‘暦’ カテゴリーのアーカイブ

祈願絵馬

2020年1月15日 水曜日

睦月も折り返しの15日となり、月次祭を執り行い、皇室の御安泰と国家の安寧、氏子・崇敬者の平安を祈り上げました。

小正月ということで、御神前には小豆粥(あずきがゆ)をお供えし、職員も健康無事を願って頂きました。

陰暦で月の15日は望(もち;望日)にあたり、望粥(もちがゆ)ともいい、当社では餅(もち)を入れた粥となっています。

IMG_0880

さて、神奈川県公立高校入試の学力検査(2月14日)まで1ヶ月を切り、受験生にとっては最後の追い込みの時期を迎えました。

神頼みではありませんが、祈願絵馬には入試に向けた本人意気込みと真摯な祈りが十分に感じられます。

IMG_0353

御神札授与所(おふだじゅよしょ)では、合格祈願の御神札(おふだ:木札)や合格守、御神筆(合格鉛筆)、心願成就の達磨(だるま)など、関連の授与品を頒布(はんぷ)していますが、最近の傾向では勝守(かちまもり)をお受けになる方も多く見られます。

受験生を抱える家族にとっても大切な時期であり、健康管理や心の安らぎといった支えも必要なことはいうまでもありません。

新成人に幸あれ

2020年1月13日 月曜日

今日は国民の祝日で「成人の日」。

国民の祝日に関する法律(祝日法)には「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」と記されています。

IMG_0899

伊勢原市では1085人(男性576名・女性509名)の新成人が誕生し、本日令和初の成人式が挙行されました。

神社には早朝と式典の終了した午後の時間に、晴れ着姿のお参りが見られました。

新成人に幸あれと願います。

seijin

睦月の予定

2020年1月5日 日曜日

明日は小寒(しょうかん)で寒の入りとなります。

節分までは寒の内で、日照時間は延びますが、寒気に苛(さいな)まれる季節につき、寒中見舞いを交わして厳しい寒さを気遣うとともに、流行性の感冒(かんぼう)には気をつけたいところです。

睦月の社頭掲示

睦月の社頭掲示

さて、年始の事に追われ、大変遅くなりましたが今月の予定(6日以降)をお知らせします。

8日(水)総代奉仕(節分協賛依頼)、10日(金)所管神社連絡協議会賀詞交歓会、14日(火)木下神社(伊勢原市神戸)例祭・神戸(上・下)道祖神祭、古札焼納祭・どんど焼き、15日(水)月次祭、中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会、19日(日)八剱神社(平塚市上吉沢)歳旦祭、30日(木)神奈川県神社庁新年事始祭・神宮大麻暦頒布終了奉告祭、31日(金)総代奉仕(節分舞台設営)

大晦日

2019年12月31日 火曜日

令和元年も大晦日を迎えました。

日中は季節外れの暖かさに驚かされるとともに、強風に悩まされました。

しかしながら、準備は順調に整っています。

IMG_0784

日が落ちると急に冷え込んできましたが、夜10時半には臨時奉仕者の正式参拝を執り行いました。

IMG_0788

各所をお清めして、お参りの方々をお待ちしています。

午前零時には歳旦祭(さいたんさい)並びに元旦大祈祷を厳修します。

IMG_0790

閉塞成冬

2019年12月7日 土曜日

今日は二十四節気の「大雪」(たいせつ)で、初候は「閉塞(そらさむ)く冬と成る」となり、本格的な冬の始まりです。

午前中は十二柱神社(伊勢原市田中)、午後は御嶽神社(伊勢原市池端)と祭事が続きましたが、社殿の中は真冬の寒さに包まれました。

IMG_0602

境内ではこの寒さで、紅葉が鮮やかな色彩を放っています。

立冬の結婚式

2019年11月8日 金曜日

暦の上では冬の始まりとなる立冬を迎えました。

今日は鞴祭(ふいごまつり)の日ですが、明日と来週に予定が入っています。

IMG_0449

雨の心配もありましたが、澄み渡る青空の下、神前結婚式の御奉仕がありました。

菊の咲き誇る境内で、多くの写真をお撮りになりました。

お二人の御多幸と御両家の御繁栄を祈念申し上げます。

IMG_0429

明治の日

2019年11月3日 日曜日

今日は国民の祝日で「文化の日」です。

「国民の祝日に関する法律」(祝日法)には「自由と平和を愛し、文化をすすめる」と記されています。

皇居・宮殿では令和初の文化勲章親授式(ぶんかくんしょうしんじゅしき)が行われ、ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰氏等が栄(は)えある勲章を授かりました。

064

この日は明治天皇御誕辰(ごたんしん)の日であり、昭和2年には「明治節」という祝日として国民に親しまれていました。

戦後の昭和23年に、文化の日としてあらためて定められましたが、令和という新しい御代を迎え、〝明治の日〟にあらためるという動きも出ています。

神社庁例祭並びに神宮大麻暦頒布始奉告祭

2019年10月4日 金曜日

本日は神奈川県神社庁において、例祭(れいさい)並びに神宮大麻暦(じんぐうたいまれき)頒布始奉告祭(はんぷはじめほうこくさい)が執り行われ、県内の神職・総代等が参列しました。

taima

いよいよ新年を迎える準備として、毎年神棚にお祀(まつ)りする神宮大麻の頒布が始まります。

伊勢の神宮で、数々の祭典を経て清浄を期して奉製(ほうせい)されたお神札が、各都道府県の神社庁を通して各神社に、そして各家庭へと頒布(はんぷ)されます。

お神札の祀り方

独特の祖霊信仰

2019年9月21日 土曜日

昨日、彼岸(ひがん)の入りを迎え、明後日は秋分で彼岸の中日です。

彼岸は仏教行事の印象が強いですが、そもそもインドや中国の仏教にはなく、古来より祖霊信仰のある我が国独特のものです。

墓所にお参りし、「おはぎ」をお供えして、ご先祖に感謝するのは古き良き風習です。

higanbana

神道のお宅でも祖霊祭を承っています。

暦のお話

2019年9月13日 金曜日

十五夜(じゅうごや)のお供えをしましたが、残念ながらお月さまは雲に隠れ、名月を愛(め)でることはかないませんでした。

今晩は総代の任期を終えた方々で組織する「榊会」(さかきかい)の役員会が開催され、来る10月28日(月)に「第79回正式参拝」を執り行うことが決まりました。

jugoya022

さて、今日は暦のお話です。

古代中国の世界観である「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)は、古く大陸から日本へと伝わり、日本人の考え方や生活に大きな影響を与えました。

律令制(りつりょうせい)では〝うらのつかさ〟ともいわれる陰陽寮(おんようのつかさ・おんようりょう)が設けられ、平安時代には安倍晴明(あべのせいめい)といった陰陽道(おんみょうどう)の大家(たいか)が現れ、徳川家康は陰陽五行説を体得(たいとく)した天海(てんかい)を重用(ちょうよう)しました。現在でも暦やカレンダーにはその哲理(てつり)が息衝(いきづ)き、年中行事や農業、占術(せんじゅつ)等の根底となっています。

seimei

森羅万象(しんらばんしょう)は日と月、春と秋、夏と冬、東と西、南と北、昼と夜、男と女、上と下といった陽と陰の二つの気により生じるという「陰陽説」(いんようせつ)。

また、天地間に循環する木・火・土・金・水の5つの気を万物形成の元とする「五行説」(ごぎょうせつ)では、木=春、火=夏、土は季節の移り変わり、金=秋、水=冬、方角では木=東、火=南、土=中央、金=西、水=北と配当されています。

これら2つの説とともに、「十干十二支」(じゅっかんじゅうにし)、つまり「干支」(えと)は、私たちの暮らしに自然と根付いています。

季節の循環は順送りに相手を生み出す関係で「相生」(そうじょう)といわれます。

日が短くなり秋が深まってきましたが、やがて秋の金(金属)が結露(けつろ)、すなわち冬の水を生み出します。