‘暦’ カテゴリーのアーカイブ

大御代の長久

2021年2月23日 火曜日

今日は第126代の天皇として即位された今上陛下の御誕生日です。

全国の主なる神社では、天皇のお健やかなることを祝福し、大御代(おおみよ=天皇の治世)の長久(ちょうきゅう)と皇室の弥栄(いやさか)を祈念する「天長祭」(てんちょうさい)を中祭(ちゅうさい)として執り行っています。

八坂神社

八坂神社

当社では恒例祭としては行っていませんが、朝夕の日供祭(にっくさい)において、皇室の御安泰と弥栄を祈念しています。

さて、今日も兼務する八坂神社(平塚市入野)と神明社(伊勢原市上平間)において祈年祭(きねんさい)を斎行(さいこう)しました。

申すまでもなく、祈年祭の祝詞(のりと)においても、「・・・天皇(すめらみこと)の大御代(おほみよ)を手長(たなが)の御代(みよ)の厳御代(いかしみよ)と堅磐(かきは)に常磐(ときは)に斎(いは)ひ奉(まつ)り幸(さきは)へ奉(まつ)り給(たま)ひ・・・」と言霊(ことだま)に祈りを寄せています。

川津桜が見頃

2021年2月18日 木曜日

昨日の祈年祭後に、責任役員・総代にて打ち合わせを行い、年度末から新年度の日程を調整しました。

4月22日の例祭、5月5日の相模国府祭に向けて、徐々に支度が始まります。

IMG_4844

早春の寒さが身に堪えますが、今日は二十四節気の雨水となりました。

土手や駐車場の川津桜が見頃を迎えています。

IMG_4847

皇室の伝統を守り伝える

2021年2月11日 木曜日

今日は国民の祝日「建国記念の日」で、日本の2681回目の誕生日(皇紀2681年)にあたります。

「祝日法」(国民の祝日に関する法律)には、「建国をしのび、国を愛する心を養う」と明文化されています。

hinomaru

初代の神武天皇(じんむてんのう)【『古事記』では「神倭伊波禮毘古命」 、『日本書紀』では「神日本磐余彦尊」の表記(かんやまといわれひこのみこと)】が橿原(かしはら)の宮に即位された日を、明治改暦の折に換算して2月11日と定め、明治6年に「紀元節」(きげんせつ)として祝日となりました。

戦後は一旦廃止となったものの、多くの国民の声により、昭和41年に祝日として復活しています。

また、今日は大日本帝国憲法が発布された日(明治22年)にもあたります。

koukyo

日本の皇室は神話に起源を遡(さかのぼ)る世界最古の王室であり、王朝の断絶や交替が一度もなく、同じ血統の男系(父方系)で126代にわたり継承されてきました。

この世界に誇る皇室の伝統を守るためには、皇位の安定的継承を確保する必要があります。

長い歴史と伝統により育まれた我が国の国柄や在り方を踏まえつつ、現憲法下でも皇族としてのお立場にあった旧宮家の男系男子孫の方々が、再び皇族となることを可能にするための法整備が、最も違和感のない無理のない方法であると考えられています。

立春と初午

2021年2月3日 水曜日

一年は元日から始まりますが、旧暦では大晦日(おおみそか)にあたる「節分」に厄を祓い、二十四節気の今日「立春」(りっしゅん)が春の始まりです。

節分が1日早かっただけで、諸々の準備が気忙(きぜわ)しく感じたものですが、立春が1日早いというだけで、今度は月が1日長く感じるのも不思議なものです。

hatsuuma

さて、今日は2月最初の午(うま)の日にもあたり、初午(はつうま)です。

初午の日は、京都・伏見稲荷大社の鎮座の由来となった日であり、全国の稲荷社の祭礼日にあたります。

当社で兼務する稲荷神社(伊勢原市下平間)では、これに近い2月8日が年に一度の例祭日となっています。

本日は市内の企業へ、神職が分かれて出張祭典(外祭)に伺い、稲荷祭をお仕えしました。

古来厄災を防ぐ色として重要視された朱塗(しゅぬ)りの鳥居をくぐり、ご神前には御饌神酒(みけみき)に加え油揚げをお供えし、社内の安全と産業の発展を祈りました。

朔日詣

2021年1月27日 水曜日

1月22日のブログにも掲載しましたが、2月1日には「朔日詣」(ついたちもうで)の御朱印(書置きのみ)を授与します。

大礼紙(たいれいし)という黄色の和紙を用いています。

IMG_4668

『広辞苑』に、朔日は「ツキタチ(月立ち)の音便。こもっていた月が出はじめる意。」とありますが、明治5年まで用いられた旧暦の太陰太陽暦(たいいんたいようれき=陰陽暦)では、月の満ち欠けで1ヶ月の日付を決めるため、新月(しんげつ)の日を朔(さく)といいました。

現在では月の第1日のことを朔日といい、正月1日(元旦)を始めとして、毎月1日には普段より多くの参拝者がお見えになります。

当社でも毎月朔日には、社業安全・商売繁昌を願う会社の祈祷や参拝が多く見られます。

大寒

2021年1月20日 水曜日

一年で最も寒さが厳しい時期で、冬が終わる最後の二十四節気「大寒」(だいかん)となりました。

しかしながら、東北や北陸の大雪に比べれば、寒さも辛抱せねばなりません。

柔道や剣道など武道の寒稽古が行われる季節であり、斯界(しかい)でも青年神職を中心とした寒中禊(かんちゅうみそぎ)が行われる頃ですが、コロナ禍によりままならない状況が続いていると思われます。

元宮からの眺望

元宮からの眺望

お天気続きで今日も青空が広がり、元宮からは相模湾を清々しく一望することができました。

伊勢原市内には乾燥注意報が出ていますが、週末から週明けにかけて、久しぶりにまとまった雨が降りそうです。

時節柄、社殿内の換気を十分に確保しています。

ご祈祷で23日(土)、24日(日)にお参りの方は、暖かな服装でお越し下さい。

福豆

2021年1月16日 土曜日

昨日は小正月の小豆粥(あずきがゆ)をお供えして、今年初めての月次祭を執り行いました。

睦月(むつき)も残り半月ですが、疫病という邪気(じゃき)を祓ひ、一日も早く穏やかに過ごしたいところです。

IMG_4613

邪気を祓う行事といえば節分ですが、今年は2月3日が立春ということで、その前日の2日が節分にあたります。

節分が2月3日でなくなるのは昭和59年(1984)2月4日以来37年ぶりで、2月2日になるのは明治30年(1897)以来124年ぶりということです。

今年からしばらくは閏年(うるうどし)の翌年、4年ごとに2月2日となるようです。

既にご案内の通り、今年の「節分追儺祭」はコロナ禍の状況を鑑み、式典のみ執り行い、豆まき・宝まき行事は中止となりました。

授与所では「福豆」を頒布(はんぷ)しています。

ご家庭や職場で邪気を祓ひ、春立ち返る日から平穏な一年を過ごして欲しいと思います。

新成人のお参り

2021年1月11日 月曜日

今日は新成人をお祝いする「成人の日」。

古くは男子の「元服」(げんぷく)や「褌祝い」(ふんどしいわい)、女子の「成女式」(せいじょしき)にあたり、祝日法には「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」と記されています。

伊勢原市では新型感染症の急速な拡大により、急遽オンライン配信での式典開催となりました。

IMG_4539

例年であれば式典前の早い時間に、家族連れでお参りになることが多かったものの、今年は朝早くから夕方まで、多くの新成人の姿が見られました。

冬本番の寒い境内も、羽織袴(はおりはかま)やスーツ姿、着物姿の若人により、とても華やぎました。

IMG_4536

本日を以て臨時の授与所(テント)を閉所し、明日からは常設の授与所で御神札(おふだ)、御守(おまもり)、干支(えと)の縁起物(えんぎもの)等を頒布(はんぷ)します。

授与所の開閉所時間は午前8時30分から午後4時30分です。

冬至

2020年12月21日 月曜日

今日は二十四節気の冬至(とうじ)です。

北半球では正午の太陽の高度が最も低く、日照時間も最も短く、一陽来復(いちようらいふく)とも称されます。

陰がきわまって陽がかえる、つまり明日からは日の光が増してきます。

冬至南瓜(かぼちゃ)を食し、柚子湯(ゆずゆ)に入って、運気の上昇をはかりたいところです。

yuzuyu

神恩感謝の大切なお祭り

2020年11月23日 月曜日

今日11月23日は「勤労感謝の日」です。

祝日法には「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。」とあります。

天皇陛下には宮中の神嘉殿(しんかでん)において、皇祖をはじめ神々に新穀をお供えになり、国安かれ民安かれの祈りとともに新嘗祭(にいなめさい)をお仕え遊ばされます。

IMG_3879

伊勢の神宮をはじめ、全国津々浦々の神社でも執り行われる神恩感謝の大切なお祭りです。

当社でも関係者が集まり、感染症対策を施しながら午前10時に祭典を斎行(さいこう)しました。

IMG_3831

御神前には氏子崇敬者の献上された初穂米はもとより、生産者が丹精込めて育てた農産物を横山の如く奉(たてまつ)り、例年と変わらない祈りを捧げました。

IMG_3862