‘なぜ?なに?’ カテゴリーのアーカイブ

奇し

2019年7月6日 土曜日

今日もお天道さまは望めませんでしたが、雨に降られず比較的涼しい中で、北金目神社(平塚市北金目)や落幡神社(秦野市鶴巻南)の大祓、上平間水神講(伊勢原市上平間)の水神祭を支障なくお仕えすることが出来ました。

IMG_9287

さて、北金目神社のすぐ近くに東海大学湘南キャンパスが位置していますが、今年の箱根駅伝で初の総合優勝を果たした陸上競技部員が平素からお参りになっています。

御神木の「楠」(くすのき)の大きな〝根〟に、監督以下部員が旺盛な生命力を感じ、「特に、怪我をした選手が力を授かっている」と、神社役員がお話を伺ったそうです。

楠は特異な芳香(ほうこう)をもつことから、「臭し」(くすし)と同源と辞書に書かれていますが、神社には常緑高木(じょうりょくこうぼく)として古くから植えられ、全国には千年を超える巨樹も残っています。

また、霊妙の意である「奇し」(くすし)という言葉や「薬」(くすし)にもつながり、人知ではかり知れない大きな力をもたらすものとも考えられます。

IMG_9284

神符守札の取扱ひ

2019年7月4日 木曜日

『三国志』の魏志(ぎし)、董遇伝(とうぐうでん)の注(ちゅう)に、読書に利用すべき三つの余暇を「三余」(さんよ)と記しています。

即ち、冬(年の余)、夜(日の余)、陰雨(時の余)を指し、「読書三余」というわけです。

余は余暇のことであり、雨だから出来る〝余〟を活用したいものです。

来年の干支「子」

来年の干支「子」

さて、今日は年末年始に向けて、御神札(おふだ)や御守(おまもり)、根付(ねつけ)、縁起物等の授与品について、奉製業者の方と打ち合わせを行いました。

神社本庁憲章」の第八条三項には、「神符(しんぷ)守札(まもりふだ)等の取扱ひについては、信仰上の尊厳を汚してはならない」とあり、その尊厳を考えながら、御祭神(ごさいじん)の神威発揚(しんいはつよう)を考えて進めています。

忌明け

2019年6月29日 土曜日

九州北部では、つい3日前に梅雨入りしたようですが、沖縄では今日梅雨明けの発表がありました。

活発な梅雨前線の活動により、局地的な大雨も見られ、先週発生した山形県沖地震の地域を含め、大きな災害とならぬことを願うところです。

服忌期間中の神棚

服忌期間中の神棚

先月半ばに神葬祭をお仕えしたお宅で五十日祭が営まれ、続いて奥津城(おくつき)に赴(おもむ)き埋葬祭(まいそうさい)をお仕えしました。

墓所(ぼしょ)が真言宗(しんごんしゅう)のお寺ということもあり、住職も参列され、式後に墓前で読経(どきょう)が行われました。

自宅では設けられていた仮の祭壇(さいだん)が片付けられ、忌明け(きあけ)にあたり、神棚(かみだな)の前面を覆(おお)っていた半紙が外され、故人の霊璽(れいじ)は祖先の霊璽とともに祖霊舎(それいしゃ)に合祀(ごうし)されます。

祖霊舎

祖霊舎

大祓は雨儀?

2019年6月26日 水曜日

梅雨の晴れ間も束の間、近づく熱帯低気圧が台風に変わる予報で、その影響で当地も明後日には雨が強まりそうです。

30日の「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)は雨儀(うぎ)が考えられますが、その場合でも神事は拝殿(はいでん)内で執り行います。

IMG_1116

比々多地区内の氏子や崇敬者の方々から大祓の申込みが続いています。

社頭には人形(ひとがた)の準備がございますので、半期に一度の大祓で様々な災いを祓い除け、清々しくお過ごし頂きたいと思います。

大祓は1300年以上もの昔から行われてきた伝統神事で、現在でも全国津々浦々の神社で執り行われています。

折目(おりめ)正しく、清浄を尊ぶ日本人の生活意識に通ずるものです。

本宗

2019年6月19日 水曜日

昨日は神奈川県神社庁本宗奉賛(ほんそうほうさん)委員会が開催され、委員として禰宜(ねぎ)が出席しました。

神社を包括(ほうかつ)する団体が各都道府県の神社庁であり、その中央事務所にあたるのが神社本庁です。

神社本庁は伊勢の神宮を本宗(ほんんそう)と仰ぎ、「神宮」を最高至貴(さいこうしき)の神社として尊崇(そんすう)しています。

皇祖(こうそ)天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀(まつ)りし、他の神社と比べて格別なる御存在であることから「本宗」という尊称が用いられています。

20190618222705505_0001

県の神社庁でも、本宗奉賛活動は庁務計画の第一に掲げるものでもあります。

委員会では神宮研修会の開催報告、本宗奉賛活動のための教化事業、本年開催の「初穂曳」(はつほひき)等について話し合いました。

初穂曳とは、神宮における年中最大の収穫祭で、宮中並びに全国神社の新嘗祭(にいなめさい)に先立って行われる「神嘗祭」(かんなめさい)に合わせ、全国から初穂を捧げる神恩感謝の行事で本年で47回目を迎えます。

祓具

2019年6月15日 土曜日

今日は予報通りの雨、しかも終日降り続きました。

大安吉日の土曜日とあって、予(かね)てより初宮参りの連絡が入っていましたが、予定通りのお参りとなりました。

また、個人住宅の地鎮祭(じちんさい)もお受けしていましたが、こちらは庭上(ていじょう)の祭祀(さいし)のため、難儀ながらも無事お仕えしました。

御神土

御神土

地鎮祭には土地の神である産土神(うぶすなのかみ)、国土の守護神(しゅごしん)である大地主神(おおとこぬしのかみ)をお祀(まつ)りします。

祭儀(さいぎ)の中で、祭場四方(さいじょうしほう)の敷地を祓い清めますが、米・酒・塩の他、四角に細かく切った白紙(または五色)や同じく細かく切った麻苧(あさお)を撒(ま)きます。

当社では、遠方にて出張祭儀に出向くことができない場合、または事情により祭事を行わない折には、境内の「御神土」をお頒ちしています。

御神土は地鎮祭のみならず、家の改築や解体、伐木や埋井、門や塀の工事の際にも祓具(はらえぐ)として用い、敷地の四方に撒いて土地の鎮めとします。

虫除守護

2019年6月9日 日曜日

毎月第二日曜日は、兼務する真田神社(平塚市真田)の「月次祭」(つきなみさい)です。

真田へ向かう途次(とじ)、串橋・笠窪・鶴巻の耕地では田植えもすっかり終わり、美しい水田を抜けて車を走らせました。

虫除守

虫除守

真田では、併せて「虫除祭」(むしよけさい)を執り行い、式後に生産者へ「虫除守」(むしよけまもり)をお配りしています。

稲虫(いなむし)を送る「虫送り」は秋の行事ですが、昨今では虫ではないもののジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)による害もあり、生産者にとっては深刻な悩みです。

虫は人類・獣類・鳥類・魚介以外の小動物の総称(『広辞苑』)ですが、「虫気」(むしけ)「疳の虫」(かんのむし)や「弱虫」「泣虫」、あるいは「虫の知らせ」「虫が好かない」「虫が付く」など良くない象徴とも捉えられます。

大祓詞

2019年6月4日 火曜日

今月に入ってから、崇敬者の方が夏越大祓(なごしのおおはらえ)の人形(ひとがた)の申込みでお参りになっています。

大祓は大宝令(たいほうりょう:701年)に制定されていることから、これを遡(さかのぼ)る上代(じょうだい)にあったと考えられます。

延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が記されています。

大祓詞(一部)

大祓詞(一部)

大祓には大祓詞(おおはらえのことば)を参集者に読み聞かせますが、神さまに奏上する奏上体(そうじょうたい)に対して宣命体(せんみょうたい)と呼ばれます。

奏上体のものを中臣祓(なかとみのはらい)といいます。

大祓詞を唱え、人形で身を祓い、無病息災を願う、今も盛んな伝統行事です。

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

辞別祝詞

2019年5月15日 水曜日

去る5月13日、宮中三殿(きゅうちゅうさんでん)の神殿(しんでん)前庭において、「斎田点定の儀」(さいでんてんていのぎ)が執り行われ、悠紀(ゆき)地方は栃木県、主基(すき)地方は京都府に決まりました。

これは11月14日・15日に大嘗宮(だいじょうきゅう)で執り行われる「践祚大嘗祭」(せんそだいじょうさい)にあたり、悠紀国(ゆきのくに)と主基国(すきのくに)を亀の甲羅(こうら)を用いた「亀卜」(きぼく)という伝統的な占いで定めるものです。

大嘗祭には両地方の田んぼで収穫された稲(米)が、それぞれ悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)にお供えされます。

御即位後初めての新嘗祭(にいなめさい)であるとともに、天皇の御代一代に一度限りの大祀(たいし)であり、御即位に関わる御大礼(ごたいれい)の中でも最も重要な儀式ともいえます。

また、先例によれば、全国の都道府県から「庭積机代物」(にわづみのつくえしろもの)が献納(けんのう)されます。

平成の御代替わりでは、茶、ピーナツ、大根、キウイ、海苔(のり)が神奈川の産物として献納されました。

211020-gosokui20nen-1

本日の月次祭(つきなみさい)にあたり、辞別祝詞(ことわきのりと)を奏上(そうじょう)しました。

御大礼の御儀すべてが厳粛かつ盛大に執り行われますよう、比々多の大神さまに祈念申し上げました。