‘なぜ?なに?’ カテゴリーのアーカイブ

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

辞別祝詞

2019年5月15日 水曜日

去る5月13日、宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)の神殿(しんでん)前庭において、「斎田点定の儀」(さいでんてんていのぎ)が執り行われ、悠紀(ゆき)地方は栃木県、主基(すき)地方は京都府に決まりました。

これは11月14日・15日に大嘗宮(だいじょうきゅう)で執り行われる「践祚大嘗祭」(せんそだいじょうさい)にあたり、悠紀国(ゆきのくに)と主基国(すきのくに)を亀の甲羅(こうら)を用いた「亀卜」(きぼく)という伝統的な占いで定めるものです。

大嘗祭には両地方の田んぼで収穫された稲(米)が、それぞれ悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)にお供えされます。

御即位後初めての新嘗祭(にいなめさい)であるとともに、天皇の御代一代に一度限りの大祀(たいし)であり、御即位に関わる御大礼(ごたいれい)の中でも最も重要な儀式ともいえます。

また、先例によれば、全国の都道府県から「庭積机代物」(にわづみのつくえしろもの)が献納(けんのう)されます。

平成の御代替わりでは、茶、ピーナツ、大根、キウイ、海苔(のり)が神奈川の産物として献納されました。

211020-gosokui20nen-1

本日の月次祭(つきなみさい)にあたり、辞別祝詞(ことわきのりと)を奏上(そうじょう)しました。

御大礼の御儀すべてが厳粛かつ盛大に執り行われますよう、比々多の大神さまに祈念申し上げました。

葬儀の相談

2019年5月14日 火曜日

昨日、神葬家(神道式による葬儀を行う家)の方から連絡が入り、明日・明後日の日程で神葬祭(しんそうさい)をお仕えすることになりました。

そして、葬儀日程や斎場、式の規模や流れ等についての確認はもちろんのこと、故人の生前の経歴について細かな打ち合わせ、今後の相談等を行いました。

reiji

仏式の位牌(いはい)にあたるのが、白木(しらき)の霊璽(れいじ)であり、拝礼対象となる祖霊の依代(よりしろ)です。

仏教では戒名(かいみょう)ですが、神道では御霊(みたま)としての名前で霊号(れいごう)を墨書(ぼくしょ)します。

また、誄詞(るいし・しのびごと)といって、祭詞(さいし)で生前の功徳(くどく)を称えて、遺族の心に寄り添って哀悼(あいとう)の意を表します。

戌の日

2019年5月13日 月曜日

本日は安産祈願の吉日「戌の日」でした。

子宝に恵まれたことを神さまに感謝し、懐妊5ヶ月目の戌の日に安産を祈願して、帯祝いをするのが古き良き風習として今も続いています。

5ヶ月目というのは、胎児が安定する時期であり、5は縁起の良い数字ともいわれています。

20181208204209158_0001

また、戌の日が選ばれるのは、犬が多産であり、古くから邪気を祓う動物であることに因(ちな)んでいます。

そして、「岩のように丈夫に育ちますように」との意から、「岩田帯」(いわたおび)をしめます。

岩田帯の語源は「斎肌帯」(いはだおび)ともいわれ、「胎児を保護し、その位置を安定させる」「お腹を冷やさない」「胎児が育ち過ぎない」などの効果があるようですが、母親にとって精神的・心理的な安心感をもたらす効果が大きいようです。

馬頭観音

2019年5月9日 木曜日

本日は土地の一角に佇(たたず)む馬頭観音(ばとうかんのん)の移設にあたり、お祓いの依頼を受けました。

現地へ伺うと、石像仏は観音像の姿を何となく拝める程度で、石柱が破損し表面がかなり風化していました。

馬頭観音は六観音の一つで、柔和な観音像とは真逆で、憤怒(ふんぬ)の形相(ぎょうそう)をしています。

馬の守護神として江戸時代には広く信仰されたこともあり、市内でも観音立像の他、文字のみが彫られた角柱型のものも見られます。

IMG_2972

馬が人の生活にとって重要な存在であった時代を考えつつ、感謝と安全の祈りを捧げました。

皐月の予定

2019年5月2日 木曜日

202年ぶりとなる御譲位(ごじょうい)による改元(かいげん)で、昨日は当社にも大勢の参拝者が訪れ、新しい時代への様々な祈りが捧げられました。

特に、平成最後と令和最初の御朱印を求めてお参りになる方が非常に多く、かつてない状況に驚くばかりでした。

IMG_8188

さて、遅くなりましたが皐月(さつき)の予定です。

1日(水)践祚改元奉告祭・月次祭、4日(土)総代奉仕、國府祭動座祭、5日(日)國府祭(年番:神戸)、12日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、落幡神社(秦野市鶴巻南)総会、13日(月)北金目神社(平塚市北金目)総会、15日(水)月次祭、18日(土)・19日(日)第32回まが玉祭

5月13日には御即位に関わる御大礼(ごたいれい)の儀式として、「斎田点定の儀」(さいでんてんていのぎ)が行われます。

これは大嘗祭(だいじょうさい:11月14日・15日)において、大嘗宮(だいじょうきゅう)の悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)にお供えされる新穀をおつくりする斎田を設ける地方を定めるための儀式です。

全国の神社ではこの儀式の行われた後に、然(しか)るべき小祭以上の祭祀に併せて祝詞を奏上することになっています。

皐月 社頭掲示

皐月 社頭掲示

三輪玉と酒造神

2019年4月17日 水曜日

この度、三之宮郷土博物館収蔵の「三輪玉」(みわだま)と「首飾り」(2連)を県外へ貸し出すことになりました。

毎年無料公開をしている「第32回まが玉祭」(5月18日・19日)では御覧になれませんが、島根県立古代出雲歴史博物館で開催される企画展「古墳時代の珠玉-玉は語る出雲の煌めき」(平成31年4月26日~6月17日)に出展することになっています。

三輪玉

三輪玉

当社には、天明玉命(あめのあかるたまのみこと)という玉造りの神さまがお祀(まつ)りされていますが、周辺では玉造りの工房趾が見つかり、玉類も多く出土しています。

IMG_7416

三輪玉は我が国最古の神社ともいわれる大神神社(奈良県桜井市三輪)の祭祀遺跡から多数発見されたことからこの名があるとされますが、三輪の枕詞(まくらことば)は「味酒」(うまさけ)で、御祭神の大物主神(おおものぬしのかみ)は酒の神として昔から崇められています。

味酒(うまさけ)三輪の山あをによし奈良の山の山際(ま)に隠るまで道の隈(くま)い積もるまでにつばらにも見つつ行かむをしばしばも見放けむ山を情(こころ)なく雲の隠さふべしや

『万葉集』額田王(ぬかたのおおきみ)

伴信友(ばんのぶとも:江戸後期の国学者)は『神名帳考証土台』(文化10年)の中で、「相模は酒醸(さかがみ)なるべし」と記し、当社に祀られる玉造神(天明玉命)と酒神(大酒解神・小酒解神)との関係も非常に興味深いところです。

令和

2019年4月1日 月曜日

満開を迎えぬまま雨に散る桜ですが、新しき月を迎えました。

光格天皇以来約200年ぶり、憲政史上初めての御譲位がいよいよ月末に迫っていますが、御神前では月次祭(つきなみさい)を執り行い、皇室の弥栄と国の安寧、氏子崇敬者の安心を祈り上げました。

御代替り前に元号が公表されるのは初めてのことですが、国書では初めてとされる『万葉集』所収の「梅花の歌三十二首の序文」を典拠とした「令和」(れいわ)が新しい年号に決まりました。

初春(しょしゅん)の月(れいげつ)にして気淑(よ)く風(やわ)らぎ梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き蘭(らん)は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす

調べてみると、「令」は神のお告げ、清らかで美しいという意味があり、令月は陰暦二月の異称で、何事をするにも良い月、めでたい月の意です。

また、「和」は和(やわ)らぐ、和(なご)やかといった意味で、遡(さかのぼ)ると、昭和、享和(きょうわ)、明和(めいわ)、天和(てんな)、元和(げんな)、永和(えいわ)、文和(ぶんな)、貞和(じょうわ)、弘和(こうわ)、正和(しょうわ)、養和(ようわ)、康和(こうわ)、長和(ちょうわ)、寛和(かんな)、安和(あんな)、応和(おうわ)、仁和(にんな)、承和(じょうわ)と、数多く使用されてきました。そして、古くから日本人が大切にしてきた美徳でもあります。

万葉集からの出典を含めて、歴史と文化、自然を大切にしつつ、心を寄せ合って希望溢れる未来に向かう素晴らしい元号といえそうです。

「大化」に始まる和暦(「令和」は248番目)の歴史、その継続性と時代に込められた意に、あらためて価値を見出したいと思います。

211020-gosokui20nen-1

さて、いよ大祭月となり、当社の例祭を含めて15社の例祭を迎えます。

1日(月)月次祭、例祭・国府祭会議、4日(木)総代奉仕(献灯提灯掛け)、例祭・国府祭挨拶回り、新旧役員総代歓送迎会、6日(土)石座神社(秦野市鶴巻)例祭、神明社(伊勢原市白根)例祭・新入学児童安全祈願祭、総代奉仕(俵づくり)、7日(日)十二柱神社(伊勢原市伊勢原)例祭、雷電神社(伊勢原市串橋)例祭、八坂神社(平塚市入野)例祭・水神祭、熊野神社(平塚市千須谷)例祭、9日(火)御嶽神社(伊勢原市池端)例祭、10日(水)北金目神社(平塚市北金目)本殿遷座祭(本殿改修工事竣工)、第78回榊会正式参拝、12日(金)総代奉仕(草刈り等)、13日(土)落幡神社(秦野市鶴巻南)例祭・地区戦没者慰霊祭、神幸祭、14日(日)幟立て(三ノ宮)、真田神社(平塚市真田)月次祭、神明神社(伊勢原市笠窪)例祭、諏訪神社(伊勢原市日向)例祭・幟ポール竣工奉告祭、日向神社(伊勢原市日向)例祭、15日(月)月次祭、総代会議、20日(土)総代奉仕(例祭準備)、北金目神社(平塚市北金目)例祭、神明社(伊勢原市上平間)例祭・地区戦没者慰霊祭、21日(日)例祭(動座祭)、22日(月)例祭・神幸祭、23日(火)幟返し、総代奉仕(例祭片付け)、25日(木)榊会役員会、29日(月)日月神社(伊勢原市沼目)例祭

責任役員会議

2019年3月26日 火曜日

年度替りも間近となりましたが、4月1日には、新任の各役員出席のもと、「例祭・国府祭会議」を開きます。

任期の満了により、新年度からは責任役員3名が変更となることから、夕方より新旧責任役員会議を開催して、様々な引き継ぎを行いました。

soudai2神社の役員は責任役員といい、法人の重要事務を決定する任務があります。

当社の神社規則では代表役員である宮司を含めて、4人の役員を置いています。

役員は総代とともに、氏子の代表として宮司に協力し、神社の尊厳護持、祭祀の厳修、神社の適正な運営に寄与して、神社の発展を心掛ける役割を担っています。

昇殿参拝

2019年3月24日 日曜日

昨日は雨と冷たい空気に包まれて、寒さを堪(こら)えながらの地鎮祭となりましたが、今日は青空の広がる好天となりました。

IMG_7492

さて、一昨日は宗教法人団体(47名)の正式参拝がありましたが、本日は東京都氏子青年協議会(40名)の昇殿参拝がありました。

氏子青年会は神社の祭礼に関わる組織なので、お祭りや神輿への関心も高く、当社の特徴や伝統的な神事の話に興味深く聞き入るとともに、様々な質問も上がりました。

神輿や博物館の見学、元宮への参拝等、ゆっくりとお過ごし頂きました。

神さまの御神威のもと、有意義な一日となりますよう願いつつ、バス2台をお送りしました。