2019年5月 のアーカイブ

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

日本の心

2019年5月23日 木曜日

今年は天皇陛下御即位の奉祝行事が、全国津々浦々で展開されることになりますが、今後は神奈川県でも計画に関する議論が深まっていきそうです。

時代の流れの中で、生活に変化は生じていますが、新しい時代を迎えることで、日本の心が取り戻される予感もします。

IMG_8645

今朝は神社結婚式振興会の方々がお越しになり、私たちが大切にしてきた伝統的な結婚式の在り方を見つめ直す機会となりました。

来週は企業や団体の安全祈願祭(祈祷・出張祭儀)が続きますが、日本人が大切にしてきた儀礼を、祭事を通して感じて頂けるよう祝詞(のりと)作文に意を込めました。

茅輪守の奉製作業

2019年5月22日 水曜日

昨日は今年一番の大雨となり、断続的に横殴りの雨が降りました。

今朝は竹箒(たけぼうき)を握る手に力が入りましたが、神域内は安泰でほっとしています。

限定頒布 茅輪守

限定頒布 茅輪守

「まが玉祭」の片付けも無事に済み、来月の「第57回崇敬者祭」(6月16日)、「夏越大祓」(なごしのおおはらえ;6月30日)の準備に移っています。

今年も「茅輪守」(ちのわまもり)を授与所(じゅよしょ)で頒布(はんぷ)するため、その奉製(ほうせい)作業を進めているところです。

第32回まが玉祭 2日目

2019年5月20日 月曜日

昨日の新聞に「第32回まが玉祭」の記事が掲載されました。

読売新聞 19日

読売新聞 19日

お蔭様で、2日間の全日程を無事盛大に行うことが出来ました。

2日目の様子を御覧下さい。

青少年太鼓

太鼓の演奏

空手の演武

空手の演武

創作太鼓

創作太鼓の演奏

空手の演武

空手の演武

まが玉づくり体験

まが玉づくり体験

少林寺拳法の演武

少林寺拳法の演武

ダンスステージ

ダンスステージ

日本舞踊

日本舞踊

ポピュラーステージ

ポピュラーステージ

ダンスステージ

ダンスステージ

ビッグバンドジャズ演奏

ビッグバンドジャズ演奏

あらためて御関係の皆様に感謝御礼申し上げます。

管絃と舞楽の夕べ

2019年5月19日 日曜日

18日の夕刻、伶人(れいじん)の奏(かな)でる雅楽(ががく)演奏の中、宮司以下祭員、巫女(みこ)が本座(ほんざ)に着き、実行委員、来賓が舞台上に参列して「まが玉祭奉告祭」を執り行いました。

新緑の美しい比々多の杜(もり)で、風を感じる好季節、まが玉祭の開催を神さまに奉告し、各種催しが無事に行えるよう祈り上げました。

IMG_8367

「火入れの儀」で御神火が庭燎(ていりょう)に移され、祭儀の象徴である「勾玉」(まがたま)を舞台中央に安置しました。

IMG_8414

来賓挨拶に続き、いよいよ「管絃と舞楽の夕べ」です。

IMG_8436

今年は横浜雅楽会による演奏で、祭祀舞(さいしまい)「豊栄の舞」(とよさかのまい)から始まりました。

IMG_8447

管絃(かんげん)の楽曲は盤涉調(ばんしきちょう)「音取」(ねとり)「千秋楽」(せんしゅうらく)「蘇莫者破」(そまくしゃのは)で、始まる頃には少し風が冷たくなって来ました。

IMG_8462

そして、舞楽(ぶがく)は「蘇利古」(そりこ)と「還城楽」(げんじょうらく)「長慶子」(ちょうげいし)。

蘇利古では蔵面(ぞうめん)、還城楽では怪奇な面の姿に、シャッターを切る撮影者も多かったようです。

IMG_8482

非日常的であり、幽玄(ゆうげん)な世界に誘(いざな)ってくれた一時でした。

第32回まが玉祭 初日

2019年5月18日 土曜日

お陰様で天候に恵まれ、第32回まが玉祭を迎えました。

IMG_8323

先ずは舞台や各所を隈(くま)なくお祓いして、いよいよ開会です。

IMG_8338

舞台の始まりは今年も居合抜刀術です。真剣を振る度に音が聞こえ、見応えのある迫真の演武でした。

IMG_8343

境内では菓子組合のテントに商品が並べられ、お昼時とあって求める人が続きました。

IMG_8347

伊勢原手作り甲冑隊の活動も定着し、お馴染みの郷土の偉人がずらりと並びました。

IMG_8357

茶席はとても優雅で、夕方まで席が空くことはありませんでした。

IMG_8356

三味線とともに各地方の民謡が披露され、客席では口ずさむお年寄も大勢いました。

IMG_8355

今年も人気一番は「まが玉作り体験」です。

老若男女を問わず、没頭する姿が見られました。

IMG_8362

鍵盤(けんばん)を備えた大正琴は音が高く、現代曲から定番曲まで練習の成果が発表されました。

IMG_8316

地域の新鮮な農産物が豊富に用意され、とても求め安かったようです。

展示会場の設営

2019年5月17日 金曜日

第32回まが玉祭の前日、出演団体の控え室の設営や音響機器の搬入も順調に進みました。

IMG_8291

社務所では華道展や書作品展、書道・絵画展の展示が整いました。

IMG_8287明日は朝早くから賑やかになりそうです。

IMG_8294

特設舞台設置完了

2019年5月16日 木曜日

「第32回まが玉祭」の開催が2日後に迫りました。

野外の行事が多いため、雨が一番の心配事ですが、予報によれば2日間とも天気の崩れはなさそうです。

また、両日とも紫外線は強そうですが、熱中症の危険もなさそうで、風も強くはないようです。

magatama32

昨日は特設舞台の設置が完了し、各所にテント等も設営しました。

多くの方々のお参りをお待ちしております。

辞別祝詞

2019年5月15日 水曜日

去る5月13日、宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)の神殿(しんでん)前庭において、「斎田点定の儀」(さいでんてんていのぎ)が執り行われ、悠紀(ゆき)地方は栃木県、主基(すき)地方は京都府に決まりました。

これは11月14日・15日に大嘗宮(だいじょうきゅう)で執り行われる「践祚大嘗祭」(せんそだいじょうさい)にあたり、悠紀国(ゆきのくに)と主基国(すきのくに)を亀の甲羅(こうら)を用いた「亀卜」(きぼく)という伝統的な占いで定めるものです。

大嘗祭には両地方の田んぼで収穫された稲(米)が、それぞれ悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)にお供えされます。

御即位後初めての新嘗祭(にいなめさい)であるとともに、天皇の御代一代に一度限りの大祀(たいし)であり、御即位に関わる御大礼(ごたいれい)の中でも最も重要な儀式ともいえます。

また、先例によれば、全国の都道府県から「庭積机代物」(にわづみのつくえしろもの)が献納(けんのう)されます。

平成の御代替わりでは、茶、ピーナツ、大根、キウイ、海苔(のり)が神奈川の産物として献納されました。

211020-gosokui20nen-1

本日の月次祭(つきなみさい)にあたり、辞別祝詞(ことわきのりと)を奏上(そうじょう)しました。

御大礼の御儀すべてが厳粛かつ盛大に執り行われますよう、比々多の大神さまに祈念申し上げました。

葬儀の相談

2019年5月14日 火曜日

昨日、神葬家(神道式による葬儀を行う家)の方から連絡が入り、明日・明後日の日程で神葬祭(しんそうさい)をお仕えすることになりました。

そして、葬儀日程や斎場、式の規模や流れ等についての確認はもちろんのこと、故人の生前の経歴について細かな打ち合わせ、今後の相談等を行いました。

reiji

仏式の位牌(いはい)にあたるのが、白木(しらき)の霊璽(れいじ)であり、拝礼対象となる祖霊の依代(よりしろ)です。

仏教では戒名(かいみょう)ですが、神道では御霊(みたま)としての名前で霊号(れいごう)を墨書(ぼくしょ)します。

また、誄詞(るいし・しのびごと)といって、祭詞(さいし)で生前の功徳(くどく)を称えて、遺族の心に寄り添って哀悼(あいとう)の意を表します。