相模国三ノ宮・比々多神社

目の前に広がる景観

2020年6月5日

季節は五月節(せつ)の「芒種」(ぼうしゅ)となりました。初候(しょこう)は「螳螂生ず」(かまきりしょうず)です。

芒(のぎ)のある穀物を播(ま)く時期の意で、田植えの時期、一方、畑では農作物の害虫を駆除する螳螂の出番です。

tyoubou

さて、本日発行のタウンニュースに、旧宮山(みややま)の元宮(もとみや)に設置された眺望板(ちょうぼうばん)と腰掛けについての記事が掲載されました。

お蔭様で、朝から問い合わせの電話やその事を尋ねる参拝者が多かったようです。

参拝の折には、足を伸ばして元宮にお参り頂き、目の前に広がる景観をお楽しみ下さい。


安全を図る工場

2020年6月4日

一昨日のことですが、製造業を営む工場の解体工事に先立ち、お祓いのご奉仕がありました。

規則正しく決まりを守ることで、常に安全を図る工場ならではの習慣で、参列者は確(しっか)りとコロナ対応を図りつつ神事に臨まれました。

榊(さかき)の大麻(おおぬさ)で四方(しほう)を祓い、長年の恵みに感謝の意を込めるとともに、予定通り無事に工事が進むことを神々に祈りました。

IMG_2291

解体後は新たな計画により新築工事が始まるようですが、地鎮祭の依頼も承りました。


今後の様々な予定

2020年6月3日

感染症と向き合う形で世の中の事が進められていますが、今日は兼務神社2社の役員さんがお越しになりました。

7月に予定されている例祭について相談した結果、春に行った15社の大祭と同様で、祭典のみ執り行う事になりました。

神社では夏越大祓を6月30日から7月25日に延期しましたが、茅の輪(ちのわ)を6月中旬には設ける予定で、茅場(かやば)で管理している茅の成長具合によります。

茅場

茅場

昨日は神社下の御神田において、神奈川県神道青年会(2名)による御田植ゑの神事が奉耕者とともにひっそりと執り行われました。

また、神奈川県神社庁から定例協議員会(6月26日)のお知らせが到来し、本年は常任委員による開催となりました。

そして、7月20日に開催予定の第48回中・平塚・伊勢原連合神社総代会総会は、役員による総会の方向で準備が進められています。


景観の日

2020年6月1日

今日6月1日は景観法に定める「景観の日」です。

景観法に基づき、伊勢原市では景観計画を策定し景観条例を制定していますが、当社の春季例大祭が新たな景観資源に登録されました。

同様に比々多地区からは「善波の矢倉沢往還」「聖峰からの眺望」「廻り地蔵」が選ばれています。

広報いせはら

広報いせはら

さて、水無月(みなづき)の予定です。

1日(月)月次祭、6日(土)総代奉仕(草刈り)、14日(日)真田神社(平塚市真田)虫送祭、15日(月)月次祭、21日(日)第58回崇敬者祭、28日(日)八剱神社(平塚市上吉沢)大祓

既にご案内していますが、崇敬者祭は神職のみ、毎年6月30日に執り行っている夏越大祓は7月25日(土)に延期となっています。

今月も引き続き、新型コロナウイルス感染症の早期終息と安全無事を御神前に祈ります。

社頭掲示 水無月

社頭掲示 水無月


岩田帯の効果

2020年5月31日

皐月(さつき)晦日(つごもり=月の最終日)の日は、日曜日の戌の日(いぬのひ)でした。

多産で安産、そして邪気(じゃき)を祓うとされる犬にあやかり、自粛生活でこの日を心待ちにしていたと思われる妊婦(にんぷ)さんが数多くお参りになりました。

当社では安産の祈願者に特別奉製(とくべつほうせい)の「祝田帯」(いわたおび)をお頒(わか)ちしていますが、「岩のように丈夫に育ちますように」との意から、この日に岩田帯をしめます。

語源は「斎肌帯」(いはたおび)ともいわれ、「胎児を保護してその位置を安定させる」「お腹を冷やさない」「胎児が育ち過ぎない」などの効果があると考えられ、何より母体に精神的・心理的な安心感をもたらすとされます

斎田帯

岩田帯

感染症予防のため一組ずつのご案内となり、時間帯によっては待ち時間が長くなったと思われますが、丈夫で元気な赤ちゃんを授かって欲しいと思います。


第二駐車場の開放

2020年5月30日

今日は気温・湿度ともに高く、熱中症の危険もあってマスクを時折外して過ごす一日でした。

緊急事態宣言解除後の土曜日、そして大安とあって、昇殿祈祷(しょうでんきとう)の予約が重なり、閉鎖していた第二駐車場を開放することになりました。

都内や他県ナンバーの車も見られ、徐々に人の移動が活発になっていることの証左(しょうさ)といえます。

第二駐車場

第二駐車場

神社ではこれまでと変わらずに感染症対策を施していますが、昇殿祈祷では手指の消毒、マスク着用の上で1組ずつ対応させて頂いています。

また、御神札授与所(おふだじゅよしょ)では、直接手が触れないように授受(じゅじゅ)を行い、おみくじは未だ控えています。

御朱印は書置きのみの対応で、4種類準備しています。(当社の朱印帳をお受けの方は可能)

今後ともご理解ご協力をお願い申し上げます。


山帽子の総苞

2020年5月29日

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が25日に解除され、当市では6月1日から小中学校の教育活動が段階的に再開となります。

しかしながら、未だ緊張を緩めるわけにはいかず、本格的な経済活動が始まるのは未だ先になりそうです。

神社における対策も、現状では緊急事態宣言の最中と変わらずに継続する予定です。

IMG_2269

さて、今年は神社下の御神田での稲作体験は見送りとなりましたが、今日は神奈川県神道青年会による「くろつけ」作業が行われました。

御田植ゑの神事は、6月2日に縮小した形で執り行われるようです。

IMG_2268

境内ではミズキ科の落葉高木(らくようこうぼく)の山法師(やまぼうし:山帽子、別名:山桑)が、球状に集合した花を咲かせようとしています。

よく間違えられますが、少し前に咲く花水木(はなみずき)と同様で、白い4片(写真)の花弁のようにみえる部分は苞(ほう:包)または総苞(そうほう:総包)といい、花の基部(きぶ)につく葉(包葉)なのだとか。

新緑の葉に白い苞片(ほうへん)の色が美しく、その野趣(やしゅ)に魅力を感じますが、大型な総苞は昆虫の誘引器官ともなるようです。

9月には真っ赤に実が熟し、11月には紅葉を楽しむことが出来ます。


雨蛙と田植え

2020年5月26日

境内では、紫陽花(あじさい)の辺りから湿度に敏感といわれる雨蛙(あまがえる)の雄(おす)が、「ケケケケ ケケケケ クワクワクワ」と雨鳴き(あまなき=レインコール)を繰り返し、田んぼに水が張られるのを待っているようです。

英語で雨蛙を調べると、樹上で生活していることもあり tree  frog とあります。

日本でも別名を枝蛙(えだかわず)といい、日本語の奥深さを感じるものです。

IMG_2259

民間信仰でいう田の神は、山の神が田の神となって里に降り、稲田の生育を守り、秋には再び山に帰っていくと信じられてきました。

五月(さつき)、早苗(さなえ)、早乙女(さおとめ)、さおり(=さびらき:田植え前に田の神を迎える行事)等、「さ」は接頭語(せっとうご)で稲魂(いなだま)を意味しています。

当地では間もなく田植えの時期を迎えますが、皐月躑躅(さつきつつじ)が綺麗に咲き、五月晴れ(さつきばれ)や五月雨(さみだれ)の季節です。

IMG_2264


疫病と祈り

2020年5月25日

3月9日のブログ三之宮通信「祈 疫病退散 早期終息」に記載しましたが、兼務社の日月神社(伊勢原市沼目)の境内社(けいだいしゃ)・疫(えき)神社には、医療の神として称(たた)えられる大物主神(おおものぬしのかみ)がお祀(まつ)りされています。

記紀(きき;古事記と日本書紀)には、この神さまの御神威(ごしんい)により、流行病(はやりやまい)が治ったことが以下のように記されています。

「役氣(かみのけ)悉(ことごと)に息(や)みて國家(あめのした)安平(たいら)ぎき」

『古事記中巻(崇神天皇)』

「疫病(えやみ)始めて息(や)み、國の内(くにのうち)漸(やややや)に謐(しづま)り」

『崇神天皇紀』

祈願絵馬

奉納絵馬(当社拝殿)

仏教伝来の折、受入れに積極的な蘇我(そが)氏と反対派の物部(もののべ)氏による対立が生じたことを歴史の授業で学ぶと思います。

その当時に大規模な疫病(えきびょう)が流行していて、その原因が仏像を尊ばなかったから(蘇我氏)、外来を受け入れたから(物部氏)として、大きな争乱となったことが『敏達(びたつ)天皇紀』から読み取ることが出来ます。

疫病の名は記されていませんが、ここには〝瘡〟(もがさ)と記されています。痘瘡(とうそう)、疱瘡(ほうそう)、天然痘(てんねんとう)のことであり、ウイルス感染による伝染病です。

兼務社の御嶽神社(伊勢原市伊勢原)の境内社には〝かさ神さま〟が祀られています。

「かさ」は「瘡」のことで、伝染力が非常に強く恐ろしい疫病に罹(かか)らぬよう、無事に治るよう、江戸の大山詣りの人たちも立ち寄ったと思われます。

「疫病と祈り」の関係を歴史から学べます。


微笑ましい撮影風景

2020年5月24日

4月7日に発令となった緊急事態宣言ですが、政府は明日25日に全面解除の方向で方針を固めたようです。

神奈川県内では人口あたりの新規感染者数が、目安より依然として高い数値で推移していますので、引き続き緊張感を保たなければなりません。

また、今日は最高気温が25度を超す夏日となり、マスクによる熱中症の危険にも注意を払うようです。

hatumoya

神社では感染症予防の対策をこれまでと同様(最新情報の4/8・4/9)に施しますが、状況を捉えながら勘案(かんあん)したいと思います。

そのような中、今日は比較的参拝者の多い一日となり、事前予約の初宮詣りを始め、医療関係者の安全祈願等をお仕えしました。

初宮詣りでは提携の写真スタジオの他、出張撮影のカメラマンによる撮影もあり、微笑ましい場面が垣間見(かいまみ)られました。

尚、御朱印もしばらくは書置き(紙)対応となります。