相模国三ノ宮・比々多神社

戦後75年目の夏

2020年8月1日

ようやく長い梅雨が明け、晴れの大安吉日、そして新しい月の始まりということも重なり、朝から朔日(ついたち)参りや御朱印巡り、交通安全祈願等の御祈祷(ごきとう)、更には住宅新築工事の地鎮祭等のご奉仕にあたりました。

伊勢原市発行の『広報いせはら』には、戦後75年の特集が組まれ、当社の招魂社(しょうこんしゃ)に建立された碑(いしぶみ)について紹介がありました。

広報いせはら 8月1日号

広報いせはら 8月1日号

葉月の予定です。

1日(土)月次祭、8日(土)神奈川県神社庁相模中連合支部役員会、9日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、15日(土)月次祭、20日(木)神奈川県神社庁相模中連合支部総会、22日(土)正祭・慰霊祭会議

先の大戦が終ってから75回目の夏がやってきましたが、戦歿者慰霊祭についての会合が予定されています。


草刈り奉仕

2020年7月31日

日照の少ない7月ですが、草木の生長は著(いちじる)しく、今朝は総代さんのご奉仕による草刈り作業等が行われました。

IMG_2740

元宮(もとみや)や招魂社(しょうこんしゃ)、化粧塚(けしょうづか)や土手、駐車場周辺と広範囲にわたりましたが、段取りよく進められました。

IMG_2739

また、土手下の木の伐採(ばっさい)や枝木の剪定(せんてい)処理作業も怪我なく無事に行われ、非常に綺麗になりました。


大祓の記事

2020年7月30日

未だ梅雨は明けないものの、比較的過ごしやすい気温の日が続いています。

それでも境内では、蝉(せみ)の鳴き声が徐々に騒がしくなってきました。

当地では月遅れの8月盆ですが、祖霊(それい)をお迎えして執り行う「祖霊祭」(それいさい)の予定が入り始めています。

タウンニュース 7月31日号

タウンニュース 7月31日号

明日発行のタウンニュース伊勢原版に大祓の記事が掲載されます。


回復の兆し

2020年7月29日

今月は当社の大祓の他、兼務社の大祭(3社)や大祓(5社)を感染症予防を考慮した形でお仕えしました。

疫病の早期終熄(しゅうそく)を願う神事ですが、残念ながら取り止めの判断が下された祭事も3件ほどありました。

また、例年であれば依頼を受ける高校生のインターンシップや境内での親子写生会が中止となっています。

その他、併設する三之宮郷土博物館の夏休み無料開放は、未だ閉館中のため実施を見送っています。

d697bf4322d6df706e5cc4e8d23265ab

3月中旬以降は全ての神前結婚式を執り行っていませんが、今日は問い合わせの連絡が入っています。

今月も残り2日ですが、団体参拝はないものの、個々のお参りは回復の兆しを見せ始め、御祈祷や御朱印(書置きのみ)は昨年を少し下回る程度となってきました。


修辞を用いる

2020年7月26日

午前中は激しい豪雨となりましたが、お蔭様で予定していた地鎮祭を無事執り行う事が出来ました。

雨上がりの場合には「先程までの雨が噓(うそ)のように」「晴れ上がって幸先(さいさき)の良い始まり」「雨降って地固まる」「お天道さまのご加護もあり」「本日の晴れの良き日に」「雨により敷地も清められ」「普段の行いの現れ」など、閉式の挨拶にも多くの修辞(しゅうじ)を用いることが可能です。

IMG_2699

雨続きで気がつきませんでしたが、鉢植えの朝顔も今朝ようやく花を咲かせました。

本格的な夏がやってくるのももう少しです。

IMG_2700


雨の大祓

2020年7月25日

朝から時折強い雨が降り、今日の「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)は社殿内で執り行うことになりました。

IMG_2659

大祓奉告祭に続き、大祓式を執り行うため、社殿内の設営を調えました。

IMG_2676

大祓式では、テレビ神奈川(tvk)の報道やタウンニュースの取材が入りました。

テレビ神奈川のニュースより

テレビ神奈川のニュースより


本然の姿に立ち直る儀式

2020年7月24日

昨日は国民の祝日で「海の日」、今日は「スポーツの日」でした。

東京オリンピック開催のための特例措置でしたが、世界を震撼(しんかん)させる感染症の広がりにより、4年に一度のスポーツの祭典も幻(まぼろし)となってしまいました。

本来ならば梅雨も明けて、一年中で一番暑い季節が到来する頃ですが、今年は各地で海水浴場が閉ざされ、風物詩の花火大会もなく、蝉(せみ)や朝顔までもが遠慮しているような季節の進み具合です。

人形

人形

さて、明日は午後2時から「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)を執り行いますが、雨の予報が出ていることからその設営にも頭を悩ますところです。

例年通り、比々多地区内の各地域、また崇敬者の方々から「人形」(ひとがた)が寄せられました。

当社では人形と呼称していますが、形代(かたしろ)、撫物(なでもの)、雛形(ひながた)ともいわれ、人の身に代わるものです。

大祓は祓所(はらえど)の神の神威(しんい)により、人々の罪穢(つみけがれ)を解除(げじょ)し、本然(ほんぜん)の姿に立ち直る儀式です。


茅の輪の作り替え

2020年7月22日

今日は県内でも局地的に大雨が齎(もたら)された地域がありますが、当地は朝から気温が上がり、30℃超えの真夏日となりました。

境内では蝉の鳴き声も徐々に増してきて、梅雨明けも間近といったところです。

例年であれば、市内の小中学校は夏休みを迎える頃ですが、今年は今月いっぱい登校日となっています。

また、明日は海の日、明後日はスポーツの日で、本来ならば東京オリンピックが開催される記念すべき時ですが、来年開催への期待を込めて、疫病退散を祈る日々です。

IMG_2636

さて、25日(土)の「夏越大祓」(なごしのおおはらえ)を前に、茅の輪(ちのわ)を全て作り替えました。

県をまたいでの遠出は控えるべきですが、明日から4連休ということもあり、輪くぐりで厄災を除いて欲しいと思います。

手水舎(てみずや)の柄杓(ひしゃく)や御神前の鈴緒(すずお)のご利用、博物館の見学、御朱印帳への直書きは、未だしばらく見送らせて頂きます。

*現在、御朱印は書置きのみ対応しています。(5種類)


総代会総会

2020年7月21日

昨日は第48回中・平塚・伊勢原連合神社総代会(二宮町・大磯町・平塚市・伊勢原市・秦野市内鎮座88社で組織)総会が開催されました。

例年であれば250名以上の各社総代が集まって行われますが、社会情況を鑑み感染症拡大防止の観点から、正副会長・会計・監事・事務局及び神奈川県神社庁相模中連合支部(二宮町・大磯町・平塚市・伊勢原市・秦野市内鎮座184社)正副支部長のみの出席で実施されました。

IMG_2623

提出議案は滞りなく審議され、表彰規定に基づき延べ44名の方々が表彰の栄に浴されました。

11月には恒例の参拝旅行(長野方面)が計画されていますが、十分に状況を見据えた上で判断することとなりました。


祭りは良き交流の場

2020年7月20日

昨日の午後は、兼務する八剱神社(平塚市上吉沢)の氏子内にかつて鎮座していた八坂神社の祭礼でした。

現在は社殿も祠(ほこら)も存在していませんが、毎年地域の祭礼として連綿と受け継がれています。

八坂神社の御氏子

八坂神社の氏子衆

威勢の良い夏の祭礼であり、例年であれば多くの友好団体が集まって神輿(みこし)が担(かつ)ぎ出されます。

密閉・密集・密接を避けながら、祭儀は厳粛に執り行われました。

参集の人たちは「来年はどうだろう」「来年なかったらたまらない」等といった会話を交わしていましたが、祭りが良き交流の場であることを無意識に感じていたと思います。