‘なぜ?なに?’ カテゴリーのアーカイブ

新たな20年の始まり

2014年10月8日 水曜日

今日は二十四節気の一で「寒露」(かんろ)。

野草に宿る露を目にしますが、朝晩は肌にそぞろ寒気を感じる季節です。

今宵は満月が地球の影に入り、約3年ぶりの皆既月食となりました。

県神社庁から「家庭のまつり」を推奨する告知用の幟旗(ブログ「お伊勢さまと氏神さまのお神札」)が届きました。

所管神社(22社)の社頭に掲げてもらえるよう、「台風18号による被害状況調査書」とともに送付しました。

ujibasitorii

平成25年10月の御遷宮からおよそ一年が経過しますが、昨年一年間の神宮の参拝者数は14,204,816人という過去最高数を記録しました。

神宮では10月3日に宇治橋の鳥居が新しくなりました。これは内宮(ないくう)・外宮(げくう)の両正宮(しょうぐう)の棟持柱(むなもちばしら)として20年を経た御用材が、宇治橋の鳥居として姿を変えて新たな20年の始まりを迎えたのです。

そして、更に20年後には、三重県亀山市の「関宿の追分」と桑名市の「七里の渡し」の鳥居として移され、その20年後もその他の場所に移されて鳥居やお社として再利用されます。

ujibasinorekisi

この秋から来春にかけて、月讀宮(つきよみのみや)、月讀荒御魂宮(つきよみあらみたまのみや)、伊佐奈岐宮(いざなぎのみや)、伊佐奈彌宮(いざなみのみや)、瀧原宮(たきはらのみや)、瀧原竝宮(たきはらならびのみや)、伊雜宮(いざわのみや)、風日祈宮(かざひのみのみや)、倭姫宮(やまとひめのみや)、土宮(つちのみや)、月夜見宮(つきよみのみや)、風宮(かぜのみや)と、12所の別宮でも同じように「遷御の儀」(せんぎょのぎ)が執り行われます。

伊勢神宮崇敬会報 みもすそ

伊勢神宮崇敬会報 みもすそ

*資料 伊勢神宮崇敬会広報物

〝事始め〟のご神徳

2014年9月30日 火曜日

今日で長月もお仕舞い、月の暦も残り3枚となります。

本日は御礼参りや神恩感謝、会社設立にあたっての社業繁栄祈願などの諸祈願がありました。

当社の主祭神は、『古事記』では神代七世(かみよななよ)の一柱として「豊雲野神」(とよくもぬのかみ)の名で、『日本書紀』では国常立尊(くにのとこたちのみこと)、国狭槌尊(くにのさつちのみこと)に続き、第三番目に「豊斟渟尊」(とよくむぬのみこと)として現れる神さまです。

神名から混沌(こんとん)の状態を神格化したもの、土地の成立、動植物の出現、整備などを表現するといわれ、天地開闢(てんちかいびゃく)の国土神であり、国土創造という極まりなき広いご神徳を発揚(はつよう)される神さまです。

故に、大地開発、発明、創造、結婚、出産、入園、入学、就職、新車、新宅など、あらゆる〝事始め〟のご神縁(しんえん)を垂れ給うわけです。

正式参拝後の集合写真

正式参拝後の集合写真

さて、午後から静岡県駿東支部女子神職会の皆さまがお参りになりました。

神奈川県神社庁は10支部で組織されていますが、静岡県神社庁は15支部で、静岡県東部の御殿場市、沼津市、駿東郡から女性神職の方々が参拝研修でお越しになりました。

限られた時間ではありましたが、神社の地理や由緒、お祭りや地域の特徴などのお話をするとともに、様々な意見交換をする有意義な場となりました。

〝事始め〟の神さまのご神威(しんい)を得られて、新たな始まりとなりますようお祈り申し上げます。

建築儀礼

2014年9月26日 金曜日

昨日の雨空とは打って変わり、秋晴れの一日となりました。

彼岸明けの大安の佳(よ)き日、地鎮祭や竣工祭、解体祓、伐木清祓、神棚祭などの出張祭儀がありました。

DSC00156

個人でも会社でも建物を建てるというのは、とても大きな事業です。

土木事業の着工前に行われる地鎮祭(じちんさい・とこしずめのまつり)は、敷地の守護神をまつって神慮(しんりょ)を和め、土地の平安堅固(へいあんけんこ)を祈ります。

「建前」(たてまえ)「棟上げ」(むねあげ)といわれる上棟祭(じょうとうさい)は、家屋の守護神及び工匠(たくみ)の神をまつって新屋(にいや)に禍(わざわい)なく、幸を願います。

建物が完成して入居にあたり行う竣工祭(しゅんこうさい)は、家祓(やばらい)ともいわれ、神明の加護により無事竣工成就したことに感謝し、寿(ことほ)ぎ祝うとともに、室屋の安全堅固ならんことを祈ります。

これらは「建築儀礼」といわれていますが、中古住宅の購入や事務所の開設にあたり、家屋や事務所の清祓(きよはらえ)をして、神棚を設けてお神札をおまつりするのも、その一つといえるでしょう。

DSC00158

神社の社殿以外の臨時の場所で行われるお祭りでは、祭場に神さまを招き(降神)、また帰去(昇神)を願いますが、青葉常磐木(あおばときわぎ)である真榊(まさかき)に御幣(ごへい)をつけた神籬(ひもろぎ)を依代(よりしろ)として、降神詞(昇神詞)を微音で唱え、「オーオーオー」という警蹕(けいひつ)を発して神さまを迎え(送り)ます。

DSC00161

社日のおまつり

2014年9月24日 水曜日

今日は秋分にもっとも近い戊(つちのえ)の日で「社日」(しゃにち)です。

春と秋の年2回ありますが、生まれた土地の神さまである産土神(うぶすながみ)に、春は豊作を願い、秋は収穫に感謝する日です。

DSC00129

昨日は社日を前に、地神社(秦野市鶴巻南)において例祭式を執り行いました。

DSC00122

地元では〝大エノキ〟として親しまれている樹齢600年以上の大ケヤキ(県指定天然記念物)をご神体として古くから崇めています。

DSC00120

ご祭神である土の神さま「埴安姫」(はにやすひめ)は農業にとっては大切な神さまです。

地域では稲刈りの繁忙期を迎えていますが、感謝の祈りと更なる繁栄を願い上げました。

DSC00124

外国からのお参り

2014年9月18日 木曜日

本日は厚木市からバスによる団体参拝があり、三之宮郷土博物館や神輿殿、下谷戸縄文遺跡などをゆっくりと見学されました。

また、外国人女性の方がお参りになり、博物館を熱心に見学され、質問が近隣の古墳などにも及びました。

free

一般社団法人伊勢原市観光協会から外国人向けのフリーペーパーが届き、頁をめくると当社についても英語と中国語で紹介されていました。

11月には外国人男性の結婚式が予定されています。

神社の魅力、伊勢原の良いところ、日本の素晴らしさなど、〝 ・・・ らしさ 〟を伝えられるように、これからも真心をこめたいと思います。

naka

- 参拝の作法 -

How to worship

参拝は真心をこめて行いましょう。

Please worship with sincerity.

1.浅く拝礼して、[鈴の緒を大きく振り、]お賽銭を奉納し、心を澄まします。

Make a slight bow.[Rattle the bell by shaking the rope.]

Place a monetary offering in the box and compose yourself.

2.そして二度深く拝礼します。

Bow twice deeply.

3.次に二度拍手をします。

Clap your hands slowly.

4.そしてもう一度深く拝礼します。

And bow once deeply.

『 神社関係用語英訳語参考例集 』 ( 神社本庁 ) より

帯祝い

2014年9月12日 金曜日

残暑がほとんどないまま、お彼岸を前に秋が深まってきた感じです。

過ごしやすい気候の中、地鎮祭も穏やかにご奉仕することができました。

さて、今日は今月最初の「戌の日」。(いぬのひ)

om42

「岩のように丈夫に育ちますように」との意から「岩田帯」(いわたおび)をしめますが、安定期でもあり、縁起の良い吉数である5ヶ月目の戌の日を選んで「帯祝い」をします。

先月の31日の戌の日は、日曜日とあって多くの安産祈願がありましたが、数組の祈願者からの依頼により、社務所で着帯のお手伝いを致しました。

祈願者に授与する特製の岩田帯( 斎肌帯 )

祈願者に授与する特製の岩田帯( 斎肌帯 )

次の戌の日は24日(水)です。

お伊勢さまと氏神さまのお神札

2014年9月11日 木曜日

今日は平塚八幡宮において中・平塚・伊勢原連合神社総代会理事会が開催され、第41回研修旅行について協議しました。

来る11月17日(月)・18日(火)、常陸国一宮の鹿島神宮、下総国一宮の香取神宮、安房国一宮の安房神社に参拝することになりました。各社とも旧社格は官幣大社という由緒正しき名社ばかりです。

例年通りバス3台で計画しています。

DSC00015

さて、神奈川県神社庁から家庭のまつりを推奨する告知用の幟旗(のぼりばた)が到来しました。

早速、所管22社分も追加依頼をして、「祈りのある暮らし」の推進につとめたいと考えています。

平成25年秋に伊勢の神宮では、「皇家(こうか)第一の重事(じゅうじ)、神宮無双(むそう)の大営(たいえい)」といわれる「神宮式年遷宮」が厳粛に古式のままに斎行(さいこう)されました。

1300年にわたり繰り返される20年に1度の営みが、永遠の生命力を私たちにもたらしてくれます。

0120

日本人の総氏神さまであるお伊勢さま(神宮大麻)、氏神さまのお神札をおまつりして、家庭や職場の安全と発展を祈り、生命の蘇(よみがえ)りを図りましょう。

境内一円の消毒

2014年9月10日 水曜日

月が地球に最も近づき、普段より大きく、そして明るく見える「スーパームーン」という現象もあり、満月の昨晩は「十六夜の月」を各地で堪能することができたと思います。

日本の神話には「月読命」(つきよみのみこと:月読尊・月夜見尊・月弓尊)が三貴子(さんきし)の一として、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の禊(みそぎ)の際に、天照大御神(あまてらすおおみかみ)に次いで右目から生まれます。

言わずと知れた月神(つきのかみ)、夜の食国(おすくに=お治めになる国)、暦を司る神さまです。

(そ)の光彩(ひかりうるは)しきこと日(ひ)に亜(つ)げり 『日本書紀』

駐車場にて

駐車場にて ( 昨晩 )

さて、本日は参拝者の少ない時間を見計らい、境内一円の消毒作業を実施しました。

DSC00006

ウイルスが原因の感染症「デング熱」の恐怖が、代々木公園を中心に話題となっていますが、今回の薬品散布は有害な毛虫を駆除するのが目的です。

DSC00011

安心してお参りいただき、心の安らぎを得て欲しいと願っています。

おみくじ

2014年9月5日 金曜日

今日の当地は久しぶりの真夏日となり、湿度も高くて出張祭儀では汗びっしょりとなりました。

今週は七五三やお正月に向けた授与品の仕入れや諸準備など、深まる秋とともに、社務も徐々に繁多になり始めています。

各種おみくじ

各種おみくじ

授与所には今日から新しいおみくじが登場しました。

おみくじは種類も多く、神社によっても異なりますが、神さまの加護を祈る人に吉凶や、教示、注意を与えてくれるものです。

その内容は、大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶といった運勢判断や、願い事・待ち人・恋愛・縁談・旅行・失物(うせもの)・金運・商売・相場・学問・出産・病気・・・など、生活全般にわたることが示されています。

また、和歌などが記されているものもあります。

26.1.3

おみくじは、「結び」=「産霊」(古くは 〝 ムスヒ 〟 と清音)ということから、真心をこめて結ぶ習わしがありますが、持ち帰って読み返すことにも意義があります。

吉と出ても油断せず、凶と出ても用心することが肝心です。

総代の責務

2014年9月4日 木曜日

今朝早く兼務社の総代(そうだい)さんが、「清祓」のためお参りになりました。

「秋の例祭を前に、来週は幟立てなどの支度も始まることから、忌明けのお祓いをお願いしたい」とのことでした。

総代とは法律以前に存在する機関で、氏子・崇敬者の代表として宮司に協力し、その責務は祭祀の信仰上、また行事の遂行に果たす責任は多大で、神社と氏子をつなぐ役割といえます。

祓所

祓所

特に神職の常駐しない兼務社においては、清浄かつ神厳なたたずまいを有するため、境内の清掃整備を含め、護持運営に欠くべからざるものであり、その職掌は多岐にわたります。

身内に不幸が生じた場合には、一般的には五十日祭(仏式では四十九日にあたる)が明けるまでは神社への参拝は慎むことが多いですが、立場上やむを得ない場合には、事前にお祓いを受けてから祭典の準備や参列にあたるよう心掛けて頂いています。