相模国三ノ宮・比々多神社

御祭神を称える祭事

2020年10月4日

例年であれば「伊勢原観光道灌まつり」が催され、神輿渡御(みこしとぎょ)の神事奉仕がありますが、今年は感染症拡大防止のため中止となっています。

江戸城を築城した室町時代後期の武将 太田道灌(おおやどうかん:1432-1486)は、関東管領(かんとうかんれい)の地位にあった上杉氏の一族 扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎけ)の家宰(かさい:家長に代わって家政を取り仕切る職責)として仕えていましたが、主君である上杉定正(うえすぎさだまさ)により、糟屋館(かすやのやかた=上杉館)に招かれて謀殺(ぼうさつ)されたと伝わっています。

そして、この扇谷上杉家の館跡が伊勢原市上粕屋にあったと考えられています。

IMG_3139

さて、本日は五霊神社(ごりょうじんじゃ;伊勢原市上粕屋)の例祭並びに戦歿者慰霊祭をお仕えしました。

戦国大名であり、後北条氏の祖 北条早雲(伊勢宗瑞・伊勢新九郎・氏茂など)により、五霊神社には太田資長(おおたすけなが=太田道灌)公が合祀(ごうし)されていて、毎年「伊勢原観光道灌まつり」に合わせて例祭式を斎行(さいこう)しています。

観光行事は中止となりましたが、御祭神を称える祭事は粛々と執り行いました。


お参りは混雑時を避けて

2020年10月3日

境内では直径1㎝にも満たない小さな花を咲かせる金木犀(きんもくせい)が、甘くて強い香りを放ち始めました。

IMG_3137

さて、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、七五三詣は密を避けるために、なるべく事前予約をお願いしています。

また、平日の参拝や時期をずらしたお参りをお勧めしていますが、初詣も同様に対応を図ってまいります。

10月を迎えて、企業の新年祈祷の予約が入り始めました。

特に、1月5日(火)は企業参拝が集中する傾向から、例年とは異なる人数制限を設ける計画です。

電話0463-95-3237メールhibita38@gmail.com

118282231_3798690486813005_981498662174772657_n


マイクロツーリズム

2020年10月2日

昨晩は中秋の名月を拝むことができました。今夜は十六夜(いざよい)で満月です。

「月待ち」は、十五夜のみならず、立待月(たちまちづき)の十七夜、寝待月(ねまちづき)の十九夜、二十三夜など、月が出るのを待って供物を供え、飲食をともにして月を拝む民間行事です。

元宮からの観月 昨晩

元宮からの観月 中秋の名月(十五夜)

さて、昨日から東京発着のGo  To  トラベル事業が始まりましたが、観光関係の諸産業には深刻な影響が及んでいて、当社でもバスによる団体参拝やウオーキングツアー等が半年余りない状況が続いています。

本日はマイクロツーリズム(近隣への旅行)需要の喚起のため、市内の観光消費を促進するキャンペーンの募集で、関係者の来訪がありました。

当社としては、併設の郷土博物館を観光クーポン券利用の対象とする予定で、後日詳細をお知らせする予定です。


神無月の予定

2020年10月1日

朝の内は小雨が降ったものの、お昼前には日が差して秋らしい陽気となり、今夜は中秋の名月も拝めそうです。

境内では蝉の鳴き声が残り、神社周辺の土手には彼岸花が咲いています。

社頭掲示 神無月

社頭掲示 神無月

さて、神無月の予定です。

1日(木)月次祭、4日(日)五霊神社(伊勢原市上粕屋)例祭・戦歿者慰霊祭、八剣神社(平塚市上吉沢)例祭、7日(水)神明社(平塚市南金目)例祭、11日(日)真田神社(平塚市真田)月次祭、南金目神社(平塚市南金目)例祭、15日(木)月次祭、17日(土)総代奉仕、18日(日)正祭、慰霊祭、19日(月)比々多地区老人クラブ連合会健康祈願祭、25日(日)疫神社(日月神社境内社:伊勢原市沼目)例祭・戦歿者慰霊祭


明日は芋名月

2020年9月30日

新米の収穫を終えた篤農家(とくのうか)の方が、「明日は朔日(ついたち)なので御神前に上げて下さい」と新米を奉納になりました。

また、明日は十五夜にあたることから、薩摩芋(さつまいも)と里芋(さといも)もお持ちになりました。

IMG_3117

十五夜は旧暦の毎月15日の夜ですが、旧暦では7・8・9月を秋といい、それぞれ初秋・仲秋・晩秋と呼んだことから、旧暦8月15日を中秋と称して、観月の好時節としてお月見を楽しんできました。

月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

古くから農耕行事とも結びつき、収穫の感謝祭の意味合いもあり、芋を供えることから「芋名月」と呼ばれたわけです。

里芋の歴史は稲よりも古く、稲作以前の主食とも考えられています。

種芋(たねいも)である親芋のまわりに子芋、孫芋、曾孫芋(ひまごいも)と沢山(たくさん)の芋ができ、種芋自体も成長することから、子孫繁栄の縁起物といわれるのも頷(うなず)けます。


母の着物

2020年9月29日

今日は秋休みを利用した七五三詣がありました。

お母さんが身につけたという素敵な着物を身に纏(まと)い、結い上げた日本髪がとてもお似合いでした。

ご祈願後にお祝いの言葉を添えると、「ありがとうございます」と七歳児とは思えぬしっかりとした御礼が返ってきて、こちらも温かな気持ちになりました。

sitigosan


秋晴れの例祭式

2020年9月28日

今日は青空が広がるからっとした秋晴れのもと、前鳥神社の例祭式が執り行われました。

当社と同様に相模國式内十三社の一であり、相模國府祭の類社でもあることから、毎年大祭のご案内を賜っています。

IMG_3109

感染症対策により、祭典以外は氏子の限られた関係者により執り行われたようですが、「ワッショイ、ワッショイ」と神輿を担ぐ子供たちの掛け声が、境内に心地よく響きわたっていました。


葬儀での感染症対策

2020年9月27日

昨夕と本日は神道による葬儀で神葬祭(しんそうさい)のご奉仕がありました。

もちろんの葬儀においても斎場、火葬場、移動のバス、直会(なおらい)の席など、新型コロナウイルス感染症対策が施されていて、待ち時間にはその工夫の仕方を参考にしたところです。

sinnsousai火葬場ではマスク着用のまま読経する住職の姿を目の当たりにしましたが、当方も同様に祭詞(さいし)を奏上(そうじょう)しています。


微笑ましい様子

2020年9月26日

小雨交じりの一日でしたが、市内の複数の小学校において運動会が実施されたようです。

感染症による影響もあり、秋の大運動会とはならなかったと思いますが、制限のある中でも楽しい一時が過ごせたのではないでしょうか。

hatu

さて、今日は事前のご予約をお受けしていたこともあり、密を回避して1組ずつご祈願をお仕えすることが出来ました。

また、本日は社殿前の受付において、飛沫防止用のボードを利用して対応させて頂きました。

近隣の小学校で運動会が開催されこともあり、七五三詣は少なかったものの初宮詣が多く、人生儀礼の節目のお参りに、微笑ましい様子を拝見することが出来ました。


相模國府祭六社めぐり

2020年9月24日

台風12号の影響により、昨晩から強い風が吹いています。

清掃整備とともに見回り点検をしていますが、お昼時点で施設や樹木等に被害はなく、安堵しています。

昨年は台風15号や19号の暴風により、建物や立木に被害が及んだ神社があり、今年に入って兼務社3社で共済の見直しが図られています。

IMG_3084

さて、相模國府祭六社めぐりの特集記事(LINEトラベルjp)がweb上で公開されました。

記事をご覧の方が、御朱印めぐりで早速お参りになっています。

公開ページの一部

公開ページの一部