相模国三ノ宮・比々多神社

災いを塞いで守護

2021年1月14日

当地では毎年1月14日は、正月の閉ぢめ行事として、村境などで七五三(しめ=注連)飾りを持ち寄って焼く「どんど焼」が行われます。

地方により、どんど、とんど、左義長(さぎちょう=三毬杖)、道祖土焼(さいとやき)、御幣焼(おんべやき)などといわれます。

火が盛んに燃えるさまを〝どんど〟といいますが、今年はコロナ禍により、中止にするところが多くあり、当社にも問い合わせの電話が数多く入りました。

道祖神祭(神戸)

道祖神祭(神戸)

今日は兼務する木下(こかげ)神社(伊勢原市神戸)の例祭式でした。

その後、神戸(ごうど)公民館に移動し、上地区と下地区の道祖神祭(どうそじんさい)を執り行いました。

例年は門松や注連飾りを用いて、道祖神を覆う大きな御仮屋(おかりや)が2つ(上と下)作られますが、感染症防止の観点から〝奇祭〟として報道でも取り上げられる神戸のどんど焼は大幅な縮小となりました。

祭儀では道祖神のもつ災い(疫病)を塞(ふさ)いで守護する御神威(ごしんい)の発揚(はつよう)を願いました。


昇殿人数の制限について

2021年1月13日

昨日より5度以上も気温が上がり、日差しのせいか暖かく感じる一日でした。

午後には、正月用のテントもすっかり乾き、取り敢えず4基のテントを片付けました。

初詣の期間は節分(2月2日)を目安に、新年の授与品も御神札授与所で頒布(はんぷ)を続けます。

御神札(授与所で頒布)

御神札(授与所で頒布)

さて、緊急事態宣言の発出により、当面の間は昇殿祈祷の人数を制限させて頂きます。

個人祈祷 平日:3名まで 土・日曜日:祈願主のみ(1名)

団体祈祷 原則10名以内(要予約) 御予約のない場合は3名までとなります。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

*尚、初詣は節分(2月2日)までの期間を目安に、厄除祈願につきましても分散参拝のご協力をお願いいたします。

TEL  0463-95-3237

FAX  0463-92-4381

e-mail   hibita38@gmail.com


兼務社の賀詞交歓会

2021年1月12日

気温が5℃にも満たない寒さの中、午後になって予報通りにみぞれ混じりの小雨が降り始めました。

乾燥した日が続いた為、境内の埃(ほこり)もおさまりました。

IMG_4546

さて、今日は所管神社連絡協議会(本務社・兼務社26社)の賀詞交歓会を開催しました。

IMG_4549

感染症の影響を考慮して、人数を1/3に制限し、会食なし(持ち帰り弁当)で行いました。

IMG_4554

初詣の様子を含め、一年間の祭事の内容、境内林の管理や自然災害を想定した保険の加入、境内施設の維持管理、役員の人選等、現状の報告や抱える課題について、各社から様々な意見が上がりました。

また、祈年祭や例祭(大祭)の日程確認、節分追儺祭への参列や提出書類のお願い、負担金や参拝旅行の見通しについて、短時間の中で各社役員さんにお伝えしました。


新成人のお参り

2021年1月11日

今日は新成人をお祝いする「成人の日」。

古くは男子の「元服」(げんぷく)や「褌祝い」(ふんどしいわい)、女子の「成女式」(せいじょしき)にあたり、祝日法には「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」と記されています。

伊勢原市では新型感染症の急速な拡大により、急遽オンライン配信での式典開催となりました。

IMG_4539

例年であれば式典前の早い時間に、家族連れでお参りになることが多かったものの、今年は朝早くから夕方まで、多くの新成人の姿が見られました。

冬本番の寒い境内も、羽織袴(はおりはかま)やスーツ姿、着物姿の若人により、とても華やぎました。

IMG_4536

本日を以て臨時の授与所(テント)を閉所し、明日からは常設の授与所で御神札(おふだ)、御守(おまもり)、干支(えと)の縁起物(えんぎもの)等を頒布(はんぷ)します。

授与所の開閉所時間は午前8時30分から午後4時30分です。


願意について

2021年1月10日

三が日における初詣の参拝者は例年の半数以下でしたが、分散による初詣は続いています。

気温が低かったものの、穏やかな日曜日となり、厄除や家内安全、身体健全、交通安全などのご祈願が多くありました。

IMG_4532

ご祈祷では、通常は1件につき1願意(例:初宮詣、厄除、厄災除、八方除、心願成就、病気平癒、良縁、合格など)となりますが、個人では家内安全、身体健全、交通安全など、団体では商売繁昌、社運隆昌、工場安全、工事安全、交通安全などの組み合わせにより、2祈願までお受けしています。

詳しくは社務所にお尋ね下さい。


感染症対策の状況

2021年1月9日

緊急事態宣言下の三連休初日を迎えました。

初詣や日々のお参り、企業や個人の新年祈祷、御朱印巡り等、参拝の目的は其々(それぞれ)ですが、境内は人の出入りの絶えない一日でした。

IMG_4531

参道には足型を貼り、身体的距離の確保を促していますが、皆さん当たり前のように距離を保ち、静かにお参りをなさっています。

また、10カ所(祈祷控所、拝殿、御朱印受付、祈祷受付、絵馬書所、おみくじ、授与所)に手指消毒液を配置していますが、おみくじの際に利用する方が最も多いようです。

お手洗いには薬用ハンドソープがございますのでどうぞご利用下さい。


緊急事態宣言下の行事予定

2021年1月7日

明日8日から2月7日までの一ヶ月間、東京、埼玉、千葉、神奈川の一都三県に、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出されました。

当社では分散による初詣を受け入れていますが、現状を踏まえ、今後の行事を含めた対策を検討する予定です。

IMG_4373

差し当り、「古神札焼納祭」は1月14日(木)午後3時から斎行しますが、神事のみ執り行い、「どんど焼き」(団子焼き)は行いませんのでご注意下さい。

尚、神棚(かみだな)につきましては社務所にて承りますが、御神札(おふだ)、御守、注連縄(しめなわ)飾りは随時納めて頂いて結構です。

その他のものは受け入れられませんので、予めご理解下さい。

また、「節分追儺祭」(今年は2月2日)は祭儀のみ斎行(さいこう)する予定です。

特設舞台での「豆まき・宝まき」は執り行いませんのでご注意下さい。


変わらない祈り

2021年1月6日

仕事始めの4日から、製造業、加工業、商社、販売業、印刷業、飲食業、不動産業、建設業、建築業、建具業、解体業、管工事業、廃棄物処理業、造園業、運輸業、運送業、医療機関、福祉施設、管理業、保険代理業、サービス業等、あらゆる職種の企業参拝が続いています。

お陰様で、事前予約と日時をずらした分散参拝、また人数制限にもご理解とご協力を賜り、例年を下回るものの多くの企業の方々がお参りになり、変わらない祈りを捧げています。

IMG_4512

また、出張による年頭安全祈願祭では、参列者の人数を減らして密を避けたり、玉串拝礼の人数を少なくして時間短縮するなど、感染症対策にも工夫をこらしつつ、安全の祈りを捧げています。


授与品について

2021年1月5日

4日、5日と予定時間よりも早い午前7時半から授与所(じゅよしょ)を開きましたが、明日(6日)からは午前8時半から午後4時半までの開閉所となります。

また、例年であれば三が日を過ぎると臨時の授与所(テント)は閉めていますが、密を避けることから臨時の授与所のみ開いています。

IMG_4507

参拝の自粛や分散参拝もあり、授与品の頒布(はんぷ)も例年より少なくなっていますが、干支(えと)の縁起物等で準備した数量を全て授与したものも出てきました。


〝 お願い 〟

2021年1月4日

三が日は境外において、露店商やキッチンカーによる出店がありましたが、お陰様で持ち帰りや車内での飲食が徹底され、境内での飲食はありませんでした。

今日は官庁御用始め、早朝から仕事始めの企業参拝が続きましたが、分散による個人祈祷も多くお見えになりました。

祈願絵馬

祈願絵馬

11月から「ひとことお願い串」(初穂料200円)を社頭に置いていますが、元日から多くの〝 お願い 〟をお受けしています。

IMG_4463

感染症の影響により、本年に限り「棒みくじ」を控えていますが、箱みくじ、彩(いろどり)みくじ、こどもみくじ、恋みくじ、幸福みくじ(天然石)、とんぼ玉みくじ、アマビエみくじ、干支みくじをご用意しています。

IMG_4464