‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

長月の予定

2021年9月1日 水曜日

日頃ご笑覧の皆様には、一ヶ月ぶりの更新にて失礼致します。

今後もフェイスブック公式ページインスタグラム公式アカウント公式ツイッター等のSNSやホトカミ公式サイトを通して、細かな情報発信をして参りますのでどうぞご覧下さい。

社頭掲示 長月

社頭掲示 長月

9月の予定です。

1日(水)月次祭、4日(土)総代奉仕、12日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、八幡神社(伊勢原市坪ノ内)例祭、地神社(秦野市鶴巻南)例祭、15日(水)月次祭、17日(金)中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会、20日(月)一心泣き相撲比々多場所

naki-sumou

一心泣き相撲比々多場所につきましては、新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに基づき、安全に配慮して実施する予定です。

尚、密集を避けるため、通年より時間区分を増やしてご予約を承っています。

A:10:00予約完了、 B:10:30予約完了、C:11:00予約完了、D:11:30、E:12:00、F:12:30

[8月31日現在]

令3.9.3

また、七五三詣のお問合せも増えて参りました。

ご祈願は予約制ではありませんが、混雑(密)を避けるため、なるべく日時の事前確認をお願い致します。

今後の状況により変更も考えられますが、人数制限により祖父母の方々には境内でお待ち頂く事もございます。

衣装や写真の関係もあると思われますので、十分にご相談の上、なるべく分散参拝をお願い出来れば幸いに存じます。

葉月の予定

2021年8月1日 日曜日

神奈川県内では1日、新型コロナウイルスの感染者が5日連続で1000人を超え、感染の急拡大が続いています。

新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく3回目の緊急事態宣言が発出され、明日8月2日から8月31日までの間、更なる我慢と努力が必要です。

本日は1日の日曜日、密にはなりませんでしたが、酷暑ながら〝 朔日詣 〟(ついたちもうで)の参拝者が終日訪れました。

IMG_7076

さて、今月の予定をお知らせします。

1日(日)月次祭、3日(火)神奈川県神社庁相模中連合支部理事会、15日(日)月次祭、17日(火)神奈川県神社庁相模中連合支部総会、21日(土)正祭・慰霊祭会議

社頭掲示 葉月

社頭掲示 葉月

今月は兼務社を含めて祭礼はありませんが、相模中連合支部管内(二宮町、大磯町、平塚市、伊勢原市、秦野市)の神社では例祭が執り行われ、9月に掛けて参列する機会があります。

緊急事態宣言の発出により、各社でも困り果てている様子が想像されます。

御朱印について

2021年7月26日 月曜日

台風8号による影響を考慮して、参道に設置していた夏越大祓の茅の輪につきましては、昨日の内に早めに撤しました。

予報では少し北へずれたようですが、関東甲信や東北へ上陸する予報で、今後も最新の情報に注意が必要です。

御朱印「朔日詣」

御朱印「朔日詣」(書置き)

さて、夏の盛りですが、七五三詣の問い合わせや予約の電話が徐々にみられるようになっています。

新型コロナウイルス感染症予防のワクチン接種が進められる一方で、首都圏を中心に感染者数が大幅な増加傾向にあります。

不特定多数の人が訪れる神社では、引き続き感染症拡大防止に努めますが、時節の状況により昇殿人数に制限を設ける事も考えられます。

また、御朱印につきまして、接触機会を減らし待ち時間を少なくするため、今後も書置き対応を続けさせて頂きます。

8月1日(日)は、大礼紙(たいれいし)に記した「朔日詣」(ついたちもうで)の御朱印を頒布(はんぷ)します。

清掃整備

2021年7月24日 土曜日

暑中お見舞い申し上げます。

暑さも盛りの中、今朝は総代奉仕による草刈り作業が行われました。

また、雨風で傷んだ鳥居の紙垂(しで)を新しく付け替えて頂きました。

IMG_7026

しばらく恒例の祭儀はありませんが、境内周辺の清掃整備は欠かせない作業につき、ありがたい限りです。

参道には夏越大祓の茅の輪が設置されていますが、週明けに片付けることになっています。

尚、茅輪守(初穂料700円)は夏詣(8月下旬まで)の間は頒布(はんぷ)する予定です。

一心泣き相撲比々多場所

2021年7月20日 火曜日

昨年は新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、やむなく中止の判断を下しましたが、本年は様々な対策を施し、第12回「一心泣き相撲比々多場所」を9月20日(月)敬老の日に開催します。

20201227140440358_0001

開催にあたり、新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに基づき、赤ちゃんの安全はもちろんのこと、来場者の安全に配慮して皆様をお迎えする予定です。

20201227140507121_0001多くのご参加をお待ちして下ります。

神棚に関する様々な相談

2021年7月10日 土曜日

久しぶりのお天道さまでしたが、気温が30度を超える真夏日となり、マスク生活による熱中症にも注意が必要です。

兼務社の祭事や出張祭典から戻ると、着替えが必要なくらいの汗でびっしょりとなります。

692

さて、本日は新たな事業を開始された社屋において、神棚奉斎(かみだなほうさい)の神事を執り行いました。

予(かね)てより神棚をまつる方位や場所、向き等のご相談を重ねてまいりましたが、晴れて今日の日を迎えることが出来ました。

代表者の安全を祈る気持ちにお応えするよう、社業の安全と発展の祈りを込めました。

3å®®

神社では、神棚に関する様々なご相談に応じるとともに、住宅事情や環境に適した様々な種類や大きさの神棚をお勧めしています。

また、神棚や神具のみならず、棚板や雲板の設置相談も承っています。

紙垂の準備

2021年7月9日 金曜日

今月は「夏詣」のご案内をしていますが、感染症拡大防止や梅雨の影響もあり、比較的参拝者の少ない日が続いています。

タウンニュース伊勢原版 7月9日号

タウンニュース伊勢原版 7月9日号

さて、7月の週末は兼務社の例祭が3社、大祓が6社、水神祭が2社、村持ちの神社の祭礼が2社あり、平日はその祭典準備を順番に進めています。

祭礼の前には清浄を期すため、注連縄(しめなわ)を張り替え、新しい紙垂(しで)を垂らしますが、神社によって社殿の構造や施設が異なり、祭典内容によりその種類や大きさ、また数量も違うため、神社ごとの備忘録に頼っています。

注連縄

尚、神社では紙垂(大・中・小)を常時準備していますので、祭礼のみならず、神棚や邸内社等、御用の方はいつでもお尋ね下さい。

文月の予定

2021年7月1日 木曜日

雨の様子もあり、昨日から「夏詣」(なつもうで)の提灯や幟を境内に掲げています。

来月末日までの予定で、「夏詣御朱印」「お願い風鈴」水占い「水みくじ」「茅輪守」(ちのわまもり)をご用意していますが、いずれも数量限定となっています。

IMG_6839

さて、文月の予定です。

1日(木)月次祭、3日(土)北金目神社(平塚市北金目)大祓、南金目神社(平塚市南金目)大祓、4日(日)落幡神社(秦野市鶴巻南)大祓、5日(月)十二柱神社(伊勢原市伊勢原)大祓、10日(土)神明社(伊勢原市上平間)大祓、11日(日)真田神社(平塚市真田)例祭、八坂神社・水神社(平塚市千須谷・熊野神社境内社)例祭、13日(火)清水祭(伊勢原市下平間)、15日(木)月次祭、16日(金)中・平塚・伊勢原連合神社総代会総会、17日(土)飯綱神社(伊勢原市日向)例祭、18日(日)八坂神社神輿御霊入れ(平塚市上吉沢・八剱神社境外社)、19日(月)日月神社(伊勢原市沼目)大祓、24日(土)総代奉仕、25日(日)御嶽神社(伊勢原市伊勢原)例祭、29日(木)神道政治連盟神奈川県本部代議員会

人形を祓う

2021年6月29日 火曜日

ここ数日、梅雨らしい天候が続いています。

境内では、けたたましい「キョッキョッ キョキョキョ」という夏鳥の杜鵑(ほととぎす;時鳥・子規・不如帰・杜宇・沓手鳥・蜀魂)、にいにい蝉(蟪蛄)の「じいじい」という低い鳴き声を耳にします。

また、複数の目撃がありますが、無毒の縞蛇(しまへび)が現れています。

大祓の人形

大祓の人形

さて、明日で半年の折り返しとなりますが、知らず知らずに犯した罪・穢(けが)れを祓い除(の)け、元の健やかな心身に立ち返る「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)を明日の午後2時に執り行います。

無事に暑い夏を乗り切るとともに、ご先祖さまをお迎えするお盆の前準備ともいえます。

新型コロナウイルス感染症の予防接種が徐々に進んでいますが、伝統の神事により、厄災消除(やくさいしょうじょ)・悪疫退散(あくえきたいさん)を願うものです。

境内の祭場で行う大祓式では、比々多地区内はもとより、崇敬する皆様からお預かりした人形(ひとがた)を祓います。

尚、人形は社務所に準備がありますので、明日の午前中までにお申し込み下さい。

寄進工事

2021年6月27日 日曜日

当社では、毎年6月30日に夏越大祓〔(なごしのおおはらえ=六月大祓(みなづきおおはらえ)〕を執り行いますが、兼務社でも7社で同様の予定が入っています。

本日は八剱神社(平塚市上吉沢)で大祓奉告祭・大祓式がありました。

新設の鳥居と参道の石畳

鳥居の寄進と参道の整備工事

既に拙ブログ(4月16日 5月9日)でご報告していますが、八剱神社では氏子の篤志(とくし)者のご奉納により、新たな両部(りょうぶ)鳥居が設けられ、その後参道(一部)整備工事も無事に出来上がりました。

令和の御大典記念事業として、後世に語り継がれる立派な寄進工事となりました。

タウンニュース平塚版 5月13日号

タウンニュース平塚版 5月13日号