相模国三ノ宮・比々多神社

恐れと感謝

2018年7月7日

昨日の拙ブログ掲載後も、広島県、岡山県、鳥取県、兵庫県、京都府、岐阜県に大雨特別警報が発表され、高知県には記録的短時間大雨情報が出されました。

この記録的大雨により、西日本各地で土砂災害や水害がもたらされましたが、残念ながら多くの尊い命が失われました。

謹んでお悔やみ申し上げるとともに、安否不明者の早期発見と、被害がこれ以上拡大しないことを願う次第です。

また、猛烈な台風8号が沖縄の南に進み、自然の猛威(もうい)に恐れを抱かされます。

IMG_3361

昨日も記しましたが、今朝は北金目神社(平塚市北金目)大祓、平間水神講(伊勢原市上平間)の水神祭を御奉仕しました。

平間水神講では水神社が鎮座する2箇所の湧水池を始め、稲荷社、天王社、弁天社、龍神社など、6社を役員さんと巡って祝詞(のりと)を奏上(そうじょう)しました。

今年も清らかな水のお蔭で、蛍の観賞が出来たようで、様々な意味合いであらためて水に感謝する一日でした。

IMG_3363

平間地区の田畑に引いている大城用水は、昭和38年に築造されたもので老朽化が著しく、災害防止の意味でも大掛かりな改修工事が進められているようです。

地下を通る水にも感謝と安全無事の思いを寄せる祭事でした。


祈るばかり

2018年7月6日

福岡県、佐賀県、長崎県の九州北部に、大雨特別警報という最大級の警戒情報が出され、土砂災害や洪水等の危険性が高まっています。

また、西日本から東日本の広い範囲にかけて記録的な大雨がもたらされ、大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

当地は早朝に強い雨が降りましたが、日中は曇り空で、境内にはニイニイゼミの鳴き声が響きわたっていました。

IMG_3358

今日は十二柱神社(伊勢原市伊勢原)の大祓、明日・明後日は真田神社(平塚市真田)例祭、また、北金目神社(平塚市北金目)大祓や上平間水神講(伊勢原市上平間)の水神祭、八坂神社・水天宮(平塚市千須谷:熊野神社境内社)の例祭を控え、特に水を司る神さまには安全無事を祈るばかりです。


赤ちゃんの泣き声

2018年7月5日

活発な梅雨前線の影響で、非常に激しい雨が断続的に続き、記録的な大雨となっているところもあり、当地も注意が必要です。

今日は小雨程度の優しい雨が降ったり止んだりといったところですが、昨日からの強い風に悩まされています。

30.7.6

さて、来る9月17日(月)敬老の日に、一心泣き相撲比々多場所を開催します。

今年で9回目となり、年間行事としても定着してきました。

赤ちゃんの泣き声で、境内が賑やかな一日となります。


心身や事業の安全

2018年7月4日

例年より早くから厳しい暑さが続いています。

台風7号の影響もあってか、今日は湿った空気に覆われて時折小雨が降りました。

解体工事安全祈願祭

解体工事安全祈願祭

今週は工場建設工事の地鎮祭や施設の解体工事安全祈願祭、また工場の安全祈願祭等、大型施設のお祓いが続いています。

残り半年の始まりであり、厳しい暑さの盛りでもあるため、心身や事業の安全を祈る気持ちは一様に同じかもしれません。


所管神社の巡拝研修

2018年7月3日

今月は所管神社(兼務社)の例祭や大祓、水神祭等が控えているものの、当社(本務社)の祭事がないため、秋の諸行事の準備を進めています。

所管神社連絡協議会ではこれまで、宿泊を伴う参拝旅行を実施してきましたが、本年は所管神社の巡拝研修(9月12日)をバス2台で実施する運びとなりました。

一日で25社全てを巡ることは出来ないため、来春と2回に分けて行います。

komainu平成17年以来13年ぶりのことであり、各社役員さんも交代していることから楽しみにされている方も多いようです。

各社の状況を視察することにより、お互いに良き示唆が得られればと思う次第です。


国民の関心

2018年7月2日

今朝ほど天皇陛下には急な御気分不快がおありで、御安静あそばされているとのことですが、大御体(おおみま)の御快復を国民斉(ひと)しくお祈り申し上げる次第です。

今日の生日(いくひ)の足日(たるひ)に、高円宮妃久子殿下(たかまどのみやひ ひさこでんか)第3女子 絢子女王殿下(あやこじょおうでんか)と守谷慧(もりやけい)氏の御婚約が御内定となりました。

本日、「皇后陛下より、両陛下の温かくお心のこもったお言葉をいただきました。その内容につきましては私の心のうちに、そっととどめておきたいと存じます。」と記者会見で述べられ、家族愛に包まれた皇室の様子を感じ取ることができました。

20180702202007262_0001

さて、国民としては次の元号(げんごう)は何になるのか、という関心があることでしょう。

新元号の事前公表は国民生活に支障が生じないようにとの配慮があるようですが、そもそも新元号の決定は新天皇の御聴許(ごちょうきょ)を賜ってからという大前提で成り立っています。

桓武天皇以来、平成に至るまで、御即位に伴う改元は70回あり、いずれも即位後に行われているという元号の本質を理解する必要があります。

新しい時代への理想と願いが改元には込められ、国の安泰と国民の平安を祈る天皇陛下の大御心ともいえます。

本日は『元号~年号から読み解く日本史』(所功・久禮旦雄・吉野健一著 文春新書)を紹介します。

「平成」は幕末にも候補に挙がっていた、「明治」は11回目、「大正」は5回目で採用、日本最初の公年号は「大化」、震災、大火、戦乱・・・改元があらわす歴史とのかかわり等、元号についてわかりやすく解説がほどこされています。


文月の予定

2018年7月1日

文月の朔日(ついたち)を迎え、残り半年の始まりです。

御神前では常の如く、月次祭(つきなみさい)を執り行い、皇室の御安泰と国家の安寧、氏子崇敬者の安全を祈り上げました。

また、兼務する八剱神社(平塚市上吉沢)と落幡神社(秦野市鶴巻南)で大祓式を執り行いました。

読売新聞 1日

読売新聞 1日

さて、今月の予定をお知らせします。

1日(日)月次祭、八剱神社(平塚市上吉沢)・落幡神社(秦野市鶴巻南)大祓、6日(金)十二柱神社(伊勢原市伊勢原)大祓、7日(土)北金目神社(平塚市北金目)大祓、上平間(伊勢原市上平間)水神講祭、真田神社(平塚市真田)宵宮祭、8日(日)真田神社例祭、八坂神社・水天宮(平塚市千須谷:熊野神社境内社)例祭、10日(火)責任役員会議、13日(金)下平間水神講(伊勢原市下平間)清水祭、14日(土)神明社(伊勢原市上平間)大祓、15日(日)月次祭、南金目神社(平塚市南金目)大祓、八坂神社(平塚市上吉沢:八剱神社境内社)渡御祭、19日(木)中・平塚・伊勢原連合神社総代会総会、21日(土)飯綱神社(伊勢原市日向)例祭、22日(日)御嶽神社(伊勢原市伊勢原)例祭、日月神社(伊勢原市沼目)大祓、31日(火)総代奉仕(草刈り)

本日より日向神社・飯綱神社・諏訪神社(伊勢原市日向)を兼務して所管することになりました。


汗をぬぐいながら

2018年6月30日

気温は鰻登(うなぎのぼ)りで、今日も耐えがたき暑さの一日でした。

それでも水無月最後の日、土曜日とあって御朱印巡り、また夏越大祓(なごしのおおはらえ)に合わせて多くの方々がお参りになりました。

IMG_1612

午後2時、恐らく最も気温が高く日差しの強まる中、宮司以下祭員、責任役員、総代、また比々多地区の氏子を代表して10名の自治会長、そして一般の参列者が御殿に参進しました。

殿内における大祓奉告祭(おおはらえほうこくさい)に続き、境内の祭場へ場所を移し、大祓神事を執り行いました。

IMG_1615

参列者はこぼれ落ちる汗を拭いながらも、祭員に合わせて大祓詞(おおはらえのことば)を繰り返し繰り返し読み上げました。

IMG_3338

悪しきものを祓い、今夏を無事に過ごしつつ、残り半年が清々しく、平穏なものでありますようお祈り申し上げます。

茅の輪は暫く境内に設置してありますので、どうぞお参り下さい。

母のぶんもひとつくぐる茅の輪かな 一茶


霊験あらたか

2018年6月29日

連日の暑さが続く中、気象庁は「関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

昨年より7日早く、平年より22日早い梅雨明けで、統計開始以来最も早いものだそうです。

暑気中(しょきあた)りをおこす程の猛暑の中、明日の夏越大祓(なごしのおおはらえ)の設営準備にあたりました。

六月(みなづき)の地(つち)さへ割(さ)けて照る日にも我が袖(そで)乾(ひ)めや君に逢はずして

『万葉集』巻十

DSC01588

当社には石凝姥命(いしこりどめのみこと)作と言い伝わる御神宝(ごしんぽう)の甕(かめ)が存します。

旱魃(かんばつ)の時は、この器に水を盛って神前に供えて雨を請(こ)い、霖雨(りんう)の時は社地四隅(しゃちよすみ)の土を盛って晴れを祈れば霊験(れいげん)あらたかと古くから信じられています。

水無月(みなづき:古くは清音で「水の月」)を一日残していますが、この先の水不足が大変懸念され、万民の困らない程度の降雨を願うものです。


茅輪守

2018年6月27日

今日もほぼ真夏日となり、おまけに蒸し暑い一日でした。

それでも御朱印巡りの参拝者は「神社の緑に癒やされます」と口々にされ、元宮からの景観を楽しまれる方もありました。

予報では来週は真夏のような暑さとなるようですが、熱中症には十分に注意して過ごしたいところです。

人形

人形

さて、明明後日(30日)の夏越大祓(なごしのおおはらえ)を前に、比々多地区内の各戸から人形(ひとがた)の申込みが出揃いつつあります。

社頭では祭典当日まで、一般申込みもお受けしています。

また、授与所では茅輪守(ちのわまもり:初穂料500円)を限定頒布(げんていはんぷ)しています。

『備後国風土記』(びんごのくにふどき)に古来より伝わる、悪疫退散(あくえきたいさん)の「茅の輪」を神符(しんぷ)として奉製(ほうせい)したものです。

茅輪守

茅輪守

夏越大祓で半年間の悪い物を祓い清め、健やかな心身に立ち返って元気にお過ごし下さい。