‘季節’ カテゴリーのアーカイブ

長雨 霖雨 淫雨 陰雨 女梅雨

2019年7月3日 水曜日

今日は相模原市から考古学関係の団体が三之宮郷土博物館を訪れ、約1時間ご案内しました。

当社に伝わる「うずらみか」(県重要文化財)は、石凝姥命(いしこりどめのみこと)作と言い、酒解神(さかとけのかみ)の物実(ものざね)とされています。

『新編相模風土記稿』(しんぺんさがみふどきこう;江戸時代の官撰地誌)には、「霖雨(りんう:長雨)の時は社地四隅の土を盛りて晴を祈るに験(しるし)あり」と書かれています。

うずらみか

うずらみか

雨続きなので雨に関連した言葉を辞書で調べてみました。

長雨・霖雨を「淫雨」(いんう)といい、いつまでも続く陰気な雨を「陰雨」(いんう)と記されています。

気象用語では、降るときは激しく降り、さっと止むような陽性の梅雨を「男梅雨」(おとこづゆ)、しとしと、じめじめと長く降り続く陰性の梅雨を「女梅雨」(おんなづゆ)、梅雨後期の災害をもたらすような豪雨を「荒梅雨」(あらつゆ)というようです。

伊勢原市フェイスブックページより

「伊勢原市公式フェイスブックページ」より

「夏越大祓」(なごしのおおはらえ;6月30日)の折、伊勢原市広報戦略課の取材があり、その様子が本日のフェイスブックに掲載されました。

茅の輪くゞり

2019年6月22日 土曜日

「冬至」(とうじ)の対で、北半球では昼が最も長く夜が最も短い「夏至」(げし)を迎えました。

今日も雨、まだ梅雨は続きますが、次第に暑さも増していきます。

IMG_9252

さて、今日は茅(かや)を束ねて茅の輪(ちのわ)を作り、雨の上がった夕方、参道に舗設(ほせつ)しました。

六月(みなづき=水無月)の祓は〝なごし〟で、「夏越」「和ごし」「和儺」とも表現されます。

参拝の折、茅の輪を八の字(左・右・左)にくぐり、心を和めて下さい。

IMG_9251

茅の輪くゞりて今年も守れる命かな かな女

芒種

2019年6月5日 水曜日

明日は二十四節気の芒種(ぼうしゅ)です。

イネ科の植物の穂先にある針のような突起を芒(のぎ=禾)といい、かつては農家の人たちはこの時期を目安に一大行事である田植えを行いました。

IMG_8756

明日は神社下の神奈川県神道青年会御神田で、比々多小学校の田植え体験が予定されています。

田植えを終えると間もなく梅雨がやって来る時期です。

水無月の予定

2019年5月31日 金曜日

小満(しょうまん)の末侯で「麦秋至」(むぎのときいたる)です。

先日は出張祭儀に麦の穂が神饌(しんせん)として上がりました。

社頭掲示 水無月

社頭掲示 水無月

さて、水無月の予定です。

1日(土)月次祭、第32回まが玉祭反省会、2日(日)神奈川県神道青年会御田植ゑ(御神田)、7日(金)総代奉仕、神宮参与同評議員会・伊勢神宮崇敬会代議員会、9日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭・虫送祭、10日(月)所管神社連絡協議会、12日(水)神道政治連盟中央委員会、14日(金)中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会、15日(土)月次祭、16日(日)第57回崇敬者祭、17日(月)神奈川県神社庁相模中連合支部社頭講話研修会、25日(火)神奈川県神社庁協議員会、30日(日)夏越大祓、八剱神社(平塚市上吉沢)大祓

昨日の風雨

2019年5月29日 水曜日

昨日の風雨により、掲示物や幟(のぼり)に破損が見られ、駐車場の車止め等も倒れていましたが、神社施設や立木(たちき)は安泰でした。

IMG_8692

高い気温と湿度の中、清掃に時間を費やし、平常通りの美しい境内に戻りました。

IMG_8694

境内では梅の実が大きく膨(ふく)らみ、紫陽花(あじさい)も咲き始めました。

IMG_8691周辺の田んぼには水が引かれ、蛙(かえる)の合唱も始まっています。

IMG_8690

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

夏の訪れ

2019年5月7日 火曜日

更衣(ころもがえ)は季節の変化に応じて衣服を着かえることですが、昨日の立夏から祭典に用いる装束を夏物に取替えて御奉仕しました。

IMG_8276

神社下の御神田では、6月2日(日)に神奈川県神道青年会による「御田植ゑ」が行われる予定ですが、今朝は神社近くの耕作者のお宅で種まきが行われました。

立夏の初候は「蛙始鳴」(かわずはじめてなく)ですが、間もなくあちらこちらで蛙の鳴き声が鳴り響きそうです。

こぬか雨

2019年4月27日 土曜日

季節は晩春というのに、暖房が欲しい一日となりました。

こぬか雨のそぼ降る中、國府祭(5月5日)の準備で茅取りを行いました。

IMG_8165

世間は10連休の入りということで、御朱印巡りの多い日でもありました。

御代替りに際しての臨時祭の準備も進めているところです。

桜が長持ち

2019年4月12日 金曜日

花冷えの影響でしょうか。

今年は桜が長持ちして、週末まで楽しめそうな状況です。

IMG_7817

梅の実が膨らみ始め、大祭(4月22日)までに、季節は一気に進みそうです。

IMG_7804

万朶の桜

2019年4月9日 火曜日

万朶(ばんだ)の桜も、明日は季節の雨で〝 桜ながし 〟となりそうです。

IMG_7740

散りぎわの慌ただしさが、ひとしお愛惜(あいせき)されます。

IMG_7741

散る桜 残る桜も 散る桜 良寛

IMG_7748