‘奉納’ カテゴリーのアーカイブ

献灯提灯の枠づくり

2020年4月1日 水曜日

小雨ながら花冷えのする新年度の始まりです。

御神前では先月と同様、月次祭(つきなみさい)に併せて新型コロナウイルス感染症の早期終息を願い上げました。

また、月例の如く月参りの企業祈祷や神前奉納をお受けしました。

例年よりは少なかったものの、新入社員と思われる人たちを伴い、会社関係の方々のお参りもありました。

IMG_1688

さて、雨の中でしたが、予定通りに献灯提灯(けんとうちょうちん)の枠づくりが行われました。

雨とともに高所作業につき、危険を伴うものでしたが、夕方には無事安全に終了しました。

明後日に提灯掛けを行い、例祭日(4月22日)まで献灯する予定です。

勾玉の置物

2020年3月5日 木曜日

新型コロナウイルスによる感染症拡大の懸念により、4月に執り行う予定の例祭(大祭)について、兼務社役員さんからの相談が続いています。

当社でも年に一度の例祭(4月22日)に関して、今後の状況を捉えながら、方向性を明確にしていかなければなりません。

縮小する形となった場合にも、例祭式だけは執り行う予定なので、案内状の宛名書きや様々な準備を進めています。

magatama

本日、美術品愛好家の方から勾玉(まがたま)の置物の奉納がありました。

当社には天明玉命(あめのあかるたまのみこと)という玉造りの神さまがお祀(まつ)りされ、その御祭神(ごさいじん)を称える祭事が「まが玉祭」です。

今年は「第33回まが玉祭」を5月16日(土)・17日(日)に開催する予定です。

入れ替わり

2019年12月30日 月曜日

毎年、師走晦日(しわすみそか)は年内最後の総代奉仕日です。

境内・境外の注連縄(しめなわ)の張り替え、正月用の賽銭箱の入れ替え等の作業が手際よく進められました。

そして、来年は子年(ねどし)ということで、干支(えと)の石像も入れ替わりました。

IMG_0781

今日も社頭は、神棚(かみだな)の御神札(おふだ)をお求めになる方、あるいは一年間の御礼参(おれいまい)り、また正月の神前奉納等で多くのお参りがありました。

IMG_0783

明日は年越しなので、今夜は早寝をして元気に参拝者をお迎えしたいと思います。

20191230120503178_0001

菊花展終了奉告祭

2019年12月4日 水曜日

今年も多くの皆様に御覧頂いた菊花展ですが、比々多神社菊華会の解散式(菊花展終了奉告祭)を執り行いました。

献花して頂いた出展者全員の参列はかないませんでしたが、直会(なおらい)では天候の影響や水やり、肥料等、今年の苦労話にも花が咲きました。

IMG_0531

感謝の季節

2019年9月14日 土曜日

今月二度ある三連休の始まりですが、土曜日の大安にあたり、初宮や七五三詣り・交通安全の祈祷者や御朱印巡りで、お昼近くは社頭が賑わいました。

少子化で減少傾向にあるものの、今年も七五三の家族連れで賑わう季節がやって来ます。

また、地鎮祭も早い時間から承りましたが、今日は涼しい気候の中でお仕えすることが出来ました。

IMG_9703

さて、午後3時に「第70回産土講祭」(三ノ宮・木津根橋)を執り行いました。

今年は30名以上の参列が得られ、役員を担う生産組合長の段取りのもと、祭事と直会(なおらい)が恙無く進められました。

御神前には、神社で用意した御饌御酒(みけみき)とは別に、生産者の真心として、奉献酒(ほうけんしゅ)、鯛(たい)、里芋(さといも)、薩摩芋(さつまいも)、生姜(しょうが)、牛蒡(ごぼう)、梨(なし)、葡萄(ぶどう)等が献備品(けんびひん)として供えられました。

直会の冒頭、生産組合長、農地利用最適化推進委員、農協理事、自治会長、神社総代等が、それぞれの立場で挨拶を述べられました。

地域では稲刈りが近づいていますが、〝悪しき風、荒き水、虫の災、獣の禍〟等の禍事(まがごと)に遭う事なく、感謝の季節が齎(もたら)されるよう願います。

無花果の奉納

2019年9月12日 木曜日

千葉県内では未だに停電が続き、自然の猛威に驚かされます。

兼務社における台風の被害状況も入ってきていますが、樹木のみならず、神楽殿の扉(とびら)が飛んだり、灯籠(とうろう)が倒れるといった報告もありました。

また、当地では農家の被害も気になりますが、梨や葡萄の最盛期が過ぎていたのは幸いです。

IMG_9700

今朝は農家の方が、とても立派な無花果(いちじく)を奉納されました。

神社下の御神田では、来る10月6日(日)に稲刈りが予定され、台風の襲来がないことを願っています。

御灯

2019年4月5日 金曜日

昨日のブログでもお伝えしましたが、献灯提灯が御神前に掲げられました。

御灯(みあかし)が祭りに花を添えてくれます。

大祭当日(4月22日)までの間、夕方5時から午前零時まで点灯します。

IMG_7670

本日発行のタウン誌には大祭の告知が掲載されました。

大祭当日は混雑が予想されますので、なるべくバスを御利用下さい。

タウンニュース 4月5日号

タウンニュース 4月5日号

奉納提灯

2019年2月5日 火曜日

昨日は節分明けの立春大吉で、南風の暖かな一日でしたが、今日は旧暦の正朔(せいさく:正月朔日)、一転して余寒の堪(こた)える一日となりました。

細かな事は残っているものの、大方の片付けや整理、御礼回りを済ませ、ようやく節分追儺祭を終えた心持ちです。

今日はかながわ旬菜ナビ(テレビ神奈川)の取材があり、「早春の伊勢原 のんびり散歩」と題して、旬菜キャッチャーの伊藤綾香さんがレポートに訪れました。

市内の花農家や菓子店、飲食店、酒蔵とともに、神社や郷土博物館の様子が、2月17日(日)午前9時から放送される予定です。

奉納提灯

奉納提灯

さて、今年も春の大祭(例祭:4月22日)の斎行にあたり、奉納提灯の寄進を承ります。

初穂料は1張15000円(初回、2回目以降は10000円)で、4月初旬から大祭当日まで掲げます。

氏子の地区総代または神社へ直接お申し込み下さい。(3月下旬締切り)

尚、両面に御芳名(個人・企業名)を掲示致します。

なでなでまが玉

2018年12月12日 水曜日

当社御祭神(ごさいじん)の一柱(ひとはしら)に、天明玉命(あめのあかるたまのみこと)という玉造りの神さまがお祀(まつ)りされています。

5月の第3土曜日・日曜日には、御神徳(ごしんとく)を称えて「まが玉祭」を執り行っています。

比々多地区には、善波西玉(ぜんばさいたま)という地名があり、弥生時代には管玉(くだたま)づくりが行われた久門寺遺跡(坪ノ内)があります。

また、併設の三之宮郷土博物館には、多くの玉類が展示されています。

IMG_6557

この度、氏子の杉山土建さまより勾玉(まがたま)の奉納があり、雨上がりの境内で設置工事が行われました。

茨城県産の御影石(みかげいし)で、堅牢(けんろう)で美しいとされる「真壁石」(まかべいし)を用い、同県産の稲田石(いんだいし)が土台となっています。

勾玉は「三種の神器」の一つであり、古くから不思議な霊力を発揮するといわれています。

霊力はもとより、子授け、安産、子育ての〝 なでなでまが玉 〟として親しんで頂ければと思います。

新嘗の御祭

2018年11月23日 金曜日

今日の良き日、新嘗(にいなめ)の御祭をお仕えしました。

氏子中から献納(けんのう)された初穂(はつほ)はもとより、米・酒・赤飯・餅・魚・卵・海菜・野菜・果物・塩・水を神饌(しんせん)としてお供えし、秋の実りに感謝の祈りを捧げました。

IMG_6327

また、氏子・崇敬者からは菠薐草(ほうれんそう)・大根・白菜・馬鈴薯(じゃがいも)・葱(ねぎ)・柿・蜜柑(みかん)・林檎(りんご)等が横山のように奉納されました。