相模国三ノ宮・比々多神社

現世の境へ

2017年8月16日

世間では束の間のお盆休みを終えて、故郷や行楽地から戻るUターンラッシュとなっています。

当家では参集殿で一年祭を執り行いましたが、家族・親族、近隣の人たちがお参りし、御霊(みたま)を慰めました。

IMG_8862

今年も穏やかなお盆が過ぎて行きました。

今宵は京都の風物詩として有名な「五山送り火」(大文字焼き)が行われていますが、各地の「灯籠流し」(とうろうながし)や「精霊流し」(しょうろうながし)も含め、山や海が現世との境と考えられてきたことを意味します。

迎え火に比べると寂しい気もしますが、神道の当家でも、門口に苧殻(おがら)を据え、帰り道を明るく灯して祖霊をお送りしました。


雨儀ながら賑やかに

2017年8月15日

都内では8月に入って15日連続雨が降ったようです。

当地でも日照時間は少なく、台風や大雨による被害はないものの、社務日誌を振り返ると晴れは1日、雨が8日間、そしてほとんどが曇り空の日々です。

IMG_8866

さて、毎年8月15日は相模国府祭の類社、平塚八幡宮の例大祭です。

今年も禰宜が例祭式の副斎主としてご奉仕、権禰宜が宮司代理として祭典に参列しました。

生憎の空模様となり、浜降祭(はまおりさい)や神幸祭(しんこうさい)などの神事は雨儀となりましたが、子供たちの叩く太鼓や神輿(みこし)の掛け声は例年と変わりなく、賑やかな一日となりました。

IMG_8885


御霊和め

2017年8月14日

今年は空梅雨のような天気が続いた分、何だか梅雨がやって来たような数日です。

近隣の田んぼでは早いものは穂が出始めていますが、神社下の御神田では未だ出穂(しゅっすい)が確認されていません。

御神田の稲穂(古代米)

御神田の稲(古代米)

さて、当地では月遅れの盆行事ですが、昨夕は「迎え火」でした。

住職の棚経(たなぎょう)に比べればごく僅かですが、昨日は神葬祭のお宅に伺い、季節の野菜や果物、好みの品々が供えられた御霊前で〝御霊和め〟(みたまなごめ)のみたままつり(祖霊祭)を執り行い、祭詞(さいし)を奏上して玉串を捧げてきました。

新盆のご家庭では白い提灯が掲げられ、住み慣れた懐かしい我が家にご先祖さまがお帰りになる目印となっていました。

IMG_8859


就業体験 その3

2017年8月13日

昨日から2日間にわたり、今夏3校目の就業体験(インターンシップ)があり、県立高校の女子生徒を受け入れました。

初日は「神道」(しんとう)について他宗教との比較や祭礼を通して説明し、拝礼作法の練習をした上で正式参拝を執り行いました。また、境内施設を見学後、先輩巫女(みこ)の指導のもと祭儀の準備等に従事してもらいました。

miko

本日も祈祷奉仕の補助や祭場の設営・片付け、祭典で用いる紙垂(しで)や玉串(たまぐし)の奉製作業等にあたってもらいました。

慣れない中でも、真面目に取り組む姿勢は感心で、その様子を遠目で見守っていました。

秋には公立中学校生徒の職業体験があります。


来年の国府祭

2017年8月12日

昨日は祝日の山の日、今日は土曜日、お盆休みを利用の方も多いようで、遠方から御朱印の参拝者が多くなっています。

IMG_8856

さて、本日は午後から相模国府祭の類社会議が総社・六所神社で開催され、一之宮・寒川神社、二之宮・川勾神社、四之宮・前鳥神社、一国一社・平塚八幡宮とともに関係者60名余りが参加しました。

来年の国府祭は、「天皇陛下御即位三十年奉祝記念」として執り行うことが決まり、各社が白木(しらき)の御霊神輿(みたまみこし)に加え、大神輿の渡御(とぎょ)を行うことなど、記念事業について報告がなされ、今後各社代表が集まって詳細を詰めていきます。


臨時の宅神祭

2017年8月11日

道路の混雑状況を見ると、世間がお盆休みに入ったのを感じます。

昨日から小雨が続いて過ごしやすいものの、夏空が恋しく感じる人も多いのではないでしょうか。

takujinsai

このお盆休みを利用して引っ越しをされた会社で、その節目として臨時の宅神祭(たくじんさい)をご奉仕しました。

既に建物の開所式を執り行っていますが、心機一転、新たな始まりということで、神さまに祈る強い気持ちを感じました。


骨董蚤の市のお知らせ

2017年8月10日

暑さの盛りはもう少し続きそうですが、秋の祭事の準備も徐々に進めています。

月末には正祭(しょうさい)・慰霊祭、そして鎮魂太鼓に関わる会議が開催されますが、今年は10月22日(日)に執り行う予定です。

29.10.22

さて、正祭・慰霊祭の当日、今年は比々多観光振興会が主催する事業として、「骨董蚤の市」(こっとうのみのいち)が開催されます。

骨董品や美術品など、掘り出しものの発見や出会いがあるかもしれません。

また、飲食コーナーが設けられ、花苗の無料配布もあります。


猛暑日に達する中

2017年8月9日

昨日は相模国府祭の宮司会が開催され、12日に予定されている相模国府祭の類社会議の打ち合わせを行いました。

さて、台風一過、非常に気温が上がり、当社境内でも猛暑日に達しました。

非常に汗ばむ日差しのもと、総代さんによる草刈り、枝下ろしの奉仕作業が行われました。

熱中症はもとより、草刈機や高所作業による危険に十分注意を払って頂きながら安全に作業を終えました。

IMG_8833

社殿回りで作業が進められる中、殿内では健康安全祈願祭を仕え奉りました。

心身ともに健康であればこそ充実した仕事が出来るわけで、先ずは夏の気に負けることのないよう過ごして頂きたいと思います。


自然災害のないよう

2017年8月7日

各地で記録的な大雨をもたらしているノロノロの台風5号の影響で、予報通りお昼過ぎから雨が降り始めました。

当社でも夕方は早めに台風対策を施して災害に備えました。今夜は十分な警戒が必要となりそうです。

さて、来月に予定している所管神社連絡協議会主催の県神社庁新庁舎視察会の申込みで、兼務社の役員さんがお越しになりました。

営む果樹農家が最盛期を迎えているようですが、今年の葡萄(ぶどう)は豊作とのことで、撓(たわ)わに実った大粒の葡萄を御献納下さいました。

saidan

今夜は三ノ宮・木津根橋地区の生産者が産土講(うぶすなこう)の役員会を開きました。

今年で68回目を数える「産土講祭」(うぶすなこうさい:9月15日)ですが、収穫時期を前にして台風や自然災害のないよう、そして、一同が感謝の祈りを捧げる神事です。


良き日を選んで

2017年8月6日

昨晩の納涼祭の片付けも朝の早い時間に綺麗に片付き、今日も変わらぬ蝉時雨の境内です。

明日は立秋で残暑見舞いとなりますが、今日は酷暑の一日でした。

おめでとうございます

おめでとうございます

さて、当社で神前結婚式を挙げられたご夫妻が赤ちゃんを授かり、晴れて初宮参りにお越しになりました。

ご祈願の間、祝詞(のりと)や鈴祓いの音にも驚かず、すやすやと気持ち良さそうに眠っていました。

神さまの御神徳(ごしんとく)により強い生命力を得て、暑さはもちろんのこと、寒さにも負けず、元気に丈夫に育って欲しいと祈り上げました。

hatumiya

初宮参りの時期については、男子が誕生後31日目、女子が32日目に参る風習がありますが、必ずしも一様(いちよう)ではありません。母子の産屋(うぶや)明けの期日ともいわれていますが、期日後の良き日を選んでお参りするのが宜しいと思います。

今日は少し涼しくなった夕方を選んでのお宮参りもありました。

どのご家族も神さまに無事成長を願うためのお参りですが、公の初めての神事により、家族の絆も更に深まるものです。