‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

稲刈りに参加しませんか

2018年9月22日 土曜日

8月の半ばには、米穀店を営む崇敬者から九州産の新米の奉納がありましたが、昨日は兼務社の前役員より採れたての地元産米が上がりました。

IMG_5276

秋霖(しゅうりん:秋の長雨)により、何とも言えない気持ちで稲刈り時期を探りつつ、やきもきしている農家の方の様子が想像されます。

神社下の御神田(ごしんでん)では、正祭(しょうさい)・地区戦没者慰霊祭・鎮魂太鼓奉納・骨董蚤の市(ことうのみのいち)の前日(10月20日)に、神奈川県神道青年会による抜穂祭(ぬいぼさい)の神事と稲刈行事が行われる運びです。

一般の参加者も募集(無料)していますので、詳しくは神社までお尋ね下さい。

電話:0463-95-3237 メール:hibita38@gmail.com

20180922211513952_0001

七五三の問い合わせ

2018年9月21日 金曜日

昨日の朝は、三ノ宮と栗原の老人会(三ノ宮老盛会・栗原老盛会)の皆さんによる境内の清掃奉仕が行われました。

小雨交じりの天候にもかかわらず、約30名の方々がお集まりになりました。

10月17日には、比々多地区老人クラブ連合会の健康祈願祭を執り行います。

sitigosan

さて、今年は暑さが続いたこともあって少し遅くなりましたが、千歳飴(ちとせあめ)の手配を済ませました。

徐々に七五三祈祷の問い合わせが増えてきたところです。

当社では予約制ではなく、随時(8:30-16:30)御祈願を承っていますが、秋は恒例の行事や神前結婚式等の予定もあります。

従いまして、予め電話(0463-95-3237)もしくはメール(hibita38@gmail.com)でお尋ね下されば幸いです。

工事のお知らせ

2018年9月20日 木曜日

彼岸入りとなりました。

暑さ寒さも彼岸までといいますが、昨日に比べて気温がぐっと下がり、体調管理には気をつけたいところです。

今月は秋雨前線や台風の影響により、日照時間が少ないようで、農作物の管理も大変そうです。

IMG_5272

境内から北東に抜ける市道は、関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)に設定されていますが、現在舗装工事が進められ、一昨日から通行止めとなっています。

また、境内の公衆便所は昭和56年に設置されてから、参拝者はもとより訪れる人たちの利用が非常に多く、衛生面や利便性も考えて年内に改修工事を施すことになりました。

御手洗を囲むように植栽した金木犀(きんもくせい)が、雨の中でも強い香りを放っています。

テレビ放映と新聞記事

2018年9月18日 火曜日

昨夕のテレビ神奈川のニュースで、一心泣き相撲比々多場所の様子が放映されました。

読売新聞

読売新聞

また、今朝の読売新聞と神奈川新聞に記事が掲載されました。

神奈川新聞

神奈川新聞

いよいよ秋の行事

2018年9月14日 金曜日

天皇陛下には12日、皇居内の稲田において御親(おんみずか)らお手植えの糯米(もちごめ)「マンゲツモチ」と粳米(うるちまい)「ニホンマサリ」の計100株を刈取り遊ばされました。

神話の「斎庭の稲穂の神勅」(ゆにわのいなほのしんちょく)に依拠(いきょ)する稲作ですが、昭和天皇の大御心(おおみごころ)を大切に引き継がれ、御譲位を前に今上陛下として最後のお手刈りとなりました。

11月23日には天神地祇(あまつかみくにつかみ)に新穀をお供えされ、新嘗祭(にいなめさい)をお仕えになります。

osuzu

さて、昨晩は榊会(氏子総代を奉仕した人で組織する会)の役員会が開催され、秋の「第77回正式参拝」(10月28日)について話し合いが行われました。

明日は第69回産土講祭、明明後日は一心泣き相撲比々多場所と、いよいよ秋の行事が本格的に始まります。

嵐の前の静けさ

2018年9月3日 月曜日

当初予報とは異なり、今朝は早くから強い雨が降り、昨日に続いて、外の祭典奉仕では雨の影響を受けました。

また、今日は安産祈願の戌の日にあたり、予(かね)て問い合わせのあった方々が、無事お参りになり安心しました。

今後の気象状況に注意を払いたいと思いますが、夕方には早めの対応で安全対策を施しました。

9日に大祭を控えた八幡神社(伊勢原市坪ノ内)の太鼓の音が僅かに響いていますが、今夜は秋の虫の鳴き声が澄んで聞こえ、嵐の前の静けさとなりそうです。

『広報いせはら』

『広報いせはら』

さて、9月1日発行の『広報いせはら』(第1160号)に、川戸光久氏のリポートで「相模國府祭」の記事が大きく掲載されました。

私たち専門職(神職)とは異なり、市民目線の見方がとてもわかりやすく、皆さんに理解を深めてもらえるのではないでしょうか。

長月の予定

2018年8月31日 金曜日

市内では新東名高速道路の建設に関わる大規模な工事が進められていますが、高取山トンネルの掘削工事による影響とも考えられる沢の水涸れが発生しています。

当社の飛地境内地付近に位置する三段の滝は、湧き出た水が栗原川となり、周域の生産農家にとっても欠かせないものとなっています。

また、秋に迫った酒祭(11月6日)のお水取り神事に向けて、関係者とその対応について話し合いを進めているところです。

神社脇の小川

神社脇の小川

さて、長月の予定です。

1日(土)月次祭、4日(火)総代奉仕、8日(土)産土講役員会、9日(日)八幡神社(伊勢原市坪ノ内)例祭、真田神社(平塚市真田)月次祭、12日(水)所管神社連絡協議会巡拝会、15日(土)月次祭、第69回産土講祭、17日(月・敬老の日)一心泣き相撲比々多場所、23日(日)地神社(秦野市鶴巻南)例祭、例祭・國府祭反省会

歴史的価値

2018年8月24日 金曜日

当社は相模国の三之宮であり、『延喜式』に登載される由緒正しき古社です。

周辺に点在する古墳群、発掘された遺物から想像すると、古墳時代には文化の中心地であったことも考えられます。

神奈川新聞 8月23日掲載

神奈川新聞 8月23日掲載

境内設置の三之宮郷土博物館には、往事を偲び、その歴史的価値に触れる多くの資料に出会うことが出来ます。

子供たちの夏休みも残り1週間余り、地域の歴史を学ぶ恰好の材料が揃っています。

正祭、慰霊祭、鎮魂太鼓、骨董蚤の市

2018年8月18日 土曜日

今日の午後は、来週開催する正祭(しょうさい)・慰霊祭会議の資料準備にあたりました。

「正祭」は崇神(すじん)天皇の御代に、神地として「神戸」を賜ったことに感謝する秋の祭礼です。

また、比々多地区自治会連合会との共催で、神社西側の招魂社(しょうこんしゃ)において「地区戦没者慰霊祭」を執り行います。

そして、今年で22回目となる地区太鼓連による「鎮魂奉納太鼓」が神社西側の駐車場で実施されます。

30.10.21

昨年は雨天で中止となりましたが、境内では比々多観光振興会主催の「骨董蚤の市」(こっとうのみのいち)が開かれ、とても賑やかな一日となります。

今晩は責任役員会議を開き、その下打ち合わせを行います。

産土講役員会

2018年8月12日 日曜日

昨晩は社務所で三ノ宮・木津根橋地区の産土講(うぶすなこう)役員会が開かれ、来る9月15日に「第69回産土講祭」を執り行うことが決まりました。

早速に、講員や関係の御来賓に案内文をお届けして、出欠を募るようです。

今年は多くの台風が発生し、また、記録的な豪雨の多い年でもあります。

未だ炎天下で汗をぬぐう時期ですが、生産者の方にとっては無事収穫を祈る季節でもあります。

IMG_3703

本日は米穀店を営む方が、今年一番の新米を御奉納下さいました。