‘なぜ?なに?’ カテゴリーのアーカイブ

社司社掌

2015年2月7日 土曜日

本日から兼務社で「祈年祭」(きねんさい・としごいのまつり)が始まり、午前は神明神社(伊勢原市笠窪)、午後は八幡神社(伊勢原市坪ノ内)において、氏子総代を始め関係者が参列のもと、五穀豊穣・諸業繁栄を祈りました。

祭祀(さいし)は神社祭式上、大祭式・中祭式・小祭式・諸式に区別されますが、例祭(当社は4月22日)、新嘗祭(にいなめさい・11月23日)と並んで祈年祭は大祭式にあたり、本殿の御扉(みとびら)開閉がある重きおまつりです。

さて、旧臘(きゅうろう=去年の12月)30日に帰幽(きゆう)し、年明け神葬祭(しんそうさい)奉仕をしたお宅で五十日祭が営まれました。

ご霊前には海幸・山幸(うみさち・やまさち)、そして生前好まれた甘き品々が横山の如く供えられ、家族・親族一人一人が玉串に心の丈(たけ)を尽くして拝礼しました。

自宅から列をなして奥津城(おくつき=墓所)に至り、代々の先祖が眠る墓地に安らかに埋葬されました。

五十日祭

五十日祭

古い墓石には、「社掌兼訓導〇〇〇〇祝老翁」とありました。

明治維新政府は神祇官(じんぎかん)を復興し、太政官布告(だじょうかんふこく)を以て神官職制を定め、その後も制度が整えられ、社司(しゃし)・社掌(しゃしょう)の名称ができました。社掌は府県社・郷社以下の職名で判任(はんにん)待遇の官吏(かんり)、地方長官による補命でした。

また、訓導(くんどう)は教部省・教導職の職制の一で、神道の布教にあたったものです。

拝殿 扁額

拝殿 扁額

国家管理下の神職とは、国家の定めた制度に基づき、神社の職員に任命され、官吏に準じて待遇を与えられ、国家の宗祀(または神明)に奉仕し、祭儀を掌(つかさど)り、庶務を管理し、祭儀及び庶務に従事する者をいいました。

これらは終戦により神祇院が廃止され、国家神道が終わるまで続きました。

因みに、当社拝殿に掲げられた扁額(へんがく)には「社司 永井健之輔」(先々代宮司)と記されています。

敬神の生活

2015年2月6日 金曜日

今朝一番に工務店の棟梁(とうりょう)がお越しになりました。

昨年の5月に地鎮祭を行った個人住宅の竣工が間近となり、新居におまつりする神棚4宇の注文を承りました。

養鶏業を営む施主さんの信仰は篤く、生活と神まつりが身近なものであることを感じます。

家庭のまつり

0120

世界に戦慄(せんりつ)が走ったイスラム国の蛮行(ばんこう)は、イスラム教の信仰とはかけ離れたテロ行為そのものであることは疑う余地もありません。

神道は日本人の生活文化から生まれ育ち、変遷してきた信仰であり、唯一神ではなく八百万(やおよろず)の神であり、教祖や開祖は存在せず、特定の教義・経典をもたず、布教活動を行わず、現世を重んじる宗教です。

古来より四季折々恵まれた風土の中で、自然とともに生き、花鳥風月、山川草木に神々を感じ、まつりを通してその恩恵を表してきました。

それ故に宗教と感じせしめるところがないことが大きな特徴です。

お参りはちょっとした安らぎや幸せをもたらすものであり、目に見えぬ大きな力に守られていると感じるものです。

わが心清め清めてよく見ればまことは我が心なり - 橘弘政・心の百首  -

立春望月

2015年2月4日 水曜日

節分を境に春の始まりである「立春」を迎え、暦の上では今日から本格的な一年が始動しました。

参拝者から「御朱印に立春大吉と記してください」というお願いもありました。

昨年の冬至は、旧暦11月1日と重なる「朔旦冬至」(さくたんとうじ)で、〝 日と月の蘇りの吉日 〟とブログ(12月22日)に記しましたが、昨日は節分と旧暦12月15日(十五夜)が重なり、本日は立春に満月が重なる「立春望月」(りっしゅんもちづき)でした。

〝 陰陽一致 〟というめでたい始まりに、良いことが起こる前兆、吉兆を祈るところです。

DSC00429

さて、総代さんたちが節分祭の舞台解体に従事する最中、千葉県神社庁印旛支部御一行様が、遙々(はるばる)当社に詣で昇殿参拝されました。

限られた時間ながら、当社の由緒や歴史の一端についてお話しの後、神輿殿や博物館をご案内いたしました。

草枕(くさまくら) 旅ゆく君を幸(さき)くあれと 斎瓮(いわいべ)(す)ゑつ 我(あ)が床(とこ)の辺(へ) 『万葉集』

旅路にあるものは旅先で安全を祈り、留守のものは家の枕辺(まくらべ)に無事を祈る、今も昔も変わらない旅の心です。

祝いはげます

2015年1月12日 月曜日

今日は「成人の日」。

もとは小正月の1月15日でしたが、いわゆるハッピーマンデー制度の導入により、14年経過した現在もしっくりとこない国民の祝日の一つです。(他に海の日・体育の日・敬老の日)

祝日法には「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」と記されています。

伊勢原市成人式

伊勢原市成人式

平成27年の新成人は126万人、伊勢原市では989人(男子528人・女子461人)の新成人が新しい門出を迎えました。

今春は統一地方選挙が行われますが、是非とも自らの意思を行動に表す大人であって欲しいと思います。

古く男子は「元服」(げんんぷく)、女子は「裳着」(もぎ)といい、社会の一構成員になったことを覚悟する通過儀礼です。

DSC02336

境内では、成人式の前後にお参りする新成人の姿が多く見られました。

ご神前に頭を垂れて、それぞれの誓いや意思を込める姿に、大いなる希望と期待を感じました。

年明けの葬儀

2015年1月8日 木曜日

全国でもほぼ同じでしょうが、近隣の火葬場(秦野斎場・平塚市聖苑)では、三が日が休業となるため、年明けの葬儀が重なることが往々にしてあります。

当社でも昨日・今日と神葬祭奉仕が続きました。

松の内前後ということもあり、会葬者のことを考慮すると、速やかに葬儀を営みたいという心情との狭間(はざま)で、遺族も思い量ることが多かったと思われます。

sinnsousai

さて、「通夜祭」(つやさい)は故人の蘇生(そせい)を願う儀式で、往古(おうこ)の「殯」(もがり)の遺風(いふう)です。

夜通し蝋燭(ろうそく)の火を絶やさず、近親者が故人に寄り添って面影を慕い、生前同様に接することが大切です。

斎場の環境や仕事の休みの関係など、様々な理由で差し障りが生じるものですが、その思いは忘れずに持ちたいものです。

蘇生が叶わぬとなれば、遺体から御霊代(みたましろ)に御霊を遷(うつ)し留めるために、灯火(ともしび)を落とした浄闇(じょうあん)で行われるのが「遷霊祭」(せんれいさい)です。

以後は、霊璽(れいじ)が拝礼の対象であり、家の守護神としてまつられることになります。

reiji

初詣

2015年1月3日 土曜日

元旦は雪による影響があったものの、昨日今日は多くの人出があり、神社の三が日が無事に終わりました。

DSC02267

若い人から「お正月はいつまでですか?」という電話を受けましたが、初詣のことを質問されたようです。

狭義では元旦に社寺に詣でるのが初詣ですが、旧暦では1月の別名を正月とし、松の内(7日まで)を「大正月」、15日を「小正月」(二番正月)といいます。

当地では、正月飾りを焚き上げる「どんど焼き」(1月14日)を正月のとじめとしています。

DSC02271

因みに、御神札や御守などは通年授与していますが、干支(えと)の縁起物などは数に限りがありますのでお早めにお参りください。

また、開運守の授与と御神酒の振る舞いは小正月(15日)までとなっています。

車両清祓

車両清祓

本日は家族連れを中心に、家内安全や厄除、交通安全などの祈祷が数多くありました。厄年のお祓いは立春(2月4日)前の早い時期にお越しください。

尚、5日(月)から数日は、仕事始めとなる企業の年頭安全祈願祭が続きます。

企業団体の祈祷につきましては、事前に日時・企業名・住所・代表者・連絡先・人数・願意などをお知らせください。

年末あれこれ

2014年12月29日 月曜日

先週は川崎大師、昨日は成田山で、納め札のお焚き上げ行事が行われ、報道で取り上げられていました。

当社では、新年1月14日(水)午後3時から「古札焼納祭・どんど焼き」を執り行います。

守札類は社殿向かって左側の古札納所に、ビニール付の御守類は分別のうえ、感謝の真心を以て納めてください。

尚、神棚は別途初穂料を申し受けますので、社務所にお申し込みください。

新しい酒樽

新しい菰樽 ( こもだる )

さて、今年最後の戌の日、安産祈願の祈祷や安産守をもとめてお参りされる方がありました。

新年準備のため、絵馬掛けの多くの祈願絵馬は外してしまいましたが、神さまはしっかりと聞し召して、お守りくださると思います。

土鈴

羊の土鈴 ( どれい )

今日も神棚の御神札を受ける人たちが終日続きました。

今日は〝二重苦〟(29日)、明後日は一夜飾りとなることから、近隣では神棚のおまつりを明日(30日)にされるご家庭が多いようです。

神棚まつりについての問い合わせはお気軽にお寄せください。

e-mail    hibita@athena.ocn.ne.jp     0463-95-3237

厄年

2014年12月26日 金曜日

年の瀬が迫って来ましたが、官庁御用納めの本日、仕事納めの企業の厄災消除祈願際が社頭祈願と出張祭儀でありました。

年内の内に様々な災禍を祓い除(の)けて、清々しい気持ちで新年を迎えようという心の表れです。

十二支早見表

 平成27年 十二支早見表

平成27年 生年 ・ 九気性 ・ 干支

また、年末になって個人の厄除祈願についての問い合わせもあります。

厄年の年齢(数え年)は、一般的に男性25歳、42歳、61歳、女性19歳、33歳、37歳が本厄で、その前・後が前厄・後厄といわれています。

42歳は〝 しに 〟33歳は〝 さんざん 〟という語呂(ごろ)から大厄とされます。

平成27年 厄年表

古来、日本人は迷信として軽視することなく、人生の転換期に達したことを認知して、更なる飛躍がもたらされることを願い、慎みの中にも精進を重ねて、生成発展を続けてきました。

この節目にあたり、神さまのご神意(しんい)をいただいて、それぞれの本業に精励し、「浄明正直」(清く明るく正しく直く)生きるための蘇りの機会にして欲しいと思います。

天皇誕生日

2014年12月23日 火曜日

今日12月23日は天皇誕生日です。

国民一人一人に誕生日があるように、天皇陛下には81回目のお誕生日を迎えられました。

皇居の一般参賀には、28,933人もの人たちが訪れたようですが、国民斉(ひと)しくお祝い申し上げるとともに、皇室のご安泰を願うばかりです。

tennoutanjyoubi

世界にはイギリス、オランダ、ベルギー、スペイン、カナダ、ジャマイカ、トンガ、モロッコ、サウジアラビア、クエート、タイ、マレーシア、カンボジア・・・など、多くの君主国が存在しますが、憲法という法規によって制約される立憲君主国の中では最も人口が多く、さらに血統で見れば世界最古の歴史をもつのが日本の皇室です。

また、求心力や統合力、持続力や安定性といった点において、世界に類を見ないほど優れていることは明白です。

koukyo

傘寿(さんじゅ)を期に、ご活動の軽減が検討されていますが、「国事行為」「公的行為」「その他の行為」を、国民の見えないところで粛々とこなされています。

皇室にとって最も大切である「宮中祭祀」は〝 私的行為 〟とされます。

「国安かれ、民安かれ」の祈りは、日本の長い歴史とともに連綿と続くもので、私たち日本人はそのことに気づく一日であって欲しいと思うところです。

瑞祥 朔旦冬至

2014年12月22日 月曜日

本日は二十四節気の「冬至」(とうじ)です。

当地では管内の定点あたりの報告数が警報レベルを上回り、インフルエンザの警報が発令されました。

冬至南瓜(とうじかぼちゃ)を食し、柚子湯に入って万病予防を願うところです。

yuzuyu

さて、今日は昼間が最も短く、明日から陽が長くなることから陰の極みから太陽の力の復活、蘇(よみがえ)りを願う「一陽来復」(いちようらいふく)です。そして平年の冬至とは異なり、旧暦11月1日と重なる「朔旦冬至」(さくたんとうじ)にあたります。

旧暦の1日(朔日)は「朔」(さく)、つまり新月であり、月の蘇りの日でもあります。この〝 日と月の復活 〟が重なるのが19年に一度(正確には19年7ヶ月・次回は38年後)であり、古来から吉日とされ〝 瑞祥 〟(ずいしょう=めでたいしるし)として、古く宮廷では宴が開かれたそうです。

伊勢の神宮では、20年に一度の式年遷宮が1300年にわたって斎行されていますが、この造り替えには諸説あり、「尊厳保持説」「世代技術伝承説」「時代生命更新説」とともに、この暦法(れきほう)にいう朔旦冬至が「原点回帰説」といわれています。

天照大神(あまてらすおおみかみ)の復活で、世の中が明るく平穏な生活に戻った天岩戸神話(あまのいわとしんわ)と重ね合わせても、私たち日本人の根幹思想といえます。