2012年11月16日 のアーカイブ

交通安全の願い

2012年11月16日 金曜日

本日の午後、「交通安全市民総ぐるみ大会」が伊勢原市民文化会館で開催され、禰宜が小学校PTAのお役目で出席をいたしました。

NEC_0547

伊勢原警察署管内では、今のところ昨年より少ないものの、今年に入ってから2件の交通死亡事故が発生しています。

今年4月の祇園と亀岡市の暴走事故は記憶に新しいところですが、比々多地区内でも自治会や交通指導員とともに、小学校PTAでセイフティ会議を開催し、通学路点検を実施しました。

小学校PTAによる通学路点検

比々多地区内の通学路点検 5月

その後、信号設置や横断歩道の敷設、薄くなった線の引き直し、標識や看板の設置、交通規制の提案など、危険防止のための要望書を伊勢原市に提出しました。

交通量や道路幅などの問題で改善がままならないもの、公安委員会の判断や予算枠もありますが、地域からの具体的な行動と働きかけは何より大切です。

白線が敷設された神社下の道路 6月

白線が敷設された神社下の道路 6月

車社会の中で交通事故ゼロは難しいかもしれませんが、相手の気持ちを考えたり譲る心は大切です。

kuruma交通安全祈願祭・車両清祓式は随時承っています。

名付けの祝い

2012年11月16日 金曜日

本日発行のタウンニュース伊勢原版に酒祭(11月8日)の記事が掲載(web版)されました。

タウンニュース伊勢原版

タウンニュース伊勢原版

本日も山王幼稚園の園児がやって来ました。今日は一番小さな年少さんでしたが、規律の正しさに驚きました。

山王幼稚園の園児 年少さん

山王幼稚園の園児 年少さん

さて、赤ちゃんを授かった親御さんから命名の依頼がありました。

meimei

民法では生後14日以内に出生届けをすることになっていますので、それまでに決まれば良いことですが、生まれてきた子供の命名は「名付け祝い」といって、地方による違いはあるものの、生後7日目の「お七夜」(しちや)に行うところが多いです。

「名が無い間に雷に遭うと耳が不自由になる」(福岡)、「一週間名が無いと口が利けなくなる」(熊本)、「名が無い間に地震があると不祥事がある」(千葉)などの言い伝えがあり、昔は子供が誕生しても無事に育つかどうかという不安もあって、生後の早い時期に命名をすることによって、新しい命の誕生を祝ったのです。

meimeisyo

名前が決まると、奉書(ほうしょ)や命名書などの紙に書いて、神棚に供えたり床の間に貼って節目の祝いをします。

名付けによって身体に霊魂が宿り、人格も備わると考えられています。

meimeikamidana

命名は生命学に基づく五格(天格・人格・地格・総格・外格)による吉凶、読みや音の響き、姓名のバランス、どんな子に育って欲しいかなど、子供の末永い幸せを祈るものです。

命名についてのご相談はお気軽にお尋ねください。