‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

半期に一度の蘇り

2019年5月24日 金曜日

本日は堆肥(たいひ)小屋と物置の解体工事にあたり、家主(やぬし)さんの願いにより、感謝と安全を祈る祭事を執り行いました。

気温は高かったものの湿度は低く、下屋(げや)に祭場を設けたことにより、快適にお仕えすることが出来ました。

しかしながら、今日より明日、明日より明後日と最高気温が上がる予報で、5月ながら猛暑日に迫る勢いです。

右:夏越大祓大麻 左:疫神齋

左:疫神齋(えきじんさい)右:夏越大祓大麻(なごしのおおはらえたいま) 

夏越大祓(なごしのおおはらえ;6月30日)は、半年の間に積もり積もった罪や穢(けが)れを祓い清めて、元の健やかな心身に立ち返る半期に一度の蘇(よみがえ)りの神事です。

これは暑い夏を無事乗り切ること、祖霊(それい)を迎える盆(ぼん)に先立つ伝統行事でもあります。

その歴史は古く、大宝令(たいほうりょう:701年)に記され、延喜式(えんぎしき:927年)には六月・十二月の大祓が制定されています。

人形

人形

大祓には半紙で象(かたど)った「人形」(ひとがた)を配り、人形で身体を隈(くま)なく撫(な)でて、息を3度吹きかけて心身の穢れを人形に負(お)わせます。

人形は社務所に準備していますので、初穂料を添えてお申し込み下さい。

茅輪守の奉製作業

2019年5月22日 水曜日

昨日は今年一番の大雨となり、断続的に横殴りの雨が降りました。

今朝は竹箒(たけぼうき)を握る手に力が入りましたが、神域内は安泰でほっとしています。

限定頒布 茅輪守

限定頒布 茅輪守

「まが玉祭」の片付けも無事に済み、来月の「第57回崇敬者祭」(6月16日)、「夏越大祓」(なごしのおおはらえ;6月30日)の準備に移っています。

今年も「茅輪守」(ちのわまもり)を授与所(じゅよしょ)で頒布(はんぷ)するため、その奉製(ほうせい)作業を進めているところです。

展示会場の設営

2019年5月17日 金曜日

第32回まが玉祭の前日、出演団体の控え室の設営や音響機器の搬入も順調に進みました。

IMG_8291

社務所では華道展や書作品展、書道・絵画展の展示が整いました。

IMG_8287明日は朝早くから賑やかになりそうです。

IMG_8294

特設舞台設置完了

2019年5月16日 木曜日

「第32回まが玉祭」の開催が2日後に迫りました。

野外の行事が多いため、雨が一番の心配事ですが、予報によれば2日間とも天気の崩れはなさそうです。

また、両日とも紫外線は強そうですが、熱中症の危険もなさそうで、風も強くはないようです。

magatama32

昨日は特設舞台の設置が完了し、各所にテント等も設営しました。

多くの方々のお参りをお待ちしております。

まが玉祭の準備

2019年5月11日 土曜日

大型連休中の御朱印の波がなくなり、落ち着いた土曜日となりました。

来週は「第32回まが玉祭」(5月18日・19日)となりますが、今日は社務所内を展示用に模様替えしました。

今年は飲食関係の運営者が一部変更となりますが、鳥居前の土地を借用して、キッチンカーが並ぶ予定です。

tirashi32

まが玉祭のお知らせ

2019年5月6日 月曜日

大型連休の最終日、午前中は少し雨が落ちてきましたが、相変わらず御朱印巡りの多い一日です。

20190501193604242_0003

「例祭」(4月22日)、「相模國府祭」(5月5日)と大きな大祭の次には、「まが玉祭」がやって来ます。

「管絃と舞楽の夕べ」は横浜雅楽会の演奏により行われます。

1.5.1

御朱印

2019年5月3日 金曜日

当社では2種類(画像)の御朱印をお頒(わか)ちしていますが、限定のものはお出ししていません。

しかしながら、本日も御朱印を求める参拝者が終日続きました。

20190503202005358_0001特に、お参りのため元宮(旧宮山)にお上りになる方が増えています。

元宮へは社務所前の道を真っ直ぐに、境内の森を抜けて500メートル足らず、徒歩7~8分となります。

「坂が急でした」「結構きつかった」という言葉の後に、「素晴らしい眺め」「行って良かった」と続けて話される方がほとんどです。

どうぞ元宮にお参りになり、相模湾を一望出来る素晴らしい眺めをご堪能下さい。

皐月の予定

2019年5月2日 木曜日

202年ぶりとなる御譲位(ごじょうい)による改元(かいげん)で、昨日は当社にも大勢の参拝者が訪れ、新しい時代への様々な祈りが捧げられました。

特に、平成最後と令和最初の御朱印を求めてお参りになる方が非常に多く、かつてない状況に驚くばかりでした。

IMG_8188

さて、遅くなりましたが皐月(さつき)の予定です。

1日(水)践祚改元奉告祭・月次祭、4日(土)総代奉仕、國府祭動座祭、5日(日)國府祭(年番:神戸)、12日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、落幡神社(秦野市鶴巻南)総会、13日(月)北金目神社(平塚市北金目)総会、15日(水)月次祭、18日(土)・19日(日)第32回まが玉祭

5月13日には御即位に関わる御大礼(ごたいれい)の儀式として、「斎田点定の儀」(さいでんてんていのぎ)が行われます。

これは大嘗祭(だいじょうさい:11月14日・15日)において、大嘗宮(だいじょうきゅう)の悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)にお供えされる新穀をおつくりする斎田を設ける地方を定めるための儀式です。

全国の神社ではこの儀式の行われた後に、然(しか)るべき小祭以上の祭祀に併せて祝詞を奏上することになっています。

皐月 社頭掲示

皐月 社頭掲示

「第32回まが玉祭」のお知らせ

2019年4月26日 金曜日

今年も約30団体の参画を得て、「第32回まが玉祭」(5月18日・19日)を催します。

「管絃と舞楽の夕べ」(横浜雅楽会)をメインに、新緑の美しい境内で様々な発表や演技・演武が見られます。

20190426192945958_0001

2日目は舞台での演目が多く、新参加のキッズ(2団体)によるダンスショーは賑やかさを増してくれることでしょう。

また、地元の野菜等の販売に加えて、キッチンカーも楽しみの一つになると思われます。

子供たちに人気の「まが玉づくり体験」もあります。

皆様の御来場、お参りをお待ちしております。

例祭の記事

2019年4月25日 木曜日

大祭から3日経過し、様々な片付けや整理もようやく一段落です。

神奈川新聞 4月24日

神奈川新聞 4月24日

今晩は榊会(総代OB)の役員会が開かれ、國府祭(5月5日)の打ち合わせです。

天候の様子を見ながら、國府祭に頒布する茅巻(ちまき)の茅取りを行います。

タウンニュース

タウンニュース