相模国三ノ宮・比々多神社

神前結婚式の申込

空気の冷たい一日となりましたが、野には蕗の薹(ふきのとう)が生え出ていました。

(いは)走る 垂水(たるみ)の上の さわらびの 萌え出づる春に なりにけるかも

『万葉集』志貴皇子(しきのみこ)

朝から安産・初宮・厄除などの諸祈願、ご朱印参拝などが続きました。

兼務社では神明社(伊勢原市上平間)で祈年祭を執り行いました。

さて、昨日・今日と神前結婚式の申し込みが相次ぎました。

3月・4月と暖かくなる兆しとともに、結婚式も増えてきます。

結婚式の様子

結婚式の様子

当社では、結婚式の申込みの折に、「習礼」(しゅらい)といって、式の流れを確認しながら、その意義、作法などについて説明いたします。

ここ数年、和婚の素晴らしさが見直され、神前結婚式も増える傾向にあります。

結婚式の様子

結婚式の様子

「結婚式について」

こちらにお尋ねください。

0463-95-3237 hibita@athena.ocn.ne.jp

コメントをどうぞ