相模国三ノ宮・比々多神社

戌の日

2019年5月13日

本日は安産祈願の吉日「戌の日」でした。

子宝に恵まれたことを神さまに感謝し、懐妊5ヶ月目の戌の日に安産を祈願して、帯祝いをするのが古き良き風習として今も続いています。

5ヶ月目というのは、胎児が安定する時期であり、5は縁起の良い数字ともいわれています。

20181208204209158_0001

また、戌の日が選ばれるのは、犬が多産であり、古くから邪気を祓う動物であることに因(ちな)んでいます。

そして、「岩のように丈夫に育ちますように」との意から、「岩田帯」(いわたおび)をしめます。

岩田帯の語源は「斎肌帯」(いはだおび)ともいわれ、「胎児を保護し、その位置を安定させる」「お腹を冷やさない」「胎児が育ち過ぎない」などの効果があるようですが、母親にとって精神的・心理的な安心感をもたらす効果が大きいようです。


まが玉祭の準備

2019年5月11日

大型連休中の御朱印の波がなくなり、落ち着いた土曜日となりました。

来週は「第32回まが玉祭」(5月18日・19日)となりますが、今日は社務所内を展示用に模様替えしました。

今年は飲食関係の運営者が一部変更となりますが、鳥居前の土地を借用して、キッチンカーが並ぶ予定です。

tirashi32


馬頭観音

2019年5月9日

本日は土地の一角に佇(たたず)む馬頭観音(ばとうかんのん)の移設にあたり、お祓いの依頼を受けました。

現地へ伺うと、石像仏は観音像の姿を何となく拝める程度で、石柱が破損し表面がかなり風化していました。

馬頭観音は六観音の一つで、柔和な観音像とは真逆で、憤怒(ふんぬ)の形相(ぎょうそう)をしています。

馬の守護神として江戸時代には広く信仰されたこともあり、市内でも観音立像の他、文字のみが彫られた角柱型のものも見られます。

IMG_2972

馬が人の生活にとって重要な存在であった時代を考えつつ、感謝と安全の祈りを捧げました。


夏の訪れ

2019年5月7日

更衣(ころもがえ)は季節の変化に応じて衣服を着かえることですが、昨日の立夏から祭典に用いる装束を夏物に取替えて御奉仕しました。

IMG_8276

神社下の御神田では、6月2日(日)に神奈川県神道青年会による「御田植ゑ」が行われる予定ですが、今朝は神社近くの耕作者のお宅で種まきが行われました。

立夏の初候は「蛙始鳴」(かわずはじめてなく)ですが、間もなくあちらこちらで蛙の鳴き声が鳴り響きそうです。


まが玉祭のお知らせ

2019年5月6日

大型連休の最終日、午前中は少し雨が落ちてきましたが、相変わらず御朱印巡りの多い一日です。

20190501193604242_0003

「例祭」(4月22日)、「相模國府祭」(5月5日)と大きな大祭の次には、「まが玉祭」がやって来ます。

「管絃と舞楽の夕べ」は横浜雅楽会の演奏により行われます。

1.5.1


令和元年相模國府祭

2019年5月5日

本日の佳き日、令和元年度の相模國府祭(神奈川県指定無形民俗文化財)が盛大に無事に執り行われました。

IMG_8245

今年の年番は神戸(ごうど)地区で、午前6時過ぎには関係者が境内に集まりました。

IMG_8257

昨年は天皇陛下御即位三十年を奉祝して大神輿渡御(おおみこしとぎょ)を行いましたが、今年は例年通りに金目・光明寺(こうみょうじ)の行在所(あんざいしょ)で休息を取り、一路大磯の祭場(さいじょう)へと向かいました。

IMG_8259

気温が上がり汗ばむ陽気でしたが、雨の心配もなく、安心して各祭事に臨むことが出来ました。

received_1527823070682376

先導祓の神職に続き、今年は天皇陛下御即位を奉祝する幟一対を掲げて各社の行列が連なりました。

IMG_8268

神揃山(かみそろいやま・かみそりやま)、大矢場(おおやば)両祭場において、伝統の神事が予定通りに執り行われ、天下泰平・国土安泰の祈りが捧げられ、午後7時に宮入りを迎えました。


國府祭前日

2019年5月4日

昨日までに、相模國府祭(神奈川県指定民俗文化財)で参拝者に頒布(はんぷ)する「茅巻」(ちまき)づくりが予定通りに終了しました。

IMG_8215

風薫る皐月(さつき)の好日(こうじつ)、境内では鶯(うぐいす)の鳴き声が響く中、早朝より総代奉仕による作業が行われました。

しとき

しとき

注連縄(しめなわ)張り、餅つき、粽俵(ちまきだわら)、祭具準備、神輿飾り付け等、手際よく準備万端整いました。

粽俵

粽俵

夕方近く、雷鳴がとどろき雨が落ちてきましたが、これも予報通りです。

IMG_8239

潔斎(けっさい)をして心身を整え、神さまにお出ましを願う動座祭(どうざさい)に臨みます。


御朱印

2019年5月3日

当社では2種類(画像)の御朱印をお頒(わか)ちしていますが、限定のものはお出ししていません。

しかしながら、本日も御朱印を求める参拝者が終日続きました。

20190503202005358_0001特に、お参りのため元宮(旧宮山)にお上りになる方が増えています。

元宮へは社務所前の道を真っ直ぐに、境内の森を抜けて500メートル足らず、徒歩7~8分となります。

「坂が急でした」「結構きつかった」という言葉の後に、「素晴らしい眺め」「行って良かった」と続けて話される方がほとんどです。

どうぞ元宮にお参りになり、相模湾を一望出来る素晴らしい眺めをご堪能下さい。


皐月の予定

2019年5月2日

202年ぶりとなる御譲位(ごじょうい)による改元(かいげん)で、昨日は当社にも大勢の参拝者が訪れ、新しい時代への様々な祈りが捧げられました。

特に、平成最後と令和最初の御朱印を求めてお参りになる方が非常に多く、かつてない状況に驚くばかりでした。

IMG_8188

さて、遅くなりましたが皐月(さつき)の予定です。

1日(水)践祚改元奉告祭・月次祭、4日(土)総代奉仕、國府祭動座祭、5日(日)國府祭(年番:神戸)、12日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、落幡神社(秦野市鶴巻南)総会、13日(月)北金目神社(平塚市北金目)総会、15日(水)月次祭、18日(土)・19日(日)第32回まが玉祭

5月13日には御即位に関わる御大礼(ごたいれい)の儀式として、「斎田点定の儀」(さいでんてんていのぎ)が行われます。

これは大嘗祭(だいじょうさい:11月14日・15日)において、大嘗宮(だいじょうきゅう)の悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)にお供えされる新穀をおつくりする斎田を設ける地方を定めるための儀式です。

全国の神社ではこの儀式の行われた後に、然(しか)るべき小祭以上の祭祀に併せて祝詞を奏上することになっています。

皐月 社頭掲示

皐月 社頭掲示


践祚改元

2019年5月1日

昨日の御譲位(ごじょうい)から片時の空位なく、5月1日午前零時に新天皇が御即位あそばされ、令和という新しい御代(みよ)の幕開けとなりました。

天皇陛下には、国事行為として「剣璽等承継の儀」(けんじとうしょうけいのぎ)「即位後朝見の儀」(そくいごちょうけんのぎ)にお臨みになり、即位を告げられました。

昨日の所管神社連絡協議会では、御即位奉祝の懸垂幕(けんすいまく)や幟(のぼり)等を配布しましたが、氏子・崇敬者とともにお祝い申し上げるべく、早朝より拝殿や社務所、社頭に掲げました。

懸垂幕

懸垂幕

そして御神前では、「践祚改元奉告祭」(せんそかいげんほうこくさい)の祝詞(のりと)を宮司が奏上しました。

また、「月次祭」(つきなみさい)では、いつもと変わらず、皇室の弥栄と国家の繁栄、氏子崇敬者の安寧(あんねい)の祈りを捧げました。