相模国三ノ宮・比々多神社

お悩み相談

2018年9月24日

当地では「入りぼた餅に  明け団子  中の中日小豆飯」(いりぼたもちに あけだんご なかのちゅうにちあずきめし)と伝わる言い回しですが、春の彼岸は花の牡丹(ぼたん)から「ぼた餅」、秋の彼岸は萩(はぎ)から「おはぎ」と季節を表すものだと教わりました。

昨日は彼岸の中日(秋分)でしたが、参集殿では三十年祭、三年祭と祖霊祭(それいさい)をお仕えしました。

IMG_5290

急激な社会の変化により核家族化が進み、墓じまいや永代供養が増えていると聞きます。

神道でも「跡継ぎがいない」「娘が嫁に入って守る人がいない」といったことで、仏教と同様の悩みを受けることがあります。

祖先のまつりについてのご相談はいつでも承ります。


秋の社日

2018年9月23日

今年は秋分(しゅうぶん)と戊(つちのえ)が重なった秋の社日(しゃにち)。

土の神である埴安媛(はみやすひめ)をまつる地神社(ぢじんじゃ:秦野市鶴巻南)において例祭式を執り行いました。

地神社の大欅(おおけやき)

地神社の大欅(おおけやき)

秋の社日は収穫に感謝する日ですが、久しぶりに週末が天気となり、周辺の田んぼでは稲刈りが盛んに行われていました。

式典の直会(なおらい)が済んでから「稲刈り作業で、また田んぼに戻ります」という役員さんもおいでになりました。

貴重な時間ですが、地域のまつりを大切にすることで、更なる福がもたらされることだと思います。


稲刈りに参加しませんか

2018年9月22日

8月の半ばには、米穀店を営む崇敬者から九州産の新米の奉納がありましたが、昨日は兼務社の前役員より採れたての地元産米が上がりました。

IMG_5276

秋霖(しゅうりん:秋の長雨)により、何とも言えない気持ちで稲刈り時期を探りつつ、やきもきしている農家の方の様子が想像されます。

神社下の御神田(ごしんでん)では、正祭(しょうさい)・地区戦没者慰霊祭・鎮魂太鼓奉納・骨董蚤の市(ことうのみのいち)の前日(10月20日)に、神奈川県神道青年会による抜穂祭(ぬいぼさい)の神事と稲刈行事が行われる運びです。

一般の参加者も募集(無料)していますので、詳しくは神社までお尋ね下さい。

電話:0463-95-3237 メール:hibita38@gmail.com

20180922211513952_0001


七五三の問い合わせ

2018年9月21日

昨日の朝は、三ノ宮と栗原の老人会(三ノ宮老盛会・栗原老盛会)の皆さんによる境内の清掃奉仕が行われました。

小雨交じりの天候にもかかわらず、約30名の方々がお集まりになりました。

10月17日には、比々多地区老人クラブ連合会の健康祈願祭を執り行います。

sitigosan

さて、今年は暑さが続いたこともあって少し遅くなりましたが、千歳飴(ちとせあめ)の手配を済ませました。

徐々に七五三祈祷の問い合わせが増えてきたところです。

当社では予約制ではなく、随時(8:30-16:30)御祈願を承っていますが、秋は恒例の行事や神前結婚式等の予定もあります。

従いまして、予め電話(0463-95-3237)もしくはメール(hibita38@gmail.com)でお尋ね下されば幸いです。


工事のお知らせ

2018年9月20日

彼岸入りとなりました。

暑さ寒さも彼岸までといいますが、昨日に比べて気温がぐっと下がり、体調管理には気をつけたいところです。

今月は秋雨前線や台風の影響により、日照時間が少ないようで、農作物の管理も大変そうです。

IMG_5272

境内から北東に抜ける市道は、関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)に設定されていますが、現在舗装工事が進められ、一昨日から通行止めとなっています。

また、境内の公衆便所は昭和56年に設置されてから、参拝者はもとより訪れる人たちの利用が非常に多く、衛生面や利便性も考えて年内に改修工事を施すことになりました。

御手洗を囲むように植栽した金木犀(きんもくせい)が、雨の中でも強い香りを放っています。


テレビ放映と新聞記事

2018年9月18日

昨夕のテレビ神奈川のニュースで、一心泣き相撲比々多場所の様子が放映されました。

読売新聞

読売新聞

また、今朝の読売新聞と神奈川新聞に記事が掲載されました。

神奈川新聞

神奈川新聞


万歳楽の思い

2018年9月17日

昨日は第82回市民総ぐるみ大清掃が実施され、三ノ宮自治会・西部の西谷戸組も道路の掃除に1時間余りを費やしました。

お蔭様で、神社周辺の道路も綺麗になりました。

市内の中学校では、雨で順延となった体育祭が盛大に行われたようです。

また、神社にほど近い福智山 能満寺(臨済宗建長寺派)では、本堂建設工事の上棟式が執り行われ、宮司が式に参列しました。

儀式のお勤めには多くの住職さんのお手伝いがあったようですが、帰途に当社へもお参りになりました。

IMG_7335

さて、昨日の準備を含め、本日も天候に恵まれて「一心泣き相撲比々多場所」を開催することが出来ました。

IMG_5242

今年で9回目を数えますが、台風や秋雨の時期なので、お天気が何よりの喜びです。

IMG_7522

昨年同様、行事役には東京大学、力士役には東京農業大学の学生さんの御協力を得て実施する運びとなりました。

IMG_7332

木陰では秋らしい風を肌に感じましたが、日当たりの良いところは予報以上の暑さに、汗が流れ落ちました。

IMG_5260

数年は「敬老の日」の開催となっていますが、赤ちゃんの親御さんのみならず、祖父母の皆さんも笑顔いっぱいで、三世代交流にも良き機会となっているようです。

IMG_7504

緑児(みどりご;新芽のように若々しい児の意)の元気な泣き声が境内に響き、まさしく〝万歳楽〟(ばんざいらく)の思いです。

IMG_5256

全てが無事終了し、片付けを終える間際に、一気に雨が降り出しました。

神さまの御加護(ごかご)に、何より感謝の一言です。

IMG_7476


第69回産土講祭

2018年9月16日

昨日の午後3時、「第69回産土講祭」(うぶすなこうさい:三ノ宮・木津根橋地区)を執り行いました。

式前には雨も上がり、講員はもとより農業関連の行政委員、農協役員、自治会長、神社総代等が参列しました。

IMG_5239

生産者から薩摩芋(さつまいも)、葱(ねぎ)、生姜(しょうが)、茄子(なす)、小松菜(こまつな)、胡瓜(きゅうり)、苦瓜(にがうり)、牛蒡(ごぼう)、葡萄(ぶどう)、梨(なし)等の農産物が上がり、御神前に横山の如くお供えしました。

IMG_5232

農家にとっての厄日「二百十日」「二百二十日」は過ぎたものの、今年は台風のみならず大きな地震や猛暑など、自然災害の多い年でもあります。

間もなく稲刈りを迎える当地ですが、産土(うぶすな)の神さまの御加護のもと、更なる実りがもたらされるよう祈り上げました。


今日の喜び

2018年9月15日

長月も折り返しとなりました。

今日は市内の中学校で体育祭が予定されていましたが、雨天により多くが明日へ順延となりました。

さて、本日は安産祈願の吉日「戌の日」。

足元の悪い中、遠方からのお参りがあり、お声掛けすると、「子授(こさずけ)祈願のお蔭で無事に授かりました。」とのこと。

感謝の気持ちを十分に感じるとともに、ご夫妻の笑顔が幸せそのものでした。

新道場開所式

新道場開所式

また、まが玉祭(5月第3土曜日・日曜日)に、毎年出演される団体の新道場開所式をお仕えしました。

武道場ということで座礼(ざれい)の御奉仕となりましたが、場内の太鼓で開式・閉式の報鼓(ほうこ)を打つことで厳かな神事となりました。

式中は祭式作法(さいしきさほう)の一挙手一投足(いっきょしゅいっとうそく)に視線を感じつつ、緊張感に包まれ、猶且(なおか)つ夢と希望、喜びに満ちた空間ともいえました。


いよいよ秋の行事

2018年9月14日

天皇陛下には12日、皇居内の稲田において御親(おんみずか)らお手植えの糯米(もちごめ)「マンゲツモチ」と粳米(うるちまい)「ニホンマサリ」の計100株を刈取り遊ばされました。

神話の「斎庭の稲穂の神勅」(ゆにわのいなほのしんちょく)に依拠(いきょ)する稲作ですが、昭和天皇の大御心(おおみごころ)を大切に引き継がれ、御譲位を前に今上陛下として最後のお手刈りとなりました。

11月23日には天神地祇(あまつかみくにつかみ)に新穀をお供えされ、新嘗祭(にいなめさい)をお仕えになります。

osuzu

さて、昨晩は榊会(氏子総代を奉仕した人で組織する会)の役員会が開催され、秋の「第77回正式参拝」(10月28日)について話し合いが行われました。

明日は第69回産土講祭、明明後日は一心泣き相撲比々多場所と、いよいよ秋の行事が本格的に始まります。