相模国三ノ宮・比々多神社

秋も酣

2017年10月8日

暦の上では二十四節気の「寒露」(かんろ)、七十二候では「鴻雁来る」(こうがんきたる)となり、季節は仲秋から晩秋へと向かいます。

秋の諸行事も酣(たけなわ)となっています。伊勢原市内では明日の体育の日を前に、秋晴れの澄んだ空気の中、各地区で体力づくり体育祭が実施されました。

IMG_9807

当社では南金目神社(平塚市南金目)、神明社(同)、また同地内の御嶽神社の例祭奉仕、そして五霊神社(伊勢原市上粕屋)の例祭並びに地区戦歿者慰霊祭をお仕えしました。


神霊入れ神事

2017年10月7日

連休入りの土曜日、朝から東名高速の下りは渋滞が続いています。

早朝まで雨が残りましたが、山王幼稚園の運動会は順延となり、明日は地区の体育祭と重なるようです。

社頭では七五三参りの家族連れが徐々に増え始め、千歳飴の準備も整っています。

また、雨の影響で足元の悪いところもありましたが、今日の地鎮祭は予定通りに行うことができました。

青柳地区

青柳地区

さて、明日は南金目神社(平塚市南金目)の例祭です。

氏子の各地域では神輿渡御(みこしとぎょ)を行いますが、今年も青柳地区と川前地区の神霊入れ神事をお仕えしました。

両地区とも大神輿と子供神輿が飾り立てられ、実りの季節らしく新米や芋類、栗や柿などが神前に横山の如く並べられました。

川前地区

川前地区

囃子(はやし)太鼓も賑やかに、地域の子供たちも大勢集まって盛り上がる宵宮(よいみや)です。


相模國式内社の會

2017年10月6日

日中は気温があまり上がらず、肌寒さを感じましたが、予報通り午後3時ぐらいから小雨が降り始めました。

神奈川県の木に指定される銀杏(いちょう)ですが、まだ〝 銀杏紅葉 〟(いちょうもみじ=葉が黄色く色づく)には早いものの、種子である銀杏(ぎんなん)が実りました。

今年も神域の恵みを、祭儀の撤下品(てっかひん)として分かち配る予定です。

IMG_9788

さて、本日は第40回目となる「相模國式内社の會」総会が寒川神社で開催されました。

役員改選、事業報告、収支報告、新年度の事業計画、収支予算などが諮られました。

新年度も式内社巡拝を行う予定で、日帰りで埼玉県へ出掛けることになりました。

IMG_9791


神社庁例祭

2017年10月5日

強い寒気の影響で、北海道や東北など、標高の高い山では初冠雪が観測されたようです。

当地でも朝晩の冷え込みが強くなっていますが、今日は今月最初の大安吉日にあたり、赤ちゃんの初宮参りや毎年創業日にお参りになる企業(サービス業)の安全と商売繁昌祈願祭がありました。

また、木の伐採(ばっさい)清祓や個人住宅・共同住宅の地鎮祭等の出張祭儀をご奉仕しました。

IMG_9755

さて、今日は神奈川県神社庁において、例祭並びに神宮大麻暦頒布始奉告祭(じんぐうたいまれきはんぷはじめほうこくさい)が執り行われ、県内各地から神職・総代が参列しました。

新庁舎が竣功して初めての例祭となりましたが、例祭式は例年と変わらず祭式(さいしき)通りに粛々と斎行(さいこう)されました。

IMG_9757

式後には県神社庁長を始め、神社本庁・統理(とうり)、神宮・大宮司(だいぐうじ)の名代(みょうだい)が交交(こもごも)ご挨拶されました。

来週には神宮当局から県内10支部あてに、新年の神棚におまつりする新しい神宮大麻が届くことになり、その後支部内各神社を通して氏子・崇敬者の家家に漏るることなく頒布(はんぷ)されるよう準備が進められます。


観月

2017年10月4日

昨日から八月中秋分の末候で「水始めて涸(かる)る」となり、田んぼから水を抜き、稲刈りの時節。

近隣でも稲刈りが盛んで、農家の方から新米の奉納が続く時期となります。

IMG_9748

さて、今朝は予想外の雨が降りました。

1日から更衣(ころもがえ)をしたものの、雨儀(うぎ)のため夏用の狩衣(かりぎぬ)で地鎮祭奉仕となりました。

jugoya026

今宵の「十五夜」(じゅうごや)にあたり、氏子の方が大きな里芋(さといも)や薩摩芋(さつまいも)を供えて下さいました。

月見団子(つきみだんご)や芋、御神酒(おみき)などを供え、芒(すすき)を飾り、お月さまをお祭りする風習ですが、残念ながら、中秋の名月は雲間から僅(わず)かに顔を覗(のぞか)かせる程度でした。


秋の行事

2017年10月3日

今月の22日(日)は秋の大祭で「正祭」(しょうさい:午前9時)を迎えます。

崇神(すじん)天皇の御代に、神領地(しんりょうち)として「神戸」を賜ったことに感謝する祭礼です。

また、午前10時から比々多地区戦歿者慰霊祭を招魂社(しょうこんしゃ)忠魂碑(ちゅうこんひ)の御前で、比々多地区自治会連合会との共催で執り行います。

午後1時半からは神社左手の第2駐車場において、地区太鼓連による鎮魂太鼓奉納が行われます。

『 広報いせはら 』10月1日号

『 広報いせはら 』10月1日号

そして、今年は神社境内において比々多観光振興会による骨董蚤の市(こっとうのみのいち:午前9時から午後4時、雨天中止)が初めて開催されます。

三之宮郷土博物館では文化財の紹介、その他飲食の販売や花苗の無料配布(先着順:午前11時・午後2時)等も行われる予定です。

nomino


第48回衆議院議員総選挙

2017年10月2日

第3次安倍第3次改造内閣のもと、去る9月28日に第194回国会(臨時国会)が招集され、冒頭に衆議院が解散されました。

これにより、10月10日公示、10月22日投票という日程で、小選挙区比例代表並立制で第48回衆議院議員総選挙が実施されます。

改選数は465議席(小選挙区289議席・比例代表176議席)で、神奈川県では同日に川崎市長選挙・鎌倉市長選挙等が行われます。

IMG_9733

本日は候補予定者の事務所開神事をご奉仕しました。

安倍晋三内閣総理大臣が〝 国難突破解散 〟と名付けましたが、連日の報道で新党の動向にも感心が高まり、政権選択選挙という様相を呈しています。

今回の選挙は、選挙権が20歳以上から高校生を含む18歳以上に引き下げられて初めての衆議院選挙でもあり、有権者は国の未来を考えて大切な一票を投じて欲しいと思います。


清秋

2017年10月1日

今日は空が青く澄み渡り、まさしく清秋(せいしゅう)の季節となりました。

しかしながら、今週は寒気が流れ込んで寒さが増すようで、十五夜(10月4日)の予報は今のところ曇り空となっています。

社頭掲示 神無月

社頭掲示 神無月

さて、神無月の始まりは日曜日、日柄も良く参拝者の多い一日でした。

この週末はダンプカーや乗用車など、新車のお祓いが目立ちましたが、昨日から七五三参りの愛らしい着物姿が見られるようになっています。

月次祭(つきなみさい)では、皇室のご安泰と国家の安寧(あんねい)、そして氏子・崇敬者の平穏無事をお祈り申し上げました。


神無月の予定

2017年9月30日

先週に続いて、今日は市内の小学校3校で秋の運動会が開催されました。

長月も今日でお仕舞いとなり、祭儀で装う装束(しょうぞく)も更衣(ころもがえ)の準備です。

栗原の秋桜

栗原の秋桜

さて、神無月の予定です。

1日(日)月次祭(つきなみさい)、八剱神社(平塚市上吉沢)例祭、5日(木)神奈川県神社庁例祭、6日(金)相模式内社の会総会、8日(日)五霊神社(伊勢原市上粕屋)例祭、南金目神社・神明社・御嶽神社(平塚市南金目)例祭、真田神社(平塚市真田)月次祭、9日(月)日月神社境内社・疫神社(伊勢原市沼目)例祭並びに地区戦歿者慰霊祭、相模国府祭類社打ち合わせ、12日(木)三ノ宮・栗原老盛会清掃奉仕、15日(日)月次祭、中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会、17日(火)榊会役員会、18日(水)比々多地区老人クラブ連合会健康祈願祭、21日(土)総代奉仕(祭典準備)、22日(日)正祭・地区戦歿者慰霊祭・鎮魂太鼓奉納、骨董蚤の市(比々多観光振興会)、26日(木)第75回榊会正式参拝、27日(金)神奈川県神社庁協議員会、菊華会小屋立て、29日(日)天皇陛下御即位三十年奉祝記念相模国府祭実行委員会

御神田の古代米

御神田の古代米

市内最大のイベント「伊勢原観光道灌まつり」(14日・15日)が開催されますが、神社下の御神田(神奈川県神道青年会)では、14日(土)に抜穗祭・稲刈事業が行われます。


例祭式に参列

2017年9月28日

本日は「相模国府祭」「相模式内社の会」でもご一緒の前鳥神社例祭にあたり、例祭式に禰宜が代理参列しました。

当社でも例祭式では海の幸、山の幸である神饌(しんせん)や神社本庁 からの本庁幣(ほんちょうへい)を御神前に奉(たてまつ)りますが、氏子代表による氏子幣や崇敬会による崇敬者幣をお供えするとともに、氏子・崇敬者のご奉仕による雅楽(ががく)の奏楽(そうがく)、巫女(みこ)による浦安の舞(うらやすのまい)奉奏(ほうそう)、神徳奉賛歌(しんとくほうさんか)の合唱を始め、総代による役割分担が祭礼全般にわたり徹底していて、例年のことながら関心を寄せて拝見し、とても勉強になりました。

また、式後の直会(なおらい)では敬神婦人会による手作り料理が振る舞われました。

神輿の渡御

神輿の渡御

相模中連合支部(大磯町・二宮町・平塚市・伊勢原市・秦野市)管内でも六所神社(3日)、伊勢原大神宮(18日)と例祭が続きましたが、鶴岡八幡宮(15日)、寒川神社(20日)と各社大祭への参列が多い月でもありました。

今月も残り2日ですが、当社でも秋の祭事から年末年始の諸行事に向けて、様々な支度を徐々に進めています。