‘季節’ カテゴリーのアーカイブ

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

夏の訪れ

2019年5月7日 火曜日

更衣(ころもがえ)は季節の変化に応じて衣服を着かえることですが、昨日の立夏から祭典に用いる装束を夏物に取替えて御奉仕しました。

IMG_8276

神社下の御神田では、6月2日(日)に神奈川県神道青年会による「御田植ゑ」が行われる予定ですが、今朝は神社近くの耕作者のお宅で種まきが行われました。

立夏の初候は「蛙始鳴」(かわずはじめてなく)ですが、間もなくあちらこちらで蛙の鳴き声が鳴り響きそうです。

こぬか雨

2019年4月27日 土曜日

季節は晩春というのに、暖房が欲しい一日となりました。

こぬか雨のそぼ降る中、國府祭(5月5日)の準備で茅取りを行いました。

IMG_8165

世間は10連休の入りということで、御朱印巡りの多い日でもありました。

御代替りに際しての臨時祭の準備も進めているところです。

桜が長持ち

2019年4月12日 金曜日

花冷えの影響でしょうか。

今年は桜が長持ちして、週末まで楽しめそうな状況です。

IMG_7817

梅の実が膨らみ始め、大祭(4月22日)までに、季節は一気に進みそうです。

IMG_7804

万朶の桜

2019年4月9日 火曜日

万朶(ばんだ)の桜も、明日は季節の雨で〝 桜ながし 〟となりそうです。

IMG_7740

散りぎわの慌ただしさが、ひとしお愛惜(あいせき)されます。

IMG_7741

散る桜 残る桜も 散る桜 良寛

IMG_7748

花冷えの今日

2019年3月29日 金曜日

石垣島では最低気温が25度を下回らない熱帯夜、宮古島ではニイニイゼミの初鳴きが観測されたそうで、都内でも桜が次々に満開を迎えているようです。

IMG_7636

当地では花冷え、花曇りとなったものの、駐車場の垂れ桜がようやく開花しました。

IMG_7590

栗原(くりばら)地区では観光振興会の育てるチューリップや菜の花が一段と見頃となっています。

IMG_7601

感謝と期待

2019年3月25日 月曜日

春は別れの季節ですが、役職を退任される方がご挨拶にお見えになるのもこの時期です。

IMG_7498

今日は7月に地鎮祭を執り行った工場の竣工式奉仕がありました。

式後の工場長さんのご挨拶では、関係者に対する感謝の気持ちが伝えられるとともに、今後の期待と意欲が感じられました。

ご発展をお祈り申し上げます。

2679回目の誕生日

2019年2月11日 月曜日

今日は住居の軒先や商店の入口、市内を走るバスなどで、日の丸を目にしましたが、国民の祝日で「建国記念の日」です。

初代・神武(じんむ)天皇が奈良の畝傍山(うねびやま)の橿原(かしはら)の地に御即位になった紀元660年から数えて、2679回目の我が国の誕生日にあたります。

御案内の通り、4月30日には約200年ぶりとなる御譲位(ごじょうい)により、5月1日に皇太子殿下が126代目の天皇陛下として御即位になります。

昨年から「平成最後の〇〇」といった挨拶を方々で耳にしますが、新しい御代という、改元による〝 始まり 〟への期待も高まります。

310211

本日の佳日(かじつ)にあたり、全国では様々な奉祝行事が催されました。

また、今月24日には天皇陛下御即位三十年を奉祝する政府主催の記念式典が行われますが、宮内庁庁舎前には特設記帳所が設けられるようです。

我が国の誕生日にあたり、神話から連綿と続く天皇陛下の御存在についてあらためて思いを致すとともに、悠久の歴史が永遠に続くよう弥栄を祈念する次第です。

雞始乳

2019年1月30日 水曜日

大寒(だいかん)の末候で「雞始乳」(にわとりはじめてとやにつく:1月30日~2月3日頃)です。

雞から乳は出ませんが、乳は卵を産むことで、鳥屋(とや)に就(つ)く(産卵のため巣にこもる)時節です。

節分追儺祭では、崇敬者の方が産みたての玉子を毎年奉納して下さいます。

IMG_6989

夜明けを告げる霊鳥(れいちょう)が春の訪れを伝えてくれる頃合いながら、まだまだ寒中の寒さが身に堪(こた)えます。

今日は総代さんの御奉仕により、神楽殿前に豆まき・宝まきの特設舞台を設営しました。

終日の作業となりましたが、安全に配慮して頂き、無事立派に完成しました。

人形の問い合わせ

2019年1月20日 日曜日

今日は「大寒」(だいかん)でしたが、比較的温かな日差しに助けられました。

節分まで寒の後半が続きますが、寒さとともに風邪には注意を払いたいところです。

神社では週末を中心に厄除祈願(厄年)が多く、平日は企業の安全祈願祭もしばらく続きそうです。

IMG_6892

さて、古札や正月飾りについての問い合わせがなくなりましたが、人形に関するお尋ねが増えてきました。

当社では「人形感謝祭」を3月17日()午後3時執り行います。

節分の翌日、立春の2月4日(月)から3月16日(土)までの間、家庭で処分に困った古い人形をお預かりしています。

受付可能なものは人形本体のみで、ケースや付属品は取り除いてお持ち下さい。

また、ぬいぐるみは受け付けていません。

尚、初穂料は5,000円以上ですが、御相談いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

hinamatsuri005

電話 0463-95-3237  メール hibita38@gmail.com