‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

お早めに

2017年8月21日 月曜日

雨雲の続いた8月でしたが、今週は残暑が戻って暑い一週間となりそうです。

涼しげに見える神職の白衣姿ですが、今日の地鎮祭では汗びっしょりとなりました。

28.9

さて、『日本の結婚式』(第25号)が社務所に届きました。

今号も挙式場編の神奈川県のところに、県内の25社寺とともに掲載されています。

10月、11月になると神前結婚式に最も相応しい時期となりますが、秋の恒例行事や七五三参りなども多くなりますので、日時はお早めにご連絡下さい。

kekkon

比々多の太鼓

2017年8月20日 日曜日

午前中、正祭・慰霊祭会議(26日)に向けて、共催者である比々多地区自治会連合会の三役と綿密な打ち合わせを行いました。

招魂社と呼ばれる忠魂碑には、西南の役、日清戦争、日露戦争、そして大東亜戦争など、かつての戦役に出征し、散華(さんげ)された英霊182柱の御名が刻まれています。

今年は先の大戦が終結してから72年となりますが、比々多地区では戦歿者の慰霊祭を正月(遺族会主催)と秋(神社と自治会連合会の共催)の2回、継続して執り行っています。

西南の役、日清戦争、日露戦争、そして大東亜戦争など、かつての戦役に出征し、散華)された英霊182柱の御名が、招魂社内の碑に刻まれています。

慰霊の目的で平成6年に始まった鎮魂太鼓奉納は、2度の雨天中止を除いて今年で22回目となり、8地区9団体が参加の予定です。

「戦地で満月のお月さまを眺めながら、比々多の太鼓を思い出しました。太鼓奉納では戦友の元に届くように力一杯太鼓を叩いてください。」と5年前に仰っていた古老は、残念ながら今は鬼籍に入りました。

太鼓奉納の様子(昨年)

鎮魂太鼓奉納の様子(昨年)

本日、伊勢原市では「第31回平和のつどい」を開催し、「中学生平和作文」表彰式、「中学生平和の旅」体験発表、「戦争インタビュー」上映を始め、戦時中の写真や資料の展示等を行いました。

今年は、昭和27年4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効されてから65年、昭和47年5月15日に沖縄が本土復帰してから45年という年にあたります。

声なき声に応えられるよう、神社で、そして地域とともにできる慰霊をこれからも続けていきたいと思います。

力士は大学相撲部

2017年8月17日 木曜日

来月開催する「一心泣き相撲比々多場所」(9月17日)まで1ヶ月となりました。

今年も力士役には大学相撲部の方々にお越し頂くことになっています。

昨年の様子

昨年の様子

午前の部(11時、11時半)の予約受付は終了しましたが、午後の部(12時、12時半、1時)は少しずつ空きがありますのでお早めにお申し込み下さい。

29.9.17

参加資格は首の座っている生後6ヶ月から2歳半の男児・女児です。

詳細につきましては「公式サイト」をご覧下さい。

来年の国府祭

2017年8月12日 土曜日

昨日は祝日の山の日、今日は土曜日、お盆休みを利用の方も多いようで、遠方から御朱印の参拝者が多くなっています。

IMG_8856

さて、本日は午後から相模国府祭の類社会議が総社・六所神社で開催され、一之宮・寒川神社、二之宮・川勾神社、四之宮・前鳥神社、一国一社・平塚八幡宮とともに関係者60名余りが参加しました。

来年の国府祭は、「天皇陛下御即位三十年奉祝記念」として執り行うことが決まり、各社が白木(しらき)の御霊神輿(みたまみこし)に加え、大神輿の渡御(とぎょ)を行うことなど、記念事業について報告がなされ、今後各社代表が集まって詳細を詰めていきます。

骨董蚤の市のお知らせ

2017年8月10日 木曜日

暑さの盛りはもう少し続きそうですが、秋の祭事の準備も徐々に進めています。

月末には正祭(しょうさい)・慰霊祭、そして鎮魂太鼓に関わる会議が開催されますが、今年は10月22日(日)に執り行う予定です。

29.10.22

さて、正祭・慰霊祭の当日、今年は比々多観光振興会が主催する事業として、「骨董蚤の市」(こっとうのみのいち)が開催されます。

骨董品や美術品など、掘り出しものの発見や出会いがあるかもしれません。

また、飲食コーナーが設けられ、花苗の無料配布もあります。

二十三夜塔

2017年8月2日 水曜日

昨晩は比々多観光振興会の正副会長会が神社で開かれました。

秋に行われる正祭(しょうさい)、慰霊祭・鎮魂奉納太鼓に合わせ、境内において「骨董蚤の市」(こっとうのみのいち)が開催される予定で、諸団体との話し合いのもと準備が進められています。

IMG_8767

さて、昨日は敷地の片隅にお祀(まつ)りされるお稲荷さんの奉還祭(ほうかんさい)をお仕(つか)えしました。

諸事情により継続することが叶わなくなったわけですが、長年の恩恵に感謝するとともに、今後の無事を祈り上げました。

お供えした米・酒・塩などで式後にお清めをした折、お稲荷さんのすぐ横の茂みに、「二十三夜塔」(にじゅうさんやとう)の石塔があるのに気がつきました。

IMG_8768

旧暦23日の夜、「月待ち」をすれば願いが叶うという民間信仰で、十三夜・十五夜・十七夜などの特定の月齢に行われた月を祭るしきたりの内、全国的にも最も多く行われていたもので、町人文化が発展した文化・文政期(1804-1830)の化政文化の頃流行したようです。

また、月待ちは毎月ではなく、正月・五月・九月が重要視されていたようです。

二十三夜が最も盛んだったこともあり、二十三夜講の人たちが造塔したものが多く見られます。

この石塔には嘉永2年(西暦1849年)と刻まれていました。

葉月の予定

2017年8月1日 火曜日

昨晩は氏子会議が設けられ、例祭(れいさい)と国府祭(こうのまち)についての報告や検討課題など、来年に向けた話し合いが行われました。

また、秋の慰霊祭行事や来年度の国府祭について、現状報告とともに意見が交わされました。

社頭掲示 葉月

社頭掲示 葉月

さて、葉月の予定です。

1日(火)月次祭、2日(水)総代慰労会、3日(木)神奈川県神社庁相模中連合支部理事会、9日(水)総代奉仕、12日(土)相模国府祭会議、13日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、15日(火)月次祭、22日(火)神奈川県神社庁相模中連合支部総会、26日(土)正祭・慰霊祭会議

5日(土)の夕刻は、三ノ宮自治会主催の納涼祭(社務所横・駐車場)が予定されています。

安産祈願の吉日「戌の日」は、3日(木)、15日(火)、27日(日)です。

展示会の開催

2017年7月24日 月曜日

昨日の午前中は御嶽神社(伊勢原市伊勢原)例祭、午後は日月神社(伊勢原市沼目)大祓と兼務社奉仕が続き、これで夏の大祭及び大祓を全て仕え奉りました。

さて、今年も神奈川県神社庁主催の「第31回青少年書道展」「第16回青少年絵画展」が開催され、本日と明日の2日間、新都市プラザ(そごう横浜店地下2階正面入口前)において展示会が行われています。

IMG_7589

書道や絵画を通して、清らかで豊かな青少年の心を培い、道徳心の養成を図り、更には神社への敬神の念を育む足掛かりとして、啓発の機会とするものです。

お蔭様で、当社から出品した作品は、神社本庁統理賞・神奈川県神社庁長賞・神奈川県神社総代会連合会長賞などの優秀賞を受賞した他、数点が入選することになりました。

7月27日(月)には、中地区教育文化研究所主催の「親と子による写生会」が境内で実施されます。

一心泣き相撲比々多場所

2017年7月6日 木曜日

東京都と埼玉県の水源となっている荒川水系では、20年ぶりの10パーセント取水制限となりましたが、同じ日本列島の九州北部では、記録的な豪雨により、土砂災害や川の氾濫、浸水など、厳重な警戒態勢となっています。

これまで自衛隊による大掛かりな救助活動、自治体や消防などによる被害状況の把握が行われているようですが、行方不明者の救出とともに被害が拡大しないことを祈るばかりです。

一心泣き相撲比々多場所

一心泣き相撲比々多場所

さて、以前にもご案内していますが、来る9月17日(日)に「一心泣き相撲比々多場所」を開催します。

乳児から幼児へと成長する過程における伝統的なお祝い行事で、その泣き声が邪気を祓うともいわれます。

参加条件は首の座っている生後6ヶ月から2歳半までの男の子・女の子です。

参加者にはご神前において無事成長と健康を祈るご祈祷を執り行うとともに御守を授与します。

参加にあたってご希望の四股名(しこな)の入った兜(かぶと)をかぶり、お好きな化粧回しを付けて土俵に上がります。

学生相撲の大きな力士に抱えられ、いざ「泣き相撲」の勝負です。泣き相撲ですが行司(ぎょうじ)は勝敗をつけず、「緑児(みどりご)泣きたるは万歳楽(ばんざいらく)!」と無事成長を祈ります。

また、四股名の入った赤ちゃん手形や、力士に抱えられ四股奉納、背伸び太鼓などで楽しんで頂けます。

兜・手形・赤ちゃん番付はそれぞれ四股名が入り、記念のお土産となります。

参加費は13,000円、100名限定となりますので、知り合いをお誘い合わせの上ご参加下さい。

参加申し込み

神の島

2017年7月5日 水曜日

島根県や福岡県には記録的な大雨がもたらされ、自然の驚異を感じるとともに、各地の安全をあらためて祈るところです。

お蔭様で、当地は台風や大雨による被害はなく、境内も無事安泰でした。

姿は未だ目にしないものの、昼間は蝉の鳴き声が徐々に増え、夜の境内では暗闇に青葉梟(あおばずく)の声が「ホーホー」と響いています。

20170705195448056_0002

さて、ユネスコの世界文化遺産登録で脚光を浴びている沖ノ島(福岡県宗像市)ですが、女人禁制で入島は厳しく制限され、一木一草一石たりとも島外に持ち出し厳禁という掟(おきて)が今なお守り続けられているそうです。

島内では宗像大社のたった一人の神職により、日々粛々(しゅくしゅく)と祈りが捧げられ、まさしく神聖な神の島です。

沖ノ島から出土した約8万点のご神宝は国宝に指定され、〝 海の正倉院 〟ともいわれています。

この度、〝 知られざる島の姿と、国宝の数々を写真で展示 〟という「沖ノ島展」(7月19日-8月1日・日本橋高島屋8階ホール)が開催されます。

興味がおありの方はどうぞお出掛け下さい。