‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

国府祭類社会

2019年3月23日 土曜日

去る3月11日、「国府祭類社会」が大磯の地で開催され、一之宮 寒川神社、二之宮 川勾神社、四之宮 前鳥神社、八幡宮 平塚八幡宮、総社 六所神社とともに、当社からも宮司、禰宜、責任役員、総代6名が出席しました。

昨年は天皇陛下御即位三十年奉祝記念事業として、盛大な大神輿渡御を執り行うとともに、祭場の大型テントの新調、記念誌発行やDVD映像の制作、板肌守・幟(のぼり)・襷(たすき)・鉢巻等の記念品を製作して、思い出深い祭事となりました。

今年は平年通りの相模国府祭を粛々と執り行う予定です。

当社の年番は「神戸」(ごうど)となります。

ruisya

今後、国府祭に向けて広報用のパンフレットを再発行する予定です。

お参りの楽しみ

2019年3月21日 木曜日

昼間は責任役員会議、夜は榊会(さかきかい;元総代で組織する会)役員会でしたが、各種会合が続いています。

IMG_7488

日中は20度近くまで気温が上がりましたが、境内の桜(ソメイヨシノ)が開花しました。

昨年より1日遅かったものの、今年も社殿脇と祭祀遺跡の桜が一番に咲きました。

彼岸の中日でしたが、団体参拝や御朱印巡りが多く、しばらくは桜の開花でお参りの楽しみも増えることになりそうです。

10回目の泣き相撲

2019年3月19日 火曜日

一心泣き相撲実行委員会が開催され、各開催場所の関係者が集まって様々な確認を行いました。

20190223121336941_0001

比々多場所は10回目を数えますが、今年も敬老の日(9月16日)に開催する予定です。

開催まで半年近くありますが、既に問い合わせや申込みが入っています。

お申し込みはこちらからどうぞ。

一心泣き相撲比々多場所

奉祝神輿パレード

2019年3月14日 木曜日

インターネットの不具合によりまして、1週間あまりの間、ブログの更新が途絶えてしまいお詫び申し上げます。

housyuku

さて、週末の天気が気に掛かりますが、3月17日(日)午後3時半より、天皇陛下御即位三十年を奉祝して、横浜みなとみらい地区(横浜赤レンガ倉庫~象の鼻パーク)において、神奈川県 奉祝神輿パレードが実施されます。

(主催:天皇陛下御即位三十年奉祝神奈川県委員会)

参加無料

当日は日の丸小旗(先着1,000名)が用意され、8基の神輿とともに3,000名規模の奉祝パレードが予定されています。

全国各地でも各種行事が行われていますが、県民挙ってお祝いしたいものです。

臨時祭等の予定

2019年3月1日 金曜日

年度末の3月となりました。

御神前では月次祭(つきなみさい)を執り行い、国家の安泰と皇室の弥栄、氏子・崇敬者の安寧を祈念しました。

社頭掲示 弥生

社頭掲示 弥生

御代替りにあたり、5月1日から新元号となりますが、「平成」と記すのも残り2ヶ月です。

本年は皇位継承に伴い、神社で行う臨時祭等の予定があり、神社祭祀に関しての審議が進められています。

静かなつごもり

2019年2月28日 木曜日

久しぶりに雨が降り続き、気温の上がらぬ一日となりました。

雨音と鳥の鳴き声に包まれた静かな晦日(つごもり)です。

IMG_7361

さて、弥生の予定です。

1日(金)月次祭、2日(土)南金目神社(平塚市南金目)祈年祭、3日(日)八剱神社(平塚市上吉沢)祈年祭、日月神社(伊勢原市沼目)祈年祭、4日(月)・5日(火)中・平塚・伊勢原連合神社総代会研修会、10日(日)真田神社(平塚市真田)祈年祭、11日(月)相模國府祭類社会、14日(木)総代慰労会、15日(金)月次祭、17日(日)人形感謝祭、21日(木)責任役員会、25日(月)総代会、27日(水)相模式内社の會巡拝会

IMG_7358

天皇陛下御在位三十年記念式典

2019年2月24日 日曜日
本日午後2時、国立劇場において天皇皇后両陛下御臨席のもと、政府主催による「天皇陛下御在位三十年記念式典」が執り行われました。

koukyo

以下、宮内庁ホームページより、天皇陛下のお言葉を掲載します。

在位三十年に当たり,政府並びに国の内外から寄せられた祝意に対し,深く感謝いたします。 即位から30年,こと多く過ぎた日々を振り返り,今日こんにちこうして国の内外の祝意に包まれ,このような日を迎えることを誠に感慨深く思います。 平成の30年間,日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ,近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが,それはまた,決して平坦な時代ではなく,多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。世界は気候変動の周期に入り,我が国も多くの自然災害に襲われ,また高齢化,少子化による人口構造の変化から,過去に経験のない多くの社会現象にも直面しました。島国として比較的恵まれた形で独自の文化を育ててきた我が国も,今,グローバル化する世界の中で,更に外に向かって開かれ,その中で叡智えいちを持って自らの立場を確立し,誠意を持って他国との関係を構築していくことが求められているのではないかと思います。 天皇として即位して以来今日こんにちまで,日々国の安寧と人々の幸せを祈り,象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました。しかし憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く,これから先,私を継いでいく人たちが,次の時代,更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め,先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています。 天皇としてのこれまでの務めを,人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした。これまでの私の全ての仕事は,国の組織の同意と支持のもと,初めて行い得たものであり,私がこれまで果たすべき務めを果たしてこられたのは,その統合の象徴であることに,誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と,過去から今に至る長い年月に,日本人がつくり上げてきた,この国の持つ民度のお陰でした。災害の相次いだこの30年を通し,不幸にも被災の地で多くの悲しみに遭遇しながらも,健気けなげに耐え抜いてきた人々,そして被災地の哀かなしみを我が事とし,様々な形で寄り添い続けてきた全国の人々の姿は,私の在位中の忘れ難い記憶の一つです。 今日この機会に,日本が苦しみと悲しみのさ中にあった時,少なからぬ関心を寄せられた諸外国の方々にも,お礼の気持ちを述べたく思います。数知れぬ多くの国や国際機関,また地域が,心のこもった援助を与えてくださいました。心より深く感謝いたします。 平成が始まって間もなく,皇后は感慨のこもった一首の歌を記しています。 ともどもに平たひらけき代よを築かむと諸人もろひとのことば国うちに充みつ 平成は昭和天皇の崩御と共に,深い悲しみに沈む涼闇りょうあんの中に歩みを始めました。そのような時でしたから,この歌にある「言葉」は,決して声高に語られたものではありませんでした。 しかしこの頃,全国各地より寄せられた「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」という静かな中にも決意に満ちた言葉を,私どもは今も大切に心にとどめています。 在位三十年に当たり,今日こんにちこのような式典を催してくださった皆様に厚く感謝の意を表し,ここに改めて,我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります。

一心泣き相撲比々多場所

2019年2月23日 土曜日

今年も「一心泣き相撲比々多場所」を来る9月16日(月)敬老の日に開催することになりました。

平成22年に実施してから10回目を数えます。

20190223121336941_0001

今年は30分早めて、午前10時受付開始となります。

詳細・申込は専用サイトからお願い致します。

20190223121431175_0001

花飾り

2019年2月21日 木曜日

今年も各家庭で役目を果たした人形を納める時期となり、境内では優秀の美を飾り展示を行っています。

お申し込みは「人形感謝祭」(3月17日)の前日までとなっています。

IMG_7196

さて、雛人形(ひなにんぎょう)の花飾りには、左近の桜(さこんのさくら;向かって右=男雛・女雛から見て左)・右近の橘(うこんのたちばな;向かって左=男雛・女雛から見て右)がありますが、これには魔除けと不老長寿の意があります。

また、桃の節句ということで、同じく邪気を祓うとされる桃の花を飾ります。

蕾を膨らませた梅

蕾を膨らませた梅

境内では遅咲きの梅が蕾(つぼみ)を膨(ふく)らませていますが、季節の花として縁起の良い紅梅(向かって右)・白梅(向かって左)も飾られます。

河津桜

境内の河津桜

外国人の御案内

2019年2月8日 金曜日

「一月(いちげつ)往(い)ぬる二月(にげつ)逃げる三月(さんげつ)去る」といいますが、お宮では参拝者の最も多い一月が過ぎたかと思うと節分がやって来て、週末からは兼務社の祈年祭(としごいのまつり・きねんさい)が三月半ばまで続きます。

また、神社関係の各種会合や研修に加え、年度末にかけて地域の諸行事が多いのも毎年恒例の事です。

お蔭様で、一昨日から例祭(4月22日)に伴う提灯奉納(ちょうちんほうのう)の申込みが始まりましたが、頃合いを見計らって大祭準備を進めなくてはなりません。

タウンニュース伊勢原版

タウンニュース伊勢原版

さて、来週は外国人ライターによるモニターツアーが予定されていますが、今日は武道関係者から依頼の電話が入り、南米・チリ共和国の方々の御案内をすることになりました。

神社は我が国の津々浦々に古くから鎮座していますが、その多くが地域とともに長い年月を歩み、そして今も変わらずに存在しています。

変わらない美しさ、続いてきた形、心の有り様、その伝統や文化を、飾らない言葉でお伝えしたいと考えています。