相模国三ノ宮・比々多神社

難なく

2017年6月28日

この季節は移ろう梅雨空を眺めつつ、出張祭典の奉仕にあたることが多々あります。

今日の地鎮祭では、式前にぽつぽつと落ちてきたものの、お蔭様で難なく終始お仕えすることが出来ました。

IMG_8175

さて、今日は今月最後の戌の日でした。

天気の心配もあったでしょうが、事前連絡のあった方々は予定通りに安産祈願でお参りになりました。

三之宮(産の宮)に参り、難なく参道(産道)を通り、ご加護(かご)のもと赤子が元気な産声を上げるよう願うものです。

安産祈願 斎肌帯(腹帯)

安産祈願 斎肌帯(腹帯)


社頭講話研修会

2017年6月27日

昨夕は、神奈川県神社庁相模中連合支部主催の社頭講話研修会が大磯の地で開催され、管内(大磯町・二宮町・平塚市・伊勢原市・秦野市)の神職21名(当社4名)が参加しました。

joue

教養を身に付け、自身を高め資質向上を図ることはとても大切で、私たちは年間を通して様々な研修会に参加しています。

神職は人前で話す機会が多いものの、専門性を有する同職、況(ま)して経験豊かな先輩を前に話すことで、若手の勉強機会ともなっています。


慎みの中にも精進

2017年6月25日

日差しとは別れて、予報通りの雨となりました。

当社で結婚式を執り行ってから、欠かさずお参りされるご夫妻が、初物の玉蜀黍(とうもろこし)をお供えになりました。

神前奉納

神前奉納

この週末は赤ちゃんの初宮参りが多かったものの、厄年のお祓いが続きました。

厄除祈願は節分までの年頭に集中しますが、残り半年という時期、暑い夏を迎える前に諸々の禍事(まがごと)を祓いたいという方もあるようです。

日本武尊御神像 大鳥神社(大阪府堺市)

日本武尊御神像 大鳥神社(大阪府堺市)

当社御祭神の一柱である日本武尊(やまとたけるのみこと)は、叡智(えいち)に長(た)けた勇猛(ゆうもう)な神さまです。

尊の東国征討(とうごくせいとう)の折、賊軍(ぞくぐん)に火を放たれたところ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)で草を薙(な)ぎ払い(草薙の地名の起こり)難を逃れました。これは三種の神器(さんしゅのじんぎ)の一つ、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)であり、叡智や勇気、武の象徴ともされています。

叔母の倭姫命(やまとひめのみこと)から草薙剣を授かる際に、「慎みてな怠りそ」(つつしみてなおこたりそ)という言葉を賜りましたが、慎みの中にも精進(しょうじん)を重ねることの大切さを伝えるものです。

御祭神の御神徳を授かり、難を逃れるとともに、道が明るく開かれるよう、残り半期の無事をお話しました。


茅の輪くぐり

2017年6月23日

梅雨の中休みというよりも、夏空が広がる気温の高い一日となりました。

来週は水無月の晦日(みそか)ですが、夏越大祓(なごしのおおはらえ:6月30日)を前に、人形(ひとがた)の申込みが続いています。

IMG_8093

境内には諸々の厄災を祓い清める茅の輪(ちのわ)を設置し、参拝者の〝 茅の輪くぐり 〟が季節の風物詩となっています。

当社の大祓に続き、7月は兼務する各社でも執り行う神事なので、社務所ではその準備も整えています。

IMG_8096

鳥居をくぐり、手水を使い、左右左と八の字に回り、お参り下さい。

母の分も一つくぐる茅の輪かな 一茶


職場体験の受け入れ

2017年6月22日

昨日の大雨の影響もあり、今朝は境内清掃に力が入りました。

見渡したところ、幸いにして被害もなく安堵しています。

明日には参道に茅の輪を設置しますので、清々しくお参り下さい。

IMG_2723_1481022138712_1481022140697

さて、昨年は中学生とともに高校生の職業体験(インターンシップ)の受け入れをしましたが、今年は早くも県立高校3校から申し入れがありました。

また、私立中学校からフィールドワーク学習の依頼もありました。

神社は「祭祀の厳修」(さいしのげんしゅう)を最も大切にしていますが、まつりを通して地域の安全安心を祈り、まつりによって地域の交流を増しています。

地域の神社が担う役割を未来を担う若者にもしっかりと伝えていきたいと思います。


梅雨本番の激しい雨

2017年6月21日

今日は二十四節気の夏至で、北半球では昼が最も長くなりますが、梅雨本番の激しい雨となり、境内も薄暗くなっています。

IMG_8049

道路も川となりそうな大雨の中、横浜から大型バスによる参拝がありました。

道中の安全無事をお祈り申し上げます。

IMG_8046

雨に濡れない神楽殿の中で、大祓の茅の輪づくりも仕上げ段階です。

明日には参道に設置出来そうです。


茅採り

2017年6月20日

いよいよ明日から梅雨本番の天気となりそうですが、その前に今日は総代さんによる元宮の草刈り奉仕が行われました。

また、今年は茅の輪(ちのわ)をつくる茅場(かやば)の確保に苦労したこともあり、茅採りのお願いもありがたく受けて頂きました。

IMG_8045

お蔭様で、ご覧のような青々とした背丈のある良質な茅を手に入れることができました。

今日・明日には瑞々しい茅の輪が出来上がると思います。

IMG_8044


下拵え

2017年6月19日

昨日は崇敬者祭の合間に、大型バスによる参拝があり、御朱印帳が山積みとなる一幕もありました。

また、夕方から国府祭の類社宮司会が開催され、明年の天皇陛下御即位30年にあたり、記念の奉祝行事について話し合いが行われました。

IMG_8039

さて、次の行事は夏越大祓(なごしのおおはらえ:6月30日午後2時)です。

六月祓(みなづきばらえ=水無月祓)とか、夏越祓(なごしのはらえ)ともいいますが、大前には大きな茅の輪(ちのわ)を設け、参拝者がくぐれば厄災を祓い清めるとされるもので、古く『 備後(びんご)風土記 』に見られる故事(こじ)に由来するものです。

今日は芯となる輪に稲藁(いなわら)を巻いて下拵(したごしら)えをしました。


第55回崇敬者祭

2017年6月18日

比々多神社崇敬会は昭和38年に組織されましたが、今年で指折数えて55回目となります。

IMG_8010

お蔭様で雨に降られることなく、涼しい気候の中で準備を整えました。

IMG_8002

恒例により、参列者各々のお酒と鉢花を並べ、ご神前にお供えしました。

IMG_8004

神職・巫女に続き、参列者が境内祓所(けいだいはらえど)でお祓いを受けて、御殿に昇殿しました。

IMG_8015

近隣の田んぼは真水を湛(たた)えて、とても美しい風景となっていますが、まつりを通して参列者の心も清らかな真水に立ち返ったのではないでしょうか。

IMG_8017

式典後は参集殿において、「神さまと神社の基礎知識」と題する小一時間の講話を行い、直会(なおらい)では和やかな時間を過ごしました。

IMG_8025


崇敬者祭の準備

2017年6月17日

昨日は中・平塚・伊勢原連合神社総代会(二宮町・大磯町・平塚市・伊勢原市:87社559名)の理事会が平塚八幡宮で開催されました。

総会(7月19日)の議案に関する資料を確認するとともに、秋の参拝研修(11月16・17日)の内容について協議が行われ、今年は新潟方面へ向かう予定です。

ビルの清祓

ビルの清祓(16日)

さて、明日は第55回崇敬者祭を執り行います。

祭典の支度や参列者を迎える準備、また式後に行う講話「神さまと神社の基礎知識」の原稿も整いました。