黍(とうもろこし)をお供えになり、感謝の意を表されました。

毎年の事ながら奇特(きとく)な事で、限りない御神威(ごしんい)がもたらされることでしょう。

県外からのお参り

2020年6月20日 土曜日

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、昇殿祈祷は1組ずつ行ってきましたが、段階的措置として本日から2組ずつ執り行うこととなりました。

また、十分な間隔を確保するため、拝殿へのご案内は2組で行う場合に限り、1組6名までとさせて頂きます。

さて、都道府県をまたぐ移動自粛が緩和されて初めての週末を迎え、駐車場では県外ナンバーの車を複数確認することが出来ました。

hatumiyaご祈祷も東京や千葉、大分県など、県外からの参拝者が目立ち始めました。

新生児が生れて初めて神社に参拝する「初宮詣」は、通常であれば生後30日余りで行うのが一般的ですが、感染症の影響か2ヶ月、3ヶ月経ってからのお参りが多かったようです。

邪気を祓う

2020年6月11日 木曜日

7月は兼務社の例祭が3社ありますが、春と同様で祭典のみになっています。

また、今日は兼務社の役員さんが祭礼(9月)の相談でお参りになりました。

季節を二期に分けて行う大祓は、参列者数の相違が考えられますが、本務社を含めた8社で執り行う予定です。

IMG_2331

さて、当地も梅雨入りを迎えましたが、予定していた地鎮祭等の出張祭典は、ご加護により予定通りに奉仕することができました。

一方で神社の境内は雨の影響もあり、初宮参り等の予約祈祷や御朱印めぐり以外は参拝者も少なく、静かな一日でした。

狛犬(こまいぬ)は邪気(じゃき)を祓う存在ですが、雨に濡れてもどっしりと構え、変わらずにその役割を担い続けています。

おみくじ再開

2020年6月6日 土曜日

本日現在、御神前の鈴緒(すずお)や鐘楼(しょうろう)の鐘撞(かねつ)き、手水舎(てみずや)の柄杓(ひしゃく)利用につきましては、感染症予防につき控えております。

また、御朱印は書置き対応、郷土博物館は閉館中ですが、昨日より箱類の「おみくじ」のみ再開させて頂きました。

社殿における御祈祷や出張祭典では、マスク着用にて祭儀奉仕をしておりますので、御参列の皆様も必ずマスクの着用をお願い致します。

IMG_2311

今日も一組ずつながら、厄災消除や初宮詣、安産祈願等の御祈祷を楷書のようにくずさない形で丁寧にお仕えし、祝詞(のりと)の結びには疫病除けの祈りを言霊(ことだま)に込めて神前に捧げています。

岩田帯の効果

2020年5月31日 日曜日

皐月(さつき)晦日(つごもり=月の最終日)の日は、日曜日の戌の日(いぬのひ)でした。

多産で安産、そして邪気(じゃき)を祓うとされる犬にあやかり、自粛生活でこの日を心待ちにしていたと思われる妊婦(にんぷ)さんが数多くお参りになりました。

当社では安産の祈願者に特別奉製(とくべつほうせい)の「祝田帯」(いわたおび)をお頒(わか)ちしていますが、「岩のように丈夫に育ちますように」との意から、この日に岩田帯をしめます。

語源は「斎肌帯」(いはたおび)ともいわれ、「胎児を保護してその位置を安定させる」「お腹を冷やさない」「胎児が育ち過ぎない」などの効果があると考えられ、何より母体に精神的・心理的な安心感をもたらすとされます

斎田帯

岩田帯

感染症予防のため一組ずつのご案内となり、時間帯によっては待ち時間が長くなったと思われますが、丈夫で元気な赤ちゃんを授かって欲しいと思います。

第二駐車場の開放

2020年5月30日 土曜日

今日は気温・湿度ともに高く、熱中症の危険もあってマスクを時折外して過ごす一日でした。

緊急事態宣言解除後の土曜日、そして大安とあって、昇殿祈祷(しょうでんきとう)の予約が重なり、閉鎖していた第二駐車場を開放することになりました。

都内や他県ナンバーの車も見られ、徐々に人の移動が活発になっていることの証左(しょうさ)といえます。

第二駐車場

第二駐車場

神社ではこれまでと変わらずに感染症対策を施していますが、昇殿祈祷では手指の消毒、マスク着用の上で1組ずつ対応させて頂いています。

また、御神札授与所(おふだじゅよしょ)では、直接手が触れないように授受(じゅじゅ)を行い、おみくじは未だ控えています。

御朱印は書置きのみの対応で、4種類準備しています。(当社の朱印帳をお受けの方は可能)

今後ともご理解ご協力をお願い申し上げます。

微笑ましい撮影風景

2020年5月24日 日曜日

4月7日に発令となった緊急事態宣言ですが、政府は明日25日に全面解除の方向で方針を固めたようです。

神奈川県内では人口あたりの新規感染者数が、目安より依然として高い数値で推移していますので、引き続き緊張感を保たなければなりません。

また、今日は最高気温が25度を超す夏日となり、マスクによる熱中症の危険にも注意を払うようです。

hatumoya

神社では感染症予防の対策をこれまでと同様(最新情報の4/8・4/9)に施しますが、状況を捉えながら勘案(かんあん)したいと思います。

そのような中、今日は比較的参拝者の多い一日となり、事前予約の初宮詣りを始め、医療関係者の安全祈願等をお仕えしました。

初宮詣りでは提携の写真スタジオの他、出張撮影のカメラマンによる撮影もあり、微笑ましい場面が垣間見(かいまみ)られました。

尚、御朱印もしばらくは書置き(紙)対応となります。

無事出産を願う

2020年5月19日 火曜日

急な雨や雷雨の予報も出ていましたが、午前9時過ぎには雨も上がり、晴れ間も出ました。

平日ながら今日は安産の吉日で戌(いぬ)の日。

20191215203259371_0001

コロナ禍(か)の状況もあり、予約の方々のみでしたが、無事出産を願う妊婦さんがお参りになりました。

今月はもう一回、月末の31日(日)に戌の日があります。

何とか緊急事態宣言が解けて、少しでも良い状況でお参りになれることを願います。

20181208204209158_0001