相模国三ノ宮・比々多神社

変わらぬ伝統

毎年11月8日に、京都の伏見稲荷大社では「火焚祭」(ひたきさい)が執り行われていますが、この日は伝統的に鍛冶屋(かじや)や鋳物師(いものし)など、鞴(ふいご)を用いる人が鞴祭(ふいごまつり)を行います。

立冬を過ぎましたが、温もりを求めるこの季節、昨日は大規模施設でボイラーの火入式があり、鞴祭として御奉仕しました。

IMG_0653

また、明日は町の工場で鍛冶屋祭(かじやまつり)を執り行い、鞴に供えた蜜柑(みかん)を社員一同に配り、風邪をひかないように願うのも変わらぬ伝統です。

コメントをどうぞ