‘授与品’ カテゴリーのアーカイブ

無病息災を祈る

2017年6月9日 金曜日

残り3週間もすると、平成29年の半分が終わります。

6月30日は「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)ですが、半年間の穢(けが)れを祓い、無病息災を祈る日本の伝統行事です。

古く大宝令(たいほうりょう:701)に記され、延喜式(えんぎしき:927)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配りますが、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)で、息を3度吹きかけて、心身の穢れを人形に負わせます。

大祓の神符

大祓の神符

参道には茅(かや)を束ねた茅の輪(ちのわ)を立てます。

これを左足から入り右足から出て、左右左と3回くぐり心身を清めるのが、季節の風物詩でもあります。

左:麻苧 右:木綿

贖物

延喜式には、「贖物」(あがもの:代償として差し出す品物)として、米・酒・塩・糸・麻(あさ)・木綿(ゆう)・鍬(くわ)・海藻などが記され、現在でも祭典には欠くべからざるものとして整えています。

茅輪守

茅輪守

この期間の特別限定で、「茅輪守」(ちのわまもり)を授与所で頒布(はんぷ)致します。

子供の安全を願い

2017年3月6日 月曜日

予報より早く、午前中から雨が落ち始め、静かな月曜日を迎えました。

間もなく年度末となりますが、今週末は市内の公立中学校、来週末は公立小学校で卒業式を迎える時期となりました。

IMG_7469

卒園・卒業の一方で、新入園・新入学の準備期間にもあたり、授与所では入園児・入学児童の交通安全御守をお受けになる親御さんの姿が見受けられるようになりました。

IMG_7486

兼務社の神明社(伊勢原市白根)では、来る4月2日(日)に執り行う例祭(午前8時半)において、地区新入学児童の交通安全祈願祭を毎年行っています。

当社でも通園・通学安全祈願祭並びに通園鞄・ランドセルのお祓いを随時承っています。

合格を祈り

2017年2月14日 火曜日

今年の正月は「合格守」や「学業成就守」の頒布(はんぷ)が多かったようで、受験シーズン真っ盛りの中で在庫が底をついてしまい、参拝者にはご迷惑をお掛けしてしまいました。

代わって「勝守」をお受けになる方々もありましたが、守札奉製所から本日納札されました。

IMG_7460

明日は県立高校の入試が行われます。

神さまのご加護のもと、これまでの努力が実るとともに無事合格をお祈り申し上げます。

防寒対策も忘れずにお出掛け下さい。

受験シーズン

2017年2月8日 水曜日

今日は最高気温が10度にも届かず、地鎮祭では冷たい空気を感じながらのご奉仕となりました。

明日は昼間も震える寒さになるようで、防寒対策とともに雨や雪にも注意が必要となりそうです。

IMG_4582

現在、私立大学では一般入試が連日実施されていますが、県内の公立高校でも入試の学力検査が来週(15日)に迫っています。

社頭に掛けられた絵馬を眺めていると、受験生の意気込みや努力を感じることができます。

IMG_4585

また、授与所では御守をお受けになる親御さんの温かな真心や複雑な心境を感じることができます。

毎年のことながら、受験生を抱えるご家庭の無事と努力の甲斐があることをお祈り申し上げます。

御朱印の対応について

2017年1月29日 日曜日

睦月最後の日曜日は、初宮参りや家内安全、厄除、交通安全などのご祈願で社頭は賑わいました。

また、昨日に続いて御朱印巡りの多い一日でした。

お蔭様で、相模国府祭巡拝や相模式内十三社巡り、大山詣りの折にお参り下さる方も多くいらっしゃいます。

現在、「ぐるっと丹沢・大山✕宮ヶ瀬スタンプラリー」(1月16日~3月10日)が実施されています。

こちらは無料のスタンプですが、お賽銭箱の脇に台紙とスタンプが置いてありますのでご利用下さい。

syuin尚、今年の正月は元日のみ〝 紙の御朱印 〟で対応させて頂きましたが、節分祭(2月3日)につきましても3回の神事を執り行うことから、同様の対応とさせて頂きますのでご了承願います。

限定頒布

2017年1月18日 水曜日

昨晩は神奈川県神社庁相模中連合支部(大磯町・二宮町・平塚市・伊勢原市・秦野市)の新年会が開催され、年末年始の慰労と様々な情報交換の場となりました。

IMG_4387

昨日から授与所において特別奉製「福枡」(ふくます:福豆入り)の授与を始めています。

限定10個の頒布(はんぷ)につき、お早めにお越し下さい。

2923

本日も倉庫業を営む企業や研究施設等の団体参拝があり、年頭安全祈願祭のご奉仕がありました。

例年同様に年男・年女の申込みが出揃う中、社務所では御神札や福豆、宝まき行事の景品準備などに追われています。

希望に溢れる成人

2017年1月8日 日曜日

正月用に設けた臨時の授与所(テント)は5日で閉じましたが、縮小した形ながら授与所で通常通り(8:30-16:30)守札類の頒布(はんぷ)を行っています。

縁起物は数量に限りがあるため、なるべく早い時期にお参り下さい。

IMG_4281

さて、旧臘(きゅうろう)27日以来の雨が降り、乾燥していた境内に潤いをもたらしてくれました。

午前中は厄年の厄除祈願を中心に、団体参拝や御朱印巡りなど人出が多かったものの、冷たい雨の影響で午後には人足も少なくなってきました。

当地では明日成人式が行われますが、希望に溢れる成人の参拝する姿に頼もしさを感じました。

IMG_4283

社務所では、巫女(みこ)が節分追儺祭(せつぶんついなさい:2月3日)に打ち撒(ま)く「福豆」の準備に黙々とあたっています。

目処がつき

2016年12月26日 月曜日

神社では午後5時の閉門後、毎日交代で社務日誌を書いています。

年末は人の出入りが激しいことから特記事項も多く、前年のものが良き備忘録(びぼうろく)として役立っています。

IMG_4121

さて、社務所では事前申込みの元旦祈祷や企業祈祷の御神札(おふだ)の支度に毎日追われていましたが、ようやく目処がつきました。

また、守札(しゅさつ)類や絵馬、根付守(ねつけまもり)、土鈴(どれい)、破魔矢(はまや)、破魔弓(はまゆみ)、鏑矢(かぶらや)、熊手(くまで)等、通常の授与品(じゅよひん)に加えて、干支(えと)や縁起物(えんぎもの)関係の支度も順調に進んでいます。

IMG_4116

今日は年末最後の地鎮祭(じちんさい)奉仕がありましたが、無事祭事を迎えて施主・施工ともども一安心するとともに、気持ちよく年明けの工事にあたれるのではないでしょうか。

神宮大麻の頒布

2016年11月12日 土曜日

本日は神明神社(伊勢原市笠窪)と雷電神社(伊勢原市串橋)において、「新穀勤労感謝祭並びに神宮大麻頒布式」を執り行いました。

社務所では神棚におまつりする神宮大麻、氏神(うじがみ)さま、歳神(としがみ)さま、荒神(こうじん)さま、御幣(ごへい)、竹串(たけぐし)、紙垂(しで)など、兼務各社の組札(くみふだ)作業を進めているところです。

taima

平成25年に行われた第62回神宮式年遷宮を契機に、伊勢の神宮を詣でる参拝者数は平成25年・26年には1000万人を超えるほどになりました。

今年も伊勢の聖地で様々な祭典を経て一体ずつ丁寧(ていねい)に奉製(ほうせい)された神宮大麻を、氏子崇敬者の家々に漏れることなく落つることなくお頒(わか)ちして、皆様の平穏無事、安寧(あんねい)を祈る次第です。

生活の指針

2016年10月27日 木曜日

今年も残すところ2ヶ月余りとなり、早くも企業の年頭安全祈願祭の問い合わせが始まりました。

年末にお頒(わか)ちする神棚のお神札準備も間もなく整える頃です。

来年は平成29年・皇紀2677年・西暦2017年、丁酉(ひのととり)です。授与所(じゅよしょ)では暦(れき・こよみ)の頒布(はんぷ)をしていますので、神事の心得、農事の目安、生活の指針として是非ご利用ください。

kaiun

今年も菊華会による菊小屋づくりが行われました。

陽気の関係で花が少し遅れているようですが、間もなく大菊の鉢や小菊の懸崖(けんがい)づくり、盆栽菊などの搬入されます。